またまた更新が滞っております
本当にごめんなさい
実は「あるもの」に夢中になってしまってアクアどころではありませんでした


まずはトリトンシステムについての感想を

これ素晴らしいです!画期的です!
実は詳細は私もわかっていないのですが
要するに正確に水質(無機的な)を計測して水槽で減る元素を計算から補充していく
いわゆる「物量作戦」に近い物と思います
こんなのは昔から行われていましたし、目新しい方法ではありませんが
これが素晴らしいのは
正確に多種の元素測定ができる
この1点につきます

これまでもこのブログで何度も書いてきましたが
私は添加剤否定論者です
実際、今も無機的な添加剤を一切使っていません
それは添加剤は効力もあるけど、そのかわり高いリスクを伴うからです
特に入れすぎや本当なら足さなくて良い元素を入れてしまった場合は
生体に大きなダメージを与える場合が少なくありません
またもし入れすぎではない場合でも
海水のように多種のイオンが混在している環境では
あるイオンを増やすことにより、必ず他がイオンに影響を受けます
足りない何らかのイオンをさらに減らしてしまう可能性があるんです
つまり良くなる可能性もあるけど、より悪くなる可能性も高いのです
最適な添加剤の種類や量は、飼育者が実際に生体の様子を見ながら
経験から知る以外方法がなかったのが実情でした
試薬で測定すれば理論的には可能なんですが
試薬で測定した数値など、あまり信頼性がありませんし
また生体に必要な全てのイオンを測れません
(サンゴに必要なイオンは少なくとも15種以上あります)
仮にもし可能だとしても、とてつもなく時間と手間とコストがかかると思います
ですから添加剤は使いたくないんです
そんな欠点を一気に解決するのがトリトンシステムでの水質検査です

トリトンシステムはecoシステムのように海藻による栄養塩除去をしてるのかな?
(よくわかってないので間違えてたらごめんなさい)
でもそんなシステムよりも、この水質検査の威力が真に発揮されるのは
BPシステムなど強力スキマーで水質維持するシステムにおいてです
強力スキマーでの有機物除去は貧栄養を実現するには良いのですが
海水のイオンバランスを狂わせる原因にもなります
そこで添加剤が必須となるわけですが、これもリスクが大きい
そのリスクを最小限にとどめるのが定期的で正確な水質検査だと思います

必ずしもトリトン推奨の水質(自然界の水質)に合わせなくても良いと思います
調子の良いときと、調子の悪いときとのデータと照合すれば
原因が無機的な水質だったときはすぐに原因がわかるはずです
ですから調子が悪くなったからトリトンで測定してみる
ってのでは真価が発揮できません
調子の良いときこそ何回か測定して、自分の水槽の最適データを掴んでおくのが大事だと思います

もちろんこの水質検査が万能なわけではありません
バクテリアバランスの崩れやBPでの炭化水素の入れすぎ
またアミノ酸やビタミンなど有機添加剤の入れすぎ、不足など
有機物が原因で調子が悪いときにはこの水質検査では原因解明できません
しかし無機的なイオンバランスを良いときに合わせて、それでも悪いときは
原因は上記の有機的要素に限定できます

添加剤を使ってる人は、どんなシステムでもトリトンの水質検査を利用すべきと思います
えっ!コストがかかる?
そんなのは生体が元気でいれるなら安いもんです!
それに時間劣化が激しく正確な測定の難しい市販の試薬を買うぐらいなら
トリトンの水質検査を利用した方がずっと良いと思います

とにかくトリトンの水質検査は飼育において革命と言えるほど素晴らしいアイテムです
これがあればBPをマニュアルや経験無しでも容易に維持できる可能性があります
こんな有効で便利な物を使わない手はありません!
それで私は・・・
使いませんけど(笑)
だって添加剤を使ってないし水質検査なしで水質維持できるシムテムだから・・・


私の水質維持は水換えに依存しています
これだと良質な人工海水を使っていればイオンバランスは必ず維持できます
まぁ昔ながらの古い人間だと思ってください

水換えを嫌う人が多いように感じます
1つはコストがかかるから
だけど考えてみてください
各種添加剤や試薬を買うコストで、どれだけの人工海水が買えるのか試算してことがありますか?
しかも添加剤や試薬にも必ず寿命があります
一定期間内に全て使い切れない場合が多いんじゃないかな?

たぶん嫌われる理由はコストよりも手間がかかるからでしょうね
でも、この手間を軽減させる方法なんていくらでもあります
特にアクアリストは工作が得意な人が多いですから、簡単だと思いますよ

ただし水換えによる水質維持も生体維持においてただ1つだけ欠点があります
大量の水換えによる水質の急激な変化です
これも簡単に解決できます
1度にたくさん水換えするから水質変化が起こります
だったら少しづつ水換えすればいいんです!
しばらくシステム的なことは全く変えていませんが
ただ1つ、水換えを2日ごとに5%づつにしました
これなら水質変化が生体に影響を与えることはありません
(一ヶ月で全量水換えしてる計算になります)
そんなの大変そう?
水換えはスイッチオンするだけ、5分ほどで終わるので全く大変ではありませんよ
工夫すれば簡単にできます!
前から何度か言ってますが、私はずぼらで面倒くさがりです
できるだけ手抜きして、楽して飼育したいんです
その私が選んだ方法が、水換えによる水質維持なんです


また話は変わりますが
このブログで何が言いたいのかようやくわかった気がします
このブログを書き始めたきっかけは最初に書いた通り
自分の考え方をまとめて書き残しておく「メモ」にたいな感じだったんですが
それだったら公開しなくてもいいんだと思います
これを読んでくださる方に何を伝えたいのか、はっきりわかった気がします

このブログの特徴として、化学・生物学などの難しい話が多いことだと思います
なぜそんな理論的なことばかり書いているのか?
それは
理論や理屈だけでは決して良い飼育はできない
これを理論的に証明したいんです!

皆さんそんなのもちろんわかっていると思います
でもついつい理論に頼ろうと思ったことありせんか?
少なくとも私は過去何度も理論に頼りました
その結果、失敗した方が断然多かったです(笑)

理論や理屈では飼育できない
口で言うだけなら簡単で誰でも同じようなことを言うと思います
でもなんで?
と聞かれるとちゃんと答えるのは難しいと思います
それを理論的に答えるのが、このブログを書いている意味だと気づきました

もちろん理論が無意味だとは思いません
システムを構築する上で必要不可欠な物です
しかし理論を過信するとロクなことになりません
こうすれば必ずこうなるはずだ
なんて思わない方がいいんです

たとえば硝酸イオンを減らす
これだけなら簡単にできます
方法もいくらであります
しかし硝酸イオンを減らした結果、何が起こるのか?
それはシステムにより水槽により全く異なり
予想がつかないのです
だから硝酸イオンを減らしたら、かえって調子が悪くなった
そんなのは当たり前に起こります
これはKHやCa濃度、K濃度など全てに起こりうることです

もう1度言いますが
水質を化学的に変化させる場合、多種のイオンが高濃度で混在している水槽では
水槽により起こる化学反応は異なり「何が起こるか?」予想できません

今まで理論を過信して間違いを犯した自分への戒めと
できれば私と同じ過ちを皆さんにはしないでほしい
そんな気持ちからこのブログを書いていると感じました

だったらもっと早く更新しろよ!
とは言わないでくださいね(笑)
とにかくズボラな性格なんですから・・・

次回はCa++とアルカリ度の続きを書く予定です

1285-723-1418795532787