2006年09月27日

鮎釣り日誌

8月19日 トーナメントスクール 午後から体育館で鮎の勉強会。仕掛けの作り方等をそれぞれの講師の指導に従って明日の実釣に備える。6時終了。宿舎で夜食をスタッフや講師の名人たちと食べる。その後2次会になって各自持参の酒を酌み交わす。寝てない私も新顔なので参加。秋田県人ということで飲まされる。がんばったけど10じごろにはダウン。ひと足早く就寝。ものすごいいびきで目覚めるが疲れと寝不足の為朝まで寝ることに成功。他の人は廊下や別室に避難したそうです。
8月20日 トーナメントスクール実釣。それぞれのコースに分かれて、講師の指導のもと生徒さん達が釣りをしました。私も生徒さんを任され泳がせ釣りを教えると言う事になり責任重大。とても素直で年下の私の言うことを聞いてくださる方でしたので1尾でも多く釣れるようにとがんばりました。人に釣りを教えるのは難しい。なんとかカントカ無事終了。自分で釣るより疲れました。でも良い勉強にもなりました。
8月21日 この日は名人おふたりの釣りを見学させていただく。簡単に釣るので見てるだけで自分まで上手くなった気になってしまう。私の苦手としている釣りを中心に見せていただく。お疲れのところ有難うございました。
8月25日 桧内川 2時間半で15尾。やや深めの瀬で入れ掛り。見学させていただいたお陰です。今年の桧内川も鮎も人も多い。27日の東レカップの下見。
8月26日 桧内川 この日はチャラ瀬中心に下見。3時間で12尾。泳がせるより止め泳がせがいいみたい。
8月27日 斎内川 予約が入った為大会には出れず。旨い鮎を釣りに行く。3時間で12尾。
8月28日 斎内川 この日のテーマは瀬の引き釣りとポイントの見切り。師匠から100尾釣るように言われて臨んだが、11時間で84尾。天気悪く雨模様。4時ごろから雷雲が出てきて真っ暗。5時には目印も見ずらい。自己最高釣果だが目標に届かず残念。もう少し要領よく移動すればと反省。  

Posted by shuan at 13:12Comments(0)TrackBack(0)

2006年09月11日

鮎釣り日誌

久しぶりの日記です。たまってたのを簡単にやっつけちゃいます。
8月14日小阿仁川5時から8時までで6尾。鮎足袋忘れてカジュアルな靴を履いて釣る。すべって歩けません。バラシ連発。情けない。男鹿の鵜の崎海岸で友達とバーべキュー。夜は男鹿の花火大会。朝はだめだったがそのあとはたのしかった。
8月16日小阿仁 13尾。何もしなくても汗が噴出してくる。クラクラしてきて熱中症になる寸前。
8月17日 斎内川 5時間31尾。
大きくないが数が釣れるので楽しい。水もきれい。
8月18日 斎内川 1時間7尾。何の前触れもなく100〜200メートル先に落雷。竿に「バチ!」と電気が走る。すぐに竿から離れて避難。5分後戻って納竿。命拾い。
8月19日 小国川にてトーナメントスクール。去年は生徒として参加でしたが今年お手伝い。午前中、伊藤稔名人にご指導いただく。寝不足の為集中できない。  
Posted by shuan at 21:39Comments(0)TrackBack(0)