以前、T先輩のお宅で一杯やっている時に、

先輩お気に入りの居酒屋が岩手の江刺にあるとい

うことで、今度連れていってもらう約束をしまし

た。

それで、今日は二人で休暇をとり、青春18

きっぷで水沢・江刺に行くことに。
DSC_0990


電車のBOX席を陣取りましたが、その隣のBOX

席にはやはり青春18きっぷでの一人旅らしき

学生さんが。

真剣に鉄道の本を読んでいます。はっきり言って

羨ましい。。。(笑)

2時間かけて水沢に到着しました。飲み屋が始ま

る17時半まで時間があるので、街を散策しまし

た。

それにしてもまだまだ道には雪が多い。
DSC_0994


水沢は蔵の街だそうで、このような蔵町モールの

商店街があります。
DSC_0998


時間があればゆっくり覗いてみたいようなお店ば

かりです。雪が多いけど街並みは美しい。
DSC_1001


小路には、このような場末の・・・

いや、昭和レトロな飲み屋がたくさんありまし

た。
DSC_1000


場末感たっぷり、昭和レトロをこよなく愛する私

にはたまりません。
DSC_1005


看板もシブい。
DSC_1004


遊歩道にはステンドグラスの街灯が。

とても豪華でおしゃれです。
DSC_0995


土蔵のなまこ壁や古い建物が情緒を誘います。
DSC_1002



開店の時間が近づいたので目的のお店に向かう

ことにしました。

ありました、小料理「佐吉」

既に看板にも明りが灯っています。
DSC_1007


佐吉の外観
DSC_1008


訪れたのが平日だったこともあり、女将さんはT

先輩が出張のついでに来たものと思っていたよ

うでしたが、わざわざここまで飲みにきたことを

告げるとびっくりしていました。

そのような飲ん兵衛はそうそうはいないと思いま



まずはお通しをいただきながら生ビールで乾杯。
DSC_1010


ビールはもちろんキリンの一番搾りです。

アサヒの生も置いてあるそうですが、やはりここ

岩手はキリン工場のお膝元ということで、アサヒ

の生サーバーは厨房の奥など見えないところに

置いているそうです(笑)

T先輩お薦めのあん肝を女将お薦めの日本酒の

ぬる燗と一緒に。

あん肝はバター炒めでいただきました。

味は濃厚、とにかく旨い、の一言に尽きます。
DSC_1011


その他、サラダ、ワサビ葉など注文し、お酒も進

みます。

岩手の銘酒「あさ開」が置いてあったので、すか

さず注文しました。

あさ開というお酒、私の実家あたりではあまり見

慣れないお酒なのですが、岩手では一番大きな

酒蔵だそうです。

今どき珍しい薄い水色がかった透明の酒瓶に

洒落たレトロなラベルに惹かれ、一時よく買って

飲んでいました。

あさびらき、という縁起の良い名前なので、我が

家では毎年のお正月のお屠蘇は必ずこのお酒

です。

最後はイカの一夜干しと銘酒あさ開のぬる燗で

しめました。
DSC_1012


料理もお酒も旨い。女将や大女将とカウンターの

常連さんとの会話も弾みます。

T先輩がわざわざ来たくなるのもわかる気がしま

した。

是非もう一度来てみたいお店です。

女将さんに別れを告げ、最終電車に間に合うよう

にタクシーに乗り込んで水沢駅に向かいました。

その店へ飲みに行くためにだけに遥々と出かけ

る、贅沢なことです。

水沢から、また2時間かけて仙台まで帰ります。

 ほろ酔いが心地よい夜でした。

DSC_1017
にほんブログ村 酒ブログへ