市況研究社のメモ帳

市況研究社および「市況研究社日報」から一部を公開します。

【1】原油相場について
国際原油取引の指標はブレント原油(ICE)です。
(ⅰ)ブレント原油期近11月限は「88ドル~104ドル」の15ドル幅のレンジ。
(ⅱ)明確なトレンドを形成しておらず、ランダムウォーク。
(ⅲ)82930日はレンジ上限を試し、979日はレンジ下限を試した。
(ⅳ)アジア市況の石油製品はクラック(精製マージンの指標)が縮小。
(ⅴ)すでにレンジ相場が長引いており、くたびれている感じがあります。しかし、レンジ相場を続けているあいだは先回りせず見ておく方がよい。道中はランダムな動きをするからです。

【2】アジア市況のクラック縮小
アジア太平洋地域の石油・ガスはシンガポールがハブとなり、アジア各地から集積され、域内外に輸出される。日々の価格はシンガポール時間午後430分(東京時間午後530分)が基準です。原油と石油製品を「1バレルあたりの価格」で比較し、その価格差を求めることによって、おおざっぱに「1バレルあたりの精製マージン」の指標を得ることができます。

原油と石油製品の価格差(精製マージン)が1バレルあたり20ドルを超えて来ると「とても高い」と思うが、本年(20225月から6月の精製マージンは通常の2倍、さらに3倍以上へと、これまで見たことも経験したこともない価格に高騰した。シンガポールのガスオイルは6月相場で1バレルあたり60ドルの精製マージンに跳ね上げた。こうした信じられないような石油製品価格高騰と精製マージン拡大は、経済ストレスと需要破壊を引き起こす。

アジア市況のクラックスプレッドは本年56月がピークであった。78月は波打ちながら縮小した。アジア市況の「ナフサ/ガソリン」「ケロシン/ガスオイル」は現在の9月相場で平均に回帰してきている。5月から6月相場の異常なクラックから9月相場では平均的水準に縮小している。

アジア市況のクラック・スプレッド(単位:米ドル/バレル)
原油=国際原油取引の指標であるブレント原油(ICE)期近の価格
限月記号: N 7月限、Q 8月限、U 9月限、V 10月限、X 11月限
石油製品=シンガポール石油製品の価格
シンガポール時間午後430分時点で比較し、その価格差を表示します。

   ブレント  ガソリン       ジェット燃料/    ガスオイル
日付 原油期近  GL92-SIN クラック  ケロシン クラック  0.5 S クラック

9/16  90.58 X    87.80  -2.78   110.41 +19.83   109.16  +18.58
9/15
  93.62 X    97.36  +3.74   111.94 +18.32   110.87 +17.25
9/14
  92.87 X    99.55  +6.68   120.33 +27.46   121.72 +28.85
9/13
  95.10 X    102.60  +7.50   132.27 +37.17   133.55 +38.45
9/12
  92.85 X    99.50  +6.65   130.20 +37.35   130.95 +38.10

9/09  90.29 X    97.21  +6.92   130.20 +39.39   129.63 +39.34
9/08
  87.72 X    94.40  +6.68   129.87 +42.15   129.73 +42.01
9/07
  92.26 X    99.60  +7.34   131.09 +38.83   130.52 +38.26
9/06
  95.12 X    101.32  +6.20   135.61 +40.49   134.94 +39.82
9/05
  95.59 X    100.31  +4.72   138.59 +43.00   136.39 +40.80

9/02  94.98 X    98.30  +3.32   132.81 +37.83   131.73 +36.75
9/01
  94.22 X    93.70  -0.52   132.00 +37.78   130.48 +36.26
8/31
  97.44 V    97.33  -0.11   139.14 +41.70   137.81 +40.37
8/30
 104.59 V    108.01  +3.42   144.38 +39.79   142.90 +34.89
8/29
 101.57 V    107.02  +5.45   146.48 +44.91   144.94 +43.37

8/26  99.85 V    108.30  +8.45   147.28 +47.43   146.63 +46.78
8/25
 101.36 V    110.60  +9.24   149.97 +48.61   150.42 +49.06
8/24
 101.31 V    111.92 +10.61   143.81 +42.50   143.88 +42.57
8/23
  97.47 V    111.85 +14.38   141.69 +44.22   142.02 +44.55
8/22
  94.67 V    109.20 +14.53   135.55 +40.88   135.43 +40.76

8/19  95.51 V    109.41 +13.90   133.29 +37.78   132.97 +37.46
8/18
  94.03 V    108.43 +14.40   131.99 +37.96   131.77 +37.74
8/17
  91.85 V    105.00 +13.15   128.41 +36.56   127.97 +36.12
8/16
  93.52 V    105.81 +12.29   128.46 +34.94   127.82 +34.30
8/15
  96.17 V    108.19 +12.02   127.46 +31.29   126.84 +30.67

8/12  99.93 V    110.44 +10.51   130.43 +30.50   129.56 +29.63
8/11
  97.30 V    109.50 +12.20   126.78 +29.48   125.91 +28.61
8/10
  95.71 V    105.00  +9.29   121.67 +25.96   120.98 +25.27
8/09
  95.25 V    National Day
8/08
  94.58 V    101.91  +7.33   116.85 +22.27   116.34 +21.76

8/05  94.48 V    99.98  +5.50   122.10 +27.62   122.73 +28.25
8/04
  96.76 V    109.21 +12.45   127.28 +30.52   127.76 +31.00
8/03
  99.43 V    109.08  +9.65   123.64 +24.21   124.60 +25.17
8/02
  98.99 V    107.85  +8.86   124.06 +25.07   125.14 +26.15
8/01
 102.71 V    112.27  +9.56   130.90 +28.19   130.36 +27.65

7/29 108.92 U    115.47  +6.55   135.57 +26.65   136.02 +27.10
7/28
 107.88 U    116.60  +8.72   137.87 +29.99   137.46 +29.58
7/27
 105.41 U    113.50  +8.09   131.77 +26.36   131.39 +25.98
7/26
 106.78 U    114.64  +7.86   131.56 +24.78   130.87 +24.09
7/25
 102.51 U    105.07  +2.56   124.87 +22.36   124.39 +21.88

7/22 103.83 U    103.80  -0.03   130.30 +26.47   128.85 +25.02
7/21
 103.71 U    107.10  +3.39   130.00 +26.29   128.54 +24.83
7/20
 106.01 U    112.95  +6.94   131.76 +25.75   130.97 +24.96
7/19
 106.38 U    114.86  +8.48   135.05 +28.67   134.51 +28.13
7/18
 103.38 U    111.60  +8.22   135.35 +31.97   136.34 +32.96

7/15  98.84 U    105.23  +6.34   133.54 +34.70   133.98 +35.14
7/14
  98.54 U    108.20  +9.66   133.22 +34.68   133.94 +35.40
7/13
 100.46 U    112.45 +11.99   137.38 +36.92   139.36 +38.90
7/12
 104.61 U    118.20 +13.59   137.65 +33.04   138.44 +33.83
7/11
 104.50 U    SubstitutionHari Raya Haji

7/08 104.18 U    119.00 +14.82   137.15 +32.97   141.24 +37.06
7/07
 100.71 U    116.80 +16.09   131.12 +30.41   134.17 +33.46
7/06
 104.40 U    122.75 +18.35   140.83 +36.43   143.44 +39.04
7/05
 113.81 U    139.94 +26.13   147.99 +34.18   152.99 +39.18
7/04
 111.17 U    142.02 +30.85   152.92 +41.75   155.35 +44.18

7/01 109.49 U    138.20 +28.71   152.20 +42.71   156.84 +47.35
6/30
 116.10 Q    143.65 +27.55   150.60 +34.50   153.36 +37.26
6/29
 117.55 Q    146.85 +29.30   155.96 +38.41   157.22 +39.67
6/28
 116.76 Q    148.80 +32.04   162.03 +45.27   165.61 +48.85
6/27
 113.52 Q    150.16 +36.64   163.41 +49.89   169.05 +55.53

6/24 110.64 Q    145.95 +35.31   167.34 +56.70   170.60 +59.96
6/23
 109.45 Q    146.40 +36.95   166.41 +56.96   170.01 +60.56
6/22
 110.17 Q    148.09 +37.92   164.95 +54.78   168.22 +58.05
6/21
 115.75 Q    153.73 +37.98   173.43 +57.68   176.15 +60.40
6/20
 112.27 Q    144.19 +31.92   166.21 +53.94   168.52 +56.25

