てらこや広場

岡山県津山市の学習塾「学習塾てらこや」の塾長ブログです。

IMG_0408


こんにちは!

 皆さん、津山まちなかカレッジ(通称まちカレ)をご存知でしょうか?
アルネ津山4Fにある老若男女が学べるスペースです。

おこづかいゲーム、プログラミング、ビジネスマナーなどなど…
子どもから大人まで学べる講座が定期的に開かれています。

ひょんなことから担当者さんと知り合いになれて、
「てらこやも是非講座を開きたいです!」とオファーしました。
ただ勉強を教えるだけの塾ではないうちとしては、非常に面白いと思い
現在講座を企画しております。

講座の詳細は、近日中にお知らせできると思いますのでお楽しみに!

⇒「津山まちなかカレッジ」のホームページはこちら


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、今日はてらこやの新しいサービスをお知らせします。

1.自立学習補習

ずばり補習を始めます!
対象は中学生で科目は5教科からお選びできます。

補習と聞くとなんかイメージが悪いですが、前向きな補習とお考えください。
まず、全員強制ではなく、基本的には希望者のみが対象です。
家で学習できている生徒には無理に補習に来てもらう必要はないですよね。
ただし、ハイブリッド個別のクラスでは高得点を目指すクラスなので、
成績がいまいちな教科がある生徒には塾側から参加をうながします。

補習は月単位で申し込めます。
できるようになれば補習をしなくてもいいということです。
いつまでも続く補習なんてモチベーションが上がりませんよね。
次の定期テストで目標点をとれたら補習は止める、など終わりをイメージします。
例えば、6月に補習を申し込んで期末テストで結果が出たので
補習は行わない、ということも可能です。
もちろん勉強がはかどる!という方は毎月来ていただいても構いません。

補習はてらこやが得意としている自立学習形式で、講師が付きっ切りで
わからないところを教えるわけではありません。
各生徒には日時を決めて教室に来てもらい、学習目標を決めて終わったら学習記録表に
記録をしていただく、というシンプルな仕組みです。

塾内生は無料で参加できます。
参加希望者は申込書を講師または教室長までご提出ください!
(申込書は教室入り口にも置いています。今後も必要なときにお申込みください。)

2.国語特訓(現代文)

大変ご要望の多かった中高生対象の国語指導を開始します。
てらこやでは小学生対象の国語指導にはかなり力を入れており、
県内でもトップレベルの成績をとる生徒がたくさん在籍しております。

しかし、小学生期間では国語をマスターできなかった生徒もいますし、
中学からてらこやに来る生徒もいるので、中学以降の国語指導も必要に感じていました。

指導内容は、おなじみ朝日新聞社の「今解き教室」を使用した読解演習です。
この今解き教室は新聞記事を題材とした読解問題が掲載されていて、ただ国語の
学習をするだけでなく時事問題にも強くなり語彙力も自然につくようになっています。
授業前半はこれを参加者全員で行い、後半はその文章を要約するという内容です。
シンプルな学習ですが続けることでじわじわと効果が出てきます。

※国語特訓の注意点
◎本講座では古文・漢文の指導は行いません。
◎国語の定期テストで目安として50点以上の生徒を対象としております。

国語で50点とれない生徒は、漢字が書けない読めないといった語彙力の問題が
ある場合がほとんどで、読解力を鍛える本講座では対応できません。
予めご了承くださいませ。

【国語特訓の詳細】 
◆費用(月謝)
塾内生:3,240円
塾外生(国語のみの方):5,400円

◆対象
中学1年生〜高校2年生
※現代文が苦手な高校生にもオススメします。

◆指導日時・場所
日時:毎週土曜日 基礎:19:00~19:55 発展:20:00~20:55
場所:北園教室
※基礎・発展どちらを受講すればいいかはお電話でお問い合わせください

6月9日・16日・23日は無料で体験でき、

今ならなんと最大3回の無料体験が受けられます。

定員がうまり次第、募集を締め切りますのでお早めにお申し込みください!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


小学生は、津山中学の受検を検討している方・検討していない方、
中学生は、大人気のハイブリッド個別クラスや少人数の個別指導クラス、
高校生は、入塾者殺到中の高専生クラスやハイブリッド個別クラスなどなど…
国語特訓以外の入塾者も募集しております。

今回追加された科目の選べる自立学習補習も生徒の個性に合わせた指導のひとつです。
てらこやは個性別指導なので「ついていけるだろうか…」という不安は不要です。

是非この機会に入塾をご検討ください!

