カードトラブルを防いで残念な結果を避けよう!

お久しぶりです、うみです。
もう秋といってもいいくらいに朝晩が涼しくなってきましたね。

夏の暑さも終わり、撮影に最適なシーズン。
これからどんどん撮影していくぞっ!という皆様。

メモリーカード、綺麗にしましたか?
(普段からしてますか?)

店頭でもいろいろお話を聞いていると、
どうにもこうにもメモリーカードにとってよろしくない使い方をしている方が多いように感じます。
メモリーカードは消耗品。
割り切ってしまうことが必要ですが、それでもいつ壊れるか分からないというやっかいなもの。
せっかく撮影した内容がエラーで読み出せなくなってしまったりする場合や、
メモリーカードに起因したカメラのエラーでシャッターチャンスを逃してしまうこともあります。


今回、ふとした機会で「そういえばステキな記事があったな」ということを思い出したので、
ご紹介したいと思います。


<引用>YOUのデジタルマニアックス
「元Lexar社マネージャーが教えてくれたメモリカードを安全に使う8つのコツ(diyphotography) 」


とても分かりやすい記事になっています。
Lexar社というのは、ご存知の通り、とっても良いメモリーカードを作っている会社ですね。
そのマネージャーさんが教えてくれたコツだそうです。

その中でも、
1.カメラ側でイメージを選択消去しないこと

2.コンピューター側でフォーマットするのでは無く。カメラ側でフォーマットするようにしましょう

5.メモリカードの容量を完全に使い切らないこと
については、メモリーカードを使うための3原則とも言われています。
※カメラのプロメンテナンスサービスをされている方も同じ事を言われています。


僕は基本的に、
撮影後、データを取り込んだらカメラでフォーマットしています。
それは、常にクリーンな状態で撮影する方が問題を引き起こしにくいからです。
問題が起きたら、データ復旧サービスを利用しなければいけません。
これ、業者に出したら、かるーくウン万円かかります。
簡易的なソフトで復旧できることも多いですが、それでも結構なお値段します。



さて、ここで問題になるのが、
パソコンが苦手だからパソコンでは保管できないので、
1枚1枚消して空き容量を増やしている

という方。

はい、わかります。
そうですよね。苦手だとどうしようもないですよね。お金もかかるし。

補足すると、いろんなカメラでカードを使いまわして、カードの中が何がなんだかわからないようになっている人。
とても多いです。

この問題の解決方法は、次の2点です。
1.メモリーカードを買い足していく。(1コマ1コマ消さない)
→常に新しいカードになるので、安全性は高いです。
→カードを時系列で管理できるので、とても管理がしやすい。(しかも高速読み出し)
→[デメリット]安くなったとはいえ、コストがとても高くかかる

2.DVDなどに書き出す
→静電気に弱いメモリーカードに比べると、安全(ただし、湿度などに弱い)
→メモリーカードを買い足すよりも安価になることが多い(当店のブルーレイ保存なら税別1500円~)
→[デメリット]円盤型のDVDやブルーレイは読み出しに時間がかかる
※【宣伝】ナカイでは、データをCDやDVD、ブルーレイディスクにするサービスもしております。



本当はもっとたくさん書きたいこともあるのですが、今日はこの辺で。

あ、おまけですが、
カードに書いてる速度って「読み込み速度」なので、
「読み込み速度が速いからって、”書き込みが速いわけではない”」ので、ご注意を!
※メジャーなメーカーであれば、読み込み速度が速いカードは、書き込みも速いことが多いですけどね。

最近ちょっと売れてます

どうもどうも、断然単焦点レンズ派のうみです。

倉敷の天領祭り。たまたま呑み会だったので、倉敷駅に8時ごろ着いたのですが、たくさん人がいてびっくりしました。

さて、ここ最近とあるレンズがうちのお客様の間で、売れています。

m3886

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G

小さくて、明るくて、レンズのキレもステキな1本です。

僕もAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと共に持ってました。

正直、24-70/2.8より綺麗で、よっぽど広角側が欲しいという状態でなければ50mmばかり持ち出してました。
24-70の方が断然高いのに。。。

このレンズ、開放f値が1.4だけあって、f2.8と比べるとボケの半径がざっと2倍になる優れもの。(ざっとね)
しかも、軽くて小さい。

発売からちょっとたってますが、本当に優れもの。
暗い場所でISO感度もシャッタースピードも苦しい状況だったら、ピントさえしっかりしてf1.4にしてシャッタースピードを稼ぐ、なんて使い方もあったりします。

ぜひともバックに入れておきたい一本ですね。

m3889

比較用に Nikonの最新型24-70と、Nikon 50mm/1.4 、Canon 50mm f1.2とならべてみました。
圧倒的にコンパクト!!
おススメです!


で、Canonは?
って話なんですがね。

今の一押しは、EF50mm F1.8 STM !
いや、使ったことないんですけどね。
開放f値が小さいレンズで(つまりボケが大きい)、サイズも小さくて、しかも比較的安い!

50mmf1.4は古いレンズですから、もうそろそろ。。。ですし、
50mmf1.2Lは重くて高価ですしね。
予備の1本にするには、最新のEF50mm F1.8 STMが良いんじゃないかなーと思っております。

あ、ただ、これはフルサイズのお話なので、APCサイズの場合はまた別のお話。


===========

さて、6月から開講した写真教室も前半が終了しました。
次は9月開講。
初級も中級もあと7名程度の空きがございます。

【初級】
 第1、第4火曜日 14:00~ 9月~11月まで全6回(9000円+税)
 カメラを触るのも初めてに近い方が対象。または、写真を全部カメラまかせで撮られている方が対象です。

【中・上級】
 第1、第4火曜日 9:30~ 9月~11月まで全6回(15000円+税)
 理論はよくわかっていないけれどコンテストには入賞していて、それでもさらに上達したい方が対象です。

どうぞ、店頭にてお問い合わせください!