6/17 120.31 Q    151.56 +31.25   173.69 +53.38   175.89 +55.58
6/16
 119.01 Q    150.55 +31.54   171.42 +52.41   174.39 +55.38
6/15
 121.27 Q    151.50 +30.23   169.27 +48.00   171.27 +50.00
6/14
 123.16 Q    151.65 +28.49   167.67 +44.51   170.78 +47.62
6/13
 119.54 Q    150.27 +30.73   164.50 +44.96   166.93 +47.39

6/10 123.00 Q    157.11 +34.11   169.61 +46.61   171.49 +48.49
6/09
 123.05 Q    152.30 +29.25   165.74 +42.69   166.94 +43.89
6/08
 120.80 Q    147.26 +26.40   164.40 +43.60   165.29 +44.49
6/07
 119.90 Q    148.50 +28.60   167.35 +47.45   169.77 +49.87
6/06
 120.23 Q    153.89 +33.66   165.90 +45.67   169.34 +49.11

6/03 117.09 Q    148.99 +31.90   160.77 +43.68   163.80 +46.71
6/02
 113.15 Q    143.99 +30.84   154.05 +40.90   158.24 +45.09
6/01
 117.11 Q    146.88 +29.77   154.76 +37.65   158.36 +41.25
5/31
 123.83 N    151.49 +27.66   157.17 +33.34   160.32 +36.49
5/30
 120.33 N    150.20 +29.87   149.21 +28.88   151.61 +31.28

5/27 117.81 N    146.10 +28.29   148.54 +30.73   148.21 +30.40
5/26
 114.58 N    140.78 +26.20   144.73 +30.15   144.06 +29.48
5/25
 114.58 N    139.40 +24.82   143.04 +28.46   141.77 +27.19
5/24
 112.97 N    137.70 +24.73   137.76 +24.79   137.33 +24.36
5/23
 113.53 N    142.50 +28.97   137.01 +23.48   137.56 +24.03

5/20 111.48 N    148.90 +37.42   136.40 +24.92   137.31 +25.83
5/19
 109.16 N    140.70 +31.54   130.47 +21.31   131.47 +22.31
5/18
 113.65 N    147.44 +33.79   138.72 +25.27   140.69 +27.04
5/17
 114.58 N    146.90 +32.32   138.04 +23.46   139.46 +24.88
5/16
 110.01 N   SubstitutionVesak Day) 

5/13 108.47 N    140.46 +31.99   138.89 +30.42   140.23 +31.76
5/12
 105.24 N    132.71 +27.47   139.80 +34.56   140.26 +35.02
5/11
 105.45 N    131.28 +25.83   143.36 +37.91   143.37 +37.92
5/10
 106.81 N    131.91 +25.10   143.51 +36.70   140.33 +33.52
5/09
 111.80 N    138.79 +26.99   144.67 +32.87   145.01 +33.21

5/06 111.92 N    138.40 +26.48   148.41 +36.49   149.94 +38.02
5/05
 110.66 N    138.30 +27.64   149.98 +39.32   152.96 +42.30
5/04
 108.77 N    135.30 +26.53   147.78 +39.01   159.19 +50.42
5/03
 106.14 N    Hari Raya Puasa
5/02
 108.45 N    SubstitutionLabour Day

(ⅰ)914日(水)の台湾飼料公会(MFIG)の入札で提示されたのは「ブラジル産」だけであった。
(ⅱ)台湾飼料公会(MFIG)は5月入札~8月入札で「南アフリカ産」を購入してきたが、今回の9月入札でブラジル産を購入した。
(ⅲ)C&Fプレミアムは$1.7769/bu.+シカゴ(CBOT20233月限」

2022914日(水)

Buyer    台湾飼料公会 MFIG
Seller
   
Cargill
Origin
    ブラジル産 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage
   65,000トン
Shipment
   2022111日-1120
C&F basis
  $1.7769/bu.+シカゴ(CBOT20233月限

比較

202283日(水)

Buyer    台湾飼料公会 MFIG
Seller
   
Viterra
Origin
    南アフリカ産 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage
   55,000トン
Shipment
   20221016日-114
C&F basis
  $2.5482/bu.+シカゴ(CBOT202212月限

2022629日(水)

Buyer    台湾飼料公会 MFIG
Seller
   
Viterra
Origin
    南アフリカ産 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage
   55,000トン
Shipment
   202294日-928
C&F basis
  $2.4379/bu.+シカゴ(CBOT202212月限

2022518日(水)

Buyer    台湾飼料公会 MFIG
Seller
   
Viterra
Origin
    南アフリカ産 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage
   55,000トン
Shipment
   2022816日-94
C&F basis
  $2.4839/bu.+シカゴ(CBOT202212月限

202254日(水)

Buyer    台湾飼料公会 MFIG
Seller
   
Viterra
Origin
    南アフリカ産 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage
   55,000トン
Shipment
   20227月-8
C&F basis
  $2.1979/bu.+シカゴ(CBOT20229月限

2021/2022市場年度(第1~第3期作)のトウモロコシ生産高は、9月予想では8月予想から1419,200トン下方修正され、113272100トンとなったが、それでも最高記録であることに変わりない。

これまでブラジルのトウモロコシ生産高は2019/2020市場年度の102586,400トンが最高記録であった。本年度(2021/2022市場年度)のトウモロコシ生産高予想は113272100トンで、それを1000万トン以上上回り、CONAB(ブラジル国家食糧供給公社)が統計を取り始めて以来の史上最高記録を更新する。前年度と比較すると、本年度は+26175,300トン増加。

【1】ブラジル産トウモロコシの生産高予想

市場年度   2020/2021      2021/2022    2021/2022
.
        前年度       8月予想     9月予想

1期作   24726,500     24979,100   24979,700

2期作   60741,600     87406,700   86120,600

3期作    1628,500     2305,600    2171,800

生産高合計 87096,800    114691,300   113272100


【2】ブラジル産トウモロコシの需給見通し(トン)

市場年度    2020/2021     2021/2022     2021/2022
.
         前年度      8月予想      9月予想

期初在庫   10673,800     7781,800    7781,800

生産     87096,800   114691,300   113272,100

輸入      3090,700    1900,000    1900,000

供給量   100861,400   124373,100   122953,900

国内消費   72263,800    77123,100    76500,000

輸出     20815,700    37500,000    37000,000

期末在庫    7781,800    9750,000    9453,900

米国、鉄道スト回避

米国のバイデン大統領は915日(木)、米国主要鉄道会社が賃上げと労働環境の改善で労働組合と暫定合意に達したと声明を発表した。9月16日の米国鉄道ストライキは一旦回避された。暫定合意が否決されたとしても、鉄道ストは数週間は回避されるという。

(ⅰ)米国鉄道業界では20201月から30を超える主要鉄道会社を代表する全米鉄道労務会議とそれら鉄道会社の従業員約115千人で構成する12の労働組合との間で労使交渉が続いてきた。

(ⅱ)バイデン大統領は2022715日、米国鉄道業界で続いている労使交渉の進捗に向け、専門家で構成する大統領緊急委員会(PEB)を創設する大統領令に署名した。米中間選挙が11月に迫っており、新たなサプライチェーンの混乱やインフレ昂進を招きかねない大規模ストは回避しなければならなかった。

(ⅲ)PEB2022816日、解決に向けた勧告をバイデン大統領に報告した。PEBによる勧告後30日間で合意に至らない場合には、916日からストライキやロックアウト、雇用条件の一方的な変更が可能となる。

(ⅳ)米国鉄道協会(AAR)は202298日、鉄道サービスが停止した場合、1日あたり20億ドル以上の経済的損失が発生すると試算した。米国の石炭火力発電所の67割は鉄道で燃料を搬入しており、ストになれば代わりにガス火力発電の需要が高まると取り沙汰されたりした。米国小売業界にとっても、商品を港湾から搬送するのに鉄道貨物を利用しており、それらすべてをトラック輸送に変えることは難しく、コスト高要因となると懸念された。

