2006年10月25日

鮎釣り日誌

9月1日 皆瀬川 岩崎橋上の瀬で4時間32尾。40尾釣らないと駄目。未熟者。上流では大きいのが釣れているそうだがサイズより数。針合わせがポイント。ケラレやバレにすぐに対応しないと時間の無駄。
9月2日 皆瀬川 4時間で40尾!やっと自足10尾達成。昨日と同じところは1時間4尾で橋の下に移動したら入れ掛り。サイズ小さい。でも楽しかった。ミスもなくトラブルなし。橋の上流では投網、刺し網の人が入れ替わり入ってくる。
9月3日 臨時休業。栃木の那珂川でダイワマスターズ決勝大会見る為に朝4時家族皆で出発。高速飛ばして、9時半到着。決勝始まっていてギャラリーの熱い視線が選手を見つめています。天気は最高。暑い!興奮して飲み物も帽子も忘れてしまった。家族は観光に行って昼まで戻らない。岡崎選手の応援。丁寧な釣りで1匹1匹を大事に掛けていく。大会ならではのポイント取り。何処をつぶしておくか、何処が攻められてないかを観察しながらの釣り方。最後の笛がなるまで集中力を切らさない。見ている方が疲れた。自分で釣りをしているとあっという間に時間が過ぎるのに1時間が長い。結果は見事岡崎さんの優勝!いやー、感動しました。寝ないで行った甲斐がありました。鮎つりの奥の深さを痛感!まだまだ俺は基本の基本を大事にしないといけないみたいです。
  

Posted by shuan at 14:23Comments(0)TrackBack(0)