ちょっと下見にいってみた & 僕が単焦点を好きな3個の理由


どうも。
いろいろなことが頭によぎって、よくよく考えるとほとんどの時間、写真のことばかり考えているうみです、こんにちわ。

さてさて、先日、写真の相棒がカメラを買ったというので、その出初式?と僕の練習を兼ねて姫路の太陽公園に行ってきました。
(本当は、他にも意図があったのですがね。)

いやーー、意外と楽しめましたね。
お城のエリアもありましたが、風がつよく写真が撮れなかったのですが、石のエリアだけでもかなり長い時間遊んでおりました。

今回気をつけたのは、「そのままの景色を切り取らないこと」。
背景ですぐに「太陽公園だな」と分からない写真、を撮ることに注意しました。
※もちろん、わかる人にはすぐわかりますが。

上手い下手は別にして、撮影時に気をつけたことも含めて書いてみようと思います。

496A9172

遊びながらの写真。影に入れるか、日なたに立たせるか。
それは、カメラマンの意図によりますよね。

496A9229

そのまま撮ってしまえばどこかわかる景色も、切り取り方でわからなくなる。
光を見つけるって、難しい。

496A9338

開放ばかりと思われがちな僕ですが、絞って撮ったりもします。
そのときに、油断して手振れしないように。
常識といえば常識なのかもですが、あえて書いてみたり。

496A9366

同じ場所でも、焦点距離が違うだけで、レンズが違うだけで、全く違うアプローチになりますよね。

496A9374

広角レンズを使うのではなく、望遠レンズで離れて撮るというのも、選択肢。

496A9487

「なんでもない景色でも、画できるようにしたい。」
それが今の僕の課題。
だからこその、今回の練習だったりしました。

ちなみに、太陽公園では8月31日締め切りでフォトコンテストが開催されています。
応募総数はわかりませんが、みなさん、チャレンジされてみては??
http://www.taiyo-park.com/



==========

話題を変えて、この日、メインレンズは EOS5D markIII に、16-35mmF4、50mmF1.2、135mmF1.8という組み合わせで行きました。

どうして、僕が単焦点が好きなのか。

1.写真を楽しむためのレンズ。そして、言い訳にするためでもある(笑)
 →ズームレンズだと動かなくても良い切り取り方が出来たりしますよね。
  でも、単焦点だとどうにもならないことも。でも、それでよかったりします。
  「いろいろ悩んで撮影位置を探したけど、うまくおさまらなかった。てへっ」
  ってなる方が、僕は楽しいかなぁと思っているので。
  ズームレンズで便利なのに、構図が整わないとかあとでトリミングするとか(以下自粛)
  ※ただし、撮影状況による。

  ズームレンズを使っていると焦点距離と画角のバランスが身体から抜け落ちることがよくあるので、そのリハビリに単焦点ばかり使ったりすることもあります。

2.やっぱり綺麗
  ここが大きいんですよね。
  もちろん、ズームレンズにもとってもステキなレンズはたくさんあって、
  EF24-70mmF2.8IIとかEF70-200mmF2.8IIとか、やっぱり持っていきたくなるレンズだったりします。
  それでも、単焦点レンズの方が作りがシンプルな分、メーカーさんは画質側にこだわりを持ってくれているし、開放F値が小さかったりで、ボケが大きかったりしますよね。
  開放F値が大きいと小さくできませんが、逆だと、絞ったりはできますから。

3.何より軽い。
  例えば今回のレンズ構成だとレンズだけで2335gになります。
  しかし、標準と望遠をそれぞれF2.8のズームレンズにすると、それだけで2910g。
  その差、575g!!
  ペットボトル1本以上の差はさすがに大きい!
  これだけ重さが違って、なおかつ開放F値が1段~2段小さいわけです。
  ※135mmがCanonだったら全体で1kg近くの軽量化になる。
  動ける環境なら、単焦点にしない理由なんてどこにもないわけです。

正直、僕は個展をするわけでもないし、コンテストに応募するわけでもないし、大判プリントにもしないので、そこまでこだわる必要はないといえばないのですがね。

ほら、
僕、写真好きですから。
最後まで綺麗にしたいですし。
少しでも上手くなりたいし。


それが、僕が単焦点が好きな理由です。
少しでも、一人でも、共感してくれる人がいたらいいなぁ。。。と。


==========

そんなわけで、
たかがポートレート、されどポートレートと思いながら遊んでおりますが、どうやら当店のお客様はポートレートが苦手な様子。

僕もごくごくフツーのポートレートしか撮れませんが、講習というか、わちゃわちゃとポトレ的撮影ツアーというか、そういうのをするとしたら、参加したい!って人どれくらいいらっしゃいますかね。

ご希望の方いらっしゃれば、もしよければ店頭ででも教えて頂ければ幸いです。
(10人以上いたら、してみようかな。)

ギャラリー
  • 最近ちょっと売れてます
  • 最近ちょっと売れてます
  • ちょっと下見にいってみた & 僕が単焦点を好きな3個の理由
  • ちょっと下見にいってみた & 僕が単焦点を好きな3個の理由
  • ちょっと下見にいってみた & 僕が単焦点を好きな3個の理由
  • ちょっと下見にいってみた & 僕が単焦点を好きな3個の理由
  • ちょっと下見にいってみた & 僕が単焦点を好きな3個の理由
  • ちょっと下見にいってみた & 僕が単焦点を好きな3個の理由
  • 倉敷の写真屋が個人で蛍ポートレートをやってみた