June 05, 2015

ファンによる倉木麻衣さんデビュー15周年記念企画パズル公開!!

皆さん、こんばんは☆

今年も早6月、昨年末以来のブログ更新になります。

さて、先週、待ちに待った武道館ライブのDVDもリリースされましたね
そこで、麻衣さんに贈呈したパズルも公開してよい時期になったと判断し、今日、そのパズルの詳細を公開します(企画については前回投稿記事をご覧ください)。

まず、パズルの原画です。

パズル原画






図の破線で分割されている一枚一枚を拡大し、それぞれ64枚の色紙の裏に張りつけました。

次の2枚の写真が張りつけた実際のパズルの写真です。
パズルの大きさは約2m四方になります。

パズル表aパズル表b





そして、次に、パズルを裏返したお祝いメッセージの書かれた色紙面の写真。
写真では少し分かりにくいかもしれませんが、薄ピンク色の色紙で15周年の「15」の字を形作っています

パズル裏aパズル裏b





このように、パズルの裏側にも趣向を凝らしました
趣向は、まだあります。
下のパズル裏面(メッセージ面)の図をご覧ください。

パズル裏面





(注)漢字1字はライブハウスツアー開催地、漢字2字はホールツアー開催地、CDLはカウントダウンライブ2013-2014、リリイベは「無敵なハート」リリースイベント(大阪・千里セルシー会場)を表わしています。数字は識別のために付けました。

もうお気づきになりましたでしょうか?
「15」の字を構成している薄ピンク色の色紙にご注目ください。
「1」の字の上から下へ、15磐田、23久喜、31仙台、39福岡、47名古屋、55西条。
はい、ホールツアーの開催順になっています

初日の三郷は薄ピンク色の色紙が間に合わず、白の色紙(15磐田の上の7)にしました。
55西条の後は、「5」の12高松、20武蔵村山、28大津、そしてファイナルの27大阪へと続きます(桐生と札幌はメッセージ未収集)。
それ以外にももう2ヶ所、開催地が飛び飛びになっていますが、白の色紙の三郷(1、54)、磐田(9、53)からホールツアーの開催順に「5」の字に繋がる色紙の並びにしています。

パズル色紙はダンボール箱に梱包し、ラッピングし(下の写真)、武道館に持ち込みました。

15周年企画色紙ラッピング





以上、麻衣さんのデビュー15周年記念企画パズルの詳細をお伝えしました。

ところで、当ブログの本格的な更新再開ですが、私事で新たなチャレンジもあり、いつからと明確にお答えすることができません
再開しましても、これまでの記事と比べてかなり短くなると思いますが、再開の節は、どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m


showcat at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mai-K | Anniversary

December 14, 2014

ファンによる倉木麻衣さんデビュー15周年記念企画について ☆

皆さん、お久しぶりです

PCの故障、多忙もあって、ブログをなかなか更新できず、1年数ヶ月振り、2014年も後約半月を残すのみとなっての更新です

相変わらず、まだ、忙しい日々を過ごしているのですが、本日は、私のブログをご覧になっていらっしゃる皆さんにお知らせしておくべきと判断したことがありまして、ブログを更新させていただきました。

私は、2010年3月、mixi内に倉木麻衣さんのデビュー15周年をお祝いするためのファンのコミュニティを立ち上げ、ファンによる倉木麻衣さんデビュー15周年記念企画を作成、そのコミュニティを母体とする集団で企画を実行して参りました。
そして、その活動は12月6日の麻衣さんの武道館ライブをもって成功裡に終了しました

このブログをご覧になっている皆さんの中にもこの企画にご協力くださった方々もおありだと思い、ここで企画の概要を公開させていただくとともにお礼を申し上げることにいたしました。

活動の大半は、最後のカウントダウンライブ(2013-2014)から”無敵なハート”ツアーファイナル大阪公演までの期間、主にライブ会場にて麻衣さんファンの方々に色紙(主に中央部分に画像のようなデザインが書かれた色紙)にお祝いメッセージを書いていただくというものでした。

色紙中央部デザイン





メッセージは、カウントダウンライブ(2013-2014)、ライブハウスツアー名古屋、大阪、東京、福岡公演、ホールツアーは桐生、札幌を除く全公演にて、その他に、ニューシングルリリースイベント千里セルシー会場、オフ会1会場、そして国外のタイにても収集いたしました。

お蔭様で、合計64枚の色紙に1,000人以上の方々のメッセージを集めることができました(メッセージ数は合計1072ですが、一人で複数のメッセージを書かれた方も少数いらっしゃり、複数人数で一メッセージを書かれた場合もあります)。

