行くぜ沖縄!目指せゴール!!(内房レーシング私的ブログ)

仕事の事(自転車関係)・ロードレース・大好きな沖縄の事を適当に書いてます

2016ツール・ド・沖縄 アフターレース

ゴールしたら楽しい時間の始まりです!!

まずは名護のスポーツバーを貸し切り地元チームNewSunRacing+平山練+内房レーシング合同打ち上げ。
揚げ物尽くしメニューでビールが底なしに胃袋に吸い込まれて行きます(笑)
宴会のさかなは沖縄のレースが縁で今年結婚したこの二人。

f4e2d295-s


DSC_0404

沖縄で締めと言ったらステーキ、残念ながらレースで弱った胃袋では完食出来ませんでした。

翌日は那覇に移動して南部一周サイクリング、大好きな場所へ皆さんを案内しました。
DSC_0419


途中道に迷ってさまよっている時に発見!!
「伊覇そば」ここは観光ルートから外れているので100%地元の方、しかしめちゃ美味いし安いリピート決定な場所でした。たまには迷うのも良いかも。
DSC_0420


DSC_0427そして那覇でも打ち上げ(まだ飲むのか)いつもの居酒屋。

締めの沖縄そばはケチャップ炒め、おいしゅうございました。

ではまた来年、その前に行くけど。

DSC_0423












2016ツール・ド・沖縄 100K40オーバー ずるくせこく

ひと悶着あったが9時30分にスタートする国際女子のユリちゃんを見送って無事にスタートラインへ着く。
(後で追いつくからねと密かに思う)

DSC_0393


9時55分スタート、この時間なら関門余裕でゴール出来るし後から他クラス集団が来るからとルンルンでスタート!!
まずは奥の登り、トップ集団で登り切ればいいが無理しないで集団が見える範囲の塊でいければ問題なし。
第2集団で登り切りその後の海岸線でトップ集団に追い付く、追いついたら先頭付近まで上がって行く、決して先頭まで出ない先頭付近で充分。奥の登りがアップで海岸線がレストな感じ。

普久川ダムへの登りは序盤のハイスピードに付いて行けるだけ付いて行く、スピードが速いから意外とスリップ効果で付いていけるが限界まで追い込まない、3km付いて行ければ上出来だがいつも2kmくらいで切れる。

ダムの補給所で今回サポートに回ってくれた轟夫妻に満タンのボトルをもらう、軽量化の為にスタート時はボトルに半分しか入れなかった。
後ろを振り返ると140km先頭澤野君集団がすかさず後方に付き学校坂まで高速移動、坂途中で当然切れ高江まで淡々と登る。

15036644_1380830465261943_8614713548740684483_n
《画像はシクロワイアードから拝借》

高江で下りに入る前で後ろから100kの先頭集団がすかさず高速列車に飛び乗る!!
なんてラッキー何だろうとニヤニヤ、そのまま平良まで高速移動して切れる。

慶佐次補給所手前で100km第2冨名腰君集団が、またまた飛び乗るが今回はぎりぎり限界状態でなんとか食らいつく感じ。補給所で待機していた美穂さん仲間さんから満タンボトルを貰うがもたもたしている間に集団から遅れる、踏みなおして追いつこうと思ったら両足ビキビキ攣った〜。
ここからは我慢の走り、おまけにスタミナ切れここまで75kmあと30kmが遠く感じる。
慶佐次付近では今回は3時間30分切れんじゃねーと目論んだがそう簡単ではなさそう。

たらたら走っていると大浦湾手前で小原さんに抜かれるが見送る、時間差で210kmの第2集団根本君集団が気合いを入れて飛び乗るが羽地ダム登りに入った所で切れる。

へろへろ止まるようなスピードで登っているとフィッツの赤石さんがカメラを構えている。
「シャッター押すなら背中押せーと言って少し押してもらう」(笑)
既に足が棒状態、大腿四頭筋が浮き出てクッキリハッキリわかる状態なのに自分の足見ながら「スゲー」とトランス状態で登る。
トンネル超えれば今回骨折でサポートに回ってくれた洋平君と50km組参加の仲間が冷えたコーラー持って待ってるはず、なんかパフォーマンスしたいなと考えるが何も出来ねー。スマン!!その変わり押してくれー。

注:レース中の選手を押してはいけません失格になります。

15050252_1004641852995302_1675697702_n


冷たいコーラ貰って多少生き返り羽地ダムを下りそのままゴールへ、足ピキピキは継続中!!

