重度の知的障害のある息子を抱える我が家・・
自立できない子をもつ親として
老後は自分たちだけじゃなく息子のことも見続けないといけないとおもうと
やはりお金の心配が先立ちます

今もっているお金は

現金3割・投資(株&投資信託)3割・ドル建て保険3割で保有している。

現金は緊急にお金が必要になった時の為に、
投資は言わずもがな資産形成の為に、
ドル建保険は今後物価上昇に伴い円の価値が目減りしていくと予想しているので外貨でのリスクヘッジに・・

しかし最近、株式市場は超下落して含み損半端ないし
円高が進んでて、ドル建保険してて大丈夫なのかなと不安になってきた。(簡単に言うと、解約・満期時に円安だったらお金が多くもらえて円高だったら損する)

今のところ唯一損を出してないのは、投資信託。
やっぱり素人が個別株買うのはリスクが大きかったのかしら・・。

ドル建て保険は毎月積み立てて残り30~35年ほどある。
未来のことはわからないので現状続けるつもり。

個別株は優待銘柄だけ保有して(個人的にはイオンがお気に入り)
投資信託多めにシフトしていこうかな・・と考え中。

うちはボーナスもないしサービス業やし平均年収下回ってるし
子ども3人でとことん貧乏よりの家やけども

将来老後が来た時、おじさんになった息子とお金がないを理由に
心中・・とかならないようにどうにか備えていきたい。。。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本 [ 渡部伸 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/3/19時点)