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


皆様のお問い合わせをお待ちしております!

IMG_20180516_204028


こんにちは!
沼教室長の福田です。

市総体も終わり、てらこやの生徒さんも中間テストに向けて
本格的にテスト勉強に取り組み始めています。
特に中1にとっては、はじめての定期テストで少し緊張しているお子さんもおられます。

てらこやでは毎回定期テストの際、目標点数を決めて掲示板に張り出しています。
目標を明確して、具体的に何をしたらいいかのビジョンを持ちやすくなります。

でも、定期テストだからといって、特別なやり方をする必要はありません。
いつも生徒の皆さんにはお伝えしている、正しい解き方・正しい丸付けの仕方・
正しい復習の仕方。
これができていれば、家庭でも迷うことなく勉強取り組めることでしょう。

少しでも不安になったら、遠慮なく質問してくださいね。
勉強法など個別にアドバイスいたします。

てらこやではたくさんの講師が在籍しており、全講師が塾生の味方です。
指導中は、生徒一人ひとりがベストな学習ができるように心がけています。
また、私たち教室長は授業をするだけでなく、毎週会議をして皆さんのために
何ができるか悩み考えています。

保護者様から大切な子どもさんをお預かりしていることを忘れずに、
今後も最善をつくしていきます。

これからも一緒に頑張りましょう!

FullSizeRender


こんにちは!

今日は市総体で部活動のある生徒も多くいましたが、そのようななかでも
たくさんの生徒さんが北園教室に来てくれました。

北園教室の1階の自習スペース・個別指導スペースはほぼ埋まり、
教室内は熱気で包まれていました。

勉強の勝手がまだわからない新中学1年生もがんばっていましたね。
てらこやは生徒一人ひとりの個性を大切にし、各生徒が理想的な学習法を
身に着けるのをお手伝いする塾です。

大切なのは、自分なりに無理なく続けられる学習法を見つけることです。
東大生の勉強法など、たしかにすごい学習法が本やインターネットで紹介されています。
それが合う人にとってはいいのですが、合わずに毒になってしまう場合もあります。

てらこやは、普段の指導でもそうですが、こういった教室開放のときでも
生徒一人ひとりの癖を見抜きアドバイスすることもしていきます。

そして、いつか自分なりの正しい学習法が身に着けば…
志望校も合格、志望校合格後の高校でも順調に学ぶことができる生徒になります。
いつまでも塾に依存しない、そんな素晴らしい生徒に育てる塾がてらこやです。

即効性はないかもしれませんが、自分で学べる子どもに育って欲しいという方は
この機会にぜひ入塾をご検討ください!

明日も教室開放は行われます。
塾外生もお電話無しで参加していただいてOKです。



◆中学生 中間テスト対策教室開放

日時:5月20日(日)

場所:てらこや北園教室・高野教室

時間:10:00〜16:00
(好きな時間に来て好きな時間で帰れます)

持ち物:学校の宿題や塾の教材(5教科質問可能!)

費用:無料

申込方法
予約不要です。

注意事項
・満席の場合は入場できまん。
・友だちとは席を離れて座りましょう。
・私語など学習の妨げをする方は退出していだきます。
・昼食も教室内で食べることができます。

ご不明な点がある方は以下までお問い合わせください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


 

IMG_0343


こんにちは!

今回は北園教室の2階の様子を初公開します。
2階には集団指導用の教室が2つあって、こちらは最大30名入る大教室。
大きなTVモニターがあって近代的な塾の教室ですね。

モニターは津中受検クラスやハイブリッド指導で時々使うのですが、
このおかげで効率的な指導ができています。

使い方は内緒(笑)
国語や数学や英語で大活躍します。


実は、上の写真にはもう一つアピールしたい子が写っています。
なんでしょうか?