(ⅴ)これまで交渉に参加してきた12の労働組合の内、9組合は暫定合意に達した。全米輸送会社会議委員会(NCCC)によると、米国2大鉄道組合の機関車電車工同盟(BLEL)と板金・航空・鉄道・運輸組合輸送部門(SMART-TD)はPEBを拒否。既にNCCCと暫定的に合意に達した組合でも動きがあり、運輸通信労働組合(TCU)と鉄道労働組合(BRC)の組合員(2組合の組合員数は合計11千人以上)が暫定合意を承認した一方、国際機械工航空宇宙労働組合(組合員数4,900人以上、IAM)の組合員は暫定合意を否決し、ストライキを承認した。

(ⅵ)カリーン・ジャンピエール大統領報道官は914日、鉄道会社と労働組合がマーティ・ウォルシュ労働長官と協議していることを明らかにし、「貨物鉄道システムの停止は、米国の経済と国民にとって受け入れがたい事態であり、全ての当事者がそれを回避するために努力しなければならない」と指摘した。米東部夏時間916日午前001分の期限までに暫定合意できなければ、ストに突入するとみられていた。

(ⅶ)全米鉄道旅客公社(アムトラック)も全米鉄道のストに備え、9月15日に全ての長距離列車を運休する計画を発表した。今週の米国市場は、9月16日からの全米鉄道ストライキ懸念が底流していた。

(ⅶ)全米の貨物鉄道会社を代表して交渉を担う全米輸送会社会議委員会(NCCC)が915日、これまで合意に達していなかった3組合と暫定合意を締結したと発表した。これにより、交渉に参加していた全12組合が鉄道会社側と暫定的な合意を締結したことになった。916日のストライキは一旦回避された。交渉に詳しい関係者によると、暫定合意が否決されたとしても、鉄道ストは数週間は回避されるという。

【1】TOCOMプラッツドバイ原油について
以前にも記したことがありますが、TOCOM「プラッツドバイ原油」は、アジア市場のドバイ原油スポット価格について、プラッツ社による査定価格を基準にしています。それが最終的な決済価格になります。

プラッツ社の査定価格とは「グリニッジ標準時 830分」の価格です。
シンガポール時間で午後430分、
東京時間では午後530分です。

わが国の石油会社は、中東などから原油を購入しています。その購入原油価格の基準になっているのはTOCOMの帳入値ではなく、「グリニッジ標準時 830分」(シンガポール時間で午後430分、東京時間では午後530分)のプラッツ社による査定価格です。

アジア市場では、ドバイ原油だけでなく、DME(ドバイ・マーカンタイル取引所)のオマーン原油もマーカー原油です。アジア市場のマーカー原油はドバイとオマーンの2本建てです。この2油種の平均値がサウジアラビアなどのアジア向け輸出価格の基準になります。そのDMEオマーン原油の「マーカー・プライス」も「グリニッジ標準時 830分」の価格です。シンガポール時間で午後430分、東京時間では午後530分の価格です。

アジア市場のドバイ原油やオマーン原油のスポット価格について、日々の査定価格は1日の取引の加重平均値ではなく、「グリニッジ標準時 830分」=シンガポール時間で午後430分、東京時間では午後530分の価格を基準にしています。したがって、アジア市場のドバイ、オマーンなどの原油価格で見なければならないのは「グリニッジ標準時 830分」=シンガポール時間で午後430分、東京時間では午後530分の価格です。その査定機関の価格です。当社では、そのときのブレント原油(ICE)の価格を「アジア終値」として表示しています。アジア市場で注意を払わなければならないのは東京時間午後3時以降、午後530分の価格です。

【2】原油相場について
国際原油取引の指標はブレント原油(ICE)です。
当社では7月、8月、9月と、原油相場はランダムウォークと記してきました。
相場に明白なパターンがなく、トレンドも形成しておらず、レンジ相場と考えてきました。

(ⅰ)ブレント原油期近11月限は「88ドル~104ドル」の15ドル幅のレンジ。
(ⅱ)明確なトレンドを形成しておらず、ランダムウォーク。
(ⅲ)82930日はレンジ上限を試し、979日はレンジ下限を試した。
(ⅳ)88ドルのレンジ下限を一時下回ることがあったが、当社ではレンジ相場のランダムウォーク、レンジ下限の揉み合いと記してきました。

アジア終値で見ると「98日」の午後530分に一度、ブレント原油11月限が「87.72ドル」を付けた。アジア終値でブレント原油が「90ドル」以下に下げたのはそのときだけです。

【3】ブレント原油202211月限(ICE)相場表
明確なトレンドを形成しておらず、ランダムウォーク。
レンジ上限とレンジ下限で揉み合う。
永遠にこのレンジ相場を続けるとは思いません。すでに長引いており、くたびれている感じがありますが、しかし、続いているあいだは先回りせず見ておく。道中はランダムな動きをするからです。

ブレント原油202211月限                 8:30 GMT
日付    始値   高値   安値  帳入値  前日比  アジア終値

09/16
09/15
   94.65
09/14
   93.40  95.80  91.93  94.10  +0.93    92.87
09/13
   94.31  95.53  91.05  93.17  -0.83    95.10
09/12
   92.54  95.17  91.21  94.00  +1.16    92.85

09/09   88.62  93.12  88.60  92.84  +3.69    90.29
09/08
   87.70  89.83  87.24  89.15  +1.15    87.72
09/07
   92.81  93.80  87.40  88.00  -4.83    92.26
09/06
   95.19  95.94  92.30  92.83  -2.91    95.12
09/05
   93.02  96.99  93.02  95.74  +2.72    95.49

09/02   92.66  95.32  92.65  93.62  +0.66    94.98
09/01
   95.18  95.68  91.81  92.36  -3.28    94.22
08/31
   98.33  99.00  94.40  95.64  -2.20    96.26
08/30
   102.88  103.48  96.63  97.84  -5.09    102.60
08/29
   98.96  103.22  98.25  102.93  +3.92    99.82

08/26   98.95  100.10  96.96  99.01  +0.55    98.89
08/25
   100.79  101.53  98.23  98.46  -1.88    100.50
08/24
   99.30  100.89  98.27  100.34  +1.17    100.11
08/23
   96.00  99.41  95.81  99.17  +3.36    96.77
08/22
   95.36  96.66  92.00  95.81  -0.28    94.14

08/19   95.93  97.11  93.60  96.09  +0.33    94.71
08/18
   92.68  96.53  92.49  95.76  +2.74    93.25
08/17
   91.97  93.83  90.95  93.02  +1.28    91.23
08/16
   93.13  95.16  91.10  91.74  -2.54    92.81
08/15
   96.67  96.87  91.85  94.28  -2.62    95.02

08/12   98.05  98.99  95.79  96.90  -1.40    98.53
08/11
   95.93  98.89  95.65  98.30  +2.07    96.19
08/10
   94.89  96.68  92.47  96.23  +1.38    94.26
08/09
   94.83  96.84  93.38  94.85  -0.27    93.70
08/08
   92.61  95.26  91.49  95.12  +1.94    92.90

08/05   91.95  94.63  91.10  93.18  +0.68    92.73
08/04
   95.54  96.15  91.62  92.50  -2.70    95.28
08/03
   97.85  100.63  94.91  95.20  -3.44    97.66
08/02
   97.79  100.40  96.52  98.64  +0.69    97.24
08/01
   101.34  101.61  96.72  97.95  -3.49    100.07

07/29   100.19  103.86  99.28  101.44  +1.95    100.87
07/28
   100.13  101.86  98.63  99.49  +0.05    101.07
07/27
   97.36  100.58  96.62  99.44  +2.30    98.10
07/26
   97.35  99.91  96.73  97.14  -0.66    99.34
07/25
   96.28  98.01  94.34  97.80  +1.87     95.08

07/22   96.73  98.36  95.11  95.93  -1.04    96.67
07/21
   99.09  99.45  94.84  96.97  -2.54    96.55
07/20
   99.74  100.05  97.86  99.51  -0.33    98.65
07/19
   98.34  100.18  96.44  99.84  +0.89    98.82
07/18
   94.75  99.28  92.99  98.95  +4.41    96.62

07/15   93.57  95.89  91.83  94.54  +1.72    92.20
07/14
   93.79  94.67  89.06  92.82  -1.15    92.93
07/13
   92.37  95.28  92.37  93.97  +0.36    94.61
07/12
   99.98  100.24  93.08  93.61  -7.19    98.09
07/11
   100.26  101.05  97.38  100.80  +0.29    98.03

