やさいのいぶき〜有機農園 けのひの日常〜

脱サラ夫婦が神奈川県愛川町で新しく農業をはじめた日常を綴る。畑と食卓、畑と街、畑と社会を繋いでいきます。

カテゴリ: コラボ

f
今週末、八王子でFARMARTが開催されます。

日時:2016年11月6日(日)10:00〜16:00
会場:八王子市田町地区(八王子市田町・元横山町周辺)
ホームページ http://www.farmart.info/
Facebook  https://www.facebook.com/events/316844022022854/

私たちも、約30種類の野菜と、にんじんジュースやひまわりオイルなどの加工品をもっていきます。
そして、自分たちが何より楽しみにしているのは、すてきなお店のみなさんとのコラボ!
けのひの野菜がどのように変身するのでしょうか。

・おかしや もぐもぐさん
・カキノキテラスさん
・Salle de Bainsさん
・bar anemoneさん
・ベトナム屋台 PePeさん

天気もよさそうです。ぜひ遊びに来てください。

ズッキーニのベーグル by 柿屋ベーグル国立市の柿屋ベーグルさんは私たちの野菜を使ったベーグルを日ごろから作ってくださっていますが、今回は初夏のラインナップとしてズッキーニのベーグルが登場です。

このベーグル、なんとズッキーニの水分だけで作られているのだそうで、水分たっぷりのズッキーニを余すことなく楽しめる一品のようです。

淡いグリーンが目にも楽しいです。


FARMART_0613
“ピクニック”へでかけよう。


をテーマに、FARMARTvol.3が今週末八王子にて開催されます。

けのひは15種類くらいの旬の野菜と加工品を持って、はりきって出店します。
珍しい野菜も定番野菜も、皆さんに気軽においしく楽しんでもらえるようなレシピもたくさん持っていきますね。

自分たちはもちろん野菜の販売をするわけですが、空気感がとてもすてきなイベントなので他の出店メンバーの出すものを食べたり買ったりするのもとても楽しみです。

このイベント限定コラボ、ワダワダコさんによるけのひ野菜を使ったデリ、御菓子屋うえださんによるけのひ野菜の焼き菓子もお見逃しなく。

土曜日はぜひ八王子へ。

☆詳細はこちらをご覧ください。

http://akiten.jp/news/farmart_vol3

https://www.facebook.com/events/433853673441593/

先日のFARMARTにて、「チクテベーカリー」さんがうちの野菜を使ってつくってくれたパンたちご紹介します。
パン職人さんたちの腕にかかるといつもの「やさい」がこんな風に変身しちゃうんですね。

☆ごぼうのスコーン
e







☆ごぼうとゴーダチーズのリュスティック
d







☆里芋とゴーダチーズと人参葉のタルティーヌ
f


☆葉つきにんじんといんげんとハムのリュスティックサンドbc












・かぶとリコッタチーズとエジプト塩のタルティーヌ
a











パンがしっかりしていて、パン自体の美味しさにまずは驚きました。素材の味をしっかりかみしめる感じ。
そして、野菜の味を引き出す調理法で丁寧に調理された野菜がコラボして、どれもこれも奥深いおいしさで、ワインがすすみました♪
里芋は和食のイメージが強いけれどグリルしてチーズとあわせると感動的なおいしさでした。

そして、なんと再びコラボパンを作ってくださることになりました。
この中のいくつかの商品が今週末(11月8日(土))お店に並びます。
FARMARTに来られなかったみなさんもこの週末ぜひチクテベーカリーに!

http://www.cicoute-bakery.com/

私たちの毎日は、畑作業と出荷作業がもちろん基本ですが、野菜を食べてくれる皆さまとお会いできるイベントの日もとても大切に思っています。

年内のイベントなどへの出店予定は以下の4つです。ご都合あえばぜひご参加ください。

 10月19日(日)10-16時
お十夜 @大善寺(八王子)お祭りに出る屋台のひとつで私たちの野菜を販売します。

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kanko/8457/041164.html
 

◆1026日(日)10-17時
FARMART vol.2
 @OK-3ビル 4F 八王子市横山町9-22 (リンク) (八王子)