IMG_0342




そう、ルンバです!
広い北園教室に引っ越したものの掃除が大変。
教室が2倍になれば掃除の労力も2倍。

このルンバちゃん、自宅用に購入したのですが、障害物が多すぎる自宅では
いまいち活躍できなくて放置していたのです。
あと、カーペットの床も苦手。
フローリングだと活躍しやすいです。


IMG_0340

北園の2階はつるつるした床で、障害物も長机と椅子があるくらいなので、
椅子を上げたら大活躍してくれることに気づきました。
狙い通りルンバちゃんは、2時間程度放流していたら、ほこり・髪の毛・シャーペンの芯、消しゴムのカスなどきれいに掃除してくれていました。

実は、てらこやは様々なところで業務を効率化しているんですよね。
ホームページで面談予約やお休み連絡や振替ができるのも効率化の一つで、
従業員の仕事を減らして指導に集中できる環境を整えています。

なるべく人件費をかけずに健全な経営をしていくのも私の大切な仕事です。
通常かかってしまう人件費を抑えて、月謝を安くしてお客様に還元できるわけです。
こういう仕組み作りって大事ですよね。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


さて、本題のお知らせに入ります。
中学生の1学期の中間テストが近づいてきました。
ほとんどの中学のテストが来週のはずです。

そこで、今週末の5月19日と20日に教室開放を行います。
学校の宿題・塾の教材など何でももってくることができて、指導員に質問もできます。
塾内生はもちろん、今回からてらこやが初めての塾外生も無料で参加できます!

※ただし、まじめに勉強することを約束してくださいね☆

もちろん強引な入塾勧誘はいたしません。
てらこやが初めての方には教室の雰囲気を体験する大チャンスです!
勉強のやり方も教えますのでお気軽にご参加ください。

◆中学生 中間テスト対策教室開放

日時:5月19日(土)・5月20日(日)

場所:てらこや北園教室・高野教室(高野は5/20のみ)

時間:10:00〜16:00
(好きな時間に来て好きな時間で帰れます)

持ち物:学校の宿題や塾の教材(5教科質問可能!)

費用:無料

申込方法
塾内生やそのお友だちは予約不要です。
それ以外の塾外生はお電話でお申込みください。


注意事項
・満席の場合は入場できまん。
・友だちとは席を離れて座りましょう。
・私語など学習の妨げをする方は退出していだきます。
・昼食も教室内で食べることができます。

てらこやが初めての方で教室開放に参加したい方は以下までご連絡ください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


皆様のお問い合わせをお待ちしております!

こんにちは☆高野教室長の土井です。
今回は「てらこや高野教室長」としてではなく、
「土井ん家」としてブログを書かせていただきますΦ(. . )

簡単に自己紹介させていただきます。
「土井ん家」は勝央町でお米をメインとした農家をしています。
自分で作ったお米や野菜を売るだけではなく、直接口に届くまでを形にしたい!!
という思いから、自宅で居酒屋もやっています!!

ちなみに私事ですが、その居酒屋のために去年調理師免許とりました☆彡
初の資格試験でした!

筆記試験だけなんですが、資格を持っている人に聞いたらみんな簡単簡単!!
というのでかなりなめてました…

当日問題見て、もっと勉強しとけばよかった!!と本気で後悔しました…
結果、ぎりぎり受かったからよかったものの…
もし落ちてたら、塾の先生してるのに恥かしい&情けなさすぎる!!
テスト当日に焦る生徒の気持ちがとっってもわかりました。
みんな!!後悔しないように勉強は計画的に!!!
そろそろ中間テスト2週間前だよー!!!



さて本題へ!!!
去年は「てらこや」とのコラボイベントとしてやらせてもらった「手植え体験」
塾生も参加してくれて、おかげ様で楽しいイベントになりました。

DSC_0583

IMG_8860








写真は去年の様子と、知り合いが作ってくれたDVDです。

また、お米の事を知ってもらいたいという思いから、当日はこんなプリントも配ってみました。
IMG_8861IMG_8862IMG_8863


お米検定是非やってみてください☆

農業に携わるまでは、恥ずかしながら私お米のこととか無知でした。
無知というか興味がないというか深く考えたことがなくて…
籾って何?くらいな勢いでした。
でもよく考えたら自分が口にするもの!自分の体を作るもの!お米と言えば日本!

実際に携わってみるとホントに大変です。
簡単に口にしていたけど、口に入るまではものすごい労力と
時間がかかっていることに気づきました。

お米だけじゃなく、すべての物事は誰かの頑張りの上に成り立っているんだなーと
つくづく実感しました。

では、イベントの詳細です!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

日付:5月27日(日)
時間:8:30現地集合 9:00スタート 植えたら終了
場所:勝央町勝間田592-1(駐車場あり)
持物:着替え、タオル、帽子、田植靴or長靴or厚手の靴下or裸足、汚れた服などを入れる袋、飲み物
会費:無料(バーベキュー参加される方は1人2000円)
品種:みずほの輝き
広さ:1.3反(13アール)
※ 雨天決行!!!

