SHOOTO NEWS

for All Shootors & Shooto Enthusiast

ルール改正

アマチュア修斗ルール改正(2011年4月1日付け)

アマチュア修斗ルール改正(2011年4月1日付け)

アマチュア修斗のルールを以下のように改正いたします。

KO(TKO)負けの場合の出場停止期間について

現行
(1)KO(TKO)負けの場合、試合当日から120日間。
(2)2試合連続でKO(TKO)負けの場合、試合当日から150日間。
(3)3試合連続でKO(TKO)負けの場合、試合当日から無期限。
(4)KO(TKO)負けでなくても大きなダメージが認められる場合、試合当日から60〜120日間。

改正後
(1)KO(TKO)負けの場合、試合当日から60日間。
(2)3ヶ月以内に2度目のKO(TKO)負けの場合、試合当日から90日間。
(3)12ヶ月以内に3度目のKO(TKO)負けの場合、試合当日から1年間。
(4)KO(TKO)負けでなくても大きなダメージが認められる場合、試合当日から60〜120日間。


⊆些覆両豺腓僚仂貭篁澳間について

現行
(1)計量失格の場合、試合当日から90日間。
(2)反則により失格負けとなった場合、試合当日から180日間または無期限。
(3)減点ポイントが累計で10ポイントとなった場合、試合当日から90日間。
(4)試合役員の指示に従わない、また著しく礼儀に欠けるとレフェリーが判断した場合、試合当日から30〜90日間または無期限
(5)試合後のドクターチェックを行なわなかった場合、試合当日から90日間
(6)無断欠場した場合、無期限の試合出場停止
(7)審判に対する侮辱行為、試合当日から90日間〜無期限
[出場停止処分の減免]
反則行為による失格負けなどで出場停止処分となった場合でも、選手本人および指導者に深い反省があると協会常任理事会に判断された時には、出場停止期間が減免される場合がある。ただし頭部ダメージによるKO、TKO負けの出場停止期間が減免されることはない

改正後
(1)計量失格の場合、試合当日から60日間。
(2)反則により失格負けとなった場合、試合当日から30日間〜無期限。
(3)については廃止。
(4)試合役員の指示に従わない、また著しく礼儀に欠けるとレフェリーが判断した場合、試合当日から30日間〜無期限。
(5)試合後のドクターチェックを行なわなかった場合、試合当日から60日間。
(6)正当な理由無く、または無断で欠場した場合、60日間〜無期限の試合出場停止。
(7)審判に対する侮辱行為、試合当日から60日間〜無期限。

[出場停止処分の減免]は廃止。

※尚、上記の出場停止期間についてのルールは、今期選手登録が始まった2010年10月より遡って適用される。


クラスC+ルールの導入について

日本では女子のみに適用されているクラスC+が、欧州修斗ではプロへのトライアルマッチとして、男女関わらずワンマッチでC+を実施されている。日本もこれに倣いワンマッチでは、従来のクラスD、クラスCルールでの試合に加え、今後クラスC+ルールの試合を積極的に開催していく。

(1)クラスC+ルール概要
ヘッドギアなし。
3分、2ラウンド制。
採点法は、プロと同じ10点法。
ニーパットを着用し、頭部への膝蹴りを認める。
コスチュームはプロと同様。
グラウンドでの打撃は認めない。
一つのラウンドで2度ノック・ダウンした場合TKO。
プロ興行での開催もあり(プロ興行でクラスC+を開催する場合には、クラスB、クラスAの場合と同様、ISCの公認も必要)。

(2)クラスC+の出場資格
通常のアマチュア修斗で、ある程度の実績を残した選手。
(クラスC+の試合を行なう場合、大会主催者が日本修斗協会に問い合わせ、それに応じて協会が認可を出す。)


ね泙┨みポイントについて

抑え込みポイントは、廃止する。


ゥ瀬Ε鷽瑤侶攜困砲弔い

現行
一つのラウンドで3度ノック・ダウンした場合TKO。

改正後
一つのラウンドで2度ノック・ダウンした場合TKO。


Ε螢侫肇櫂ぅ鵐箸砲弔い

リフトポイントは、廃止する。

現行では、「相手の身体を完全に持ち上げ、上体を起こし背中を伸ばした状態で保持した場合。」2ポイントが与えられたが、改正後はこの体制になったらポイントは与えられずブレイクとする。

これは、プロへのつながりを考慮し、持ち上げられない技術も必要という意見があったため。また、持ち上げられた選手が三角絞めでタップを奪うというような、実際のプロの試合では見られない場面もなくすことができる。


