以前出題した問題に対する答です。
「銀行と信用金庫の違い」

信用金庫

・設立目的 地域の中小企業及び地域住民のための金融の円滑化
・組織 協同組織 一人一票の原則により地位の平等性が尊重されている
・営業地域 限定された地域を対象(地区を定款で定める)
・取引対象 地域の中小企業と地域住民を取引対象とする
・業務範囲 預金・融資・為替とこれに関する付随業務全般
・会員資格
〈個人の場合〉
  営業地区内にお住まいの方、お勤めの方、事業所をお持ちの方
〈事業者の場合〉
従業員数300人または資本金9億円以下の事業者
・根拠法 信用金庫法

銀行

・設立目的 不特定多数の企業と個人のための金融業務の展開
・組織 株式組織 一株一票制の原則により株式多数保持者の利益を強く反映した経営
・営業地域 広域を対象(地区の定めがない)
・取引対象 あらゆる企業と一般住民を取引対象とする
・業務範囲 預金・融資・為替とこれに関する付随業務全般
・会員資格 制限なし
・根拠法   銀行法

金融業を志望される方は、是非理解したいですね。