この64枚という色紙数はこの企画において既定の枚数で、1000人のメッセージを目標としておりましたので、目標は達成されました

メッセージを記載してくださった皆さん、本当にありがとうございましたm(__)m

企画は、この64枚のメッセージ色紙を倉木麻衣さんに贈呈するというものなのですが、ただ、そのまま贈呈したのではありません。

前述のmixiコミュニティ内の絵の上手いメンバーが描いた倉木麻衣さんの絵を拡大、64分割し、分割したものを1枚ずつそれぞれの色紙の裏面に貼り付けています。

つまり、色紙1枚が、64ピースからなるジグソーパズル(縦8×横8)の1ピースになっている訳です。

なお、色紙には白と薄ピンク色の二種類を使用しました。

これにも理由があるのですが、それについては、後日、完成したパズルの画像をアップしてお伝えする予定です。

皆さんにお知らせしておくべきことは以上ですが、来年中には、通常のブログ記事の投稿も再開したいと存じますので、その節には、どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

showcat at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mai-K | Anniversary

September 15, 2013

MAI KURAKI LIVE PROJECT "RE:" 参加レポ(2)

今日は、LIVE PROJECT 2013 “RE:”参加レポの2回目です。今回は、富田林、大津、名古屋の3公演を纏めて簡単にレポします。

まずは、7/20の富田林すばるホール公演から。この公演は、FC先行予約に落選し、わざわざ会場の友の会に入会してチケットをゲットした公演です。

すばるホール




入り待ちに参加するため、富田林には正午過ぎに到着。着いて直ぐ、駐車場でツアートラックの写真を撮り、暑いので会場ロビーにて麻衣友さん方と交流 入り待ち開始は14時半頃でした。トーマスさん、麻衣さんの簡単な挨拶、集合写真撮影等で入り待ちは10〜15分ほどで終了。程なくグッズ先行販売が始まり、麻衣友さんのグッズ購入を待って(私は7/7の国フォ公演にて購入済み)会場からちょっと離れたところで麻衣友さんと早めの夕食 夕食を済ませて、会場に戻った時には開場時刻の17時を回っていました。

ツアトラ富田林1ツアトラ富田林2すばるホールポスター
すばるホールロビー












麻衣友さん方と暫く交流した後、開演10分くらい前にホールに入場。座席は、8列目センター付近。それでも、小さい会場なので前から1/3くらいの位置です。でも、やっぱり、前の方の座席はいいですね ライブは、数分押しで開演。良席だったこともあって、国フォ公演時とは違ってテンションは最初から ライブの内容や特徴等については、国フォ公演のレポで書いたので、省略します。ただ、この公演では、国フォ公演ではさほど印象に残らなかった「さくら さくら...」に凄く感動しました 私は”RE:”ツアー6公演に参加しましたが、それらの公演での麻衣さんのこの曲の歌唱は秀逸で、CD音源を超えていたと感じました

ライブの時間は国フォ公演とほぼ同じで、終演は20時20分頃。この日は出待ちに参加しましたが、21時半までに始まり、22時までに終わったので余裕をもって帰れました。なお、この公演では麻衣友さんが楽屋招待されました

次に、7/21の大津市民会館公演。

大津市民会館




この日は参議院議員選挙の日でしたが、朝、投票を済ませて帰宅後、急に体調を崩し少しの間ダウン 暫くして回復したので出発したところ、途中の電車内で再び体調が悪化、一時、危機的状態に陥りましたが何とか持ち直し、やっとのことで、12時半頃に会場到着 会場に、たまたま、薬をお持ちの麻衣友さんがいらっしゃって、薬をいただいたお蔭で復調しました。薬をくださった麻衣友さんに感謝です そういうこともあって、入り待ちはギリギリ間に合うタイミングに 入り待ち開始時刻は富田林公演より少し遅かったです。入り待ち場所は狭く、また、私は最後方だったので麻衣さんやトーマスさんは全く見えず 入り待ちは、富田林同様、10〜15分ほどで終了。その後、体調が良くないので、時々休みながら麻衣友さんと交流 夕食は軽く食べることができました。

大津市民会館ポスター大津市民会館掲示ツアトラ大津








ライブは、富田林公演同様、ほぼ定刻に開演。座席は24列目と後ろから3/1ほどのところ。体調も不良でテンションが今一、今日はノレないだろうと覚悟していましたが、開演して麻衣さんがステージに現れるやいなや自然と体が動き出す不思議 麻衣さんのパワーの強さを今更ながらに痛感しました

そうして、体調不良も感じずテンションでライブも終盤へ。その時(「TRY AGAIN」か「PUZZLE」のところで)、偶然、前々列に麻衣さんを盗撮している人物を発見 前列の聴衆は気づいているはずなのに誰も注意せず 暫く様子を見ていましたが、やめる気配はなし。スタッフに通報しようにも近くにスタッフはいない。端の座席ではないため、ライブ中に席を外すと聴衆に迷惑を掛けることになるし、結局、何もできず それで、全演目が終わり終演間際になってロビーのスタッフに通報。しかし、主催者も現行犯でないと対処は難しく、捕まえられなかったようです 私は、後日、FCにメールで手荷物検査強化とホール内の警備強化を要請しました。ということで、折角の素晴らしいライブも終盤は集中できず、後味の悪いものになりました 終演も富田林公演とほぼ同時刻でした。