07/08   98.21  100.92  97.26  100.51  +2.52    97.89
07/07
   93.72  99.31  92.14  97.99  +3.87    93.76
07/06
   97.35  98.25  91.93  94.12  -1.67    96.97

【3】本日の東京為替
米国現地913日(火)の「8月の米消費者物価指数」(CPI)は、今週のイベントであった。金融イベントであり、メディア・イベントであった。米国のメモリアルデイ連休後の最大のイベントとして、思惑人気が待ち構えていた。思惑の連鎖反応がひろがった。市場人気は「見たいもの」を見て、「見たくないもの」は見ないという選択的認識の傾向がある。「8月の米消費者物価指数」(CPI)の印象を過大評価しようとする思惑があった。市場人気は常に目の前のあたらしい情報を過大評価して動く。当社「日報」では、昨日と今日が様変わりするものではないとお伝えしました。日米2年債利回り格差、米国債の逆イールドの伸縮、それらの基準に回帰していくことを展望します。
本日9月15日(木)は「1ドル=143.80143.20142.60円」
あたり。

【4】本日のプラッツドバイ原油
当社の目安であり、TOCOMとはひらきがあります。いずれその差は縮小すると思います。
レンジ相場が続いているあいだは先回りせず見ておく。道中はランダムです。
本日9月15日(木)朝のプラッツドバイ原油

913日(火)、日本時間午後930分、8月の米消費者物価指数(CPI)の発表は、今週の金融イベントであり、メディア・イベントであった。米国のメモリアルデイ連休後の最大のイベントとして、思惑人気が待ち構えていた。発表後は思惑の連鎖反応がひろがった。米債券市場では米国債の利回りが上昇し、外為市場では米ドルが上昇し、株や原油などのリスク資産は下げた。

(ⅰ)米国の金利上昇
(ⅱ)米ドルの上昇、円安の思惑
(ⅲ)株や原油などのリスク資産の下落

【1】8月の米消費者物価指数(CPI
米労働省が913日(日本時間午後930分)に発表した8月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前年同月比8.3%上昇、伸びは7月の8.5%から縮小した。しかし、「市場予想」の8.1%を上回った。変動の大きい食品とエネルギーを除くコア指数は前年同月比6.3%上昇、伸びは7月の5.9%から拡大し、「市場予想」の6.4%も上回った。前月比では0.6%上昇であった。食品は前月比0.8%上昇。前年同月比で11.4%上昇し、19795月以来の大幅な伸びとなった。光熱費や家具、教育費なども上昇した。その一方で、米国ガソリンは前月比10.6%下落した。中古車や航空運賃、通信費などは下落。ホテルなどの宿泊料は横ばいだった。

昨夜発表された8月の米消費者物価指数(CPI)は、事前予想を上回ったとはいえ、予想外の結果というわけではなかった。おおよそ市場はそういうところを予想し、相場に織り込んでていた。それがなぜ、昨夜午後930分から思惑の連鎖反応が拡大したのか? 米国のメモリアルデイ連休後の最大のイベントとして、思惑人気が待ち構えていたことが大きい。米消費者物価指数(CPI)は金融イベント、さらにメディア・イベントであった。市場人気は「見たいもの」を見て、「見たくないもの」は見ないという選択的認識の傾向があり、8月の米消費者物価指数(CPI)の印象を過大評価しようとする思惑があった。

したがって、当社の全体観としては、昨日と今日が様変わりするものではないと考えています。本日914日(水)の為替は1ドル=144.90144.40143.90円」のレンジで予想します。

【2】米利上げと外為市場
(ⅰ)為替レート変動の重要な要因は内外金利差、それを左右する財政政策、さらには先行きの金融政策スタンスの差です。ドル円は2年債の説明力が高い。

(ⅱ)ドル円(y)と日米2年債利回り格差(x)の相関を「yaxb」で近似値的に表すことができるとしても、物理法則とは異なる。市場人気の動きや既存建玉の取組内部要因によって bの切片がなはだしく動揺する。826日のジャクソンホール以降の外為市場は、思惑人気が偏ったことによって内外金利差の指標から乖離している。市場人気や内部要因の思惑が主導した。

(ⅲ)本年(2022)は3月から9月に至る6カ月間で約30円近く動いた。外為市場のドル円は通常、1年で10円程度の動き。本年は通常の3年分を消化している。日米2年債利回り格差、米国債の逆イールドの伸縮、それらの基準に回帰して行くことを展望し、本日914日(水)は1ドル=144.90144.40143.90円」を想定します。

当社予想
920-21日のFOMCでは0.75利上げの可能性もある。
FOMC
  開催日     利上げ幅    FF金利の誘導目標
2回 315 - 16日 0.25上げ    0.250.50% ●実施
3回 503 - 04日 0.50上げ    0.751.00% ●実施
4回 614 - 15日 0.75上げ    1.501.75% ●実施
5回 726 - 27日 0.75上げ    2.252.50% ●実施
6回 920 - 21 0.50上げ●   2.753.00
7 1101 - 02 0.25上げ    3.003.25
8 1213 - 14 0.25上げ    3.253.50

【3】米2年債と10年債の逆イールドの伸縮
日付     2年債利回り 米10年債利回り   利回り格差

9/1322    3.75%      3.42%      -0.33
9/12
22    3.58%      3.37%      -0.21

9/0922    3.56%      3.33%      -0.23
9/08
22    3.48%      3.29%      -0.19
9/07
22    3.45%      3.27%      -0.18
9/0622    3.50%      3.33%      -0.17
9/0522)    Labor Day

9/0222    3.40%      3.20%      -0.20
9/01
22    3.51%      3.26%      -0.25
8/3122    3.45%      3.15%      -0.30
8/3022    3.46%      3.11%      -0.35
8/2922    3.42%      3.12%      -0.30

8/2622    3.37%      3.04%      -0.33
8/25
22    3.35%      3.03%      -0.32
8/2422    3.36%      3.11%      -0.25
8/23
22    3.29%      3.05%      -0.24
8/22
22    3.32%      3.03%      -0.29

8/1922    3.25%      2.98%      -0.27
8/1822    3.22%      2.88%      -0.34
8/1722    3.28%      2.89%      -0.39
8/1622    3.25%      2.82%      -0.43
8/1522    3.20%      2.79%      -0.41

8/1222    3.25%      2.84%      -0.41
8/11
22    3.23%      2.87%      -0.36
8/10
22    3.23%      2.78%      -0.45
8/09
22    3.28%      2.80%      -0.48
8/08
22    3.21%      2.77%      -0.44

【4】米国債の利回りと東京為替
本日914日(水)は1ドル=144.90144.40143.90円」

米国      30年債  10年債 2年債   日本
日付     利回り  利回り  利回り    日付  東京中心値  東京仲値

09/1322)  3.51   3.42   3.75   09/14  144.90144.40143.90
09/12
22)  3.53   3.37   3.58   09/13   142.58   142.54
09/06
22)  3.47   3.33   3.56   09/12   142.80   142.82

09/0822)  3.45   3.29   3.48   09/09   143.76   143.81
09/07
22)  3.42   3.27   3.45   09/08   144.40   144.48
09/06
22)  3.49   3.33   3.50   09/07   144.12   143.12
09/05
22)  Labor Day           09/06   141.00   140.27
09/02
22)  3.35   3.20   3.40   09/05   140.30   140.35

09/0122)  3.37   3.26   3.51   09/02   140.05   140.09
08/31
22)  3.27   3.15   3.45   09/01   139.50   139.53
08/30
22)  3.23   3.11   3.46   08/31   138.61   138.63
08/29
22)  3.25   3.12   3.42   08/30   138.50   138.57
08/26
22)  3.21   3.04   3.37   08/29   139.00   138.34

08/2522)  3.25   3.03   3.35   08/26   136.72   136.76
08/24
22)  3.32   3.11   3.36   08/25   136.94   136.98
08/23
22)  3.26   3.05   3.29   08/24   136.90   136.93
08/22
22)  3.24   3.03   3.32   08/23   137.38   137.30
08/19
22)  3.22   2.98   3.25   08/22   137.20   137.17

