スパイラルスパイラル
上原ひろみ
今、日本のジャズ界は、上原ひろみキャンペーン!?(笑)。たしかに、彼女の、ミスを恐れず楽しんでいるようにも見える自由奔放と迫力ある力強いピアノは、自然と元気にしてくれる。そんな彼女の新作なんだけど、初心者にはちょっと入りづらいかも。まずは、「アナザー・マインド」から聴いて、リズミカルでパワフルな彼女のオリジナリティを感じてほしい。日本ゴールドディスク大賞も受賞してます。
時代がHiromiを待っていた。スパイラル(渦)に身を任せ音楽の高みへと共に上る至福の旅。充実のピアノ・トリオによる衝撃の交響詩。
フジ・ロック・フェスティヴァルでも聴衆を大熱狂させ、今やジャズのフィールドを越えた人気を博すピアニスト=Hiromiこと上原ひろみの待望の3rdアルバム。全曲彼女のオリジナルによるピアノ・トリオ作品。本人曰く「ピアノ・トリオでオーケストラ的なサウンドに取り組んだ作品」。どの曲をとってみても粒ぞろいの楽曲でオリジナリティーに溢れている。また、トニー、マーティンによるトリオもパワー、テクニック、コンビネーションともに充実しており「アナザー・マインド」「ブレイン」の前二作品をも凌駕したといっても過言ではない意欲作となっています。
上原ひとみプロフィール
1979年静岡県浜松市生まれの24歳。6歳よりピアノを始め、同時にヤマハ音楽教室で作曲を学ぶ。国内外の「ユニセフチャリティコンサート」「ジュニアオリジナルコンサート」等に多数出演。17歳の時にチック・コリアと共演し、絶賛された経験を持つ。1998 年よりニューヨークに渡り、ジュニア・マンスに師事。1999年バークリー音楽院に入学後、全米各地のジャズフェスティバルに出演し、高い評価を得る。在学中にジャズの名門テラーク・レーベルと契約し、2003年に全米デビューを果たす。同年5月にバークリー音楽院を首席で卒業。現在も活動の拠点をボストンに置き、全米、ヨーロッパ各地をツアーでまわっている。また、日本国内においても、TBS系全国ネット「情熱大陸(2003年10月19日オンエアー)」やキリン「モルトスカッシュ」CFへの出演、ブルーノートを中心とした国内初ツアーを成功させるなど、積極的に活動を展開している。
上原ひろみ - Wikipedia
はてなダイアリー - 上原ひろみとは
ブレインアナザー・マインド