晩御飯。
DSC_3290~2
豚肉生姜焼き。
ツナキュウリのマヨ合え。
白菜漬け。
小松菜と揚げの赤だし。


豚肉は肩ロースのスライス、脂身の少ないのを選んだらコマ切れだった💧




私が嫁に来た時、うちの組では私が最年少、

その状態が15年ほど続きました。

一番年の近い人が隣の奥さん。一回り上です

ここも敷地内同居。

70歳まで仕事されてましたので合えば会釈するたけの関係でした。

近所付き合いってのは、姑世代のテリトリーでして、

嫁としては君子危うきに近寄らず、です。

だけど、その姑達もほとんど亡くなって、

存命なのはお隣とずっと裏の方にあるお宅のオバさんだけになりました。

息子世帯が帰って来て同居を始めたとか、空き家になった親の家を建て替えて移って来るとかで、

30代40代の奥さんも増えたようですが、

全く解りません。

組親にでもなったら、お宅に伺う事もあるんですが、しばらく無かったし。
家ではそう言うの爺さんが仕切ってました

私がお喋りするのは隣の奥さんだけです。

オバさんが弱って畑仕事が出来なくなって、

代わりに奥さんが畑の草取りに出て来ます。

長男が来たら持たせてあげようと掘り返した里芋があったので奥さんに上げました。

この時期、落ち葉がお隣まで飛んで行くので、お詫びを兼ねて柿をお裾分けします。

今年は柿が生らなくて代わりに里芋なのです。

その際、少しお喋りしました。

〇〇さん家は生活保護貰ってる、とか、

△△さん家のお子さんは全員障害児だとか、

驚きの情報がもたらされました。

何でそんな事まで知ってるの?

我が家の庭に近所の女の子が入って遊んでた事、

あそこの子供は育児放棄されて問題になってるのよ。

そう教えてくれたのもこの奥さん。

意外に情報通です。

私はこの通り近所付き合いをしてないので私から次に伝わる事はなく、

奥さんは安心して話してくれてるのだと思いますが。ブログネタにしてますよ

都会じゃ近所付き合いが希薄で誰が住んでるのか解らない、なんて話しを聞きますが、

田舎の知ってるは、誰かが発信してこうやって広まってるだけなんですよね。

ご近所がどんな家族構成でお住まいか知ってるのは安心ではあります。

だけど、きっと知られたくない人もいるよね。

そこん所が田舎の窮屈な所でしょうか。

家だって何言われてるか解んねーですね。

私、うつ病だった時に、当時の組親さんに泣きながら何かをお願いに行った記憶があります。

何だったか思い出せない、

多分、認知症の婆さんの事?夜中も大きな声で外に向けて怒鳴ってたから。

とにかく頭の中混乱してて辛くて仕方がない時でした。

尾ひれ付いて噂駆け巡ったのかなぁ。(汗)

以前は救急車が止まるとワラワラ人が出て来たもんだけど、

年寄りばかりになって救急車も珍しくなくなると慣れっこです。

ご近所助け合い、とか言うけれど、

プライベートに立ち入ることなんて中々出来ない時代です。

亡くなった、葬儀は家族葬で済ませました、と回覧板で知るだけです。

田舎でもそんなんです。

正直な思いとして、噂されるだけで誰も助けてはくれない。
近所付き合いなんてせんでええわ、と思ってます。




DSC_3292
りんの場所にコマが座りました。
DSC_3293
どいて。って言いに来てます。

退かなくてりんは諦めました。

次にアニが来て強引に割り込みました。

コマは逃げて行きました。
DSC_3294
スマホを向けたら動いたのでブレました。

朝のひとコマです。

しょーもなくてスミマセン。




今日も来て下さってありがとうございました。