2007年09月29日

津屋川 彼岸花撮影4

津屋川に彼岸花撮影に行ってきました。
去年も行きたいと思っていたこの撮影、今年も野球の試合が入ったりして、危なく行き損ねるところだったのですが、どうにかこうにか。

曇りもしくは雨予報ですが、お構いなしに家を出ます。

、曇りでしか撮れない写真があるじゃないか、ということで憂鬱な気分なんか全く無し。
こと、写真のこととなると信じられないくらいにプラス思考になれます。


ちょっと雨が降りそうなので、フェールラーベンのレインウェアを身につけて臨む。
ポケットに90マクロが入るので便利。

開花状況
<70mm F6.3> ざっくりと開花状況。津屋川に面していない方。


水とあわせる
<200mm F8> 水あわせをするにはもう少し光が欲しい。



<200mm F5>



ここで想定外のイベント発生。
投網漁師の登場です。


<180mm F5> 妙に雰囲気がある。良い景色。


<200mm F8> 周りはカメラマンばっかり。コンデジの人から、ジッツォ&中判の人まで。歳も私のような若者(自分で言うのもアレだが、もちろんその場においてはダントツで若い)からじいちゃんばあちゃんまで。


<200mm F8> 25歳、週末、一人で彼岸花撮影。我ながら渋い。


<200mm F8>


<200mm F8> 一見曇りのスポーツ撮影と同じようだけれど、背景を意識しないといけないので、意外にヒヨる。被写体の動きがあまり速くないのが、幸い。


<80mm F8>


<70mm F8> 連写したい。D70でRAWだと3連写で一度止まる。こういうところで上位機との差をまざまざと見せつけられるのよ…。


<70mm F8>

以上、この上ない僥倖でした。
こういった機会に巡り会える運も大切。

漁を終えたおじさんが岸に舟を留めると、見物人は一斉に拍手。
おばさんカメラマンの一人が洗面器でお金を集める。
もちろん強制ではなく、感謝の気持ちを表すためのもの。
おじさんは「昼飯代になるわい」と大喜び。
私も少し入れたけれど、すでに中には3000円くらいあった。
良いもの食べてね、ありがとう。


ここでカメラマンの数が一気に減る。みんな投網がお目当てだったのか。
何も考えずに出会えた私の何とラッキーなこと。


意外に津屋川の彼岸花群生地は長い領域にわたっていたので、私は続けて撮影。

木をアクセントに
<50mm F16>

木をアクセントに2
<50mm F13>

木をアクセントに3
<45mm F11>


あとはイベント的にマクロ撮り。全然意図した表現が出来ませんわ…。

マクロ…
<90mm F6.3> マックロ。

トウロウ
<90mm F6.3> この写真なんか何がしたいのかまるでわからん。ダメ。


無理矢理のマクロ撮影を終え、まとめとしてよくある彼岸花 赤反射を撮ろうとするが…


<120mm F8> 曇りなので反射はイマイチなのだ。


<115mm F8> 次回はもうちょっと天気が良い時に来られたら良いかな。


この津屋川だけで3時間撮っていました。撮影枚数300枚
お疲れ様でした。


意外に家に早く帰ってこられたので、自動車保険のプラン変更を。

来週から車通勤を始めるのさ…。

show835 at 20:32│Comments(2)TrackBack(0)写真撮影 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by masane   2007年10月10日 19:18
投縄漁師の<80mm F8>の写真、味があってお気に入りです。

ほんと、うまいよねぇ〜
2. Posted by しょう   2007年10月10日 22:24
>まさねえさん
ありがとございます。
元々スポーツ撮影で鍛えていたので、この程度の動きモノなら問題ないです。
おじさんもサービス良かったですし!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字