今回のテーマは食卓 考える。

「食」を彩るモノやコトが一堂に会する食卓は、おいしい食事を演出する舞台です。FARMART vol.2では、クリエイター達が食卓をテーマにジャンルを超えたフードセッションを企画し、それぞれのグループが趣向を凝らして、皆さまのお越しをお待ちしています。日々の食事がより豊かになるように、食卓について考えてみませんか。

有機農園けのひの旬の野菜、ベーカリー、カフェ、ベトナム料理屋、陶器作家、染物・織物職人、とそれぞれの道を邁進する人たちの1日限りのコラボです。

http://akiten.jp/2014/10/03/1068

https://www.facebook.com/events/563400943787101/?fref=ts


 1123()

 

直売会 @あひるの家 国立

http://ahirunoie.boot-boo.com/


ぁ12
7(
)

直売会 @あひるの家 国立



 

 

 

10407395_472843106179463_6327843576945018324_n葛飾区にある埼玉屋気合豆腐にて、幻の東京大豆「みすず」を使った東京豆腐が販売されます。

25年産のみすずはこれで最後とのことで、近くにいる方はぜひご賞味下さい。





ちなみにこの東京豆腐が超レアな理由は…




1、東京産の有機栽培大豆と、東京の水、ニガリと原料は全て100%東京産


2、使用する大豆はかつて東京で栽培されていたが、現在はほぼ絶滅してしまったであろう「みすず」を使用。
ジーンバンクから譲り受け、10粒から増やして三年越しでようやく豆腐になりました


3、大豆の旨味を最大限に活かした気合豆腐特有の製法で製造

関ジャニ∞曰く、

「これ、レアチーズケーキみたいやん!うまっ‼︎」


4、26年産は有機農園けのひが大豆を栽培するかわからないので、本当に幻の味になるかもしれない

10/20(日)11:00〜17:00に八王子市のみずき通りにて秋のフェスティバルが開催されます。

当農園からは採れたての旬の野菜と加工品(バジルソース、にんにく味噌、ドライトマト、ゆずこしょう)に加えて、ブーランジェリー・サルドゥバンとのコラボレーション企画として「焼き芋」を販売いたします。
パン屋が本気になって芋を焼くと、どんな風になるのでしょう。フランスはリヨン仕込みの焼き芋、とくとご覧あれ!

ちなみに春にも開催されたこのみずき通りフェスティバル。
思い返せばあの日はあいにくの天気でした。
晴れればもっと賑わうっしょ!と半年待ってのリベンジの秋。
それでもやっぱりあいにくの天気みたい…。
雨男ですみません。

主催者曰く、雨天決行。嵐が来ない限り開催!

だそうなので、長靴はいて、傘さして、ぶらぶらしにきてください。

※みずき通りは八王子駅から放射線通りを通り抜け、八日町交差点で甲州街道を渡ったところにある一本道です。当日は歩行者天国になるので徒歩か自転車でお越しください。

1238782_431387903643480_1786825983_n
9月29日(日)10時〜17時、「八王子・大善寺 秋のパン祭り」開催のお知らせです。

東北大震災の復興祈願のイベントで、東北の人気ベーカリーがやってきます。
子どもたちも楽しめる体験型イベント(棒パンBBQやパンにお絵かき♪)あり、ライブあり、ついでに有機農園けのひの野菜販売ありです。

9月最後の日曜日、ぜひ足を運んでみてください。
https://www.facebook.com/pages/%E5%85%AB%E7%8E%8B%E5%AD%90%E5%A4%A7%E5%96%84%E5%AF%BA-%E7%A7%8B%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%B3%E7%A5%AD%E3%82%8A-2013/429874133794857

8月10日に八王子の豆腐割烹 雪花菜さんで夏野菜物語というイベントが開催されました。

前回のお知らせにあったように、今回のイベントは「夏酒を楽しむ!」という趣旨のもと、料理長がけのひの野菜を変身させてくれたのでした。

私自身は他の参加者のみなさんに野菜の解説もしつつ、楽しんじゃうというスタンスでの参加となりました。

自己紹介を済ませて、料理を待ちます。

画像2まずは前菜。

とても美しいです。

家庭では到底作れません。

そして夏酒初体験。


画像3
刺身。

十全ナスの刺身も添えてあります。





画像4メインディッシュ?の白丸ナス田楽、牛肉添え。

とろけるナスは大好評でした。

自分もうなりました。

超うまい!(もう結構酔っぱらってます)