上記のルール改正を2011年4月1日より施行する。

アマチュア修斗 ルール改正

日本修斗協会アマチュア普及委員会では、下記の要領で公式ルールの改正を行うことを決定した。これに伴い、修斗グラップリング公式ルール、クラスDルール、キッズ修斗ルールも同様の項目が改正となる。新ルール全文は後日、「アマチュア修斗 公式競技規則(http://blog.livedoor.jp/shooto_rule/)」に掲載予定。なお新ルールの施行は、6月8日開催の第1回中国アマ修斗選手権大会から。それまでの大会はすべて、現行ルールによって行われる。

■反則の改正、追加
・相手を頭から先にマットに着くように投げるような行為を禁止する。>即反則負け
 [解説]通称バスターと言われる「スラム」だけでなく、
     投げっぱなしに相手を後方に放り投げてしまう行為や、
     頭から落とすような肩車も重要な反則として禁止となる。

・前屈した姿勢で、頭が先にマットに着くような動作で技を掛ける行為。>減点3
 [解説]仕掛けた方が頭からつっこむような技、例えば不完全な内股やビクトル投げなどは
     極めて危険であるため、仕掛けた選手に減点が課せられる。
     ただしきちんと仕掛けて、頭からマットに突っ込むことのないようない
     正統な内股やビクトル投げは、もちろん許される。
     不完全な技から起こる事故を防ぐために設定された反則である。

■ポイントシステムの変更の要点
・リフトポイントの採用。
・テイクダウンポイントの廃止。
・マウントおよびバックは2ポイントに
・バックマウントは4ポイントに
・キャッチの定義を変更。最大2ポイントが与えられることに。

以上を踏まえ、新ポイントシステムは以下の通りとなる。

第37条【組み技の採点基準】
組み技の採点は、次の様に評価される。

(1)ポジショニング・ポイント
a.「トップ」=1ポイント
  トップ(グラウンド・ポジションにある対戦者を上から制した状態)を奪った場合。
b.「ハーフ」=1ポイント
  ハーフ(グラウンド・ポジションにある対戦者を一方の足を絡まれずに上から制した状態)を奪った場合。
c.「サイド」=2ポイント
  サイド(グラウンド・ポジションにある対戦者を足を絡まれずに胸を合わせて上から制した状態)、
  及びニー・プレス(グラウンド・ポジションにある対戦者の腹部、または胸部に片膝を置き、
  上から制した状態)を奪った場合。ただしマウントからサイド、バックからサイド、
  バックマウントからサイドに移行した場合は、ポイントは追加されない。
d.「ハーフ・トゥ・サイド」=1ポイント
  ハーフからサイドに移行した場合。
e.「マウント」および「バック」=2ポイント
  マウント(グラウンド・ポジションにある対戦者の胴に正面、または横から跨り上から制した状態)、
  及びバック(グラウンド・ポジションにある対戦者の胴に背後から跨り鼠径部に足を掛けて制した状態)を
  奪った場合。マウントからバック、バックからマウントに移行した場合は、ポイントは追加されない。
f.「バックマウント」=4ポイント
  バックマウント(グラウンド・ポジションにある対戦者の胴に背後から跨り、対戦者の身体を伸ばして
  上から制した状態)を奪った場合。
g.「マウント・トゥ・バックマウント」および「バック・トゥ・バックマウント」=2ポイント
  マウント、及びバックからバック・マウントに移行した場合。

(2)アクション・ポイント
a.「リフト」=2ポイント
  相手の身体を完全に持ち上げ、上体を起こし、背中を伸ばした上体で3秒間保持した場合。
  [解説]リフトのポイントのみ、相手にキャッチを奪われた状態でも加点される。
      リフト状態はスタンドであると解釈されているため、相手にキャッチを奪われていない状態で
      そのままマットに下ろしトップをキープできれば、さらにトップの1ポイントが追加される。
      しかし相手にキャッチを奪われたままだと、トップの1ポイントは入らない。
      ただしリフトした状態から落としてしまうと、スラムとなるため即反則負けとなる。
b.「キャッチ」=2ポイント
  関節技、および絞め技が極まる寸前の状態に相手を追い込んだ場合。
  [解説]技の形に入っているだけでなく、きちんとその効果があると判断された場合。
      現行のキャッチが2ポイントになったと考えていい。
c.「キャッチ」=1ポイント
  関節技、および絞め技を極めるために充分な体勢を作った場合。
  [解説]例えば腕ひしぎ十字固めであれば、腕を捕獲し、両腿でキチンと相手の足を挟み、
      足で相手の頭を刈った状態まで行ければ、腕が伸びていなくても1ポイントが与えられる。
      同様に三角絞めであれば足を三角にきちんとフックできれば、
      アキレス腱固めであれば足を脇に挟み、自分の身体が伸ばせれば、1ポイントが与えられる。
      なお1ポイントのキャッチを奪った後に、相手を極める寸前まで追い込めば、
      さらに2ポイントのキャッチが与えられる。
      一つの技で最大3ポイントを奪うことが可能ということになる。

