心不全患者におけるWCDによる治療最適化(ドイツ)
EF35%以下の心不全患者105例におけるWCD使用の検討。着用日数の平均は68.8日であり4.8%の患者が適切ショックを受けた。WCD着用期間中に有意なEFの改善が認められ、虚血性心筋症患者の54.8%、非虚血性心筋症患者の48.8%が1次予防目的でのICD植込みとなった。
Susanne Roger et al. Therapy optimization in patients with heart failure: the role of the wearable cardioverter defibrillator in a real-world setting. BMC Cardiovascular Disorders (2018) 18:52 https://doi.org/10.1186/s12872-018-0790-8



https://bmccardiovascdisord.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12872-018-0790-8