サラリマンクエスト〜スキルアップで勇者になる!〜

ご覧いただきありがとうございます。 営業生活20年の経験と、速読をマスターするべく日々勉強しております。

売り上げを上げるために
営業スキルを磨いたり、
資料を工夫したり、
努力をしていますが、

自然と好感度が上がるスキルがあれば、
信用の土台ができるので
身につけたいスキルではあります。


あなたもこのような思いをしたことはありませんか?

人をパッと見たときに、
信用できそうな雰囲気を感じることや、
逆に信用できなさそうと感じることがありませんか?

さらに、一目見ただけで一目ぼれしてしまったことなどありませんか?

今回は、
「一瞬で相手のオトす洗脳術」苫米地英人著
EMDR―外傷記憶を処理する心理療法

を参考にしております。

人に好かれたり、好感度を上げたりする事は、
生きていくうえで、
仕事するうえで、
当然、考えるべきことではあります。

しかしながら、
どのようにすれば好感度があがるか示している参考書は少ないです。

今回、
「好感度を上げ、一目ぼれを起こす技術」
を習得できるよう、記載していきます。

それでは、一目ぼれを起こす方法について学んでいきましょう。



「変性意識下でほかの人と同調すると、内部表現の情報は伝達します」
(一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック 原文まま)



簡単にわかりますからもう少しお付き合いください。

「変性意識下」は初めて聞く言葉かもしれませんが、
とても簡単です。



どんな状態かというと、
例えば、電車内でスマホゲームしている人を見かけます。
スマホゲームってとても集中力いりますよね。

中には、集中しすぎて
本来降りる駅に降れなかった乗客を見ることがあります。

何を言いたいかというと、
電車にのっていることよりも、
ゲームの世界の方に入っている状態、

これを「変性意識下」と呼びます。



「変性意識下」=超集中状態

です。



「同調すると」とは、感情を共有する事です。

飲みニケーションで同僚同士や、友達同士の近況報告などで、
その飲み会がとても有意義に感じたときや、お互いに心が通じるくらい
情報を共有できる事があります。

このような強い共有状態を示しております。
超共有状態のことをしめしております。



一目ぼれをわかりやすく表現すると、
超集中状態で 相手と超共有し 感情を伝える

ことで一目ぼれを起こします。




家つくりで例えますと、
超集中状態=土台(一番大事)

超共有=骨組み

感情を伝える=外観つくり


です。


次回、この3つのポイントを解説していきます。

ここまでご覧いただきありがとうございます。
「いいね」を頂けますと継続の力になります。

メンタリストDaiGo君(http://daigo.me/
 )も小樽、手稲に来てくれるそうだ。


苫米地英人小樽事務所 0134-33-7712 Fax 0134-33-7724

12月 4日 14時30分
手稲駅北口街頭 苫米地英人、松山千春

12月 8日 18時
平安閣・おたる花嫁センター
苫米地英人、前田日明 入場無料
おたる花嫁センターは、小樽市稲穂1丁目12番5号

12月15日 15時から16時半
小樽市民会館ホール 苫米地英人、松山千春
入場無料 開場14時半 
小樽市民会館は、小樽市花園5丁目3番1号

前田日明は、その他街頭も来てくれる予定。


苫米地英人小樽事務所 0134-33-7712 Fax 0134-33-7724

↑このページのトップヘ