a4faa1f7.jpg実に、心を打たれる映画。
「感動もの」や「涙を誘う映画」と一言で終わらせられない。あまりにも内容が切実であり、この現実が日本を含めた西側諸国に正確に伝えられず、「石油」の無い場所を「価値なし」と認めたことを遺憾に思う。この一言が、全てを語っていると思う。
「俺達(白人)はお前らをゴミ以下としか思ってない。お前らは白人じゃない。黒人だ。しかもニガーですらない、アフリカ人だ。」

さらに、この映画の中で「コックローチ」(ゴキブリども)というフレーズが何度も出てくるのだ。白人が言うのではない。今まで友人であったり同僚であったりした同じルワンダ人から言われるのだ。一致団結していくべき仲間にこんな事を言われたとしたら、どんなに屈辱だろうか・・・。
エンディングで流れた歌詞に、こんな一説があった。
「アメリカがアメリカ合衆国なら、なぜアフリカはアフリカ合衆国になれないのだろう。イギリスが連合王国なら、なぜアフリカの王国はアフリカ連合王国になれないのだろう。」
rwandaなれたはずなのだ。しかし、第1次世界大戦後、国際連盟がルワンダを「戦利品」としてベルギーに与えたことに始まる。ベルギーは支配しやすくするため、人種差別の思想を叩き込み、仲良く暮らしていた二つの部族に対立を意図的に生じさせたのだ。この内紛だけで100万人が殺害されたわけで、日本の政令指定都市の市民全員に等しい。散々、文化や歴史をかき乱しておいて、国連は平和維持軍を2500人から270人に減らしたことも納得いかない。次々撤退していくイラクと同じではないか。
今年、サッカーW杯が開催される。次期開催は、南アフリカである。これを気に少しでも和平に向かえば良いと、「遠くから眺める」だけ・・・なんだろうか?
東京では渋谷の「シアターN渋谷」のみというのも・・・ホームシアターと思わせるほどのミニシアター。おかげで4時間前に整理券を確保しないと、20時でさえ座って見れない有様。「THE 有頂天ホテル」が悪いわけではないが、一つくらい広い公開劇場を分けて欲しいなぁ・・・。
無関心が一番の罪ということを思い知らされ、関心を持つことだけでも彼らを救うことに手を差し伸べられるのだと実感した映画でした。
映画「ホテル・ルワンダ」公式サイト
ルワンダの歴史
映画「ホテル・ルワンダ」上映館一覧(まだ全国30館)
1994年 アフリカ ルワンダ。たった10日間に、100万もの人々が虐殺された
そんな中、「愛する家族を守りたい。」ただ一つの強い思いが、殺されゆく運命だった1200人の命を救った・・・。

 1994年、アフリカのルワンダで長年続いていた民族間の諍いが大虐殺に発展し、100日で100万もの罪なき人々が惨殺された。アメリカ、ヨーロッパ、そして国連までもが「第三世界の出来事」としてこの悲劇を黙殺する中、ひとりの男性の良心と勇気が、殺されゆく運命にあった1200人の命を救う。
ポール 「アフリカのシンドラー」と呼ばれたこの男性は、ルワンダの高級ホテルに勤めていたポール・ルセサバギナ(写真:左)。命を狙われていたツチ族の妻をもつ彼の当初の目的は、なんとか家族だけでも救うことだった。しかし、彼を頼りに集まってきた人々、そして親を殺されて孤児になった子供たちを見ているうちにポールの中で何かが変わり、たったひとりで虐殺者たちに立ち向かうことを決意。行き場所のない人々をホテルにかくまい、ホテルマンとして培った話術と機転だけを頼りに、虐殺者たちを懐柔し、翻弄し、そして時には脅しながら、1200人もの命を守り抜いた。本作は、家族4人を救うことを心に決めたひとりの父親が、ヒーローへと飛翔する奇蹟の過程を描いた実話である。
ジェノサイドの丘〈上〉―ルワンダ虐殺の隠された真実
ジェノサイドの丘〈下〉―ルワンダ虐殺の隠された真実
『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会
ジェノサイドの丘〈上〉ジェノサイドの丘〈下〉ホテル・ルワンダ