iPhone 3GSについては、iOS4になってからはcarrier.plistに署名がかけられているためか、APNの変更を行うと、無効になってしまうという状態であったようです。

これを回避するために、iOS4.0.1まではcocep-3g-3gs-v1.4.debを使用することで、署名の認証回避(?)ができるらしく、APNの変更が可能となっていました。

しかしながら、この方法についてもiOS4.1になった後は対応不可だったようで、実際のところ、いままでiOS4.1にアップデートできなかった理由がここにあったりします。

調べてみると、最近ではiOS4.1でも実行が可能となるCCPがリリースされているようですね。

iOS4.1用のCCPは「ccp4.1-4_wortel.deb」というものらしく、実行方法は前回と同様です。JBされている方は、/var/root/Media/Cydia/AutoInstallにこのファイルを置いて再起動すればよいみたいですね。後は、AllowEDGEEditing、AllowMMSCEditing、AllowMMSEditingをすればOKです。

57)


これでしばらくの間、iPhoneが使えそうですw