串本では雨が降り続いたが、あまり被害はなかった。個人的には車のドアバイザーが外れた位で、両面テープで貼り付けた。
ところが熊野川、那智川、太田川、会津川あたりは、降り続ける雨を持ちこたえられず今回の大惨事になった。
交通では三重側で国道が崩れてしまい通行禁止。鉄道では田辺から新宮間の復旧の目処すたたたない。被害から考えて、田辺から串本、古座位までは近く運行出来そうだが、那智川の鉄橋が崩落した紀伊勝浦から新宮間は年内復旧は難しいのではないだろうか?
交通が寸断されたため、パンや惣菜、おにぎりなどが店頭から消えつつある。これは勝浦や古座川方面から買い出しに来ているためだと思う。
通常の発注量より多く注文したいところだが、廃棄が怖いのでせいぜい二倍位しか注文しないだろう。
地元スーパーのオークワは三重の御浜の物流センター経由で運送しているだろうから、和歌山大垣の物流センター扱いにするためのシステム変更が手間取っている感じだ。
ただ、これは短時間で解決するだろう。