出待ちの開始・終了も、大体、富田林公演と同じ時間帯。出待ちの最後に、麻衣さんが私もいた最後尾まで来てくれたのには感激しました この日も麻衣友さんが楽屋招待されました 最近、麻衣友さんの楽屋招待当選が多く、自分も来年のツアーあたりでの当選を期待してしまいます この日は体調が良くありませんでしたが、終電にも間に合い、無事に帰宅できました。

最後に、7/28の愛知県芸術劇場公演です。

愛知県芸術劇場ツアトラ名古屋




名古屋へは新幹線利用で会場には正午過ぎ到着。ツアートラックは、立入禁止の駐車場に停めてあったため、駐車場出入口からしか撮影できず 麻衣友さんと交流しながら入り待ちまで待機。入り待ちはほぼ富田林公演と同じ頃開始で、富田林、大津同様、10〜15分程度で終了。入り待ち後は麻衣友さんと早めの夕食へ。生まれて初めてつけ麺をいただきました

まだ、面識のない麻衣友さんと会場でお会いすることになっていたので開場時刻少し前に会場に戻ったのですが、結局、お会いできず 開演10分くらい前にホールに入りました。

この公演も、ほぼ定刻に開演。私の座席は2階最前列下手寄り。2階席ということであまり期待していなかったのですが、1階後方席のような感じでステージから少し距離はあるものの、高さがステージとさほど差がなく(ほぼ同じ高さ?)わりに観やすかったです ライブのセットリストも内容も、これまでの公演と特に変わったところはなく、終演時刻も富田林、大津両公園と大体同じ時刻でした。この名古屋公演でも「あなたがいるから」と「さくら さくら...」の麻衣さんの歌唱は秀逸で、今回の”RE:”ツアーのキー楽曲は「あなたがいるから」と「さくら さくら...」だという気がしてきました。もし、そうだとすると、ファイナル公演が仙台ということとも符合しますね

名古屋公演では、終電に間に合いそうにないので出待ちには参加せずに会場をあとにしました。

以上で富田林、大津、名古屋の3公演のレポを終わります。

今日の記事は3公演纏めてのレポのため、全体で長文になってしまいました。
最後までお読みくださった皆さん、誠にありがとうございますm(__)m

次回は、福岡公演と大阪(グランキューブ大阪)公演のレポです。

showcat at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mai-K | Live

August 26, 2013

MAI KURAKI LIVE PROJECT "RE:" 参加レポ(1)

麻衣さんのLIVE PROJECT 2013 “RE:”が今月17日の仙台公演をもって無事終了しましたね。麻衣さん、サポートメンバーの皆さん、スタッフの皆さん、参加されたファンの皆さん、誠にお疲れ様でした さて、そこで、私の参加した東京、富田林、大津、名古屋、福岡、大阪の6公演について簡単にレポしたいと思います。
今日は、まず、東京公演のレポです。

東京公演は日曜日開催で開演が早く、日帰り遠征も可能でしたが、昨年のシンフォニックライブのDVD発売記念パネル展や衣装展示が見たかったこと、麻衣友さんと会う約束があったことで、公演前日(7/6)に東京入りしました。

新幹線で上京し、ホテルにチェックインしたのは、13時半頃。麻衣友さんとの待ち合わせ時刻まで充分時間があり、「夢が咲く春」のPV撮影地がホテルから近かったので、そこに行くことも考えたのですが、夏場で熱中症になる恐れがあるので回避 ホテルで半時間ほど休憩してパネル展・衣装展示へ出発。麻衣友さんとの待ち合わせ場所が渋谷のタワレコだったので、先に新宿のパネル展に行き、その後渋谷の衣装展に行ったら、ほぼ待ち合わせ時刻近くになりました 麻衣友さんとも無事会うことができ、1時間少しお話してお別れし、一人で恵比寿の九十九ラーメンに向かいました。豆乳冷やし麺と餃子をいただきました 一人だったので九十九ラーメンは30〜40分で退散、ホテルに戻ってその日は早い目にやすみました。

パネル展衣装展示








翌日のライブ当日は、10時頃に会場の国フォに到着したのですが、まだ、ホールロビーもクローズされていて、麻衣友さんも数名にお会いしただけでした 丁度、ホール前でフリーマーケットをやっていたので、グッズ販売待機列に並ぶまでそれを見物して時間を潰しました。私がグッズ販売待機列に並んだのは12時頃で、既に200〜300人くらいは並んでましたが、それでも、13時までにはグッズ販売場所に入れました 購入したグッズは、ペンライト、マフラータオル、ツアートラックとチャリティーバンダナ

国フォ








ライブ開催日が7/7ということで、麻衣さんにお願い事をするという七夕企画(お願い事を短冊に書いてBOXに入れる)をやっていて、私もお願い事をしました 私の書いた願い事は...秘密です そして、FC会員更新手続をしてポスターをゲット グッズ販売場所では多くの麻衣友さんにお会いできました。なかには、かなり久しぶりにお会いした方も 再会できて嬉しかったです

七夕企画








グッズ購入、七夕企画参加、FC会員更新を完了し、地下のレストランで昼食を済ませて、開場少し前に再びホールのロビーへ戻ると長蛇の入場列 ロビーには沢山のお祝いのお花が飾られていました。ほどなく、私も列に並び入場、ホールに入りました。私の座席は、後方下手端の方 FCチケットでしたが、国フォの座席は、いつも良くないです

花1花2




10分押しくらいで、ライブ開演。2012-2013 カウントダウンライブ以来の麻衣さんライブ 座席が後方だったせいもあるかもしれませんが、正直、最初は、あまりノリきれませんでした。でも、段々と、ライブに入り込み、後半のアップテンポの曲が続くところではノリノリになっていました そして、アンコール2曲目の「chance for you」では涙が溢れてきて...

