2008年05月25日

藤村さんの建築を見て

現状の都市風景に対する批判
都心において利用価値の低いベランダを無くし、屋上に放置される空調等を縦ヴォイドとして壁面に取り込む。そうして室内空間を拡張し、PSはバッファーとしても機能し、各住戸のプライバシーは高まっている。

ズレ
空調の無い屋上空間は、快適なテラスとしてではなく、各住戸にアクセスするための路地空間として利用される。
縦ヴォリュームがつながったような外観は、5階レベルの梁によるメガストラクチャーによって支持される。
そうしたいくつもの「ズレ」は意識的に演出される。

同世代の建築家の中でも、特異な問題意識、設計のスタイルが際立っている。批判を越え、潤った能動的空間が実現するとき、従来の建築家には無いフィールドへと拡張するのではないだろうか。
(モモエダ)



shumai_ygsa at 15:07│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by スタービーチ   2011年07月12日 20:58
熱い復活の声と共に前回より更にパワーアップして帰って来ました!スタビことスタービーチ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
QRコード
QRコード
お気に入り