3時間42分でゴール、しかし3年前の44分は2分更新した(2年前は熱中症でDNF、去年は関門時間がめちゃくちゃでDNF)この辺がおいらの限界か?

いやいや出来る事はまだまだ沢山有るはず、来年は60歳で迎えるツール・ド・沖縄!!目標は...秘密です。

「行くぜ沖縄!目指せゴール!!」で一年頑張るぞー

しかし毎年必ず75km付近でスタミナが切れる、やっぱり走り込み足りないかなー...

ゴールしたら我慢してた物を一気にあさりまくる、この為に走ってますから(笑)

DSC_0395DSC_0396



2016ツール・ド・おきなわ スタート地点まで

今年はなんと19名で参加、大所帯でしたがサポート体制しっかりしていたのであの事件以外はストレス無くスタート地点に立てました。

前日
土曜の始発で羽田を立ち昼前には名護着「八重そば」食って受付終わらせホテルにチェックイン。
早速組み立て試走へ、いつもの場所でいつもの「ぜんざい」変わらぬうまさ。

DSC_0382


ちょっと昼寝していつもの食堂で晩飯食って早々に部屋に戻り明日の準備、なんとここまでビール無し(ゴールするまで禁酒と決めたから)
風呂入りストレッチしてマッサージしてオイル塗って早々に床に着く、ここまで全て完璧。

当日
4時30分に起床して熱い風呂に入って身体を目覚めさせ軽量化すます、念のために胃薬飲んで内外ともに万全に。
6時に車でスタート地点へ出発、朝食のおにぎりは車の中でここ数年の中で一番うまく食えた調子の良い証拠だ。
ところが事件はこの後にスタート地点は近づいてきたところで気が付いた

「がびーーーん、レーサーシューズ部屋に忘れた...」


取りに戻るのは不可能!!
大した練習なんかしてないけど少しは頑張ってきた、好きな酒も我慢してきたし大好きな揚げ物も制限してた。
いったいなんだったんだと涙が出てきた!!
しかーし変わり身の早いとこが身上、スニーカーの靴紐絞めてこの靴で走り完走して伝説作ったると気合いを入れ替える。

スタート地点に到着、さすがにtimeのペダルだと滑って危ないので有るわけの無いだろうノーマルペダルを探しに知り合いの参加者に聞きまくる。

あったー!!


それもサイズピッタリのsidiレーサーシューズとLOOKペダル、KIDSのミッキーさんがDNSするので貸してくれるとの事。

神は我を見捨てなかった。










内房RCレディース限定!!ピンクジャージ

女性陣から要望が有ったので作成しました!!
えーっピンクでーと初めは思いましたが出来上がってみたらなかなか素敵✨ デビュー戦は沖縄か。

「内房RCピンクウェア」

DSC_0299


これなら集団内でもすぐ見つけられるぞ、ちぎれたら目立っちゃうな!!
見つけたら応援よろしく、あなたの一声が励みになります。

トライアスロンでも表彰台独占

8月28日に木更津自衛隊駐屯地で行われた木更津トライアスロン(参加者1300名)のMIX部門で大活躍でした。

AQULS内房レーシングチーム:MIX部門総合優勝
濱本さん率いる房総コラブチーム:MIX部門総合3位
カヤギサイクル&アーリオチーム:MIX男女混合部門優勝

MIX部門の表彰式、内房ジャージだらけでした。

14102284_10101810175436016_5526547955694495763_n


14054112_875920529208328_2925838914120094211_n


14159824_10101810070351606_1585784562_n

2016内房夏合宿(大人の夏休み)2日目乗鞍

良い酒は残らないって本当ですね、6時には起床して7時にホテル出発。
乗鞍へGO

遠くへ見える雪渓の先まで登ります、近くに見えますが22k登りっぱなしです。。。

NORIKURA1


こんな所をえっちらおっちら登って来ました。

NORIKURA2


標高で1200mほど登ると到着!!頑張って登っただけ気持ち爽快です。

NORIKURA5


NORIKURA3頂上のレストハウスでカツカレー食って下山!!
(B班はそのまま下山・A班は岐阜側におりて安房峠・白骨温泉経由の乗鞍一周コースへ。と言ってもA班は1名ですが)

