政調、海洋政策特別委員会が開催され、海上保安庁から今国会提出の「領海等における外国船舶の航行に関する法律案」の説明があった。

陸上から12海里以内をその国の領海というが、日本の領海内に入ってきた外国の不審船を立入検査する法律は無かった。信じられないことだが・・・、今までは、漁船だけ漁業法に基づいて立入検査していた。
今回は、上記法律でもって全ての船舶に立入検査、退去命令、検挙などが出来るようになる。

私は、次の三点の意見を述べた。

‥譽轡奮い砲ける尖閣列島に、海上保安庁の恒久的施設をつくること。
また、日中中間線の付近における石油採掘権を民間企業に速やかに実施させること。
∈鯒始まった海岸漂着ゴミ対策を国内河川や里山も含め、全国市長会町村会と協力して進めること。
F本の民間企業の船舶が、海賊に襲われた事例をPRすること。

午後12時30分 本会議。
道路整備財源特例法の審議が始まる。国土交通委員会付託。

午後、政調で授産施設小規模作業所の仕事確保について施設関係者から状況を聞く。

夕方、政調、外交部会で外交力強化についてワーキングチーム開催出席。