08/1822)  3.14   2.88   3.22   08/19   136.28   136.31
08/17
22)  3.15   2.89   3.28   08/18   134.88   134.91
08/16
22)  3.11   2.82   3.25   08/17   134.31   134.31
08/15
22)  3.10   2.79   3.20   08/16   133.17   133.18
08/12
22)  3.12   2.84   3.25   08/15   133.00   132.97

08/1122)  3.15   2.87   3.23   08/12   133.35   133.29
08/10
22)  3.04   2.78   3.23   08/11   山の日
08/09
22)  3.01   2.80   3.28   08/10   135.20   135.25
08/08
22)  3.00   2.77   3.21   08/09   134.86   134.89
08/05
22)  3.06   2.83   3.24   08/08   135.40   135.34

作付面積と収穫面積
米農務省が912日(月)に発表した「需給見通し」(WASDE)では、作付面積と収穫面積が大幅に改定されています。但し、アイオワやイリノイの優良地は面積が増加し、減少したのはミネソタ、ミズーリ、サウスダコタ、テキサスなどです。

●米国トウモロコシ
米農務省      作付面積       収穫面積
2022
91日予想  88608千エ-カー  80844千エーカー
2022
81日予想  89821千エーカー  81840千エーカー
2022
61日予想  89921千エーカー  81940千エーカー

20223月意向面積  89490千エーカー
2022
2
アウトルック 9200
-----------------------------------------------------------------
2021
年実績      93357千エーカー  85388千エーカー

●米国大豆
米農務省      作付面積       収穫面積
2022
91日予想  87455千エーカー  86631千エーカー
2022
81日予想  88025千エーカー  87211千エーカー
2022
61日予想  88325千エーカー  87511千エーカー

20223月意向面積  90955千エーカー
2022
2
アウトルック 8800
-----------------------------------------------------------------
2021
年実績      87195千エーカー  86332千エーカー

反収予想の変化
米国トウモロコシと大豆を比較して見ることができるように掲載します。

●米国トウモロコシ
主要州    米農務省予想   プロファーマー予想  米農務省予想
.
      2021  2022 8/1   2021   2022     2022 9/1

アイオワ   205 → 205    198 → 198   → 200 bu.
イリノイ   202 → 203    212 → 198   → 204 bu.
ネブラスカ  194 → 181    190 → 164   → 176 bu.
ミネソタ   178 → 193    170 → 191   → 190 bu.
サウスダコタ 135 → 147    140 → 122   → 138 bu.
インディアナ 195 → 189    200 → 177   → 186 bu.
オハイオ   193 → 190    190 → 175   → 186 bu.
-----------------------------------------------------------------
全米     177.0  175.4       168.1     172.5 bu.

●米国大豆
米国大豆については、米農務省の9月予想が8月第4週のプロファーマーを下回った。

主要州    米農務省予想   プロファーマー予想  米農務省予想
.
      2021  2022 8/1   2021   2022     2022 9/1

イリノイ    64  → 66    66 →  64   →  64 bu.
アイオワ    62  → 58    57 →  60   →  59 bu.
ミネソタ    47  → 50    46 →  52   →  50 bu.
インディアナ  59.5 → 60    62 →  59   →  60 bu.
ネブラスカ   63  → 55    58 →  53   →  52 bu.
サウスダコタ  40  → 43    41 →  41   →  41 bu.
オハイオ    56.5 → 57    60 →  57   →  56 bu.
----------------------------------------------------------------
全米      51.4  51.9        51.7  →  50.5 bu.

米国トウモロコシの反収と生産高予想(米農務省)
米農務省が毎週月曜日の引け後に発表する「作況報告」は、反収予想に関連していますが、「作況報告」が反収予想と同じというわけではありません。仮にノースダコタの「作況報告」が良くても、アイオワやイリノイなど優良地の反収には及ばないからです。

2022年の作付面積予想      88608千エーカー
2022
年の収穫面積予想      80844千エーカー
2022
年のエーカーあたり反収予想 172.5 ブッシェル
2022
9月の生産高予想     13943913千ブッシェル

主要州       2021        2022
収穫面積             81日 → 91日予想

アイオワ       205      205  →   200 bu.
1245
万エーカー

イリノイ       202      203  →   204 bu.
1055
万エーカー  

ネブラスカ      194      181  →   176 bu.
930
万エーカー

ミネソタ       178      193  →   190 bu.
755
万エーカー

サウスダコタ     135      147  →   138 bu.
525
万エーカー

カンザス       139      123  →   122 bu.
515
万エーカー

インディアナ     195      189  →   186 bu.
505
万エーカー

ミズーリ       160      153  →   149 bu.
320
万エーカー

オハイオ       193      190  →   186 bu.
312
万エーカー

ウィスコンシン    180      185  →   183 bu.
295
万エーカー

ノースダコタ     105      145  →   141 bu.
270
万エーカー

ミシガン       174      170  →   168 bu.
197
万エーカー

テキサス       128      120  →   104 bu.
178
万エーカー

ケンタッキー     192      147  →   150 bu.
133
万エーカー

コロラド       129      118  →   123 bu.
110万エーカー

ペンシルベニア    169      158  →   150 bu.
85
万エーカー

テネシー       170      130  →   127 bu.
80.5万エーカー

---------------------------------------------------------------
全米平均       177.0     175.4 →   172.5 bu.
生産高  15115170bu.         13943913bu.

米国大豆の反収と生産高予想(米農務省)
2022年の作付面積予想      87455千エーカー
2022
年の収穫面積予想      86631千エーカー
2022
年のエーカーあたり反収予想 50.5 ブッシェル
2022
9月の生産高予想     4378194千ブッシェル

主要州        2021        2022
収穫面積             81日 → 91日予想

イリノイ       64.0     66.0  →   64.0 bu.
1070
万エーカー 

アイオワ       62.0     58.0  →   59.0 bu.
1002
万エーカー

ミネソタ       47.0     50.0  →   50.0 bu.
738
万エーカー

ミズーリ       49.0     49.0  →   47.0 bu.
605
万エーカー

インディアナ     59.5     60.0  →   60.0 bu.
583
万エーカー

ネブラスカ      63.0     55.0  →   52.0 bu.
570
万エーカー

ノースダコタ     25.5     35.0  →   34.0 bu.
565
万エーカー

オハイオ       56.5     57.0  →   56.0 bu.
508
万エーカー

サウスダコタ     40.0     43.0  →   41.0 bu.
505
万エーカー

カンザス       39.5     40.0  →   32.0 bu.
500
万エーカー

アーカンソー     51.0     53.0  →   53.0 bu.
315
万エーカー

ミシシッピ      54.0     55.0  →   55.0 bu.
228
万エーカー

ミシガン       51.0     47.0  →   47.0 bu.
223
万エーカー

ウィスコンシン    55.0     52.0  →   53.0 bu.
295
万エーカー

ケンタッキー     56.0     54.0  →   52.0 bu.
194
万エーカー

ノースカロライナ   40.0     37.0  →   38.0 bu.
169
万エーカー

テネシー       50.0     44.0  →   46.0 bu.
162
万エーカー

ルイジアナ      52.0     52.0  →   47.0 bu.
124
万エーカー

---------------------------------------------------------------
全米平均        51.4     51.9  →   50.5 bu.
生産高   4435232bu.          4378194bu.

