遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ぼーっとしているうちに2週間が経ってしまいました。一年はたったの52週間。一年はあっという間なので、毎週毎週やりたいこと、やるべきことをしっかりやって、いい一年にしていきたいです。

ところで、最近野菜が高いですね。キャベツが498円とか、白菜が1/4で198円とか。小松菜もほうれん草も大根も軒並み高くてちょっと手がでない。メディアでもそれをネタに大騒ぎするので、そこいら辺の井戸端会議やら世間話でも「野菜が高いですね〜」って言われています。

そんな話を受けるとき、いくつかの論点というか話手の主張が含まれている気がします。「野菜が高いからこんなとき農家は儲かっていいですね」とか、「あなたたちが値を上げてるんでしょう」っていう暗黙の圧迫は論外なのですが、「家計を圧迫して困る」というのは聞いていて、はたと考えることがあります。本当にそうですか?と。

総務省統計局というところが、『家計調査報告』というものをだしていて、月ごとの支出の分析をしているのですが、生鮮野菜の支出は5000円台で推移しているようです。だいたい私たちの野菜セットを考えてみても、隔週で2700円(送料込み)でだいたい月に5400円くらい。3000円のセットを組んでいるときは食べきれないという人が続出したため、現在はこれくらいに抑えているという経緯があることを考えてみても、野菜に対しての支出というのはやはりだいたいこれくらいが妥当な線なんだと思います。
それが例えば高騰して2倍とかになっていると言います。全部が全部2倍というわけでもないので、月額にして最大で5000円くらい上がるということになるのかもしれません。
確かに高い!かもしれないけど、これって本当に家計を圧迫しているって言えるんでしょうか。

この『家計調査報告』によると、肉はだいたい7000円台、魚は6000円台で推移しています。それにお菓子類はだいたい生鮮野菜と同じ額で5000円程度消費しています。前年比200%とか言われるとすごい大きな数字に見えますが、結局100円の小松菜が200円になっても差額はたったの100円。近頃のi-phoneとかが2年に一回くらい買い替えなくてはいけなくて、その都度何万円も支払わなくてはならないことを考えると家計の圧迫を野菜のせいにしているのはちょっと短絡的なのではないかと考えてしまいます。飲み会1回で3000〜5000円くらい支払いますが、だいたいそれくらいが今の野菜の上乗せ分と考えてもいいと思います。

天候によって価格が乱高下して、目に見えやすいから目の敵にされている気がしますが、メディアが騒いでいるほど大し話ではありません。大丈夫です。

ちなみに、今回の野菜の高騰は10月の長雨と日照不足で種まきができなかったり、生育不良だったりと、水に浸かって腐ったり、12月が例年より寒くて生育が鈍ったのが原因だと思います。10月の台風ではみんなさんざんネギを折られたので、それもネギ不足につながっている気がします。
とはいえ野菜は2〜3か月で育つものがほとんどなので、2月半ばになれば葉物野菜もわんさかでてくると思います。大根は3月頃。4月になれば春野菜もいっぱい。高いのなんて今だけだから、年間通してみれば野菜の支出が200%になるなんてことはなく、単純計算でせいぜい7%増。

とはいえ高く感じるのはしょうがないので、今だけどうにかしのぎましょう。