この記事に80件ほどのコメントを頂きました。
コメントに対する「いいね」の数も4万とか万単位・・
まさか万単位に行くとは想像もしておらず
さすがに驚いています。

沢山の叱咤激励に感謝いたします。




そこで、今日は【中傷される側と中傷する側】について

綴っていきたいと思います。




ブログで批判中傷をよく受ける・・
職場の人間関係で悩んでいる・・
義母がむかつく・・
ママ友がうざい・・


などなど人間関係で悩んでいる人に
ぜひ読んでみてほしい本があります。


多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 [ Jam ]





自分が誰かからの発言に傷つけられる必要なんてないんです。


多分、言った本人は今頃何くわぬ顔でパフェ食ってるはずですから・・







私はこの本を読んでから、

中傷コメントが入ると

「・・・・とか言いつつ、今頃この人パフェ食ってんだろうなぁ」

と思っています。



コメントをもらってること自体に関しては
感謝しています。



***

しかし、この本の中で
心に残ってる文章あります。


それは、人間の潜在意識である【無意識】についての論述なのですが


・無意識は解剖学的に言うと人間が生まれた古代の頃からの脳の働きのことをいう

・無意識が人間の心に与える影響は大きい

・無意識は人間が「自分」や「自己」を認識する以前から備わっているものだから
主語というものがわかっていない


という説があるらしいのです。





なので






”人の悪口を言い放ったつもりが、

実は自分の悪口として無意識に蓄積されてストレスを感じたり、

自分のイメージに傷を与えていることになる。

だから人をけなして気分を鬱散していると、

知らない間にどんどん自分がすさんでいく”







というフレーズが載っているんです。

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 [ Jam ] P.171より引用)




私はこの一文がわりと衝撃的でした。
悪口を言ってる人って、どちらかというと今まであまり苦労しないで
生きてくることができたラッキーな人なんじゃないかと思っていたから。
好きなように生きてていいなぁと思ってたんですが
全然違うんだなと。






あと、ちょっと話が変わるんですが


私、「障害児の親専門のカウンセラー」さんのページをフォローしてまして


最近こんなことを書かれてたんです。

※そのカウンセラーさんは外見に特徴のある障害のお子さんがいます







”障害のある我が子の写真をSNSにアップすると

「こんな子供は生む前に降ろすべき」「生む価値ない」等の不快なコメントがよく入る”






そして、話はこう続きます





”否定的な嫌がらせコメントは、過剰に反応してしまいがちですが、

その奥にあることを想像することはなかなかできません”



そして、お医者さんから聞いた話が紹介されていました。



”出生前診断を受けて陽性になり、中絶した方のなかには、

障害のある子供を産み育てている人に対して、

特に幸せだとか、可愛くて仕方ないとか言う親に対して

嫌がらせをしないと自分への嫌悪感、罪悪感から逃れられない人もいる”



これまた、私には衝撃でした。

「障害児は生む価値ない」とコメントするような人は

障害児の親になったことのある立場の人ではないと思っていたから。






だから何だというわけでは
ないのですが、

人間の心って想像以上に深くて
いろいろある・・

と思い知りました。

ただそれだけ。

(私は心理の勉強などは一切してない人間なのでここまでの言及でとどめておきます)




この記事を読んでどう思うかは

読んだ人次第。









◆憧れのアイテムがアウトレット価格で見つかる
公式だから安心
↓↓




◆わたしの楽天ROOM(^ν^)


今までブログで紹介した商品はこちらにのせています。



◇楽天ポイントスクリーン
楽天が運営してる楽天広告を見るだけで楽天ポイントが毎日もらえるアプリ




◇楽天でのお買い物前に経由するだけでお小遣い貯まる!!
モッピー!お金がたまるポイントサイト

↑このバナーからの 登録でお互いに紹介ポイントもらえます


◆ブログランキング参加しています◆

押してくれたら頑張れます

↓↓↓


にほんブログ村



人気ブログランキング


◇もしよければLINEで更新通知来るのでどうぞ