晩御飯。
DSC_3302~2
アジフライ。
おでん。
ピーマンのきんぴら。
白菜の漬け物。

冷凍のアジフライを最近どの店でも置いてない。
業務スーパーまで行くべきかな。
今回は惣菜を買って揚げ直しました。
(カラッとすると思って)



伯母が亡くなってました。

早くに亡くなった父の兄の奥さんです。

なので親戚付き合いは途絶えていて、従兄弟からの喪中ハガキで解りました。

83歳、早いな…と思ってしまった。

回りは超高齢者ばかりだもん。

病気だったのか詳しくは解りません。

1人息子は県外で就職して結婚して住み着いてます。

1人暮らしにも限界が来る年頃です。

早いな、と思えるくらいが丁度いいのかもしれない。

母、叔父、伯母は同じ歳です。

伯母が一番乗りでした。



「遺産ようけ残したんやろな。」

母の関心はそこだけ。

伯父が60代でガンになり、長男が20代で交通事故で亡くなってて、

両方で生命保険をガッポリ貰ってると勘ぐってます。

「30年前のことやん、貰ってても大して残ってないわ。」

「そんな事はあらへん!あの人はケチやった!」

だからってどうだっていい話じゃないですか。

亡くなった人の事より残したお金に関心を持つ母にウンザリしました。



母に、

「お寿司を食べに連れて行って。」

と言われました。

即効断りました。

「ダイエットしてるで米は食べやん。」

本当は外食なんて滅多にない機会なので気にしないんですけどね。

母と2人きりでご飯を食べに行った事がほとんど無いのです。

何しろケチなので。

子供の時に母と出掛けても 勿体ないから帰ってから家で食べる、

あるいは駅でうどん。

サラリーマンが電車の待ち時間にささっと食べる店。

当時そこの素うどんが界隈で一番安い外食でした。

なので父が言い出さなければまともな店での外食なんて無かったです。

だけど、高い、その割には美味しくない、いつも文句ばかり言ってました。

それは今もです。

自分がお金を払わなくても必ず文句言います。兄嫁は母は何処に連れて行っても喜ばない人と言います

何しろケチな母にとって外食は【悪】でしかなかったのです。

だから、寿司を食べに行きたいって言われても凄い今さら感。

母と差し向かいでの外食なんて全くイメージ出来ないです。

数年前に一度だけ100円回転寿司に行った事があって、

お金は母が払うって言うから、

お皿何枚くらいに留めたら厚かましいと怒られないか、そんな事ばかり気にしてました。

自分で払って気がねなく食べたいと強く思いましたね。

それに懲りてしまってるんです。

今月は母の誕生日にお金使ってしまったから余裕は無いのです。

老い先短い母親の望みを叶えてやらないなんて酷い娘なんでしょうか。

母を連れて行って私は食べずにいたらいいだけなんですけどね。

兄貴に連れて行ってくれ、と頼もうかな…。




夜、寒くなってきてダイニングに猫達が集まります。
DSC_3303
煮炊きをするので暖かいのです。

りんがテンション高く走り回ってるよ、と次男が言って来ました。

DSC_3304
コイツらが居るのでりんの寝る所が無くなったのです。

ダイニングにもそれぞれの場所作らなくては…💧



今日も来て下さってありがとうございました