投資をまじめに考える 2 マレーシア編

投資に関連することを書いていきます。マレーシアに関連することも。

※ご注意ください 儲かっていない投資家のマネをすることはあなたの資産に悪影響を及ぼします。書いてあることを鵜呑みにしたりして損失を被ってももちろん補償はできません(笑)。投資は自己責任でお願いします。

Twitter: https://twitter.com/ShunIshizaka
以前のホームページ: http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1137/
子ブログ(日常生活): http://blog.livedoor.jp/shun_ishizaka_invest-malaysia/

マレーシアの金利は実質金利より有利に見える

 子ブロクで、マレーシアの消費者金融の金利について書きましたが、それに関連して、マレーシアでよく用いられているアドオン金利(マレーシアでは、hire purchase rate, flat rate, simple rateなどと呼ばれています)の表示は実質金利(effective interest rate, EIR)より低く、一見お得に見えるので注意が必要です。

 ここでは、アドオン金利が示されているとき、実質金利を求める方法をいくつか示します。
(※文中の式はモバイル端末だとうまく表示されません。お手数ですが、式を見たい方はパソコン(またはPCモード)で閲覧なさってください。また、長文ですので、まずは概要だけご覧ください)
 
追記2017/10/29-30 2節の実質年率の計算例で、CIMB自動車ローンのアドオン年率として間違って3%を使用していたのを2.5%に訂正しました。表、図も差し替えています。補足2に消費者金融の広告の金利との比較を追加、補足4に式の証明、導出を追加しました。
 追記2017/11/5 実質年率を求める際、実質月率の12倍で求めるべきであることを確認したので追記しました(補足1

 追記2017/11/6 補足4.1,4.2に説明追加。補足4.3の誤り訂正、補足4.4の追加を行いました。

続きを読む

MM2Hは定期保持銀行でないと口座が開けなくなった!?

 ご無沙汰しています。

 SNSなどのいくつかの情報を照合すると、どうも最近MM2Hビザ保有者は、MM2H保持用の定期預金を開設した銀行でないと口座が開けなくなってきているようです。困ったことです。

 追記2017/9/20 口座を開けない銀行のリストからMaybankを外し、ATM設置箇所数をグラフにしました。

続きを読む

遅ればせながらクレジットカードを作ることに

 マレーシアでは日本と同様、原則的に収入がないと銀行のクレジットカードが作れません。ただし、例外があって、お金を定期預金に預けて審査を受ければその定期預金額のある割合を利用額上限とするクレジットカードが作れる銀行もあるようです。 私はMM2Hビザ保有者でマレーシアでは収入がないのでこの方法を取ることになりました。
(※今回も長文です)
 追記2017/7/6 一部支店名を匿名に変更しました。
 追記2017/7/11 デビットカードの引き落とし口座(5.5節)とクレジットカード作成時の費用(5.8節)について追記しました続きを読む

Ajinomoto Malaysiaの決算と株価

 Ajinomoto (Malaysia) Bhdが2017/5/29に2017年3月期の通期の決算を公表しましたが、利益は前年の第4四半期に比べ22倍に増えました。昨年2016年末あたりから上がってきた株価も引き続き上昇しています。Financial Timesによれば、6/22時点でのPERは7.39です。普通には、Screaming BUYですが、ちょっと決算を見てみることにします。続きを読む

CIMB TAC on Mobile 6/9サービス終了

 マレーシアの銀行CIMBの送金などの際の認証に使われているTAC on mobileが来月2017/6/10の午前8:00でサービスを終了します。実質6/9までということです。TAC on mobileは携帯電話番号をCIMBに登録しなくても使える便利な認証方法でした。
 今後も同様に送金等を行うには、携帯電話番号をCIMBに登録することが必要です。
続きを読む

お知らせ 10年ルールすでに適用中

 お知らせです。

 相続税を回避するため、親子(被相続人と相続人)がともに海外にいなければならない期間が5年から10年に伸びる件に関して、昨年に2016/12/9に投稿していましたが、財務省の税制改正のパンフレットによると、すでに今年2017年4月1日から適用されています。

 ついては7節に追記しました。

 投稿を初めから読みたい方は

 よろしくお願いいたします。

マレーシア証券取引所へ行ってきた

 マレーシア証券取引所へ行ってきました。今回初めてです。続きを読む

間違って二重払いすると、キャンセルできない

 CIMBのオンラインバンキングCIMB Clicksで、請求書の支払い確認のボタンをクリックしたら反応しなかったので、もう一回クリックしたら、二重に支払われたので、すぐさまカスタマーサービスに電話したのですが、キャンセルできないと言われました(正確には「キャンセルできるが、60日かかる」ようです)

続きを読む

新デビットカードの非接触決済機能は無効化できる


※以前、「Citibankのデビットカードは非接触決済機能を無効にできる」として投稿していた記事ですが、新たにわかった事実を加筆し、その結果を踏まえて、「新デビットカードの非接触決済機能は無効化できる」と改題して新たに投稿しました(2017/4/20) すでに前投稿をお読みの方は5節以降をご覧ください(こちらから


 マレーシアで切り替えになった新デビットカードはセキュリティ向上の反面、非接触決済機能には問題があります。
 Citibankの新しいデビットカードは、非接触決済を無効化できることを知って、作成時に無効化を指定していましたが、最近、非接触機能が無効化されていることを確認できました。

 さらに、MaybankとCIMBのデビットカードについても、同様に非接触決済機能を無効化できることがわかり、無効化の手続きを行いました。ただ、現時点ではこちらの2銀行カードについて、実地の無効化の確認はまだです。

続きを読む

マレーシア証券会社の手数料・諸費用比較

 私が口座を開いているマレーシア証券会社3社の手数料・諸費用の比較をしました。対象は

  • Jupiter Securities
  • CIMB Investment Bank
  • Maybank Investment Bank 

です。2016年11月時点での比較で情報が古いのですが、参考にはなると思います。

続きを読む
livedoor プロフィール
サイト内検索(Google)
最新コメント
  • ライブドアブログ