下山したらお約束ソフトクリームです。










NORIKURA4麓で温泉入って缶ビール開けたら2日間昼夜を問わず遊んだ疲れが出たのかしばしの爆睡、これぞ「大人の夏休み」って感じですね。
小さいころお袋の実家で川遊びしてスイカ食ってカルピス飲んで遊び疲れて大汗掻きながら昼寝してた頃を思い出しました。

2016内房夏合宿(大人の夏休み)松本ナイトスポット

今回の合宿はアダルトな5名、ならば松本の夜を堪能しようと宿は松本駅前のビジネスホテル。

まずは地元料理の店へ
山賊焼き・馬刺しと堪能
(写真撮ってると先に食われちゃうので画像無し)

二件目は地元で長年営業している小料理屋さん

MATSUMOTO1


MATSUMOTO2ここのおかみは80歳を超えてもまだ現役で店を切り盛り、楽しい時間を過ごせました。

とアダルトな夜は続く。



2016内房夏合宿(大人の夏休み)初日美ヶ原

今年の参加者は5名でちょっと寂しい、ですが少ない人数の機動性を生かし目的地を当初の八ヶ岳から乗鞍・美ヶ原へ変更し標高稼いできました。

木更津を4時に出発、浅間温泉に8時到着。9時にツールド美ヶ原のコースを走り始めました。
しかしこの後は激坂なんですよねー。

ASAMA1


無事にゴールへ到着、一回麓へ降りて次の目的地美ヶ原美術館へまた登る!!

UTSUKUSI3



UTSUKUSI212時過ぎに到着しお約束のソフトクリーム!!美味い

後は浅間温泉まで下るのみ、結局この日は2400m登りました。



2016ニセコクラシック レディース大活躍!!

今回内房レーシングからは男性6名・女性4名が参加!!

niseko1


結果はレディース大活躍でした。

石井さん年代優勝、侑里さん年代3位。他2名もあとちょっとで表彰台でした。

niseko2


niseko5


内房RC男子頑張りましょうね!!

2016ニセコクラッシック 70km

第三回大会、去年に続き参加しました。

今年はUCIグランフォンド ワールドチャンピオンシップ出場権獲得権を得られる大会の為に去年までと違いレベルアップ必須です。

niseko6


ゼッケンにもUCIのロゴ入り、気分盛り上がるなー。
しかしレース前夜の夜中に原因不明の下痢、30分置きにトイレで食ったもの全部廃棄処分...
春先から目標にしてきたのに全て無駄か?と便器で落ち込む。

niseko7

画像はシクロワイアードさんから拝借

朝飯もろくに食わないで(唯一食ったのはバナナとパン少々とビオフェルミン4錠)レーススタート!!
中盤からスタートするがパレード走行中に先頭まで移動、最初の坂手前でリアルスタートするがアップも無しなので無理せず少しづつ位置を下げつつ集団後方で坂をクリア。
平坦で前に行こうと思ったら前方で中切れ、これは焦った。
しかし後ろから来た平坦系の方達となんとか折り返しまでに先頭集団復帰。
そのまま集団内で休む、コース最大の登り手前で菊池君が「前に上がりましょう」
と後ろから来たので後ろへ付いて先頭付近まで移動して登りに突入!!

しかし登りに入っても身体に力が入らない(ちょうど上の写真の位置で切れる)
下り・平地でごまかそうと適当に頑張って登る、とにかく同じ色のゼッケンを見つけたら抜いていくし抜かせない作戦!!

cw_niseko-16

画像はシクロワイアードさんから拝借

この日はレース中に二回ほど豪雨が、画像は先頭付近(自分はこの約14分後を走行)
体調も天候も厳しいレースでした。

niseko4


結果は11位、去年は2時間22分で今年の参加したヒルクライムのタイムからは楽に20分を切れると思ったのにワールドチャンピオンシップ出場権獲得権も取れないし(とっても行きませんが)と残念な大会でした。

しかし今年は降られましたがダイナミックなコース・スタッフの情熱、来年も絶対参加したい大会です。



Profile
訪問者数


現在の閲覧者数:

Archives
会長のお薦め
URC連絡掲示板
練習相手を探すとき、連絡事項が有るときに書き込んで下さい
下記に反映されます



logo3

内房RC御用達ショップ


alio

内房RC御用達
イタリアンレストラン


kataaki1


宮古島に行くなら



ワンクリックでこのブログを
↓ランキングアップ↓ranking
ご協力感謝


最新コメント
  • ライブドアブログ