くすぐりの森

 成人くすぐりフェチ向けの小説(SS)を公開しているブログです。十八歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

メインページ




 どうも。野生の電気ネズミです。
 『くすぐりの森』にお越しいただき、誠にありがとうございます。
 くすぐられる女の子を題材にしたR-18小説を公開しているブログです。 十八歳未満の方、上記のワードに不快感を覚える方は閲覧をご遠慮ください。上記のワードにぐっと来るものがある人はいっしょに楽しみましょう。

 ★お知らせ★
 2017.07.29
 kindleでくすぐり小説の販売を始めました!詳しくはこちらで!

 なんでもボックス
 ↑いわゆるメッセージボックスというやつです。匿名なのでお気軽にどうぞ。私の作品への感想や意見、誤字脱字の指摘、サイトへの要望や作品のリエクスト、私個人に対する誹謗中傷、今日食べた晩ごはんのオカズから、好きな女の子の髪型に幼女のパンツの柄まで何でもオッケーです。



【シリーズ】

☆魔法少女マリンブルー
第1話「青の章」
 MMMMM/F 魔法少女 ヒロピン
第1話BADEND 「砕けたサファイア」
 X/F 魔法少女 ヒロピン 機械姦 マジックハンド 快楽責め スライム 

☆くすぐり研究所シリーズ
phase1『耐久度調査』
 X/F 機械姦 マジックハンド
Phsse2『絶頂管理実験』
 X/F 機械姦 マジックハンド 快楽責め


【長編】

擽 -狂笑の館-
 X/F(&F/F) ホラー 快楽責め くしゃみ責め 痒み責め お漏らし 死亡描写あり


【短編】

ティックタックロック -停止した時間の中で-
 M/F 時止め 義妹 家庭内暴力 

くすぐりブーツ -呪われた魔法少女-
 X/F 足裏 魔法使い 

家庭教師×女子中学生
 F/F おねロリ お仕置き


【二次創作】

ステラちゃんのいちにち!
 くすぐり冒険譚 FFFF/F おねロリ 触手服

天崎奈々くすぐり地獄
 CrackleCradle X/F 足裏 触手


 それぞれ作品タイトルの下には、内容に関する簡単な説明をタグ形式でつけております。閲覧の際にご参考になさってください。アルファベットはくすぐりシーンにおける くすぐる側/くすぐられる側 の性別です。
 M:男性
 F:女性
 X:機械やモンスターなど、人ではないもの
 -例-
 M/F:男性が女性をくすぐる
 FFF/F:三人の女性がひとりの女性をくすぐる


【二次創作について】
 本サイトでは皆さまの二次創作を歓迎しております。
 基本的に私のオリジナル作品に登場する女の子はR-18/18G自由なので、どのような用途に使用していただいても構いません(二次創作であれば、その著作権は原作の作者さまが有しますので、ご注意ください)。
 報告や連絡は不要ですが、事前事後限らずにいただけると嬉しいです。


 執筆・管理 しゅんかち
 ツイッターID:@shunkachi199661 
 メール:shunkachi199661あっとまーくgmail.com 



【新作】『Nightmare Tickle』




NT表紙


 どうも。野生の電気ネズミです。
 長らくお待たせしました。
 『Nightmare Tickle』販売開始です。値段は500円です。

 黒髪ロングの女子高生がくすぐりの悪夢にうなされ、現実でも親友の様子がおかしくなり……という感じのエロスティックホラーです。『エルム街の悪夢』のくすぐりバージョンみたいのを意識して書きました。清楚な女の子がくすぐられるのが好き、レズレイプが好き、足の裏くすぐりが好き、このあたりの方におすすめしたいです。

 このブログpixivでプロローグから第一章まで読める体験版を公開しているので、よかったら購入の参考に読んでくださいな( ●´・ω・)ノ

 ※販売形式はAmazonのKindleです。私はいつもコンビニで売っているAmazonのギフト券で買っています。Kindleはまだあまり知られておらず、「Kindle持ってないから読めない。残念」という方がけっこう多いのですが、PCだけじゃなくてiphoneやAndroidからもアプリ(無料)を使えば読めますし、むしろそっちのほうが読みやすいのでこれを機会にDLしてみてはいかがでしょうか。

 表紙絵を担当してくださったのは、pixivで活動されている藍文さまです。可愛らしい女の子を描くのが得意な絵描きさんで、特に事前シチュのイラストがとてもエッチなので必見です。
 いきなりのお願いであったというのに誠実に対応してくださり、ほんとうにありがとうございました。

 他にも裏で校閲の手伝いをしてくださった方や、ツイッターやブログのコメントで応援してくださった方など、たくさんの方々の支えがあってようやくこの本を世の中に送り出すことができました。皆さまには感謝が尽きません。

 それでは、よろしくお願いします( ●´・ω・)ノ
 あとがきはどうしてもネタバレぎみになってしまいそうなので、また別の記事を書こうと思っています。


たったひとりの心にでも届けば成功なんだという話




015


 むかし好きだった駄菓子を買って食べました(計130円)。
 しゅんかちです( ●´・ω・)ノ

 メッセージボックスに『Nightmare Tickle』の感想を送ってくださった方、ほんとうにありがとうございます。4000文字ほどの濃密な感想で大変エネルギーをもらいました。私自身が創作への自信を失くしていたこともあり、読んでいて涙が出るくらい嬉しかったです。小説を書いていてもっとも嬉しい瞬間のひとつは、やっぱり感想で褒めてもらった時なんですよね。

 最近は小説を書くことに対して、かなり焦っていたような気がします。

 はやく次回作をUPできなければ、存在を忘れ去られてしまうのではないか?
 前よりもクオリティーの高い作品をつくれなければ、読者の方から見捨てられるのではないか?
 もっとアクセス数を増やさなければ、もっとたくさんの評価を得なければ、小説でお金を得ることなんて無謀なのではないだろうか?

