2006年07月31日

鮎釣り日誌

7月28日 曇りのち雨 阿仁川 

釣る気マンマン。朝6時ごろ出発。桂瀬に入るがあたりが遠い。早めに移動しながら責めていくが結局惨敗。5時間で6尾。疲れる。

7月30日 晴れ 阿仁川

今日は師匠達との釣り。最初は桂瀬から少し下の瀬に入る。師匠は遥か彼方の上流まで行ってしまう。ウー眠いので続きは明日。

  

Posted by shuan at 00:43Comments(0)

2006年07月27日

鮎釣り日誌

7月27日 阿仁川 晴れ 11時から13時半 9尾

阿仁川の鮎はデカイ。先週もそうだったが、タモ網でキャッチする時タモの枠に掛かり鮎をぶつけてポチャリ・・・。またやっちゃいました。しっかりやっていれば15尾いけてたはず。そして移動、見切りを早くしないとダメ。

  
Posted by shuan at 23:58Comments(0)

2006年07月25日

鮎釣り日誌

 7月20日 旭川上流 曇り 

あっけらかん上の大石下の瀬で入れ掛り。黄色い鮎が良いテンポで掛かる。18尾。

しかし師匠からは放流鮎より天然を釣る練習するようにアドバイス受ける。

 7月21日 旭川河川公園 曇り

天然狙いで河川公園に入る。公園上の川の様子が大雨の爪あとで激変。釣り易い。2時間半で10尾。

 7月24日 小国川 雨 

明日のダイワマスターズ予選大会の下見。7時、師匠達と合流。水温低下、高水だがうまい人はどんどん掛ける。そしてすぐ移動。速い。釣れる筋、ポイントをチェック。私は気後れして掛からない。だんだん落ち込んでくる。眠くなる。濁りがひどくなり16時に終了。明日どこに入れば良いか、わからなくなった。温泉に入りラーメン食べて21時には就寝。日曜日に常連さんから頂いた、墨廼江の純米吟醸がおいしくって師匠と2合ずつ飲んで良い気分。

 7月25日 小国川 曇り時々雨午後から晴れ間がのぞく

昨日の濁りもとれてきて大会7時スタート。前日の下見で最後に入った小国観光前の瀬に入る。いつの間にか回りは人だらけ。動けない。チビ鮎がぽつぽつ掛かるがぜんぜんだめ。8尾の内3尾が10センチ以下で検量ではじかれる。もっと動かないとだめ。予選落ちしましたが、師匠が見事予選、決勝とも勝ち進んで8月6日のブロック大会に進出。応援に行くのでその日は休ませていただきます。

  
Posted by shuan at 22:28Comments(0)

鮎釣り日誌

 7月20日 旭川上流 曇り 

あっけらかん上の大石下の瀬で入れ掛り。黄色い鮎が良いテンポで掛かる。18尾。

しかし師匠からは放流鮎より天然を釣る練習するようにアドバイス受ける。

 7月21日 旭川河川公園 曇り

天然狙いで河川公園に入る。公園上の川の様子が大雨の爪あとで激変。釣り易い。2時間半で10尾。

 7月24日 小国川 雨 

明日のダイワマスターズ予選大会の下見。7時、師匠達と合流。水温低下、高水だがうまい人はどんどん掛ける。そしてすぐ移動。速い。釣れる筋、ポイントをチェック。私は気後れして掛からない。だんだん落ち込んでくる。眠くなる。濁りがひどくなり16時に終了。明日どこに入れば良いか、わからなくなった。温泉に入りラーメン食べて21時には就寝。日曜日に常連さんから頂いた、墨廼江の純米吟醸がおいしくって師匠と2合ずつ飲んで良い気分。

 7月25日 小国川 曇り時々雨午後から晴れ間がのぞく

昨日の濁りもとれてきて大会7時スタート。前日の下見で最後に入った小国観光前の瀬に入る。いつの間にか回りは人だらけ。動けない。チビ鮎がぽつぽつ掛かるがぜんぜんだめ。8尾の内3尾が10センチ以下で検量ではじかれる。もっと動かないとだめ。予選落ちしましたが、師匠が見事予選、決勝とも勝ち進んで8月6日のブロック大会に進出。応援に行くのでその日は休ませていただきます。

  
Posted by shuan at 22:28Comments(0)

2006年07月21日

鮎釣り日誌

7月20日 藤琴川上流 晴れ時々曇  

阿仁川は茶濁りで無理と判断。藤琴川に変更。事件現場付近には報道カメラマンが3名ほどいるが釣り人はゼロ。打って変わって藤琴上流にはポイントごとに3〜4人、入る隙間を探す。堰堤下の平瀬のへちで痩せたチビ鮎10尾。2時間半の釣果。水清らか。

  
Posted by shuan at 08:35Comments(0)

2006年07月19日

鮎釣り日誌

7月17日 阿仁川 曇り 6時から菊池オトリ店裏の瀬頭に入る。良形かかるが人が多くて動けない。前日師匠が阿仁川で4時間で41尾釣ったから6時間で50尾釣るように言われましたが、結局9尾。情けない。タモ枠に鮎が当たってポチャリ。これを連発。もったいない。釣れない釣りは疲れる。

7月18日 小国川 曇り 低水温 増水 7時よりエリア最上部の堰堤下に入るが、増水のためポイントに行くのも一苦労。へちで止めていればぽつぽつ掛かる。下山オトリ店のご主人から1つの場所で1匹のオトリで3尾釣るように言われ、練習。オトリが元気にがんばってくれるので良い練習になる。砕石所裏の分流で入れ掛り。5時までで40尾。 

7月19日 阿仁川 曇り時々晴れ時々にわか雨 昨日師匠が午前中5時間半で51尾かけたという場所に行く。前日の午後に上流で大雨があったそうで濁り水。何で俺が釣りに行くと状況悪くなる。11時から1時半までやって8尾。結構サイズいい。刺身用にキープ。

  
Posted by shuan at 15:42Comments(2)

2006年07月15日

鮎釣り日誌

7月14日 くもり 皆瀬川 濁り、増水 高速道路橋より100m下流。絞込みの瀬頭でチビ鮎1尾。瀬尻のへちで1尾。どちらもまぐれで掛かる。釣った気がしない。上の平瀬に遊び鮎(13cm)跳ねたりしているが掛からず。この鮎が追い始めると入れ掛りか?4時間で2尾。往復の高速代、ガソリン代、オトリ、合わせて6500円。この日の鮎の仕入れ値1尾3,250円。・・・・・

楽しい、苦しい、辛い、でも幸せ。

  
Posted by shuan at 01:02Comments(0)

鮎釣り日誌

7月13日曇り 皆瀬川 岩崎橋上流 瀬頭 アタリあるが掛からず焦ってどつぼにはまる。4時間やって5尾。釣れないと時間があっという間になくなる。じっくり止める。オトリを動かしすぎない。辛抱。

  
Posted by shuan at 00:47Comments(0)

鮎釣り日誌

7月12日 雨 鮎釣りひと休み。ゆっくり昼寝。

  
Posted by shuan at 00:31Comments(0)

2006年07月13日

鮎釣り日誌

7月11日 旭川 曇り 

旭川は大増水で鮎の餌となる石の垢が飛んでしまい白川状態。へチにオトリを止めてあたりを待つ。2時間で5尾。痩せて小さい。

  
Posted by shuan at 10:12Comments(1)