【1】原油相場について
当社では、現在の原油相場はランダムウォーク、明確なトレンドを形成しておらず、レンジ相場と考えてきました。ブレント原油期近11月限は「89ドル~104ドル」の15ドル幅のレンジです。

(ⅰ)現在の原油相場は明確なトレンドを形成しておらず、ランダムウォーク。
(ⅱ)ブレント原油期近11月限では「89ドル~104ドル」の15ドル幅レンジ。
(ⅲ)同11月限は「レンジ下限=89ドル」を下回るところに下げている。

ブレント原油期近11月限はここ2カ月の「89104ドル」レンジを変えたのかどうか?
当社では
レンジ相場を続ける可能性が高いと考えています。レンジ下限の揉み合いを形成している可能性があるので、引き続き動きを見守ることにします。

【2】ブレント原油期近11月限
8
2930日はレンジ上限を試したあと、989日はレンジ下限を試している。当社は、レンジ下限の揉み合いを形成している可能性を先回りせずに確かめています。

ブレント原油202211月限(ICE)相場表
日付    始値   高値   安値  帳入値  前日比  アジア終値

09/09   88.62
09/08
   87.70  89.83  87.24  89.15  +1.15    87.72
09/07
   92.81  93.80  87.40  88.00  -4.83    92.26
09/06
   95.19  95.94  92.30  92.83  -2.91    95.12
09/05
   93.02  96.99  93.02  95.74  +2.72    95.49

09/02   92.66  95.32  92.65  93.62  +0.66    94.98
09/01
   95.18  95.68  91.81  92.36  -3.28    94.22
08/31
   98.33  99.00  94.40  95.64  -2.20    96.26
08/30
   102.88  103.48  96.63  97.84  -5.09    102.60
08/29
   98.96  103.22  98.25  102.93  +3.92    99.82

08/26   98.95  100.10  96.96  99.01  +0.55    98.89
08/25
   100.79  101.53  98.23  98.46  -1.88    100.50
08/24
   99.30  100.89  98.27  100.34  +1.17    100.11
08/23
   96.00  99.41  95.81  99.17  +3.36    96.77
08/22
   95.36  96.66  92.00  95.81  -0.28    94.14

08/19   95.93  97.11  93.60  96.09  +0.33    94.71
08/18
   92.68  96.53  92.49  95.76  +2.74    93.25
08/17
   91.97  93.83  90.95  93.02  +1.28    91.23
08/16
   93.13  95.16  91.10  91.74  -2.54    92.81
08/15
   96.67  96.87  91.85  94.28  -2.62    95.02

08/12   98.05  98.99  95.79  96.90  -1.40    98.53
08/11
   95.93  98.89  95.65  98.30  +2.07    96.19
08/10
   94.89  96.68  92.47  96.23  +1.38    94.26
08/09
   94.83  96.84  93.38  94.85  -0.27    93.70
08/08
   92.61  95.26  91.49  95.12  +1.94    92.90

08/05   91.95  94.63  91.10  93.18  +0.68    92.73
08/04
   95.54  96.15  91.62  92.50  -2.70    95.28
08/03
   97.85  100.63  94.91  95.20  -3.44    97.66
08/02
   97.79  100.40  96.52  98.64  +0.69    97.24
08/01
   101.34  101.61  96.72  97.95  -3.49    100.07

07/29   100.19  103.86  99.28  101.44  +1.95    100.87
07/28
   100.13  101.86  98.63  99.49  +0.05    101.07
07/27
   97.36  100.58  96.62  99.44  +2.30    98.10
07/26
   97.35  99.91  96.73  97.14  -0.66    99.34
07/25
   96.28  98.01  94.34  97.80  +1.87     95.08

07/22   96.73  98.36  95.11  95.93  -1.04    96.67
07/21
   99.09  99.45  94.84  96.97  -2.54    96.55
07/20
   99.74  100.05  97.86  99.51  -0.33    98.65
07/19
   98.34  100.18  96.44  99.84  +0.89    98.82
07/18
   94.75  99.28  92.99  98.95  +4.41    96.62

07/15   93.57  95.89  91.83  94.54  +1.72    92.20
07/14
   93.79  94.67  89.06  92.82  -1.15    92.93
07/13
   92.37  95.28  92.37  93.97  +0.36    94.61
07/12
   99.98  100.24  93.08  93.61  -7.19    98.09
07/11
   100.26  101.05  97.38  100.80  +0.29    98.03

07/08   98.21  100.92  97.26  100.51  +2.52    97.89
07/07
   93.72  99.31  92.14  97.99  +3.87    93.76
07/06
   97.35  98.25  91.93  94.12  -1.67    96.97

【3】本日の東京為替
為替については「日報」(為替)で記しています。
8
26日のジャクソンホール以降、米ドル高(円安)の思惑が一方向に進み、内外金利差の指標から乖離していると考えています。

【4】本日のプラッツドバイ原油
本日のドバイ原油の試算
当社の目安であり、TOCOMとはひらきがあります。
いずれその差は縮小すると思います。

限月         朝の試算値  1ドル=143.65円で換算
ドバイ原油09月限   89.40ドル   80,770円   -230円安
ドバイ原油10月限   86.00ドル   77,700円   -200円安
ドバイ原油11月限   83.85ドル   75,760円   +670円高
ドバイ原油12月限   82.25ドル   74,310  +700円高
ドバイ原油01月限   81.15ドル   73,320  +1030円高
ドバイ原油02月限   80.35ドル   72,590  +1200円高

バラ積み穀物船の海上運賃(米ドル/トン)
本日98日(木)の山水インデックスは48.50に下落。
山水インデックスは米国メキシコ湾 (主にニューオリンズ港) から日本向け、ばら積み穀物のスポット運賃 (米ドル/トン) をスプラマックス/ウルトラマックス型で、毎週木曜日に発表しています。株式会社エクセノヤマミズは、日本で唯一の「バルチック海運取引所」パネルブローカーです。

Ocean Freight Rate Estimates 2022
         山水インデックス    アメリカ穀物協会
        スプラマックス     パナマックス
日付       U.S.ガルフ-日本    U.S.ガルフ-日本   PNW-日本

9/082022)     48.50
9/01
2022)     51.50        57.00       33.50
8/25
2022)     55.50        61.50       35.50
8/18
2022)     55.50        63.00       36.50
8/11
2022)     58.00        65.50       38.00
8/04
2022)     61.00        66.50       39.50
7/28
2022)     65.00        68.50       40.50
7/21
2022)     66.00        69.00       40.50
7/14
2022)     64.50        71.00       41.00
7/07
2022)     63.00        75.00       43.25
6/30
2022)     65.00        76.00       44.00
6/23
2022)     65.00        79.00       45.00
6/16
2022)     68.00        79.50       45.25
6/09
2022)     72.00        79.50       45.25
6/02
2022)     77.00        80.25       46.00
5/26
2022)     77.50        81.50       47.00
5/19
2022)     79.50        82.50       47.00
5/12
2022)     79.50        82.00       46.50
5/05
2022)     78.50        79.50       44.50

韓国の飼料原料購入価格
202296日(火)
Buyer    韓国農協(農協飼料)
Seller
    ETG
Origin
    オーストラリア産 飼料小麦
Tonnage
   65,000トン
Shipment
   2023110日-25
C&F basis
  $349.30/mt CFR
plus $1.50/mt surcharge for additional port unloading

前回2022714日(木)
Buyer    韓国農協(農協飼料)
Seller
    C J International
Origin
    オーストラリア産 飼料小麦
Tonnage
   65,000トン
Shipment
   2022913日-105
C&F basis
  $369.88/mt CFR
plus $2.00/mt surcharge for additional port unloading

【1】826日、ジャクソンホール以降は指標から乖離
(ⅰ)為替レート変動の重要な要因は内外金利差、それを左右する財政政策、さらには先行きの金融政策スタンスの差です。ドル円はとくに2年債の説明力が高い。

(ⅱ)但し、ドル円(y)と日米2年債利回り格差(x)の相関を「yaxb」で近似値的に表すことができるとしても、物理法則とは異なります。市場人気の動きや既存建玉の取組内部要因によって bの切片がなはだしく動揺することがあるからです。826日のジャクソンホール以降の外為市場は、思惑人気が偏ったことによって内外金利差の指標から乖離している。市場人気や内部要因の思惑が主導していると考えています。

(ⅲ)外為市場のドル円は通常、1年で10円程度の動きです。本年(2022)は3月から9月に至る6カ月間で約30円近く、通常の3年分を動いている。826日のジャクソンホール以降は、日米2年債利回り格差の指標から乖離し、市場の思惑人気が円安を拡大している。

(ⅳ)本日98日(木)の東京為替はいつもより広く1ドル=144.90143.80142.70円」を予想します。

【2】米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ予想
(ⅰ)米連邦準備理事会(FRB)は5月に89000億ドルに膨れ上がったバランスシートについて、6月、7月、8月に毎月475億ドル圧縮し、9月からは950億ドル圧縮する。こうした資産圧縮ペースの拡大も現下の市場に影響を及ぼしています。