塾内生はもちろん、塾外生も大人も子供も誰でも参加OK!!
去年はみんな頑張ってくれてちょうどお昼頃終わりました。
休憩にはアイス☆お昼ご飯にはカレーを食べました☆
たくさんおかわりしてくれて嬉しかったです!!

手植えは私も去年が初体験でした!
終わってみると、がたがたで大丈夫か?と思いましたが、
なんだかんだで順調に育っていました。

ほぼ無肥料無農薬でしたが、9月には無事に収穫することができました。
去年も同じ「みずほの輝き」という品種を植えたんですが、これまた初体験の品種でした。
味は…







おいしい!!
土井ん家では他にも、「コシヒカリ」「あきたこまち」「キヌムスメ」「ササニシキ」
など何種か作っているんですが、私的には「みずほの輝き」が一番おいしかったです!!



さてさて。強調しておいたバーベキューが気になっている方もいらっしゃるのでは?

今回は田植え後、土井ん家に戻ってバーベキューします!!
バックリブ焼きます!!

バックリブって何?と思われた方もいるのでは?
説明するより見る方がわかりやすいと思いますので、以前やった写真をご覧ください。
IMG_7884IMG_7888どうですか?なかなかの迫力じゃないですか?

肉の塊買ってきて→ハーブと塩コショウで下味つけて→じっくり焼いて→ハケでたれをぬりぬりしながらさらに焼いて→切り分けて→さらに鉄板で焼いて→完成☆★☆
時間はかかりますが、楽しいし美味しいです!
バーベキュー目当てに来てくださってももちろん大歓迎です!
御馳走が待ってますので、頑張って植えてください!

・手植え体験のご予約
・土井ん家の居酒屋のご予約
・土井ん家のお米のご注文
・土井ん家に関するお問い合わせ
こちらにお願い致します。
土井ん家 090-4658-3774
IMG_8822


「土井ん家」のモットーは楽しむこと!!
田舎なら田舎でしかできないことをやる!!
写真は土井ん家のやぎ親子です☆☆☆
7月には「第4回 マグロ祭」もやります。こちらも誰でもご参加いただけます。
今後も、いかに楽しめるかを追求していきたいと思います!!


勉強もどこかに楽しみを見つけれるようになると、おもしろくなりますよ☆
土井先生!塾の方もちゃんとやってますよ!!
高野教室、まだ空きありますので、興味がある方はお電話ください。

北園教室、広くてきれいで勉強しやすい環境整ってます。
沼教室、小学生中学生だけでなく、高専生も多く通ってくれてます。

てらこやに関するお問い合わせはこちらまで↓ ↓ ↓ ↓ ↓

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>

IMG_0293


こんにちは!

ゴールデンウイークはみなさんいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は去年始めたゴルフを友だちとしてきました。
一泊二日のゴルフ旅行で2Rしてきました。
気持ちいい天気で、束の間の休息をいただけたことに感謝いたします。

場所はなんと亀山。
東京の友だちと西宮の友だちと合流するにはどこがいいか…
じゃあ中間地点の三重県にしよう!
(東京の友だちは別に三重県じゃなく岡山空港あたりで良かったそうです…笑)

三重県と言えば

世界の亀山!

そう、SHARPの工場があるところですね。

恥ずかしいのですが1日目のスコアをさらします。



IMG_0292



うーん、まだまだです。
ドライバーがスライスしちゃう典型的な初心者です。
アイアンはそこそこ打てるようになったのですが…。
おっと、ゴルフブログになりそうなのでこの辺にしときます(笑)


今日の本題は、今週末に中学生対象の模擬試験を行うお知らせです。
塾外生は無料で、中学1年から3年生が対象です。
無理な入塾勧誘はいたしませんのでお気軽にお越しください。
もちろん入塾して頑張りたい!という方も歓迎いたします。

なお、中学3年生には14時から16時で数学英語の無料解説を行います。
こちらの参加も合わせてご検討くださいませ。


中学1年〜3年生対象 模擬試験
(※要予約。必ず前日までにお電話ください。てらこやが初めての方は無料!

◆開催日 5月12日(土)

◆時間割(開始15分前にはお越しください)
中1・中2
10:00〜10:40 数学(中1は算数の総復習)
10:50〜11:30 英語

中3
10:00〜10:50 数学
11:00〜11:50 英語

14:00〜16:00 数学英語無料解説(自由参加・中3のみ)

◆場所 北園教室
(津山市北園町9−13 移転後の新教室です)

◆持ち物
筆記用具・コンパス

◆申し込み方法
5月11日(金)までにお電話でお申込みください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


きれいな北園教室に興味がある方などお気軽にご参加ください!
皆様のお問い合わせをお待ちしております。



IMG_0278


こんにちは!

