やさいのいぶき〜有機農園 けのひの日常〜

脱サラ夫婦が神奈川県愛川町で新しく農業をはじめた日常を綴る。畑と食卓、畑と街、畑と社会を繋いでいきます。

カテゴリ: 大豆

2014-08-21-16-16-258月下旬の大豆。

今年の大豆は八王子の畑に二種類播いた。

「みすず」と「借金なし」。

みすずはジーンバンクから譲り受けたものを地道に増やしてやっとこまとまった量を播けるようになった。

今年はSOY for CACAOプロジェクトではなく、個人的にやったのでクリーンシーダーで播いたのだが、中で大豆が割れたらしく、発芽率が著しく悪い。

それでもなんとかこんな感じ。

補植用に苗を作っておけばよかったなと反省。

10407395_472843106179463_6327843576945018324_n葛飾区にある埼玉屋気合豆腐にて、幻の東京大豆「みすず」を使った東京豆腐が販売されます。

25年産のみすずはこれで最後とのことで、近くにいる方はぜひご賞味下さい。





ちなみにこの東京豆腐が超レアな理由は…




1、東京産の有機栽培大豆と、東京の水、ニガリと原料は全て100%東京産


2、使用する大豆はかつて東京で栽培されていたが、現在はほぼ絶滅してしまったであろう「みすず」を使用。
ジーンバンクから譲り受け、10粒から増やして三年越しでようやく豆腐になりました


3、大豆の旨味を最大限に活かした気合豆腐特有の製法で製造

関ジャニ∞曰く、

「これ、レアチーズケーキみたいやん!うまっ‼︎」


4、26年産は有機農園けのひが大豆を栽培するかわからないので、本当に幻の味になるかもしれない

画像1今年も、プロジェクトメンバーが手塩にかけて育てた大豆を選別しに、成田に行ってきました。今回は次男も背負い、三人で。

「借金なし」41kg→選別後33kg
「みすず」24kg→選別後18kg
計65kg(約2.3a)という結果でした。
(選別の様子についての詳細は昨年同様です→SOY for CACAOプロジェクト番外編 〜豆なオトコの選別マシーン編〜:やさいのいぶき〜有機農園 けのひの日常〜

年末の大切な仕事のひとつとなっている、大豆の選別と成田参りを無事終えたので、いよいよ年の瀬モードです。


画像2SOY for CACAOプロジェクトの第五回目。種まきから始まった大豆栽培もいよいよ脱穀のステージへとやってきました。

今年は昨年のように天候に惑わされることもほとんどなく、晴天のうちに脱穀を迎えることができました。

自分のメモ代わりにも、手順をここに記しておきたいと思います。

画像5------------------------------------------------------------------------------------------------------------
\僂鵑任△辰紳臚Δ了海領戮肪穀機を設置。このとき風向きに注意する。脱穀機の下には大きめのブルーシートを敷いてこぼれ種に備える

脱穀機に大豆を投入、クズと一緒に豆も結構排出されてしまうので、それらをコンテナにいれてふるいにかける。コンテナからは細かいクズと豆だけが落ちてくるので、枝や莢などの大きなクズはここで分別できる

細かいクズと豆を唐箕にいれて、おおよそ豆だけにする
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

上記の 銑をみんなでひたすら行いました。


画像6昨年も参加してくださった方にリードしてもらって、みなさんがうまい具合に作業を分担してできたように思います。












画像3唐箕でとりきれない細かいクズを入れて、
「借金なし」41kg
「みすず」24kg
計65kg(約2.3a)という成績でした。

去年は3aで90kgの収量だったことを考えると、若干減収でしたが、今年は冬場になると日かげになってしまう畑だったのでその分がマイナスになってしまったのかもしれません。

子どもたちが落ちた豆を拾ってくれて、畑にあった豆は無駄なく収穫することができました。


画像1
子どもたちも元気に遊びまわり、とても楽しい作業でした!











画像10

画像7先日のSOY for CACAOプロジェクトで大豆の収穫作業をしたのですが、どうもバラつきがあり、すべてを収穫しきることができませんでした。

数日経ってさらに熟したところを収穫、積み込み。

とりあえず借金なしは9割方終了。あと少しは日かげのためにどうにも進みません。

みすずは半分。こちらもあと半分が日かげで進まない…。

野菜はだいたいなんでもそうですが、日かげだとよくないんですねぇ。
今更ですが。

画像1
今週末、11月9日に大豆の収穫を予定しておりましたが、天候不良が続いているせいか、いまだ完熟にいたりません。写真は大豆畑の様子ですが、葉がほぼ落ちるころにようやく完熟となります。この状態ですとまだ固い枝豆〜未熟の大豆といったところ。

