主婦でもキャッシングできる、ブラックOKな消費者金融

主婦でもキャッシング可能で、ブラックリストの人でも審査が通りやすい消費者金融はどこでしょうか

キャッシングブラックの人が融資をうけるには審査を通る必要がありますが、どうしても審査の際にブラックである事実はバレてしまいます。ブラックの記録があると業者側も貸し付けに対して慎重な態度をとりますから、なかなか借り入れが難しくなります。審査すらしてもらえないこともあります。
ブラックリスト入りしている記録というのは個人信用情報機関にデータが記録されていて、金融関係の業者は融資のときにほとんどがそのデータを見て、審査の大きな判断基準として活用しています。金融業者同士でこの機関を使って情報共有しているわけです。他の会社でなにか問題をおこせば、その情報が残ってしまいますから、また他の会社でもその情報がバレてしまいます。
ブラックになる原因もいろいろありますが、1番多いのはやはり延滞です。ブラックときくとこのイメージをもつ人も多いのではないでしょうか。支払いが間に合わず、延滞をして、それが数日や1ヶ月そこそこであればまだ大丈夫なのですが3ヶ月以上になるとデータ共有されてしまいます。ですので、延滞したとしても3ヶ月経過するまでの間に必ず返すようにしましょう。
しかしブラックになってしまった人はもう一定期間の間はブラックの記録が残ってしまいます。その原因やどこの情報機関かによっても変わってくるのですが、最短でも5年は記録が消えません。その間、ブラックであることが金融業者側からわかってしまいますが、ブラックの人に貸し出しをするかしないかを決めるのもその業者の判断です。ブラックだからといっても絶対に借りれないわけではありません。中にはブラックの人でもいま収入がある人であれば貸し付けしてくれることもあります。高い収入である必要もなく、今後、きちんと返済を続けられる人だと判断され、かつきちんと今後も収入がある人と審査で判断されれば融資はうけられます。延滞が原因でブラックになってしまった人はまた延滞されてしまうリスクも業者側にはありますが、業者側も多少のリスクは覚悟の上で貸し付けしてくれるのです。

消費者金融をブラックリスト入りしている人でも借り入れできた話はよくネット上でも出てきます。ブラックだからと言って絶対に借り入れができないわけではありません。ブラックでもキャッシングOKの業者は存在します。
ブラックの人に対してキャッシングするかしないかは業者の判断によるものですから、ブラックの人でも融資をしてもらうことは可能です。決して法律上で絶対にブラックの人へ対して融資をしてはいけないわけではありません。

キャッシングを受ける為には審査が行われます。
審査の際にはまずその本人の身分証明書となる本人確認書類が必要となります。
運転免許証かパスポート、外国人の方は外国人登録証なども有効になりますし、業者によっては住民基本台帳カードや保険証で行えることがあります。基本は写真付きの証明書を求める業者が多いですから、もし運転免許証を持っているのであれば始めから用意しておけばスムーズにいくかと思います。

もし本人確認書類に載っている住所が更新されずに古かったりすれば、いま住んでいる住所と違うと思いますのでその場合には、新しい現住所を証明するなにかしらの書類が必要となります。それに該当するのは、現在の住まいの住所が記載されていて最近で既に支払った公共料金の領収証を一緒に提出する必要があることもあります。
それから借り入れ額や業者によっては収入証明書として、直近2ヶ月分の給与明細か、源泉徴収票の提出も必要になります。額に限らず業者によっては必ず提出を求めることもあれば、または50万円以上の借り入れ希望などの場合にのみ提出してもらうと具体的な額を提示している業者もありますから、逆に言えば少額の融資に対しては収入証明が必要ないことも多いです。

ブラックだからといって特別になにか用意する必要もありません。だいたいの業者はブラックであろうがブラックでなかろうが同じ審査方法を取り、ブラックでもその審査基準を上回ることができれば融資をしてくれます。

ブラックリストという言葉はキャッシングを受けたことがなくても聞き覚えのある言葉ですが、実際にどのようなイメージをもっているでしょうか。
黒いファイルのようなものにたくさんの負債者の名前が書かれていて、その情報を見られて名前が乗っているとキャッシングできなくなる。借金の延滞をしてしまった人はそのリストに名前がのってしまい、しばらくは融資をうけられない。といったイメージをもたれている人も多いようです。

しかし、実際はそのようなリストがあるわけではありません。そのリストを全国の金融業者がみんなで情報共有しながらチェックするというのも非現実的なお話です。
実際は、キャッシングなどを受けた際に信用情報機関というと頃にその利用者と利用額などの情報が記録されており、そのうちで延滞などの事故情報が記録されている状態を指します。この信用情報機関に事故情報がのっている=ブラックリストにのっていると俗称でよんでいるだけです。

この信用情報とは、キャッシングやクレジット、ローンなどを利用した人の情報が掲載されており、全国の金融業者がそこから情報を調べることができ、審査時に過去の借入額などをチェックするものです。
個人信用情報機関へと情報を問い合せされたあと、ブラックリスト入りしている事がわかりますから、キャッシングをうける事が難しくなります。業者によってはすぐに審査落ちとすることもあります。

借り入れに関する審査の際、ブラックになっていますかと担当者から聞かれたりも特にありませんが、自発的に申告する必要も特にないでしょう。
しかし、他社からの借り入れの有無、利用件数、利用額などに関する情報は確認される事が多いですから、それらの情報はきちんと虚偽の報告がないよう正しく申告しましょう。信用情報機関にデータは残されてしまっていますからその申告の嘘か本当かはすぐに判明してします。過去の話をされたら事実をきちんと伝えましょう。
金融業者はこの信用情報期間のデータを見て、この申込者は過去にいくら借金があって、返済はどうなっているのか、延滞や破産の経験はないかなどの情報をもって総合的に、もしキャッシングをしても今後きちんと返済をしてくれるかどうかを判断するため、データをその判断材料として用いているのです。

今後は返済日をきちんと厳守し、借りたお金はきちんと返すこと。ごく当たり前のことですが、きちんとこの事柄を守ればブラックリストの記録が抹消されることも可能ですから、今後また自信をもってローンなどを利用することができるようになります。

↑このページのトップヘ