セットリストは詳しく書きませんが、通常演目は「Diamond Wave」に始まり「Feel fine!」で終了。アンコールは、「always」、「chance for you」、「Love, Day After Tomorrow」の3曲。「always」でお子さん達がダンスで出演されていたのがサプライズといえるでしょうか 公演時間は2時間10〜15分と短い目で、麻衣さんのMCも少なかったです。

今回のツアーはアルバムを引っ提げてのツアーでないからかもしれませんが、セットリストに初期の曲が多いことが特徴でしょう 私からすると、セットリストとしては最高のセットリストの一つという気がします これに、「Stay by my side」と「Time after time 〜花舞う街で〜」が加わっていれば、完璧でした とはいえ、麻衣さんのファンになる前に麻衣さんの曲で最も好きだった「Start in my life」が聴けて本当に嬉しかったです また、ツアータイトルの”RE:”に合わせてか、リアレンジされた曲が多かったです。リアレンジ曲は、どの曲もまずまず良かったと思います。私は、「Secret of my heart」のリアレンジが一番気に入りました

ステージセットは”三つのドア”を中心とした比較的シンプルなもの。麻衣さんがセットのドアの意味を述べられましたが、これについては、また、後のレポで。
なお、国フォ公演には、藤原いくろうさんもいらっしゃっていたようです

簡単にと言いながら、長文になってしまい、すみませんm(__)m

では、これで、今日の記事は終わります。

ここまで、お読みくださり、ありがとうございました

showcat at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mai-K | Live

July 31, 2013

Mai.K fanclub meeting 2013 "You & Mai"参加レポ☆

7月も今日で最後ということで、ブログを更新します。
今後、一応、月一回の更新を目標にします。

現在、LIVE PROJECT 2013 “RE:” が開催中で、私は、既に、東京(国フォ)、富田林、大津、名古屋の4公演に参加し、あと福岡、大阪(グランキューブ)の2公演に参加の予定です。LIVE PROJECT の簡単なレポは、来月の残り2公演参加後、まとめてアップしたいと思います

今日は、もう遅すぎますが、5月に東京・名古屋・大阪で開催されたFCイベント Mai.K fanclub meeting 2013 "You & Mai" の簡単なレポをアップしておきます。因みに、私は、東名阪全公演に参加しました。開催場所は、東京はZepp Tokyo、名古屋はZepp Nagoya、大阪はZepp Nambaと全てライブハウスでした。

Zepp TokyoZepp Nagoya





Zepp Namba




5/24朝、東京のイベント参加のため、自宅を出発、昼過ぎに東京着、ホテルにチェックイン後、Zepp Tokyoへ。会場到着は、14時半頃でした。グッズ販売開始とともにグッズ購入。販売開始時刻には、グッズ購入列は長蛇の列 私が購入したのはマワス・タオ〜ルとMKレンジャーブレスライト。グッズ購入後、麻衣友さん方と交流 開場1時間前の17:00頃には、大まかな整理番号順に並び始めました。18:00になって、入場開始。整理番号順に10人単位くらいで入場。私の番号は1階900番台。入場してみると、真ん中くらいでした。勿論、1階は座席はなく、スタンディング

19:00過ぎにトーマスさんと西室さんが登場、お二人の司会・進行でFCイベントスタート 少しして、麻衣さん登場し、トークとか抽選会がありました。抽選は、チケットに記載の番号を基に行われました。景品は、麻衣さんが描かれたキャスパーのイラスト入り缶バッジ(当選人数は忘れました)、麻衣さんのサイン入り色紙(当選3名)、サイン入り団扇(当選1名)。私は、全て外れ サイン入り団扇当選者は、ステージに上がって、自分の携帯かスマホで麻衣さんとツーショットの写真撮影。ほんとに羨ましい

それから、いよいよライブ開始 いつものダンサーの皆さんも登場。予想通り、殆ど、アップテンポの曲ばかりで凄く盛り上がりました 披露された曲数は10曲。イベントの最後に、観客が順番にステージに上がって、麻衣さんから、直接、麻衣さんのサイン入りアロマキャンドルが手渡され、観客はそのまま退場。イベント終演は22時頃になったのではないでしょうか。

私は、翌日も東京に滞在し、麻衣友さんに案内してもらって東京見物 翌々日(5/26)、名古屋のFCイベントに参加のため、東京を発ちました 5/31には大阪のFCイベントに参加しましたが、名古屋、大阪ともイベント内容は東京と同様だったのでレポは省略します。ただ、記念品のアロマキャンドルの香りが、東京はバニラ、名古屋はラベンダー、大阪はネロリと3会場で異なっていたのと、大阪では、特別ゲストとして大賀さんが登場、少しだけお話されました

大変簡単ですが、以上で、今年のFCイベント参加レポを終わります。

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m


showcat at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mai-K | Live

June 17, 2013

ブログ開設6周年!!

