2005年07月23日

鮎釣合宿イン小国川

7月18,19,20の3日間山形県の小国川に鮎釣に行きました。18日は午後から始めました。竿はダイワの新製品ゼロドライブ、なかなか目立つ竿です。下山おとり店に言われたようにチャラ,へチ、そして人のいない場所(これが一番大事でした)をやってみました。鮎はたくさんいます。しかしサイズが10〜15センチとチビ鮎ばかり・・・。7時過ぎて目印が見えなくなるまでやるが14尾しか釣れずがっかり。まだ竿を使いこなせない。19日は朝4時から下見です。上の方から少しずつ鮎の姿を探して竿を出したりしていきますが。時間が早すぎるためなかなか掛かりません。ずーっと釣り下がって、小松橋下流の瀬のへチを陸に上がって静かに引いているとようやく掛かり始めました。その後地元のおじいさんがやってきて対岸で静かに釣り始めるかと思ったらおもむろに仕掛けを作り始めました。水温も少しずつ上がってきて暑いなと思い始めた10時30分すぎから良く釣れだしました。でもサイズは12から15センチと小さい。対岸には3人、へチをていねいに泳がせては良形をコンスタントに釣ってます。風がめちゃくちゃ強く釣れた鮎が飛ばされて大変難儀しました。夕方6時半までやって45尾、帰り際地元の釣人に100メートル下にある堰堤の下の瀬でいい鮎が釣れたから明日やってみればいいと教えてもらう。翌日20日はダイワマスターズの南東北地区予選。5時受付、参加人数142名。黄色いゼロドライブが目立つ。
結果は惨敗。言い訳すればなんだけどオトリ鮎がだめ、そして場所取り、人のいない所に入らなくてはだめと言われていたのを忘れて一番込み合う場所に入ってしまった。予選終了後、すぐに昨日教えてもらったポイントに向かう。昨日の地元の人がいて挨拶をして鮎を見せたもらうとたしかにすばらしい鮎が釣れていた。そして今までつっていたポイント譲ってくれ、アドバイスを受けてオトリを沈めると、入れ掛り!流れが強いので取り込みに一苦労。しかし楽しい、昨日までの釣りはなんだったのかと思ってしまう。3時ごろから雨が少し降ったりして夕方のゴールデンタイムはだめでしたが、40以上釣れました。小国の本番は8月すぎです。  

Posted by shuan at 07:23Comments(0)

2005年07月07日

うーん、雨、雨、雨、いやになる。鮎解禁と入梅がかさなるなんて・・・
今年は1日、小阿仁川で昼間でやって16尾、2日、旭川で3時から5時までやって4尾、3日も旭川、朝3尾、昼営業して夕方からやって5匹、4日小阿仁川で4尾、ストレス溜まります。今年は天然遡上が期待できそうなので本番は今月中旬からだとわかっているつもりでもあせってしまいます。あまりに釣れないから師匠にお願いして藤琴川のピカピカ天然鮎を分けてもらいました。感謝、感謝、感謝・・・。今度の月曜日どの川がいいのかそれだけが気になってます。18,19,20は山形の小国川に行きます。3連休。燃え尽きるまで釣りします。  
Posted by shuan at 07:44Comments(1)TrackBack(0)

2005年07月02日

鮎解禁

鮎解禁しました。初日小阿仁川道の駅裏に入りました。初めての川ですので菊地おとり店に情報教えてもらいました。橋のすぐ上の瀬の流心におとりを入れるとあたりがありよく掛かりました。12時から雷と土砂降りの雨。雷真上で鳴ったのでこわくてやめました。結果16尾。早朝、平瀬で2回連続ばらしが響いた。7月中旬以降にリベンジ。  
Posted by shuan at 07:23Comments(0)TrackBack(0)