(ⅱ)現在の市場人気は「9FOMC75ベーシスポイントの利上げ」を思惑している。

(ⅲ)当社予想は下記の通りです。現在の市場で織り込んでいます。

当社予想
FOMC
  開催日      利上げ幅   FF金利の誘導目標
2回 315 - 16日  0.25上げ   0.250.50% ●実施
3回 503 - 04日  0.50上げ   0.751.00% ●実施
4回 614 - 15日  0.75上げ   1.501.75% ●実施
5回 726 - 27日  0.75上げ   2.252.50% ●実施
6回 920 - 21日  0.50上げ   2.753.00
7 1101 - 02日  0.25上げ   3.003.25
8 1213 - 14日  0.25上げ   3.253.50

【3】米2年債と10年債の利回り格差が収縮
826日以降は、米2年債と10年債の逆イールドが縮小しています。
日付     2年債利回り  米10年債利回り  利回り格差

9/0822    3.48%      3.29%      -0.19
9/07
22    3.45%      3.27%      -0.18
9/0622    3.50%      3.33%      -0.17
9/0522)    Labor Day

9/0222    3.40%      3.20%      -0.20
9/01
22    3.51%      3.26%      -0.25
8/3122    3.45%      3.15%      -0.30
8/3022    3.46%      3.11%      -0.35
8/2922    3.42%      3.12%      -0.30

8/2622    3.37%      3.04%      -0.33
8/25
22    3.35%      3.03%      -0.32
8/2422    3.36%      3.11%      -0.25
8/23
22    3.29%      3.05%      -0.24
8/22
22    3.32%      3.03%      -0.29

8/1922    3.25%      2.98%      -0.27
8/1822    3.22%      2.88%      -0.34
8/1722    3.28%      2.89%      -0.39
8/1622    3.25%      2.82%      -0.43
8/1522    3.20%      2.79%      -0.41

【4】米国債の利回りと東京為替
(ⅰ)市場ははなはだしく動揺しており、日米金利差の指標から乖離している。
(ⅱ)米国債の長短金利の逆転=逆イールドは縮小している。
(ⅲ)為替の変動レンジが拡大しており、本日の予想も広く想定します。
本日8日(木)は1ドル=144.90143.80142.70円」

米国      30年債  10年債 2年債   日本
日付     利回り  利回り  利回り    日付  東京中心値  東京仲値

09/0722)  3.42   3.27   3.45   09/08  144.90143.80142.70
09/06
22)  3.49   3.33   3.50   09/07   144.12   143.12

09/05
22)  Labor Day           09/06   141.00   140.27
09/02
22)  3.35   3.20   3.40   09/05   140.30   140.35

09/0122)  3.37   3.26   3.51   09/02   140.05   140.09
08/31
22)  3.27   3.15   3.45   09/01   139.50   139.53
08/30
22)  3.23   3.11   3.46   08/31   138.61   138.63
08/29
22)  3.25   3.12   3.42   08/30   138.50   138.57
08/26
22)  3.21   3.04   3.37   08/29   139.00   138.34

08/2522)  3.25   3.03   3.35   08/26   136.72   136.76
08/24
22)  3.32   3.11   3.36   08/25   136.94   136.98
08/23
22)  3.26   3.05   3.29   08/24   136.90   136.93
08/22
22)  3.24   3.03   3.32   08/23   137.38   137.30
08/19
22)  3.22   2.98   3.25   08/22   137.20   137.17

08/1822)  3.14   2.88   3.22   08/19   136.28   136.31
08/17
22)  3.15   2.89   3.28   08/18   134.88   134.91
08/16
22)  3.11   2.82   3.25   08/17   134.31   134.31
08/15
22)  3.10   2.79   3.20   08/16   133.17   133.18
08/12
22)  3.12   2.84   3.25   08/15   133.00   132.97

【1】サウジが10月調整項を引き下げ
サウジアラムコは昨日97日(水)、各国石油会社に対し、来月10月本船渡しの調整項を通知した。サウジ原油各油種のアジア向け調整項を引き下げた。

アジア向けは「ドバイおよびオマーン原油の1カ月間の平均値」に対する 調整項です。「ドバイおよびオマーン原油の1カ月間の平均値」が「93ドル」であれば、アラブ・エキストラライトのアジア向け9月積み輸出価格は「93ドル+10.95ドル」(103.95ドル)になりますが、来月10月積みでは仮に同じ「93ドル」であっても「+6.45」(99.45ドル)となります。但し、ドバイ、オマーンのマーカー原油に対する調整項(OSPs)の水準としてはまだ高い。

サウジ原油(ターム)のアジア向け調整項
油種         9月積み     10月積み   引き下げ幅
スーパーライト   12.15ドル  → +9.15ドル  -3.00ドル安
エキストラライト  10.95ドル  → +6.45ドル  -4.50ドル安
ライト       9.80ドル  → +5.85ドル  -3.95ドル安
ミディアム     7.75ドル  → +3.75ドル  -4.00ドル安
ヘビー       6.00ドル  → +2.20ドル  -3.80ドル安

【2】原油相場について
当社では、現在の原油相場はランダムウォーク、明確なトレンドを形成しておらず、レンジ相場と考えてきました。ブレント原油期近11月限は「89ドル~104ドル」の15ドル幅のレンジです。

(ⅰ)現在の原油相場は明確なトレンドを形成しておらず、ランダムウォーク。
(ⅱ)ブレント原油期近11月限では「89ドル~104ドル」の15ドル幅レンジ。
(ⅲ)同11月限は「レンジ下限=89ドル」を下回るところに下げている。

ブレント原油期近11月限がレンジ下限の89ドルを下回るところに下げていますが、本日の動きを見守ることにします。当社では、レンジ相場を続ける可能性が高いと考えています。それを確かめるためです。

【3】本日の東京為替
為替については「日報」(為替)で記しています。
本日98日(木)はひろいレンジで予想します。826日のジャクソンホール以降、米ドル高(円安)の思惑が一方向に進み、内外金利差の指標から乖離しています。

【4】本日のプラッツドバイ原油
本日のドバイ原油の試算
当社の目安であり、TOCOMとはひらきがあります。
限月         朝の試算値  1ドル=144.30円で換算
ドバイ原油09月限   88.30ドル   80,140円    -2660円安
ドバイ原油10月限   85.15ドル   77,280円   -2610円安
ドバイ原油11月限   83.25ドル   75,550円    -2460円安
ドバイ原油12月限   81.80ドル   74,240円   -2260円安
ドバイ原油01月限   80.75ドル   73,280円   -1640円高
ドバイ原油02月限   80.00ドル   72,600   -1370円安

本日97日(水)は1ドル=143.80143.00142.20円」
昨夜の米国市場は、レイバーデイ連休明けの市場として注目された。
外為市場のドル円は、日米金利差の相関よりも、市場人気が一方向に傾いたように思います。市場の動きに勢いがつき、いちじるしく一方向に傾いてしまった。

たとえて言うなら、ドル円(y)と日米2年債利回り格差(x)のあいだに「yaxb」の相関があるとしても、現在は市場人気の動揺によってbの切片が跳ね上げている。本日97日(水)の東京為替はひろいレンジで予想します。
1ドル=143.80143.00142.20円」あたり。

米国債の利回りと東京為替
826日のパウエルFRB議長のジャクソンホール講演以降、米国債の逆イールドが縮小しているにもかかわらず、市場の思惑人気は米10年債に追随して米ドルを一方向に買い上げている。

(ⅰ)米2年債と10年債の逆イールドが縮小
2年債と10年債の利回り逆転=逆イールドは縮小している。
日付      2年債利回り 米10年債利回り  利回り格差

9/0622    3.50%      3.33%      -0.17
9/05
22)    Labor Day

9/0222    3.40%      3.20%      -0.20
9/01
22    3.51%      3.26%      -0.25
8/3122    3.45%      3.15%      -0.30
8/3022    3.46%      3.11%      -0.35
8/2922    3.42%      3.12%      -0.30

8/2622    3.37%      3.04%      -0.33
8/25
22    3.35%      3.03%      -0.32
8/2422    3.36%      3.11%      -0.25
8/23
22    3.29%      3.05%      -0.24
8/22
22    3.32%      3.03%      -0.29

(ⅱ)米国債の利回りと東京為替
市場人気の多くは米国の長期債(10年債)に追随する傾向がある。
米国      米30年債  10年債 2年債   日本
日付     利回り  利回り  利回り    日付  東京中心値  東京仲値

09/0622)  3.49   3.33   3.50   09/07  143.80143.00142.20
09/0522)  Labor Day           09/06   141.00   140.27
09/02
22)  3.35   3.20   3.40   09/05   140.30   140.35