今日は、昨年8月14日以来の更新です

実は、昨年の8月下旬にパソコンがダウンし、復旧に一ヶ月ほど掛かりました。
元々、更新頻度が低かったところに、そういうトラブルが発生してテンションが下がり、ブログは放置状態に
まあ、これは、言い訳に過ぎませんが

今日は当ブログの開設6周年に当たるため、久しぶりに更新しました。

更新停止期間中も当ブログを訪問くださっている方もあり、誠に心から感謝しておりますm(__)m
これからも、身内の介護、職探し等多難な状況は変わりませんが、可能な時に更新できたらと考えています
今後は、記事の内容を倉木麻衣さん関係、環境問題以外にも広げ、記事の長さは短くします。
残念ながら、和文英文併記のバイリンガルブログ実施は、無期限延期とします。

更新頻度は数ヶ月に1回程度になるかもしれませんが、これからも、当ブログをどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


管理人 show-cat

showcat at 21:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)Mai-K | others

August 14, 2012

『Mai Kuraki Live Tour 2012 〜OVER THE RAINBOW〜 』福岡公演レポ ☆

今日は、OVER THE RAINBOWツアー福岡公演のレポです。

公演当日の2/18は、雪の影響で、新幹線も遅れていました。私の乗る予定の「のぞみ」も新大阪で15分程度の遅れ。それで、とっさに、ひとつ前の「のぞみ」に乗ることを思いつき、何とか発車間際ギリギリに乗れました。幸い、わりと空いていて、座ることもできました 結局、博多には、少し予定より早く12時半過ぎに到着。そこから、バスでライブ゙会場の福岡国際会議場へ。会場に到着したのは13時頃。

雪がちらついていて寒く、会場の外にいるファンは少数でした。1階ロビーに入ると、かなりのファンが集まっていましたが、思っていたよりは少なかったです。

間もなく、入り待ちの整列が始まり、私も列に並びにいきました。ところが、雪が段々酷くなってきて、長く待っていると、入り待ち参加者は、皆、雪ダルマになる恐れも。私も、頭にハンドタオルを被りました。雪がかなり激しく降る中、麻衣さん到着 時刻は、14時ちょっと過ぎだったでしょうか。トーマスさんはいらっしゃらず、Nさんが進行役。そして、写真撮影は、いつものカメラマンのTさんでした。この日も、麻衣さんの挨拶は短くて、入り待ちは直ぐに終了 あれだけの降雪だったし、麻衣さんが風邪ということもあったので、仕方ないかな。

ツアトラ1202181

ツアトラ1202182

入り待ちが終わって、昼食を取ることにしたんですが、生憎の雪模様だったこともあり、麻衣友さん方と会場内のレストランで昼食。それから、博多駅前のホテルにチェックイン。雪が激しいので、ホテルへはタクシーを利用。そしたら、料金が予想の倍くらい掛かりました それで、会場へ戻る際は、時間の余裕もあるので、バスに。会場に戻れたのは、16時半頃。ライブ開演10分くらい前まで、麻衣友さん方と交流し、新しい麻衣友さんもできました

ライブ゙での座席は、同伴枠で何と1階の3列目 今までに参加した麻衣さんのライブで、最もステージに近い座席位置でした 同伴させていただいた、麻衣友さんに本当に感謝です。そして、ホールの客席の傾斜がかなり大きいこともあり、スタンディングしていると、麻衣さんの目の高さと私の目の高さがほぼ同じ。お蔭で、麻衣さんと度々目が合うという至福の時間を過ごすことができました

通常演目が終了後は、いつものように、Mai-Kコール...、ん??、客席の前の方は、殆どの観客が座ったまま。そんな中、私は、(当然?)立ってMai-Kコール さて、アンコールも終わり、麻衣さんがステージから去る間際に、最前列の座席になった時にやろう思っていたことを思い切って実行。それは、「麻衣ちゃん、ありがとう〜!!」って叫ぶこと 麻衣さんのレスはもらえなかったけれど、最前列になる確率なんて凄く低いので、実行して良かったと思っています

ところで、この日のライブが麻衣さんの記念すべき単独250回目の公演でした。このことは、麻衣さん自身もこの日までご存知なかったようで、ライブ中に麻衣さんがサポートメンバーをビデオカメラで写した時にカンペ(?)で分かりました

セットリスト、演出は前公演までと同じ。MCのご当地の話題は、「追い出し猫」の話など。歌唱の方は、風邪も殆ど回復されていたようで、いつも通りの良い出来でした

出待ちは、私は、麻衣友さん達と最後尾の方で参加。この日の出待ちでは、単独ライブ250回記念ということで、麻衣さんがファンからプレゼントされた小さな久寿玉を割るイベントがありました。トーマスさんがいらっしゃらず、司会進行がNさんだったこともあり、出待ちの時間は、短かったです