アマチュア修斗公式ルールを一部改正

日本修斗協会では、下記の6項目に関してアマチュア修斗公式ルールを改正する。
なお新ルールは9/24の第13回全日本アマチュア修斗選手権大会より施行される。

●反則行為によって与えられた減点が合計で5点となった場合は、反則失格負けとする。ただし重大な反則があった場合は即座に反則負けとする。


●選手の身体、および装具へテーピングは白い物のみ可とする。

[解説] これまでは肌色のキネシオテープなども認められてきたが、今後は不可能となる。


●バンテージの使用を不可とする。拳頭部および手首等へのテーピングは二巻きまでは可とするが、それ以上は認められない。

[解説] 試合における打撃の比率が上がると同時に、固く厚いテープングを施す選手が増えており、これを行わない選手との平等条件が保てないと判断されたため。また手首にもバンテージが巻かれることで通常よりも太くなってしまい、グラウンドの攻防の際に手首を掴まえにくくなるなどの不公平が発生していたため、今回の使用禁止となった。


●試合開始前の用具チェック時に不備が認められた場合は、30秒以内に準備が整えられない場合は、装具不備で失格とする。

[解説] 迅速な大会運営を促すために決定されたレギュレーション。不備があった場合、その場ですぐに直せれば問題ない。ただしマウスピースやテーピングなどを荷物置場まで取りに行ってしまうと、失格になる可能性が高い。またバンテージや手のテーピングが不可とされてしまった場合は、グローブ再装着に時間が掛かるため、自動的に失格ということになる。


●インターバルで使用できる飲料は水のみ。この際、容器は透明なものを使用することを義務づける。


●セコンドのルール違反に関しては1度目は注意。2度目の注意で退場とする。
退場となった者は24時間のセコンド資格停止とし、他の試合や他の選手のセコンド業務を行うことは不可とする。

修斗グラップリング公式ルール改正

 クラスCルールの改正に伴い、修斗グラップリング・ルールの見直しも行われ、下記の2点についてルール改正が行われることなった。
 一つ目はトーナメントにおける旗判定の廃止。これまでポイントが同点だった場合、クラスCに準じてレフェリーおよびジャッジ2名の計3名による旗判定で勝者を決定してきたが、今後はレフェリーのみの判定によって勝敗を決する「レフェリー判定」が採用される。
 地方大会では審判の人員確保が難しいというデメリットから、実施しやすいという修斗グラップリングの長所を相殺してしまっていたため、ブラジリアン柔術ルールを参考に今回の改正となった。
 二つ目の変更点は、トーナメント決勝での延長戦における勝敗の決定システムだ。これまでは3分2ラウンドを闘ってポイントが同点の場合には、2分間の延長戦を行いこの内容のみで旗判定を行っていた。
 しかし今後は延長戦を2ポイント先取のサドンデス方式で行い、それでも決着がつかない場合のみ、レフェリー判定によって勝敗が決せられることとなった。
 なおクラスCルールの改正点も、そのまま修斗グラップリング・ルールに採用となる。新ルールは2月1日から施行される。

アマチュア修斗公式ルール改正

 代々木大会前日の12月13日、都内で行われた日本修斗協会常任理事会において、アマチュア普及委員会提案のクラスC(=アマチュア修斗)ルール改正が、満場一致で可決された。今回の改正点は次の3つ。
 最も大きな変更点となったのは、消極的な試合態度に減点が与えられるようになったことだ。公式ルール第13章「試合の勝敗」の第32条「勝敗の決定」の(7)「反則失格」には、以下の文章が加えられた。

c.攻撃を行う姿勢を見せず膠着を誘発しているとレフェリーが判断した場合、まず口頭にて警告を与える。口頭の警告にも関わらず消極的な試合態度が継続されている場合、レフェリーはその原因となってる片方もしくは双方の選手に注意(=減点1)を与えてブレイクし、スタンド状態より試合を再開させる。1ラウンドに2度目の注意が与えられた場合、その選手は失格となる。両選手が同時に失格となった場合、記録では両者敗戦扱いとする。トーナメント方式で両選手が失格となった場合、次戦の試合を対戦相手の不戦勝とし、これが決勝の場合は優勝者なしとする。

 スタンド、グラウンドに係わらず試合中膠着が起こった場合、まずレフェリーは「攻防しないと注意になるよ」と警告を与える。この段階ではまだ減点はない。ここからレフェリーが声に出さずに10カウントを数える間に動きがなければ、注意&減点ということになるのだ。更に2度目の注意では、即失格が決定となる。
 これにより、試合中ずっと座り込むことで打撃を避けるような消極的戦法は、事実上不可能となる。選手が試合を勝ち抜くためには、これまで以上の技術と動き続けるスタミナが要求されることになりそうだ。
 二つ目は、判定が合計得点だけでなく、減点の数によっても下されるようになったこと。これについては同じく第32条「勝敗の決定」の(4)「判定」の文面が以下のように書き換えられた。