09/0122)  3.37   3.26   3.51   09/02   140.05   140.09
08/31
22)  3.27   3.15   3.45   09/01   139.50   139.53
08/30
22)  3.23   3.11   3.46   08/31   138.61   138.63
08/29
22)  3.25   3.12   3.42   08/30   138.50   138.57
08/26
22)  3.21   3.04   3.37   08/29   139.00   138.34

08/2522)  3.25   3.03   3.35   08/26   136.72   136.76
08/24
22)  3.32   3.11   3.36   08/25   136.94   136.98
08/23
22)  3.26   3.05   3.29   08/24   136.90   136.93
08/22
22)  3.24   3.03   3.32   08/23   137.38   137.30
08/19
22)  3.22   2.98   3.25   08/22   137.20   137.17

【1】本日の東京為替
92日(金)は「1ドル=140.25140.00139.75円」
本年の円貨建て価格上昇が何によってもたらされたかは歴然としている。
原油の92ドルは、為替115円で「66,540/KL」、為替140円では「81,010/KL」になる。トウモロコシの332ドル(C&F)は為替115円で「38,180/MT」、為替140円で「46,480/KL」になる。米2年債利回りが上昇し、米国債の逆イールドが続いているとき、日本の中央銀行である日銀がプロアクティブな対応を取らなければ円安の思惑がつづく。

一般の市場人気は2年債よりも、長期債の指標である10年債を見ている向きが多いので、タイミングがあとから追従することになる。米10年債利回りが上昇したときに追従する傾向がある。そういうときは注意して逆イールドの伸縮を見ておく必要があると思います。今朝の米国債の逆イールドは縮小しています。

日付     2年債利回り 米10年債利回り  利回り格差

9/0122    3.51%      3.26%      -0.25
8/3122    3.45%      3.15%      -0.30
8/3022    3.46%      3.11%      -0.35
8/2922    3.42%      3.12%      -0.30

8/2622    3.37%      3.04%      -0.33
8/25
22    3.35%      3.03%      -0.32
8/2422    3.36%      3.11%      -0.25
8/23
22    3.29%      3.05%      -0.24
8/22
22    3.32%      3.03%      -0.29

8/1922    3.25%      2.98%      -0.27
8/1822    3.22%      2.88%      -0.34
8/1722    3.28%      2.89%      -0.39
8/1622    3.25%      2.82%      -0.43
8/1522    3.20%      2.79%      -0.41

8/1222    3.25%      2.84%      -0.41
8/11
22    3.23%      2.87%      -0.36
8/10
22    3.23%      2.78%      -0.45 7CPI
8/09
22    3.28%      2.80%      -0.48
8/08
22    3.21%      2.77%      -0.44

【2】原油相場
原油相場について、713日の「日報」で次のように記したことがあります。
現在の原油相場は前もって予測するのは難しい。 ロイターやブルームバーグなど多くの市況ニュースは、原油相場が高いときは「米景気の減速懸念の後退」とか「リスク・オン」と言い、反対に相場が下げると「景気先行きへの警戒感」とか「リスク回避」とか、そのような決まり文句で理由づけする。後付けで、時事ニュースなどと結び付けて「説明」している。しかし、こういう理由づけや説明はあまり意味がないと思います。

当社では、現在の原油相場は明確なトレンドを形成しておらず、レンジ相場の可能性が高いと考えてきました。現在のブレント原油期近11月限で言えば「89ドル~104ドル」の15ドル幅のレンジです。

ブレント原油 202211月限(ICE)の相場表
日付    始値   高値   安値  帳入値  前日比  アジア終値

09/02
09/01
   95.18  95.68  91.81  92.36  -3.28    94.22
08/31
   98.33  99.00  94.40  95.64  -2.20    96.26
08/30
   102.88  103.48  96.63  97.84  -5.09    102.60
08/29
   98.96  103.22  98.25  102.93  +3.92    99.82

08/26   98.95  100.10  96.96  99.01  +0.55    98.89
08/25
   100.79  101.53  98.23  98.46  -1.88    100.50
08/24
   99.30  100.89  98.27  100.34  +1.17    100.11
08/23
   96.00  99.41  95.81  99.17  +3.36    96.77
08/22
   95.36  96.66  92.00  95.81  -0.28    94.14

08/19   95.93  97.11  93.60  96.09  +0.33    94.71
08/18
   92.68  96.53  92.49  95.76  +2.74    93.25
08/17
   91.97  93.83  90.95  93.02  +1.28    91.23
08/16
   93.13  95.16  91.10  91.74  -2.54    92.81
08/15
   96.67  96.87  91.85  94.28  -2.62    95.02

08/12   98.05  98.99  95.79  96.90  -1.40    98.53
08/11
   95.93  98.89  95.65  98.30  +2.07    96.19
08/10
   94.89  96.68  92.47  96.23  +1.38    94.26
08/09
   94.83  96.84  93.38  94.85  -0.27    93.70
08/08
   92.61  95.26  91.49  95.12  +1.94    92.90

08/05   91.95  94.63  91.10  93.18  +0.68    92.73
08/04
   95.54  96.15  91.62  92.50  -2.70    95.28
08/03
   97.85  100.63  94.91  95.20  -3.44    97.66
08/02
   97.79  100.40  96.52  98.64  +0.69    97.24

【3】アジア市況の石油製品はクラック縮小
シンガポール石油製品は「ナフサ/ガソリン」の精製マージンが剥落しただけでなく、「ケロシン/ガスオイル」でも法外なマージンが縮小しています。

【4】本日のプラッツドバイ原油
原油はランダムウォーク。トレンドは形成しておらず、レンジ相場と考えています。
本日のドバイ原油の試算
東京TOCOMとは、試算にひらきがあります。おおざっぱな朝の試算です。
限月         朝の試算値  1ドル=140.00円で換算

ドバイ原油09月限   92.80ドル   81,710円   -1,390円安
ドバイ原油10月限   89.65ドル   78,940円   -630円安
ドバイ原油11月限   87.45ドル   77,000円   -190円安
ドバイ原油12月限   85.90ドル   75,640円   +240円高
ドバイ原油01月限   84.80ドル   74,670円   +660円高
ドバイ原油02月限   84.00ドル   73,960   +900円高

バルチック海運指数
バルチック海運指数を前年同期と比較すると、本年(2022)の凄まじい下げがよくわかる。

本年2022831日(水曜日)           主要航路平均傭船料
Baltic Exchange Dry Index
    BDI  965 (-52)
Baltic Exchange Capesize Index
  BCI  302 (-35)    $2,505-$288
Baltic Exchange Panamax Index
  BPI 1217 (-67)   $10,956-$600
Baltic Exchange Supramax Index
  BSI 1626 (-65)

前年2021831日(火曜日)           主要航路平均傭船料
Baltic Exchange Dry Index
    BDI 4132 (-103)
Baltic Exchange Capesize Index
  BCI 5919 (-243)   $49,089-$2,010
Baltic Exchange Panamax Index
  BPI 3781 (-93)   $34,028-$842
Baltic Exchange Supramax Index
  BSI 3477 (+7)

バラ積み穀物船の海上運賃
株式会社エクセノヤマミズは、日本で唯一の「バルチック海運取引所」パネルブローカーです。

         山水インデックス    アメリカ穀物協会
        スプラマックス     パナマックス
日付       U.S.ガルフ-日本    U.S.ガルフ-日本   PNW-日本

9/012022)     51.50
8/25
2022)     55.50        61.50       35.50
8/18
2022)     55.50        63.00       36.50
8/11
2022)     58.00        65.50       38.00
8/04
2022)     61.00        66.50       39.50
7/28
2022)     65.00        68.50       40.50
7/21
2022)     66.00        69.00       40.50
7/14
2022)     64.50        71.00       41.00
7/07
2022)     63.00        75.00       43.25
6/30
2022)     65.00        76.00       44.00
6/23
2022)     65.00        79.00       45.00
6/16
2022)     68.00        79.50       45.25
6/09
2022)     72.00        79.50       45.25
6/02
2022)     77.00        80.25       46.00
5/26
2022)     77.50        81.50       47.00
5/19
2022)     79.50        82.50       47.00
5/12
2022)     79.50        82.00       46.50
5/05
2022)     78.50        79.50       44.50