2011年06月

東芝との相性1

どうも東芝製品との相性が悪いみたいだ・・。
過去、東芝製品として購入したのは数えるほどしかないが、
CDラジカセ 優
ヘッドフォンカセット 良
パーソナル冷蔵庫 悪 
VHSビデオ 良
S-VHSビデオ 良
HD-DVDレコーダー 最悪
液晶テレビ 悪
ブルーレイレコーダー 特に問題なし
炊飯器 良
妻パソコン 悪
と、まあこんな感じ・・。

結構当たり外れが多いメーカーであることは疑いがない。
対してソニータイマーと呼ばれるソニーでは外れは引いていない。
パナソニックもDVDレコーダーで一回あったきりだ。

そして先週の土曜日。
妻と新宮のモスバーガーで食事していたら突然電源が落ち、再起動ができない状態になった。
でAUショップに行き修理に出す羽目になってしまった・・。
正直あまり問題がなくつかえてた機種なのでショックです。




マタイの福音書から

新約聖書『マタイによる福音書』に気になる一説をみつけました。

預言者ダニエルの言った憎むべき破壊者が、聖なる場所に立つのを見たら<読者は悟れ>、
そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。
屋上にいる者は、家にある物を取り出そうとして下に降りてはならない。
畑にいる者は、上着を取りに帰ってはならない。
それらの日には、身重の女と乳飲み子を持つ女は不幸だ。
逃げるのが冬や安息日にならないように祈りなさい。
そのときには、世界の初めから今までなく、
今後も決してないほどの大きな苦難が来るからである。

これを見つけた時、少し戦慄を覚えました。

日本の神道と景教の共通点。
イスラエルの失われた十氏族のうち一氏族が、日本民族と同化したという説。
群馬の羊太夫は秦氏。
青森県にキリスト教にゆかりのある地がある。
これらや他の事柄(三輪山、太秦など)から日本人とユダヤ人は同祖という説がある。
これより日本=ユダヤ。

続いて、山に逃げよ云々のあたりは、今回の大津波を連想させます。
また、身重の女と乳飲み子のあたりは、現在の福島原発事故の放射能汚染と今後起こるであろう、
小児のガンや奇形児の出産による地獄を暗示している様な気がします。

逃げるのが冬や安息日云々では、今回の地震発生が3月11日。
そして原発の水素爆発が12日という事で正確には安息日ではないが、大多数の国民の休日たる土曜日。
そして外国政府による80キロ圏内からの避難勧告。

無論、この事故処理は終了のめどすら立たず、福島近郊の農家は放射性物質に汚染した食料を東日本のみならず、西日本にも流通させ今後おこるであろう被害をさらに深刻化させている。

最後に江戸鎮護のための結界をどうやらスカイツリーが切断してしまったらしいという説。
福島原発の側に、ユダヤの神事そっくりな神事を行う諏訪大社の摂社があるなど興味は尽きません。
無論、これは僕が勝手に解釈しているだけですので・・。

ただ、ネット上でも同じような感覚をもった方はいる様子ですね。
スカイツリー、結界
日本人とユダヤ人
北関東、ユダヤ
景教
キリストの墓
などで検索していただければと思います。







島国地震の前兆2

NZからインドネシア、マレー半島、日本列島と太平洋におけるプレートの活動は相当活発化しているのは疑いがない。今年に入ってから、NZと日本で未曾有の大地震が起こり特に日本では津波により東日本がほとんど壊滅している状況下にある。
このふたつの大地震の前兆にはおおきな共通点がある。

日本もそうだが、NZでも数週間前にイルカや鯨が大量に座礁死している事である。
おそらく地盤のあつれきにより磁場が狂って、正確に泳げなくなったのだろう・・。
人間でいうなら耳鳴りがひどくなり平衡感覚が麻痺する感じかと思う。

さて、ここからはオカルトの世界のお話である。
日本で鯨が大量に座礁したのは茨城県の鹿島で、これは震源地にほど近いのがよくわかる。
鹿島といえば、鹿嶋大明神の本拠であり、鹿嶋大明神は地震鎮護の神様である。
3年ほど前に『鹿おとこ、あをによし』というドラマがあったが、この作品では日本列島の地下深くにいる大ナマズの頭部を鹿嶋大明神が押さえ、尾の部分を平城京、平安京、難波宮の三点でおさえているという内容であった。
だとすれば、拝金主義にとらわれた日本列島を洗濯するために鹿嶋大明神が手招きしたのかもしれない。鯨はその警告である。

この様な事が他にもあって、平和の象徴たる浦上天主堂に原爆が落とされたのは偶然ではなく(当初は小倉に落とす予定だったときく)、聖母マリア様が悲惨な戦争を終了させるためにみずからの館である大聖堂に爆弾を落とすようにしたという話もある。※これに関しては諸説あるが世界の金融閥の中心たるユダヤ資本家が憎きキリスト教教会を墓標にしたという説が有力である。日本人にはいささかわかりにくいが、ユダヤ教から派生した宗教がキリスト教とイスラム教で、いわばこの三大宗教は兄弟みたいなものである。しかし、キリスト磔や十字軍、ユダヤ人の流浪、英国による三枚舌などで近親憎悪している感じである。
また言霊の世界で、昭和天皇はヒロヒト、皇后はナガコなので、ヒロシマとナガサキに落とされたという話もある。
無論、おもしろおかしく脚色されているだけだろうが、日本は言霊の国だけにあまり気持ち良いものではない。