代表の川島です。
今日は第二回の塾内模試の様子をご紹介いたします。 
今回から模試は原則全員受検なので小中学生の一大イベントです。

特に今回から広くなった北園教室は圧巻です。
こんなに生徒がいたのか!というくらいの教室の埋まり具合。

模試は普段の授業とは違う雰囲気です。
こういった雰囲気のなかで実力をいかに発揮できるかが大切です。

みんな緊張した面持ちでしたが、少人数の教室では体験できない
貴重な経験ができるのがてらこやの特長ですね。

模試開始時には

「最後まであきらめずに1点でも多くとろう!」
「早く終わったとしてもしっかり見直しするんだよ!」

という掛け声をしました。

このあとは中学生がどっときます。
今の自分の力を最大限出せるよう頑張っていただきたいです。

連休明けは…
中高生は、連休明けは1学期の中間テスト対策が始まります。
小学生の津中受検対策や個別指導もまだまだ募集しております。

てらこやは個性別指導です。
個性に合わせた指導をするので「ついていけるだろうか…」という心配は不要です。
入塾希望の方はお気軽にお問い合わせください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>



IMG_0154


こんにちは!

北園教室の移転もようやく落ち着いてきました。
締めくくりは入り口の案内モニター。

小中学生の目標や注意事項などを掲示しています。

目的をもって塾に来て欲しい。

そんな思いからてらこやの各教室の入り口には目標を掲げていますが、
北園はちょっとリッチにTVで掲示することにしました。

すると、ある生徒からは

「東京みたい!」

と、ざっくりとした感想をいただきました(笑)


現在の目標には、5月1日・2日で行われる塾内模試を案内しています。
全国順位の出る模擬試験で、てらこやの小中学生全員が受験対象となります。
県模試ほどではないにしろ範囲の広い難易度の高い模試となっています。
お渡しした問題集でしっかり対策をしておいてください。

なお、てらこやが初めての小中学生は無料で模擬試験が受けられます。
受験希望の方はお気軽にお問い合わせください。

◆てらこや塾内模試
5月1日 または 2日(ご希望の受験日をお選びください)
塾外生は無料
対象:小3から中3まで
範囲:前学年を中心に今までに習ったこと
科目:小学生は国語・算数、中1中2は国数英、中3は国数英理社


優秀な講師が続々と入社してくれたため、生徒募集もまだまだしています。
小学生・中学生・高校生・高専生、すべての生徒を募集してますので、
この機会にてらこやの入塾をご検討ください。
すぐに定員がうまる可能性もあります!

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「模擬試験受験希望です or 入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!



〜おまけ〜

IMG_0155


てらこやでは英検も受検できます。

ご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんが、2020年以降の大学入試で
国立大学を受験するには、英検などの外部検定である程度の点数をとることが
必須になります。

昨年からてらこやは英検の準会場として認定され、英検受検を推進してきました。
すると、昨年度は多数の英検受検者がいたということで、奨励賞をいただきました★
褒められると嬉しいものですね!

てらこやの英語指導は音読中心のちょっと変わった指導です。
しかし、単なる文法指導よりは遥かに効果があると思うのです。

実はほとんどの学校や塾では教えていない英語の正しい学習法を当塾では教えています。
なぜ英語指導でこのことを教えないのか、私は不思議でたまりません。

特に英語の成績が伸び悩んでいる方で音読をしていない生徒は要注意です。
ワークをやろうが文法の授業をいくら受けようが伸びる可能性はかなり低いですよ。
英語の学習で悩んでいる方は、是非てらこやの指導をご検討ください。
間違いだらけの英語学習とはさよならしましょう。

次回のてらこやでの英検は

6月2日(土)

当塾への申し込みは5月8日(火)までですので、申込書をお早めにご提出ください。


こんにちは!高野教室長土井です。みなさん新学年になられて決意も新たに頑張っていることと思います。

今回は、高野教室について簡単に紹介しようと思います!!

IMG_8821



写真は高野教室入口に貼っている「学習目標」です。
てらこやでは、生徒さんに目標を持ってもらうことを大切にしています。
志望校や将来の目標、なんでもいいのですが、なかなかそこまでの目標がない生徒も多くいます。私も学生の頃は将来の夢などないタイプでした。
そこで、学習目標を目に見える形で表示して、意識してもらおう!!と始めたものです。
なんてことない掲示板ですが、試験や模試があることを意識して、頑張ってみよう!というやる気につながってくれるといいですよね!

