去る2011年1月10日、東京都内におきまして修斗関係者による臨時会議が行われました。

 過日、不明朗で独断的であるとの指摘を受けた日本修斗協会運営の改善を図ることを目的に行われたこの会議では、この指摘の原因を放置していた理事会がその責任を取り総辞任することが決定致しました。これを受け、2011年4月1日からの新理事会の発足を目指し、1月10日から3月31日まで、前理事と有志による暫定的な執行部によって協会の運営を継続しつつ、新理事の選定と協会運営の新たな方針を模索していく事となります。

 さしあたり、アマチュア修斗に関しましては、例年通り全日本選手権の開催を予定しており、各地区でのワンマッチ大会やトーナメント大会を開催すべく、尽力していきます。
 当面の各種お問い合わせ先は以下の通りとなります。

 ■アマチュア大会に関して
  パラエストラ松戸 047-301-3040 担当:鶴屋浩まで。
 ■プロ興行に関して
  各主催プロモーターまで。

 暫定執行部による第1回会議は、来る1月30日(日)に東京都内にて開催を予定しております。
 今後はより多くの修斗関係者の意見を取り入れて行く所存ですので、皆様の暫定執行部へのご参加をお待ちしております。

 
                       前日本修斗協会会長 中井祐樹



[出席者(五十音順)]

朝日昇(東京イエローマンズ)、阿部直之(総合格闘技道場STF)、阿部裕幸(AACC)、池田久雄(PUREBRED大宮)、生駒純司(修斗GYMS直心会)、上野九平(9's MMA)、植松直哉(クロスポイント)、梅村寛(ネックススポーツ)、浦僚克(ISC)、大内敬(パラエストラ小岩)、奥野泰舗(総合格闘技道場CAVE)、影山資朗(ゼロ戦クラブ)、風田陣(ピロクテテス新潟)、片岡誠人(リバーサルジム)、勝村周一朗(リバーサルジム横浜グランドスラム)、北森代紀(サステイン)、木部亮(スプラッシュ)、草柳和宏(SHOOTO GYM K'z FACTORY)、小島邦裕(SHOOTO GYM K'z FACTORY)、坂本一弘(修斗GYM東京/サステイン)、佐川宏海(新潟イエローマンズ)、桜田直樹(GUTSMAN・修斗道場)、佐藤ルミナ(roots)、鈴木喜誉志(マッハ道場)、鈴木利治(ISC)、鈴木陽一(ALIVE)、豊島孝尚(総合格闘技道場STF)、中井祐樹(パラエストラ東京)、平田真実(ポゴナ・クラブジム)、松根良太(パラエストラ松戸)、三村光輝(総斗會三村道場)、渡辺喜彦(シューティングジム八景)、和道稔之(アカデミア・アーザ水道橋)