さて本題。
やはり日本列島においては地震にともなう津波が恐ろしい。
深海魚が漁網にかかったり、鯨やイルカが数十頭海岸に打ち上げられたりしたら黄信号だと思って良いだろう。
用心して何もなければ笑い話だが、用心せず死んでしまったら笑い話すら出来なくなってしまう・・。
個人的には、房総半島〜小田原沖と富士山の動向が恐ろしい・・。




東京の人情、大阪の人情劇

今、CSで『ど根性ガエル』を放送している。
和歌山在住なので『ど根性ガエル』は夏休みや冬休みの朝、朝日放送で放送していた。
で、久々に視聴してみたらこれが面白い。
むしろ子供の時より面白く感じる・・。

平面ガエルと主人公ヒロシが演じる人情喜劇なのだ。
ファンにしたら、原作よりアニメの方が面白いとの事だが、原作はもはや手に入らなくなっている。
せめて電子書籍にての再版を望む・・。

さて、東京の人情劇が『ど根性ガエル』なら大阪のそれは『じゃりン子チエ』であろう・・。
『ど根性ガエル』が東京の練馬区という、当時の郊外の下町を舞台にしているなら、こちらは大阪は南海沿線の萩ノ茶屋界隈を舞台にしている。
こちらはスーパー小学生・チエちゃんが大人たちの事情に巻き込まれていくドタバタ劇である。

面白いのは、人間とコミュニケーションがとれる平面カエルと、二足歩行で人間の言葉を理解できる猫。
ボクシングの東洋太平洋王者と五分にケンカできるテツと、武道の達人梅三郎。
一高(東大)卒の町田先生と、京都帝大卒の花井拳骨。
など、結構共通点、類似点が多い・・。

さて、お互いの最終回をご存じだろうか?

『じゃりン子チエ』は、ラーメン屋になったカルメラ兄弟双方に同時に赤ちゃんができる騒動。
『ど根性ガエル』は宝寿司・ハワイ店の店長になった梅三郎に、中学を卒業して宝寿司に弟子入りしたヒロシからの近況報告。ここから寿司屋の女将になるべくよしこ先生が週末宝寿司で修行しており、梅三郎が帰国後に結婚する暗示になっている・・。ちなみに南先生はゴリライモの魚屋で働く娘と一緒になっている・・。
おおむね両方の作品ともハッピーエンドでおわっている。

さて『ど根性ガエル』には、『がんばれめだかちゃん』というスピンオフ作品がある。
これは梅三郎とよしこ先生の娘が主人公の話らしいが、詳細は不明・・。
こちらも一度読んでみたい作品ではある。




Evernote活用3

パソコン整備士3級(パソコン診断士)のテキストを毎日やっていっているわけですが、覚え方が曖昧だったりしたところをエバーノートにテキスト化していっています。
エバーノートを作成すれば、PC、iPad、iPod、携帯電話で同期できるので大変便利。
また動画や写真だったらすぐに無料の容量を超えてしまいますが、テキストだとたいして使いません。

僕らの時代にこういうものはなかったのですが、PCが本格普及した現在なら受験勉強に役立ちそうです。

お笑い芸人

TVで14年ぶりにダウンタウンとナイナイが競演した。
個人的にはナイナイの笑いは余り好きではないが、
今はキンコンやジャルジャルというもっと酷いのが出てきたのと、
矢部が落ち着いてきたので、安心して見られる様になった。
とはいえ上下関係が厳しい世界なので、岡村の緊張感たるや
酷いものだったと付け加えておく。

ガキつかの罰ゲームで、カウスボタンや仁鶴の前で演芸するダウンタウンを
見てみたい気もする。

久しぶりの白浜、田辺

今朝、妻の義兄からお肉が送られてきました。
当初は田辺にドライブに行くだけでしたが、おかえしに白浜のとれとれ市場でオレンジジュースを買ってお返しました。
その後、Joshin田辺ではじめてダイソンの羽根なし扇風機をみました。
インテリア、省スペースは魅力ですが、風力不足だと思われます。
その後、オートバックス→グルメシティに移動。
グルメシティは旧ダイエーミドリで15年ぶり位に立ち寄りました。
ただ思ったより店は整然かつキレイでした。

さてグルメシティに立ち寄った目的は、ドムドムです。
ドムドムは旧ダイエーが日本で始めてのハンバーガーショップで、年明け早々ブラマヨにTVで紹介されてから気になっていました。
で、今日田辺で食しました。

まあ味はまあまあ。
とはいえ店舗が少なくなっているドムドム。
頑張ってもらいたいものです。

茶番劇

本日の内閣不信任決議案採決は本当に酷い茶番劇だった。
これでまた閉塞状態が続き、これといった改善がなされないまま常態化すると予測する。
今、内閣が変わると復興が遅れるという話もあるが、少なくとも一度リセットした状態の方が復興は早まると思う。
菅総理が復興目処がたてば首相を辞めるという報道も、どうも鳩山前首相の思い違いだったという話が出てきている。
それに本当だったとしても、今の内閣で復興の目処がたつのかは甚だ疑問に感じる。
復興の目処がたたない限り菅総理も辞任する理由がたたない。
更にうがった見方をすると、復興の目処がたてば菅総理が辞任する理由もなくなると主張できる。
本当に酷い茶番劇だ。
Profile
ひらしゅう
熊野那智大社の八咫烏です。サッカー日本代表の守り神でもあります。
livedoor 天気
  • ライブドアブログ