中学生は定期テスト前になると、それぞれ目標点を書いて貼ってもらったりしています。
高野教室の生徒すごいんです!!目標点に100点って書いてほんとに100点取るんです!!
100点ってすごいですよね!1問も間違えてないってことですよ!!ほんとに感心します。
中には、目標点95点とか98点って書いて100点取る生徒もいたりして、性格だな〜と思っておもしろく見てます☆



小学生は津山中学などを目指す受検クラスもあります。
受検クラスとなると、市内の中心でないと授業が受けられないことがありますが、てらこやは違います!
高野教室でも受検指導が受けれるのはかなりメリットだと思います。おかげさまで津山市以外からも通ってくれている生徒さんもいます。
現在はまだ人数が少ないため、生徒募集中です!!
ちなみに去年は6人中4人合格してくれました。
6人とも本当によく頑張る子たちで、私もとても良い刺激をもらい、良い経験をさせてもらいました。それを今年の指導に生かせればな!と思っております!!



中学生の合格実績ですが、去年の中3生は全員第一志望に合格してくれました!!
合格報告を聞いたときは、本当に嬉しく思わずうるっときてしまいました。
4月から、みんな新しい制服に新しい学校に新しい友達に新しい授業に…新しいこと盛りだくさんで刺激いっぱいの生活を送っていることでしょう!!
(高校生からは北園教室での指導となるので、あまり会うことがなく寂しい高野教室長です…)
といってもこれがゴールではなく、新しいスタートに立ったばかりなので、いろんな経験をしていろんな努力をしていろんな挫折をして、かっこいステキな大人になっていってほしいと思います!!
中3生がぬけたので、中学生の空きもあります。
入塾検討の方はお早めにご連絡ください!
やる気になっている4月がスタートかもしれませんよ??


てらこやは4月29日から5月6日までGW休みとなります。
しかーし!!塾内生には塾内模試が待っております!!みんなしっかり勉強して臨んでね☆




入塾のお申し込みお問い合わせはこちらから
↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
学習塾てらこや(本
部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


IMG_5681

こんにちは!

約1ヵ月ぶりです。
ご無沙汰しております。
私のブログの更新がないときは大変忙しいときで、この3月中旬から4月は
自分史上最高に忙しかったかもしれません。

ついに新北園教室が4月2日にオープンしました。
実はまだ片付いていなくて、2階はまだ整っていないのですが、
1階はお見せできるようになったので写真を公開します。

IMG_5705



IMG_5706


自習スペースは前の

1.5倍!

なお、てらこやでは自習室ではなく自習スペースとしています。
自習室にすると他の人の目がなくなり、居眠りやスマホでサボる生徒がいるためです。
リビングで学習するように他の人の適度な目がある方がかえって集中できるのです。

IMG_5707


1階は自習スペースと個別指導スペースです。
少々古い建物ですが、さすが元金融機関の物件で静音性は抜群。
交通量の多い鶴山通りだということを忘れてしまうような静けさです。

IMG_5708


まさかの自動ドア!
これも年代物なのでガガガガ…とすごい音がしますが、しっかり動いています。

IMG_5709


入り口です。
壁面に「てらこや」の文字を入れてもいいかもですね!

リニューアル後、教室に来た生徒たちの顔を見ると一同に目を丸くして
すげーという顔をしていました。

静かで勉強しやすい!
広い!

といった感想を聞けたので、がんばって良かったなぁと思いました。

様々な塾がありますが、てらこやは

最高の学習環境

を整えることができたのではないでしょうか。

教室に来たら自然と勉強をしたくなるような環境
こういった学習環境を整えてることが学習塾の仕事の大部分を占めている気がします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、新年度の生徒募集ですが、連日たくさんのお電話お問い合わせがきており、
おかげさまで一部のクラスで

満席

が出てきています。

特に北園教室・沼教室の「ハイブリッド個別や公立中高一貫校対策クラス」は大人気で、
津山圏域の成績優秀な生徒がてらこやに集結している感じです。

ご希望の曜日時間次第ではキャンセル待ちをお願いすることもございますので、
予めご了承くださいませ。

◆クラスによりますが、何曜日の何時からでもいいよ!という方は入塾しやすいです。
◆お申込みしていただいた順に面談のご案内をします。

現在、講師を大募集中ですので、今後空きがでる場合もございます。
てらこやで指導を受けたい!という方はお早めにお問い合わせください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!