出待ち後は、博多駅近くでの地元のオフ会に参加させていただきました。オフ会でも、楽しい一時を過ごすことができました 皆さん、ありがとうございました

ホテルに戻ったのは日付が変わった2時頃。翌朝、雪が降る中、博多駅から新幹線で帰途に着きました。

これで、福岡公演のレポを終わります。

ここまでお読みくださった皆さん、ありがとうございましたm(__)m

次の記事は、名古屋公演レポの予定です。

showcat at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mai-K | Live

July 28, 2012

『Mai Kuraki Live Tour 2012 〜OVER THE RAINBOW〜 』桑名公演レポ ☆

今日は、2/4の河内長野公演から約一週間後の2/12に開催された桑名公演のレポをアップします。

ライブ当日、桑名駅に着いたのは、12時半過ぎ。たまたま、同じ電車に乗り合わせた麻衣友さんと一緒に会場に向かいました。会場の桑名市民会館着は、13時前。

桑名市民会館1

桑名市民会館2

桑名市民会館3

会場横の駐車場にツアートラックが駐車しており、その前と道路を隔てた空き地に、ここでも、数十人の麻衣さんファンが入り待ち待ちをしていました

ツアトラ1202121

ツアトラ1202122

入り待ち待機の整列開始は、13時をかなり回っていたように思います。そして、麻衣さん、トーマスさんが到着したのは、14時過ぎだったでしょうか
この日の入り待ちは、麻衣さんのトークもなく、集合写真撮影のみで、5分も掛からずに終了

入り待ち後は、ライブ゙グッズも、既に、河内長野で買っていることもあって、麻衣友さんたちと遅めの昼食(早めの夕食?)に行きました。

会場に戻ったのは、15時半頃だったかな。でも、この時間帯、眠気も催してきたので、ロビーの椅子に座って麻衣ソングを聴いたりしていました。入場したのは、開演20分くらい前。すると、何と、グッズ売場付近をトーマスさんがブラブラ すれ違った時に会釈したら、トーマスさんもレスしてくれました ホールに入ったのは、開演10分前頃。座席は、2階席でしたが、2列目の比較的センターに近い座席。最前列がスタンディング禁止で、私の座席の右が通路だったので、思いっきり応援できたし、思っていたよりステージに近い(1階なら、15列目くらい)位置でした

セットリストは書きませんが、今回、2曲目に「NEVER GONNA GIVE YOU UP」が追加されました。その他は、河内長野公演までと同じ。衣装、演出も河内長野公演と同じでした。

MCは、ご当地の話題としては、日本一喧しい祭り、ジャズドリーム長島、なばなの里等について。アンコール後の繋げる言葉は、桑名公演では「しょ」でした

桑名公演でも、麻衣さんの歌唱は素敵で良かったです。ライブ゙終演は、河内長野とほぼ同じ20時40分頃だったと思います。私は、21時01分桑名発の電車に乗らないといけないので、ライブ終演直前に会場を出ました

後で、麻衣友さん情報で知ったのですが、この日の出待ちでは、麻衣さんから投げキッスのプレゼントがあったそう あぁ、出待ちに参加できず、残念〜

では、簡単ですが、これで、桑名公演のレポを終わります。

ここまでお読みくださった皆さん、ありがとうございましたm(__)m

次の記事は、福岡公演のレポです。

showcat at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mai-K | Live

July 21, 2012

『Mai Kuraki Live Tour 2012 〜OVER THE RAINBOW〜 』河内長野公演レポ ☆

麻衣さんの OVER THE RAINBOW(OTR)ツアーが、今年1月21日の市原公演をかわきりにスタート。私は、河内長野、桑名、福岡、名古屋、大阪、東京の6公演に参加しましたので、そのレポを投稿します。ただし、簡単な内容のレポになります。

まず、今日は、河内長野公演のレポ

会場であるラブリーホールに到着したのは12時過ぎ。会場到着時には、既に、麻衣友さんを始めとする数十人の麻衣さんファンが、入り待ち場所であろう駐車場付近やホールロビーに集まっていらっしゃいました そこで、暫し、麻衣友さん方と歓談

LOVELYHALL2

LOVELYHALL6

入り待ち待機の整列開始は13時過ぎだったかな。入り待ちは、14時過ぎ頃に始まりましたが、この日は専属カメラマンのTさんがいらっしゃらず、トーマスさんが直々に集合写真の撮影 入り待ちの時間は、20分くらい。

ツアトラ1202042

入り待ちの後、暫くしてグッズ販売が始まり、ライブグッズを購入 買ったのは、Tシャツ(黒)、マフラータオル、ツアートラック。ペンライトは、FUTURE KISS ツアーのと同じ仕様なので、購入せず。『OVER THE RAINBOW』の通常盤も購入し、マイマイのストラップをゲット

グッズ購入後は、駅前まで出て、麻衣友さん方と早めの夕食。17時過ぎに会場に戻り、開演予定の15分前くらいまで麻衣友さん方と交流していました ライブは、5分押しくらいで開演。座席は、1階の7列目ほぼ中央とまずまずの座席