 そんな感じで、自分で自分の首を絞めていました。
 どんな天才だとしても毎回ヒットを出し続けることなんて不可能ですし、もっと良い意味で肩の力を抜いたほうがいいのかもしれません。

 小説書きが筆を折る理由って色々あると思うのですが、いちばん多い理由が、
「書いても書いてもまったく反響がないし、俺みたいな才能のないやつが駄作を量産しても、仕方ないんじゃないか……?」
 という『迷い』だと思うんですよね。
 小説の執筆というものは、自分が成長しているのかどうか分かりにくく、アイディアの良し悪しや時代の流行に左右されがちなところがあるので、どんな作品がウケるのかって予測できないんですよね(´・ω・`)
 だからこそ、読者の方から感想をいただくと、作者はめちゃくちゃ安心するし嬉しいのです。


 それに関連した話なのですが。
 以前にツイッターで「俺は5000フォロワー以上の人間としか話したくない」って呟いている方を見かけたことがあります。ちなみにその人は絵師さんでフォロワー数が5000以上いました。
 その呟きを見た時に、むかつくとか何様のつもりだ、とは思いませんでした。
 共感はできないけど理解はできます。ようするに「外れ」を引きたくないんですよね。ちょっと違うかもしれないですが、「年収○○円以上の男性と結婚したい」とか言う女性もそれに近いのかも。

 きっとその方の中では、フォロワーの多い人間=何かしらの価値を持ち合わせている(可能性が高い)という価値基準なのでしょう。
 それを悪いとか間違ってるとか言うつもりはありません。
 私自身も映画を見る時にレビューサイトを見たり、「○○万部売れてる!」という漫画や小説に興味を持つこともありますから。

 でも、その考えはもったいないと思います。なぜなら、この世にはたくさんの人から評価を得ているわけじゃなくても、すばらしいものが存在するからです。

 私の大好きな漫画に『イハーブの生活』という作品があります。めちゃくちゃ面白いし感動する漫画なのですが、かなり知名度が低くて2chの漫画スレでもあまり話題になっていません。作者の小路啓之先生が亡くなってニュースになった時ですら、「小路啓之って誰?」みたいな反応が多くて、悲しかったのを覚えています(´・ω・`)
 けれど、私は小路啓之先生が唯一無二のオリジナリティーを持っていると知っているし、今でもいちばん好きな漫画家さんです。

 他にも、小説投稿サイトでもあまりブクマはついてないけれど、名作だなーと思う作品はたくさんあります。穂村さんの『失恋クエスト』が3しかブクマついてないのおかしいだろ!って思いますもん。これだけ読みやすい文体で、魔法使いのソニアちゃんがツンデレかわいくて、登場人物がみんなキャラ立ってて、コメディーとして最高の出来なのに!オイオイオイやっぱり小説家になろうというサイトはクソ特定のジャンルしか伸びないんだな!って思います。
 いや、そもそも穂村さんの『失恋クエスト』は、ライトノベル作法研究所では高得点作品入りしているので、マイナー作品の例としてはあまりにも不適切な気がしますが……
 いやいや、そもそもそも、こんなことを言っている私自身がブクマをつけていないので、何を言っているんだって感じですが……

 それはそれとして!

 たとえば、世界的に大ヒットしている作品Aと、知名度ゼロのマイナー作品Bがあったとします。
 Aには1000万人のファンがいる。Bには10人のファンしかいない。
 じゃあBには存在する価値がないかと言ったら、そんなことはありませんよね。それはBに出会えてよかったと思っているファンを愚弄する考えです。


 ……と。
 ここまで話しておいてなんですが、私自身も先に述べた「数の呪縛」に囚われていました。
 pixivで作品をUPする時には最低50ブクマくらい行きたいなーと思ったり、『Nightmare Tickle』も100冊は売りたいなーと思ったりしていました。
 もちろん、目標や志が高いのは良いことだと思うのですが、後から思い返すとこの考えは間違っていたと思います。

 創作のほんとうの楽しさとは、100万人のファンを得ることでも、「すごい!」と称賛されて人気者になることでもなく、「自分が表現したいことを自由に表現して、それを世界の誰かと共有すること」なのです。

 大勢を感動させることができなくても、たったひとりに共感してもらえれば、それで成功ではないでしょうか。たったひとりであったとしても、この世の誰かを喜ばせることができたら、それは誇ってもいいことではないでしょうか。

 今日メッセージボックスに送ってもらった感想を読んで、私はその気持ちを思い出しました。
 これからもこの気持ちを忘れたくないと思いました。
 なので記録しておきます。


 今はこれまでもらった感想やファンレターを見返すことで、「俺を応援してくれてる人もいるんだな……」と、少しずつモチベーションが復活しつつあります( ●´・ω・)ノ

 おわり。