こんにちは!

先ほど、嬉しいお知らせがありました。
先日ブログでも紹介した旧帝大を受験した生徒から

合格しました!


と連絡がありました。
数学はほぼ満点ということで理想的な学力のつけ方をしてきました。
また合格体験記などをアップしますのでご期待ください!



今日は公立高校入試の1日目です。
てらこやの生徒の検討を祈りつつブログを書いています。

1月の発表では津山高校の倍率が大変高かったのですが、
最終的には津山東に大きく流れて津山高校の倍率は下がりました。
ただ、いずれにしても高校受験が初めての受験という生徒いるでしょうし、
緊張していることでしょう。

保護者様も同様です。
わが子の人生の大きな節目で落ち着いていられないでしょう。

明日は面接です。
生徒はとにかく志望動機を元気よく言えるようにしておきましょう。
今日の筆記の結果がどうあれ前向きな気持ちで受験できるよう
ご家庭では不要不急のけんかは避けて、明るく過ごしてください^^

そして、今後も頑張りたい生徒は

高校準備クラス

に是非参加してください。

毎週火曜日・金曜日
20時15分から21時45分
北園教室

で開講しております。
塾内生はもちろん塾外生も3月末まで無料です。

津山中学から津山高校に内部進学する生徒さんはもちろん、
推薦で合格した生徒さん・高専に合格した生徒さんなど
春に気を緩めたくない方はどんどんお問い合わせください!
まだ合否は決まっていない方は参加予約をすることも可能です。


学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「ブログを見て高校準備クラスに参加したいです」とお申込みください 



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、今日はタイトル通り、

北園教室が移転リニューアル

することをお知らせいたします!

新年から進めていた極秘プロジェクトの第一弾です。

new_kitazono

外観はこんな感じ。
今の北園教室より少し北側のリサイクルショップ南側の2F建ての建物です。
おかげさまで生徒数増加により自習スペースが手狭になってきたり、
津山中学受検生の小学生やハイブリッド個別の生徒向けに教室が欲しくなったりで
少し大きな物件にしました。

中は内装が整い次第ブログで公開していきます。
お楽しみに!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


そして、極秘プロジェクト第二弾は…

ハイブリッド個別クラス(高校生)誕生!


昨年12月から始まった中学生対象のハイブリッド個別クラスですが、大変好評のため
この4月から高校生にも開講することになりました。

こちらについては3月にいれる新聞広告をご覧ください。

2018_03omote

2018_03ura


ん?
よく見えないですよね…

では、個別に拡大してご説明します。

1.ハイブリッド個別クラスの理念



2


集団指導×個別指導のいいとこどりの指導方法です。
生徒からの質問を前で解説したり、巡回して個別に解説したりします。

普通の塾では学校と同じように「はい、前を向いて!」と一斉授業をするところ、
ハイブリッド個別クラスでは横並びの一斉指導はほとんどしません。
定期テスト前や受験前などで一斉指導をする以外は、自分のペースで学べます。

どういう生徒に向いているのか。
それは、

学校の授業をまじめに受けている生徒

です。

てらこやは、学校の授業をまじめに受けている、つまりまじめにインプットしている
生徒には、塾では一斉指導は必要ないと考えています。
学校で居眠りしたりよそ見している人には塾で一斉指導する必要はあるでしょうが。

学校の授業をまじめに受けているのに成績が伸び悩むのはなぜでしょうか。
それは、自分での学習方法を間違えていたり、学習時間をとれていなかったりなど

アウトプット

に問題があるのです。

ハイブリッド個別クラスでは、各生徒のアウトプットを徹底的に鍛え、
教えられなくても自分で学べる生徒に育てていきます。

したがって、もし学校についていけていないようでしたら、少人数の
個別指導クラスをおすすめすることもあります。


2.高校生のハイブリッド個別クラス



塾が高校生に一番するべきことは「わからないところを教えること」でしょうか。
たしかに少人数クラスで先生に質問すれば、大体のことは解決します。
わからないところを質問する力も大切です。
ただ、それでテストで点数がとれるようになるでしょうか。

