4月1日、都内某所で無事入社式を迎えます。


一年前を振り返ってみると、丁度4月1日から本格的に面接が開始し、落ち込んだり悔しくてたまらない日もありながら最終的には複数社から内定をいただくことができました。


今までの人生を振り返ってみると、就職活動を経て成長した部分は他の体験よりも大きなものがあったと思います。初めて‘社会‘というものを知り、触れ、大人になるってこういうことなんだな、というイメージを掴むことができました。


今、就職活動真っ最中の皆さんはどうでしょうか?
徐々にESも書き始め、早いところでは筆記試験やリクルーター面談も始まっているところでしょう。

確かに、現代の就職活動という制度は理解できない仕組みが多いと感じますが(笑)、働くことについてイメージを掴めていますか?就活をしながら社会について学べていますが?


ただ良い企業に入りたい!という思いだけで就活をするのではなく、社会人になってからのイメージをすることが重要なのですね。
就活はゴールではなくスタートである、とよく言われますが、まさにその通りだと思います。



と、少し堅い文章になってしまいましたが、やはり目の前にあるESや面接を突破しなければそのイメージが実現することができなくなってしまいますよね。


今までの投稿で、面接やESの書き方について触れてきましたが、最後に重要になってくるところは熱意や誠意です。どれだけあなたが今面接している企業に入って活躍したいか、それを面接官に如何にして伝えるかだと思います。

想像してください。2人の学歴・スペックがほぼ同じような学生。その中から1人を選ばなければならない時。そこで重要になってくるのは、どれだけ受験している企業愛をアピールしているかではないでしょうか。実際にそういうアピールしない学生は、企業側も「内定辞退されるかもな・・・」と感じて評価が下がり落とされる場合もありますね。
口下手でも構いません、自分の言葉で面接官に伝えるように心がけてみてください。


1年後に憧れの会社の門を叩いている姿を想像しながら、残りの就職活動がんばってください!


スポンサードリンク