ライブのセットリストは、今までのツアーとかなり構成が変わっていました オープニングの曲こそ「Strong Heart」ですが、その後、前半は、ゆったりとしたバラードが続きます 一転、後半は、アップテンポの曲のオンパレード。この構成は、なかなか新鮮で良いです。まあ、従来のライブよりも疲れますが

『OVER THE RAINBOW』の収録曲は高音域を多用している曲が多いので、果たして、ライブで麻衣さんの歌唱はどうだろうかと、正直、少し不安もありました。でも、心配無用でしたね というか、CDで聴くよりライブでの歌唱の方が良かったような

従来と変わったところを少し書くと、アンコールでの定番だった「chance for you」は中盤へ、「always」は、従来通り、アンコールで披露されましたが、最後の曲は、「Diamond Wave」ではなくて「さよならはまだ言わないで」でした。この曲でも「Diamond Wave」同様、タオルを振り回しますが、”さよならはまだ言わないで”の”言わないで”を観客が合唱します

麻衣さんの衣装は、今回のツアーでもバラエティーに富んでます 帽子を被ったり、白のミニワンピ、レインボーカラーのミニドレス等

MCは、ご当地の名刹観心寺のお話し、アルバムについて等。そして、ご当地キャラの紹介。これは、今ツアーの演出の一つになっているようです。河内長野では、「もっくる」でした

演出といえば、麻衣さんが、自らビデオカメラを手にして、観客席やサポメンを写すというパフォーマンスがありましたね。その画像は、ステージ上のバックモニターに映し出されました。

アンコールが終わってから、絆を繋げていこうという趣旨でツアーの各公演ごとに決められた言葉を麻衣さんの音頭で観客が一斉に叫ぶという趣向がありました 河内長野のそれは、「いっ」でした

最後は、いつものように、麻衣さんが生声で観客に感謝の挨拶をされてライブは終演しました。

出待ちは22時少し前に始まったんですが、私は、電車の時刻が微妙だったので、途中でも出られるように出口に近いほぼ最後尾にいました。この日は、前日が節分だったこともあり、麻衣さんとトーマスさんによる出待ち参加者への豆撒き(袋入り)が行われました。一人で二つも三つもゲットされた方もいたようですが、私は全くゲットできず また、麻衣さんが移動しながら写真も何枚も撮られました。そうしているうちに、電車の時刻が迫ってきて、結局、「chance for you」の合唱が終わったところで、私は会場を後にしました

簡単ですが、これで、河内長野公演のレポを終わります。

ここまでお読みくださった皆さん、ありがとうございました。

次回の記事は、桑名公演のレポです。

セットリストは、”続きを読む”、からどうぞ

なお、セットリストは、麻衣友のたけさんがご教示くださいました。
たけさん、いつも、ありがとうございますm(__)m

続きを読む

showcat at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mai-K | Live

July 01, 2012

Mai Kuraki Countdown Live 11-12 〜Dragon Heart〜(3)☆

今日は、CDLのレポの最終回、DE・MA・CHIのレポとCDLの簡単な感想です。これで、やっと、CDLのレポ完結 もう、CDLから半年も経ち、かなり記憶も曖昧 記載内容や進行順に誤りがあるかもしれませんが、ご容赦お願いします。

ライブは、0時40分頃終演し、約20分の休憩を挟み、1時過ぎからDE・MA・CHIが開催されました。

最初に登場したのは、DE・MA・CHIにしては珍しく、トーマスさんではなく、西室さんと斎藤さん...だったかな お二人の司会進行でDE・MA・CHI開始。今回のDE・MA・CHIは、ファンが麻衣さんを身近に感じられるよう趣向を凝らしているとのこと。

そこで、まず、行われたのは、会場の観客全員が回答者になるクイズ。回答は、〇かXかで、回答者は腕でそれを表示します。クイズの内容は麻衣さんに関するもので、最後まで残った3名が賞品を獲得できるというもの。賞品は、松・竹・梅の三つで、封筒に入っていて中身は分かりません。司会者の方の仰るには、(ファンにとっては)凄く良いものとのこと。

クイズ開始 初めの2問は、凄く簡単。ファンなら誰もが分かりそうな問題。3問目と4問目、これはある曲が麻衣さんの〇〇枚目のシングルであるというのが正しいかどうかというもの。麻衣さんの初期からのファンの方なら、覚えていらっしゃるかもしれませんが、私みたいにかなり後でファンになった者にはキツイ問題でした。デビュー曲から順番に数えていったら時間がない。ということで、私は、3問目で、あえなく落伍 しかし、ここで残っていても、麻衣さんがコーヒー好きかどうかの問題でアウトでしたね。この答えは、...ここでは控えます。

クイズ全問が終わっても、まだ、かなりの観客がクリアしていたので、ステージの西室さんとジャンケンして2回(?)勝った方がステージへ。それでも、10人以上残っていました そして、ステージで、また、ジャンケンして3名が決まりました

