IMG_8757半年に渡って行ってきたSOY for CACAOプロジェクトもいよいよ最終回。
昨年のうちに千葉で選別およびゴミとりをしてきたものを、人間の目と手で最後の選別をして仕上げます。

今回は、畑ではなく、公民館を借りての作業となりました。地味な作業なので、一人でやると飽きるのですが、こんなに大勢でできると、話をしながら進められてとても楽しいです。

ちなみに昨年は一人で家のちゃぶ台でもくもくとやっていたため、春が来ても終わらず、最後は気合豆腐さんに泣きつくはめに…。

今回のプロジェクトで収穫できた総量は85kg。これを、机の上に広げて、もくもくと選別。「腐っているもの、皮がたるんでいるものはダメ」と気合豆腐さんにレクチャーいただくも、大豆はそんな簡単にカテゴライズできるものではなく、都度確認しながらの作業となりました。(個人的には、これはもったいない、これくらいはいいべ、なんて思いながらかなりざっくりと選別しておりました…)。2時間一本勝負!と最初から宣言していたおかげか、みなさん飽きてダラダラすることもなく、予定の量を選別し、無事に作業完了となりました。

クズ豆としてはじいたものが3kg。トータル82kgが最終的な収穫高となりました。

それをご参加の皆さんのお土産用に12kg、来年の種用と自家用としてうちが20kg、販売用に50kg(学校給食、気合豆腐さん)とそれぞれに分けました。

販売した分の収益は経費を差し引いて、ガーナのカカオ農家支援をしている認定NPO法人 ACE Japan さんに寄付させていただきます。販売額の予定としては500円/kgとなりますが、給食は農協が間に入るので取り引きに経費がかかるとかで売上から3%差し引かれ、この通りになりません。どうしたものか…。

ともあれ、これにてプロジェクトは終了ということで、みんなで打ち上げをしました。

今回の打ち上げはこんなものを用意しました。

・気合豆腐+うちの野菜のコラボ豚汁
・おにぎり(2種):自家製梅干しや紫蘇の実漬け
・白玉ぜんざい
・豆腐の味噌漬け
・自家製沢庵

今回は、ぜんざいの小豆は市販のものを購入してしまいましたが、本当はこういう機会に食べていただく食材全てを自家製のものにしたいものです。いつかはきっと…。

料理づくりや会場準備をしてくださった方々に…Special thanksです。

今後もこういったような畑とみなさん、畑と外をつなぐ活動は行っていきたいと考えています。不手際の多いプロジェクトだったかと思いますが今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

気合豆腐さんに渡る大豆は豆腐になって販売される予定ですので、またここでも紹介していきたいと思います。
また、ACEさんに渡る寄付金の行方もできる限り紹介していきますのでお楽しみに。