晩御飯。
DSC_3785~2
コロッケ。
鶏胸肉と大根の簡単酢煮。
カニと豆腐のあんかけ。


一昨日のカニ鍋の残り汁に豆腐、葱、椎茸、溶き卵を入れて片栗粉でトロミをつけました。

カニは少し残してありました。

全部鍋に入れても食べにくい細い足や足の付けねの部分は敬遠されるので。

ほぐして加えたんだけどね、

その時に少々私のお口にも。

ボイルカニって書いてあっても、そのまま食べちゃいけないものなの?

物凄くお腹壊しました…💧



次男が寮に入るとまた言い出しました。

どうも会社で嫌な事があると言い出す傾向があると母は解って来ました。

通勤で疲れちゃうからそのせいにしたくなるのかも。

私は慣れちゃったのか以前のようなショックは受けません。

少し心がザワっとしましたが。

そして先週のような午前様続きだと私の身も持ちません。

家に引き留めたいと思わなくなりました。

年を取りました。

本人が一番しんどいのだから文句も言えないですしね。

寮はメリットが半分だと言ってたのにね。

近くなっても片道一時間はかかるそうです。

「寮に入るとして、どんな物を持ち込むのかな?

身の回りの物だけ?寝具も要るよね、テレビとかは?」

と聞きました。

「何も知らん。」

との返事。

親に言う前に、申し込む前にいろいろリサーチしとくべきじゃね?

食事は何時まで、お風呂は何時まで、

門限があるかないか、

親と違ってワガママ通らないし、

団体生活は結構窮屈だと思うんですけどね。

思いつきの言葉に振り回されます。

まあでも、学生のアパート暮らしを始める時より親の出番は無さそうです。

その時になったら頼まれた事だけ手伝えばいいでしょう。

「家を出たら、お母が知らん内に仕事辞めとるかも。」

とも言ってました。

また爆弾投下…。

楽しくないんでしょうね、今の置かれた境遇が。

親ですから相談して欲しいし、愚痴も聞いてやらなければならないと思います。

そんな母親でありたい。

言えないで溜めてるよりずっといいと思うから。

だけど、正直な所は気を揉むだけで疲れます。

それに、

お母には言っても解らない。

てな態度で質問してもはぐらかす所なんかね、

ちょっとムカつきます。

次男が欲しいのは共感だけ、

年寄りの体験談や知恵なんてウザい。

友達や同僚に話す方が気持ちに叶うのでしょう、

だから、遅くまで飲み歩く、

解らなくはないですが。

仕事を辞めたいなんて愚痴、大なり小なり誰でもある話で、

いちいち気にしても仕方がないですね。

ダンナはね、仕事を辞めたいなんて定年まで一度も言わなかったですけど、

俺は首になる、リストラの一番要員や。

あるいは、会社が潰れる予想。

このセリフはしょっちゅうでした。

自分で決めて行動に移す性格じゃないから、

そんな形の愚痴になりました。

受け身なんですよね、

オレは頑張ってる、評価しない会社が悪い、と言いたいんだと思います。

辞めたいと辞めさせられるとどっちがいいか知りません。

どちらも家族を不安にさせる言葉です。

辞めさせられる、の方が嫌かな。

情けないし不甲斐ないじゃないですか。

聞かされる愚痴の内容って意味でですよ。

現実は色んな事情がありますから。

まあでもそう言う愚痴が多いのは次男はダンナに似てるかな。

私はこのような家族を不安にさせる愚痴は言わないです。

言う時は確定してからです。

首になる、ってプライドにかけて絶対言わない。

その前に辞めてやるわ。

次男は狼少年でしょうか。

ダンナのようにグチグチ言いながら現状にしがみつくタイプかもしれません。

私はもっと鈍感力を身に付けなければならないです。


DSC_3773
珍しいスリーショット。

りんがアニに気づいてないだけです^^




コマの上に写ってる猫ドア解ります?

掃き出し窓に嵌め込んでます。

28000円もしました( ̄▽ ̄;)

中の壁の色に合わせて白にしましたが、

外からは目立ちますね。

外壁と同じ色に塗ろうかな。

と今思いましたが、

たぶん、面倒臭がってしやんと思う(笑)

いつかパワーがみなぎったらね。



今日も来て下さってありがとうございました。




私信       ポテちゃん死んじゃったんですね、号泣です(ToT)