小さなボートの弱点は、風と波に対する余裕が少ないと言えると思う。

自分のボートが、どのくらいの風速や波高で危険になるのかを、まずは把握することが安全に釣りを楽しむのに大切だと思う。

自分の19ft40馬力の和船タイプで、自己出船基準は、風速5m以下で波高0.5mとしている。

もちろん、これを超すとすぐに走行不能と言うわけでは無く、ドテラ流しで釣りが出来る状況ということで、船の側面から波を受けての自己基準です。


潮の方向と風の向きで変わりますが、船が1knot以上で流れるとスーパーライトジギングでは釣果が落ちるし効率が悪くなるので、パラシュートアンカーを入れたりして調整しますが、無理をしてもあまり良い釣りにはならない。

また、瀬のところはうねりが高くなるし、潮がぶつかるところは三角波のような複雑な波になって危険なので、地形と波の方向、風向き、沖のうねりの高さなど、頭をフル回転して安全に帰港出来るようにしてください。

自分の船の特徴を把握して、安全な走り方を体感できるように経験を積むのが大切だと思います。

馬力が少ないボートだと、波に向かって走る場合に波に負けて押し返されたり、追い波の場合、波に追い越されると非常に危険な状態になります。

自分も、あとひと流しと判断を誤って、波をひとつひとつ乗り越えながら時間がかかって帰港した経験があります。

DSC_2392

今までは、ロッドが風で音を出し始めたらとか、波の状態で風を判断していましたが、
今回、風速計を買ってみました。

体感での風速をきちんと数字化したかったんで、Amazonで1000円以下で購入できました。







にほんブログ村 釣りブログ 2馬力ボート釣りへ

にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ プレジャーボート釣りへ
にほんブログ村


ボート釣りランキング