晩御飯。
DSC_3535
ぶりの醤油漬け。
揚げ出し豆腐。
茶碗蒸し。
沢庵漬け。


ダンナが出勤する日の朝は次男と時間が被ります。

ダンナの朝ごはんは自分で用意して貰ってます。

ついでだから作ってあげよう、なんて気持ちにはなりません。

ダンナのは、とろけるチーズをかけた食パン焼いて、

ブルーベリージャム入りヨーグルト。

牛乳入りインスタントコーヒーです。

同じモノを365日食べてます。

違うモノを用意してあげると、

今日は腹の具合が悪かった、と言われました。

ダンナは料理は全くしない人です。

目玉焼きやインスタントラーメンすら作りません。

そのダンナをやっと朝ごはんだけは作るようにしたのです。

料理と言えるようなモノではないかもしれません。

小さな一歩です。

後退させる訳には行きません。

下手に手出ししたらまたパンすら焼けなくなります。

立って歩ける内は一生そのご飯を食べ続けたらいいのです。

ダンナが朝ごはんを作りに来るまでに私は次男の朝ごはんを作ってテーブルに運びます。

猫達の朝ごはんが先なので結構慌ただしいのです。

そして自室に戻ります。

ニアミスしません。

今朝は焦ってしまって火傷しました。

オープントースターからパンを取り出す時に手首が枠に触れちゃいました。

こんな失敗は初めてです。

食べた後は二人ともトイレに行くので私は使用出来ません。(トイレは2つあります)

私は寝起きにお白湯を飲みます。

少したつとお通じをもよおします。

トイレは仕事に行く人が優先だと思うのでしたくなったら困ります。

なので、ダンナと被る朝は二人がトイレを済ますまでお白湯はお預けです。

だから目が覚めきってなくて失敗するのかも。

些細な事ですけれどね。

寒くなると結構お腹壊すので、いつもハラハラしてます。

とにかくダンナの行動を遮ることなくスムーズにとっとと出勤して貰いたいのです。

ちょっとトイレを待たせただけで、

渋滞に捕まっただの、

焦って事故しそうになっただの言われたくありませんもの。

会話が無いので言われる事は無いんですけどね。

少しくらい大丈夫、とか、

決して私を安心させる言葉を吐かないから、

学習しちゃって身に染み付いてるんです。

6時半に次男が。

6時40分頃ダンナが家を出ます。

一人だー!

ホッとします、解放感ってヤツです。

週に3日しかないけれど、それすら失くなる日がいつか来ると思うと贅沢は言えません。

この3日死守します。

ダンナの職場は通勤に一時間以上かかります。

何でわざわざそんな遠くにと思います。

人に紹介してもらえたのがそれだけだったからです。

自分で近場で探す気はなかったようです。




昨日は少しだけ草取りをしました。
DSC_3531
ふぅちゃんだけが来ました。

お薬するようになってコマは寄ってきてくれません。

DSC_3532
寒くなっても生えます。

夏ほど成長が早くないけどね。



今日も来て下さってありがとうございました。