画像5
揚げ物。

伏見甘長の中に詰め物がしてあってびっくり。

そしてアイコが揚げ物になっててもっとびっくり。


画像6
人参ごはんに漬物で〆て







画像7デザートでフィニッシュ。

人参ケーキ。






画像1
夏酒どころか、日本酒はあまり飲まないため、初心者まるだしでしたが、他の参加者の方々が色々とウンチク、飲みかたなどを教えてくれてとても楽しいひと時となりました。

イタリアンやフレンチ、カフェなど、いくつかのレストランさんに野菜を使ってもらっていますが、このような割烹料理で使ってもらうのは初体験で、でてくるたびに美しく姿を変えた野菜たちに驚きをもって接しました。

日本食って美しいです、ほんと。



ご主人いわく、日本酒は日本人の主食である米からできていて、神様に捧げるお酒なのです。ワインやビールももちろんいいけれど、日本人なので日本酒も楽しんで欲しいとおっしゃっていました。

今回5種類の日本酒をいただきましたが、さっぱりとした口当たりのものから、濃厚でぶわっとくるものまで、料理の進度にあわせて色々な味、口当たりのものが提供されました。とても奥の深い世界を垣間見た夜でした。

ご主人、参加者のみなさんに感謝です。



本日、「ふくはち」こと、福島こども支援八王子の活動にお邪魔してきました。
皆さんは、福島県にお住まいの子育て中のご家庭むけに、4泊5日の交流合宿を実施しています。

原発の影響が残る中、子ども達がおもいっきり外で自然遊びができ、お母さんお父さんはひととき日常を離れのんびり過ごせる場をということで企画されています。運営はすべてボランティア、またカンパや助成金で成立しているイベントです。http://blog.goo.ne.jp/hukuhachi8/e/4ac36ce9731fcfebe91f7bdbb0bff9df

ごく一部ではありますが、このようなイベントの際に、私たちの畑のやさいを使っていただいてる関係で、今回磯沼牧場でのひと時に合流しました。

画像1ランチは八王子の野菜や米を使った巨大パエリア、磯沼ミルクファームの新鮮ミルクたっぷりのミルクスープ。
どちらも作っているのを見るだけでもおもしろい!!


画像1画像1


画像1画像1














バター作り体験も。バゲットにはできたてでふんわり甘いバターと、有機農園けのひのバジルソースをつけていただきました。これを食べているときに、「ママたちにはワインもあるよ〜」とさりげなく赤ワインがでてくるのも素敵でした。画像1画像1






他にも、切り出してきた竹でその場で流しそうめん台を作ってふるまってくれたり、竹細工体験で風車を作らせてもらったり、子どもたちにプールの用意を用意してくれたり。暑い中ボランティアの皆さんは大汗かきながら、でもすごく素敵な笑顔で、参加者の方に楽しんでもらおうと皆一生懸命準備されている姿に感動しました。自分も自分にできることをちゃんと考えなくちゃって思います。

福島からいらしているママからこんなことを聞きました。
「前はみんな庭で野菜を育てていて、縁側に座ってもぎたてのキュウリに味噌つけて食べたりしてたし、料理する前には包丁持って庭から野菜をとってくるのが当たり前の光景だった。でも原発事故以来、そんなあたりまえがなくなり、子どもたちに新鮮な野菜をたべさせてあげることができなくなったのがさみしい。」

放射能の問題は、そこに生活する人の「あたりまえ」だった豊かな生活を一瞬にして奪ってしまったのです。こんな悲劇ってないと思うし、起こってしまったこの悲劇を私たちは改めて直視し、そういうことが繰り返されない社会を作っていかなくてはいけないと思います。

今日のイベントをすごく楽しませてもらったうちの子どもたち。「楽しい」だけで終わらせてはいけないこのイベントだったので、趣旨をもう一度話したいと思います。

↑このページのトップヘ