3名が封筒を開けると、その中身は、松・竹・梅三つとも麻衣さんのイラスト、メッセージ入り色紙でした。そして、その場で、麻衣さんがそれぞれの色紙に3名それぞれの名前を書き、サインをして渡しました。また、「松」の封筒には、麻衣さんがナースのコスプレの際に着衣につけた「倉木麻衣 新麻衣」の名札が入っていました

クイズコーナーが終了して、次は、麻衣さん2011年の10大ニュースの発表 これは、TGC GIRLS COLLECTIONや中日韓友好音楽祭等海外遠征、東日本大震災関連のチャリティーライブや被災地の女川訪問、荒川静香さんとのアイスショーコラボ等でしたが、順位とか内容はよく覚えていませんので、他の方のレポをご参照ください

10大ニュースの発表が終わって、待ってました 麻衣さんがMai.K Diary12月20日の記事に書かれていた「め〜っちゃ!いいこと」の真相の発表がありました。それは、...自動車運転免許の取得でした〜 でも、麻衣さんの場合、ペーパードライバーでいた方がよいかも 実際に運転するなら、とにかく安全運転に徹してほしいです。

さて、トーマスさんが出てこずに、DE・MA・CHIが終わるわけがない 最初、ステージ奥が競り上がって、トーマスさん、ギターを持って現れましたが、彼の意に反して、直ぐに奥が競り下がって消えてしまいました しかし、それで引っ込んでしまわないのがトーマスさん。今度は、袖からステージに登場 何やら、交通標識をもじったようなものを多数衣装に付けてます。そして、取り出したのは、何と麻衣さんの運転免許証 他人のそんなものを、持ち出し、見せびらかしていいの?? 次に、麻衣さんの運転についてのトーマスさんのお話し。同乗して運転練習した時、左折の指示に対して右折したとか これは、ライブ会場の客席のことが麻衣さんの頭にあったからとか(ここでは、詳しくは書きません)。それから、麻衣さんは、トーマスさんに半ば強制的にお願いされて、ウサギの着ぐるみで再登場

次は、...麻衣さんの今年の一字(スローガン)だったかな? 昨年の一字は兎年で「跳」でしたが、今年は、辰年で「昇り竜」ということもあり、「昇」だそう。「跳」は、少しづつ着実にという感じですが、「昇」は、勢いよくハイピッチの成長を感じさせます

この後に何かあったかもしれませんが、覚えていません

そして、サポートメンバーが登場。いくつかサッカーボールを持ってます。何と、そのボールには、サポートメンバーの皆さんのサインが入ってます(麻衣さんのサインはなし)。そして、一個づつ客席に向けてキック(誰がキックしたのかは忘れました)。

メンバー一人ひとりが、今年の抱負を述べて...後は覚えてませんが、DE・MA・CHIが終了したのは3時少し前だったでしょうか。

今回のDE・MA・CHIは、前半が西室さん、斎藤さんの司会進行、後半がトーマスさんということで、目新しい試みもありました。司会進行は、やはり、トーマスさんに一日の長がありますが、マンネリ打破という面では良かったと思います

それでは、今回のCDLの感想に移ります。

選曲面では、披露された全22曲中、1月11日リリースのニューアルバム『OVER THE RAINBOW』から8曲選曲と、1月から始まるツアーの前段という趣が強いライブでした。ただ、「1000万回のキス」が披露されなかったのが残念です 東日本大震災の発生時期とCDのリリース時期が被っているので避けられたのでしょうか。一方、「Diamond Wave」は解禁されたましたね オープニング曲の「Born to be Free」は、全くの予想外で驚きでした。

曲順等の構成は、いつものライブを踏襲しているようでしたが、CDL全体のバランスから見てカウントダウン以降が短過ぎたように思います そういうこともあって、アンコールは、2曲程度でもやって欲しかったです。

演出面では、スペシャルゲストもなく、麻衣さんのコスプレ以外にはさして目立ったものはなかったですが、コスプレは結構楽しめました。でも、通常のツアーライブでは、こういった演出よりも、その分、私はもっと麻衣さんの歌を聴きたいです ファンクラブイベントであれば、こういった演出は、面白くて凄く良いと思いますが。

個々の面で、あまり良い感想は書けなかったですが、全体としては、上手く纏められ、メリハリのある締まったライブで、CDLとしては時間が短かかったにもかかわらず、盛り上がるところは盛り上がり、楽しく満足のいくライブでした。

以上が、私のCDLの感想です。

最後になりましたが、麻衣さん、サポートメンバーの皆さん、スタッフの皆さん、そして、CDLに参加くださったファンの皆さん、全ての皆さんのお蔭で素晴らしいライブになったと思います。本当に、ありがとうございましたm(__)m

そして、たけさん、いつも詳しいセットリストを教えてくださり、心から感謝していますm(__)m レポを書けるのもたけさんのお蔭です。

ここまで、レポをお読みくださった皆さんにも感謝です。

拙い長文のレポを読んでくださり、ありがとうございましたm(__)m

では、これでカウントダウンライブのレポを終わります。

※セットリストは、”続きを読む”からどうぞ。

続きを読む

showcat at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Mai-K | Live