ご参加のみなさまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、2回目の延期ということで次回は11月16日に開催したいと思います。さすがにここまでくれば大丈夫だろう…という判断です。

何度もスケジュール変更をさせてしまい、申し訳ありませんが、ふるってご参加いただけると嬉しいです。

画像2
SOY for CACAOプロジェクト2013にて栽培中の大豆。

栽培もいよいよファイナルステージ、収穫へと入っていくのですが、今年は日照が足りないのか、昨年と同じ日数をかけてもまだ大豆になっていません。

ぼちぼち紅葉が始まってるのですが莢はまだ青い。

去年を踏襲すると11月10日だと遅いくらいだったのですが、今年はどうなのか。
みなさんに集まってもらっての作業なのでなかなか段取りが組めないのがもどかしい。

とりあえず、今年も11月9日に収穫予定です!

ふるってご参加を!

画像2秩父在来借金なし。腰高くらいになっていて、例年より背が高い気がしますが、莢のつきは抜群。とってもいい感じ。

画像3そして幻の東京在来みすず。こちらも負けじと絶好調。



在来種の枝豆は派手さはないものの、雑味のある深い味わいが特徴。10月初旬頃には食べられるといいなぁ。その前に台風が心配だ。

豆まき我が家も鬼を追い払おうと、豆まきをしました。

でも何も準備してない…。

と、思ったらうちには大豆がいっぱいありました(笑)

とはいえ、大事な大豆を投げるわけにはいかない。どうしたもんかと思っていたら、選別したときのクズ大豆があったので、それを投げることにしました。

しかしこの大豆、「鬼は外」はいいのだけれど、

「福は内」で投げたあと、ナマの固い大豆だから拾っても食えない…。

子どもたちにも「食べちゃダメだぞ!」って注意しました。

なんか「借金なし」を投げて、ちょっと贅沢な感じがしてたのに、食べれないんじゃなんかつまんないですね。来年はちゃんと買ってこよう。

IMG_8757半年に渡って行ってきたSOY for CACAOプロジェクトもいよいよ最終回。
昨年のうちに千葉で選別およびゴミとりをしてきたものを、人間の目と手で最後の選別をして仕上げます。

今回は、畑ではなく、公民館を借りての作業となりました。地味な作業なので、一人でやると飽きるのですが、こんなに大勢でできると、話をしながら進められてとても楽しいです。

ちなみに昨年は一人で家のちゃぶ台でもくもくとやっていたため、春が来ても終わらず、最後は気合豆腐さんに泣きつくはめに…。

今回のプロジェクトで収穫できた総量は85kg。これを、机の上に広げて、もくもくと選別。「腐っているもの、皮がたるんでいるものはダメ」と気合豆腐さんにレクチャーいただくも、大豆はそんな簡単にカテゴライズできるものではなく、都度確認しながらの作業となりました。(個人的には、これはもったいない、これくらいはいいべ、なんて思いながらかなりざっくりと選別しておりました…)。2時間一本勝負!と最初から宣言していたおかげか、みなさん飽きてダラダラすることもなく、予定の量を選別し、無事に作業完了となりました。

クズ豆としてはじいたものが3kg。トータル82kgが最終的な収穫高となりました。

それをご参加の皆さんのお土産用に12kg、来年の種用と自家用としてうちが20kg、販売用に50kg(学校給食、気合豆腐さん)とそれぞれに分けました。

販売した分の収益は経費を差し引いて、ガーナのカカオ農家支援をしている認定NPO法人 ACE Japan さんに寄付させていただきます。販売額の予定としては500円/kgとなりますが、給食は農協が間に入るので取り引きに経費がかかるとかで売上から3%差し引かれ、この通りになりません。どうしたものか…。

ともあれ、これにてプロジェクトは終了ということで、みんなで打ち上げをしました。

今回の打ち上げはこんなものを用意しました。

・気合豆腐+うちの野菜のコラボ豚汁
・おにぎり(2種):自家製梅干しや紫蘇の実漬け
・白玉ぜんざい
・豆腐の味噌漬け
・自家製沢庵

今回は、ぜんざいの小豆は市販のものを購入してしまいましたが、本当はこういう機会に食べていただく食材全てを自家製のものにしたいものです。いつかはきっと…。

料理づくりや会場準備をしてくださった方々に…Special thanksです。

今後もこういったような畑とみなさん、畑と外をつなぐ活動は行っていきたいと考えています。不手際の多いプロジェクトだったかと思いますが今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

気合豆腐さんに渡る大豆は豆腐になって販売される予定ですので、またここでも紹介していきたいと思います。
また、ACEさんに渡る寄付金の行方もできる限り紹介していきますのでお楽しみに。

↑このページのトップヘ