例年になく不安定な天候でようやくナス、ピーマン、唐辛子などの定植をしました。苗そのものは1週間前から適期になっており、どうにかこうにか定植するタイミングを得たという感じでした。

とりあえず午前中でこれらの苗を植え終わり、昼飯休憩で帰宅したら明日は広い範囲でひょうが降る恐れがあるとの予報が。この間、ひょうの恐ろしさを思い知らされたばかりなのでその予報を見たときはさすがにブルっときました。午後はトマトの定植と思っていましたが明日やられたら元も子もないので中止。明日のひょう対策をすることにしました。

思えば「ところにより、激しい雷雨があるでしょう」という予報があればかなり高い確率でうちの畑はやられます。なので今回もまずやられるとみた方がいい。少し離れた多摩川沿いの地域はほとんどやられたことがないらしいのでやっぱりピンポイントで雲が通りやすいのかもしれません。

トマトの苗はすでに花が咲いてしまい、定植時期としては最適期を過ぎてしまった感があります。しかしとりあえず明日をどうにかやり過ごすことが最優先なのであと一日我慢。

とりあえず明日は定植した苗ものにサンサンネット、パオパオ、ベタロンなど、かけられるものを手当たり次第にかけていこうと思います。

また、収穫中のカブ、小松菜にもトンネルを、もう少しで収穫に至る大根にも何らかのものをかけて明日をしのぎたいと思います。突風・竜巻注意報もでてるからカバーしてもふっとばされてしまう可能性もありますが、とりあえずやれるだけのことはやったという気持ちが欲しいですよね。

畑から見えるは、いつもより明るいお月さんと街の灯りとキャンプファイヤー。
カメラを忘れて写真を撮れないのが残念でした。

暖かくて気持ちのよい夜です。