(4)判定
 試合終了後、打撃ポイントと組み技ポイントを合計して、獲得したポイント数が多い者を勝者とし他を敗者とする。獲得したポイント数が同じである場合は、減点の少ない者を勝者とし他を敗者とする。獲得ポイント数および減点が同じである場合は、ワンマッチ方式ではドローとなり、トーナメント方式では旗判定を行う。

 三つ目は、女子公式戦に限り顔面へのヒザ蹴りが禁止となったこと。G-SHOOTO旗揚げよる女子公式戦の増加に伴い、安全面
が見直されたもの。体力面で男子選手と差のある女子選手にとって、鼻骨骨折の可能性がある顔面への膝蹴りは危険度が高いだろうという判断からの改正である。なお初心者向けのクラスDでは、以前から顔面への膝蹴りは禁止技であった。
 なお今回改正された新ルールは、本年2月1日以降の公式戦より施行される。ちなみG-SHOOTOで行われるクラスC+にも今回の改正はそのまま採用となる。
What's Shooto?
「打て」という“打”ではなく、
「投げろ」という“投”ではなく、
「極めろ」という“極”ではない。
また単に打・投・極を総合的に
闘えばいいというものでもない。
自然の流れにのった技術がとぎれなく連係し、
なめらかに回転することが修斗の姿である。
そして闘いを修めていく修斗の思想が、
競技者を人格的に正しく導く。
それこそが修斗の理念である。
礼に始まり、礼に終わる。
礼の姿勢こそ修斗の基本姿勢であり、
自然に礼を発せられることが、
修斗体得への第一歩である。
訪問者数

新人王決定戦
Competition Schedule
2011年
10月
01(土) 東京/新宿FACE
02(日) 愛知/アスナルホール
02(日) 岡山/中四国FM
10(月/祝) 大阪/西日本OP
16(日) 北海道/ZEPP SAPPORO
30(日) 高知/高知FF
30(日) 埼玉/SAITAMA FESTIVAL

11月
05(土) 東京/TDCホール
27(日) 青森

12月
18(日) 東京/新宿FACE

赤字=アマチュア大会
青字=プロ大会

※英字略号の意味は以下の通り。
FF=フリーファイト
OP=オープントーナメント
FM=フレッシュマントーナメント
SG=修斗グラップリング
DT=クラスDトーナメント
Recent Entries
記事検索
第18回全日本アマチュア修斗選手権大会協賛一覧
【特別協賛・協力】
ISAMI
KENTAI
講談社イブニング

【協賛】
パラエストラ東京
    ◆
ALIVE
INSPIRIT
市原紙源
KO SHOOTO GYM
GRAPPLE
修斗GYM東京
和菓子 菜の花
サプリメントブランド FINE LAB
ギョサン取扱量日本一 マツシタ靴店
    ◆
アカデミア・アーザ水道橋
秋本道場JUNGLE JUNCTION
AACC
激旨焼肉 うしえ者
海鮮丼屋 小田原 海舟
シルバーアクセサリー GARNI
ゴールドジム御殿場静岡店
相模洋洗
SHOOTO GYM K'z FACTORY
修斗GYMS直心会
小田原駅前 じんりき厨房
小田原蒲鉾 杉兼
誠流会館
セコンドアウト
総合格闘技道場STF
総合格闘技道場BURST
大藤宅建
TT-era SHOOTO×G-SHOCK
TKエスペランサ
TKプロモーション
八景ジム
花を贈るなら ハナマサ
パラエストラ北九州
パラエストラ札幌
パラエストラ千葉ネットワーク
パラエストラ八王子
パラエストラ八戸
PUREBRED大宮
格闘技系ファッション FOKAI
フラワーショップ 古屋花店
フルフォース・プロダクション
リカバリーウェアのVENEX
ポゴナ・クラブジム
マツウラスポーツひもの屋半兵衛
マッハ道場
小田原かまぼこ 丸う田代
学生服 ユニフォーム企画 マルク
MOBSTYLES
luz hoir
roots
    ◆
赤崎道場A-SPIRIT
アンドレイオス
鍼灸、整骨、マッサージ けやき通り治療院
剣持塗料店
ジュエリー シセロシスコ
ゼロ戦クラブ
総合格闘技ゴンズジム
総斗會三村道場
9s MMA
NASCER DO SOL
美容室 BANANA
パラエストラ愛媛
パラエストラ葛西
パラエストラ小岩
パラエストラ岐阜
パラエストラ函館
ピロクテテス新潟
ベビーマッサージ mama's hug
毛利道場
天ぷら師 諸星久美子
そば師 諸星二朗
リバーサルジム
渡辺智史

(順不同/敬称略)
  • ライブドアブログ