やさいのいぶき〜有機農園 けのひの日常〜

脱サラ夫婦が神奈川県愛川町で新しく農業をはじめた日常を綴る。畑と食卓、畑と街、畑と社会を繋いでいきます。

2013年10月

画像2
SOY for CACAOプロジェクト2013にて栽培中の大豆。

栽培もいよいよファイナルステージ、収穫へと入っていくのですが、今年は日照が足りないのか、昨年と同じ日数をかけてもまだ大豆になっていません。

ぼちぼち紅葉が始まってるのですが莢はまだ青い。

去年を踏襲すると11月10日だと遅いくらいだったのですが、今年はどうなのか。
みなさんに集まってもらっての作業なのでなかなか段取りが組めないのがもどかしい。

とりあえず、今年も11月9日に収穫予定です!

ふるってご参加を!

忘れていた、わけではないのだが、ここにきてようやく大根を間引くことができた。

抜いてみてびっくり、もう結構太い。
(間引きにしては)あまりにいい大きさになっていたので抜いたところに穴がぽっかりあいてしまう。
抜いては埋め、抜いては埋め…。

畑に放置すると大変なことになりそうだったので、一応回収。
そしたらこんなになってしまった…。

これは葉大根なのか間引き大根なのかはたまたチビ大根か…。

なんとも恥ずかしい状況。

画像1

10/20(日)11:00〜17:00に八王子市のみずき通りにて秋のフェスティバルが開催されます。

当農園からは採れたての旬の野菜と加工品(バジルソース、にんにく味噌、ドライトマト、ゆずこしょう)に加えて、ブーランジェリー・サルドゥバンとのコラボレーション企画として「焼き芋」を販売いたします。
パン屋が本気になって芋を焼くと、どんな風になるのでしょう。フランスはリヨン仕込みの焼き芋、とくとご覧あれ!

ちなみに春にも開催されたこのみずき通りフェスティバル。
思い返せばあの日はあいにくの天気でした。
晴れればもっと賑わうっしょ!と半年待ってのリベンジの秋。
それでもやっぱりあいにくの天気みたい…。
雨男ですみません。

主催者曰く、雨天決行。嵐が来ない限り開催!

だそうなので、長靴はいて、傘さして、ぶらぶらしにきてください。

※みずき通りは八王子駅から放射線通りを通り抜け、八日町交差点で甲州街道を渡ったところにある一本道です。当日は歩行者天国になるので徒歩か自転車でお越しください。


写真 (3)
明日10月13日(日)11:00~17:00、立川ルミネ屋上で「あおぞらガーデン」というイベントがあります。
芝生の上にシートを敷いて、おいしいパンやコーヒーを楽しみつつゆったりした時間がすごせます。
読書の秋にぴったりの100冊の名作絵本が自由に読めたり、オリジナル歯ブラシスタンドをつくるワークショップも。

私たち有機農園けのひは「東京NEO-FARMERS!」の一員として、とれたての野菜と、その野菜を使った加工食品を販売する予定です。
https://www.facebook.com/aozoragarden

お時間があればふらりと遊びに来てください。

加工食品をつくり、販売するためには「食品衛生管理者」の資格をとり、国の定めた基準を満たす厨房設備がなくてはなりません。
かねてから自分たちの野菜で加工食品もつくり販売したかったので、「食品衛生管理者」の資格はとりましたが、厨房がありませんでした。自分の工房が持てるのはまだとうぶん先だと思いますが、厨房を貸してくれる団体と出会い、ついに販売できることに。
画像1
まずはバジルソースとにんにくみそを作りました。
それぞれ50瓶前後のみですが、イベントなどで店頭に並べたり、宅配セットをお届けのお客様たちに届けたりできたらなと思っています。

画像1昨日実施予定だった第三回、雨のため本日に変更になりました。
雑草も少なかったからか、本日の除草+収穫は思ったより早く終わり、皆で枝豆を枝からはずす作業をしてからのおやつタイムとなりました。

画像1今日のおやつは枝豆+ノンアルコールビール!(お子様はジュース)、気合豆腐の極上豆腐たち、焼き芋と盛りだくさん。

次回は11月上旬に大豆の収穫です。





↑このページのトップヘ