名古屋はやっぱり札幌より暑い(ヨコ)

マルちゃん元気印で歯グキ丸出し。

元気印ヤスに振ってヤスがやろうとしてみんなに全力で止められる。

絶対零度2話の胸キュンシーンをみんなで再現。

たっちょん、台詞回しからカット割りから表情まで事細かに観察。

ドラマでは横顔引きのシーンだったので、みんなカメラを上戸彩ちゃんに見立てて再現。

亮ちゃんは何故か途中で白目をむいてピスタチオに。

本人はもっとカッコよくやるつもりだったらしく「全然イメージと違う」と凹む。

ヨコは照れながらも頑張ってカメラ目線でやるも、たっちょんから「本気じゃない」とダメ出しを受ける。

台詞を言う前に笑うシーンのト書きは「フッと」

西郷どん、寺田屋事件のシーンは血まみれで長時間、現場はカオス。

血まみれの横で朝ドラの人たちがいる。

「半分、青い人たちや」(たっちょん)

ヨコ「豪華な共演者でね」

亮ちゃん「なんで共演者のことだけで俺のこと言うてくれへんの?」

ヨコ「共演者の中に含まれてる」

亮ちゃん、納得いってない表情で首を傾げる。

モンテクリストの話。

ヒナ「てるみーわいわいやろ?」

ヨコ、大爆笑。

ヨコ「ディーンフジオカさんの曲のこと何て言うてんの?」

ヒナ「てるみーわいわい」

マルちゃん一発芸、ヒナがハマって崩れ落ちる。

ヒナ「マルもいっかいやって(笑)」

ヒナ、アンコール後にはけるまで何度もその一発芸をやり続ける。

最後の挨拶にて「不覚にもハマってしまいました(笑)」


最後の挨拶

亮ちゃん「渋谷すばるファン!楽しかったか!?」

すばるファン「イェーイ!」

亮ちゃん「嘘だね!」

しゅばるくん

ヤス「渋谷くんが抜けて、何かが足りないと思ってる人、なめんじゃねーぞ」

二度目「なめんじゃねーぞ」

ヒナ「ちっちゃいおっさんは関ジャニ∞という看板を下ろしました」


アンコール後ラストはけ際

ヤス「僕は大丈夫だから安心してください!」



以上、めちゃくちゃですが記憶のみ、順不同です。