開塾して16年、色々してきました。
少人数指導、わからないところの質問対応…
それだけでは成績が伸びないのがてらこやの結論です。

では、塾が生徒に何をすれば伸びるのか。

生徒1人ひとりの学力や目標に合わせた学習指示です。
それも、機械的なものではなく人の血が通ったアナログのアドバイスです。

例えば、映像授業の塾でも個別のアドバイスのような紙はもらえますが、
果たしてそれが役に立っているでしょうか。

担当する生徒の学習する姿を実際目で見て、一人ひとりにアドバイスするのですが、
これ以上は企業秘密なので実際入塾して体験してください(笑)


3


今、何を学べばいいか

これを的確に指示するのがてらこやのハイブリッド個別クラスだとお考えください。



そして、もう一つ特徴があります。

90分の指導で最大3教科の学習が可能

※教科は数学・英語・物理から選択。教科数で月謝は変わりません。

ということです。
その配分や教科選択は生徒に任せますしアドバイスすることもあります。

例えば、数学と英語だけの生徒では、数学を50分・英語を40分など
各自で決めることができます。

高校生は忙しいです。
普通の塾では1教科90分と時間を費やしますが、これはかなりリスクです。
今日の復習や次の日の予習など、やることは無数にあり、
塾の時間が邪魔になることがあります。

てらこやでは、高校生の生活を邪魔しないように学校の教材を中心に使い、
定期テスト対策も行います。

講師はもちろん各教科のスペシャリストがそろっていますので、
質問は即座に対応できます。

【数学・物理担当】
学習塾てらこや代表 川島敦典
センター試験の数学は200点満点!
「今、この生徒にとって何が必要なのか」
「いい勉強ができていれば余計な口をださない」が指導モットーです。
生徒目線の指導を心がけています。

【数学・英語担当】
てらこや専属講師 保田海斗
国際教養大学(中退)の数学英語のエキスパート。
英語で授業が行われることで有名な秋田の大学で修業をしてきました。
生徒から絶大な人気を誇る心やさしい先生です。


3.ハイブリッド個別クラスの月謝



みなさん、ここに一番注目されるかもしれませんが…

1


なんと、

中1から高3までお月謝の金額が同じ!

週1回で9,000円
週2回でも13,500円


※別途消費税がかかります。
※入塾費・教材費は頂戴しますが、更新料・冷暖房費・教室維持費は頂きません。

このお月謝で中学生は数英理、高校生は数英・物理を学習できます。


てらこやは月謝も中高一貫

です。

恐らくこんな塾は見たことがないのですが、てらこやはやります。
なぜ、ここまで安いのかというと、横並びの一斉指導をしないからです。
横並びの授業をするには相当な下準備が必要ですからどうしても塾費用は上がります。

私は学校の授業を信用しています。
たとえ学校の授業がいまいちでも自分で学べる方法を知っていれば問題ありません。

また、学校の授業を大切にしたうえで、正しい勉強法(アウトプット法)を
身に着けた生徒が成績優秀者になっていると思います。

授業は学校に任せます。
てらこやは自分での正しい学習法(アウトプット法)を徹底指導して、
低費用で本当に成績が伸びる指導を行っていきます。

学校の授業をまじめに受けているけど、自分での学習法がわからない。
何をどこから学べばいいかわからない。
そういった生徒に最適なのがてらこやのハイブリッド個別クラスです。

様々な塾がありますが、一つの選択肢として是非ご検討ください。
無料体験は随時受け付けております!

津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

てらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!


高校準備クラス



こんにちは!

大学入試も山場を越えました。
国立大学の前期試験が終わりました。
今年は推薦でほとんど決まっていましたが、旧帝大を前期で受ける生徒がいて
対策がうまくいったかドキドキでした。

この生徒は中学1年から指導してきた生徒で特に思い入れがあります。
私もこの生徒からはたくさんのことを教えられ育てられました。
山あり谷あり、てらこやの黎明期を支えてきた戦友という感じです。

その生徒から「数学の答えは全部合ってました!」との報告があり一安心。
(※予備校職員が解答速報を校門で配布しています。)
傾向に合わせた指導をした甲斐がありました。
まだ結果は出ていませんが皆様にいいお知らせができればと願っています。


さて、そんな3年後の大学入試を目指したり高専で頑張る新高校1年生たちへ。
この春からてらこやで一緒に学びませんか?
上記の先輩のように全ての生徒が旧帝大を目指すわけではありません。

国立大学に行きたい!
岡山大学に行きたい!
看護師になりたい!
お医者さんになりたい!
先生になりたい!
高専で技術者を目指す!

皆さんの様々な夢を応援し、皆さんの力を最大限に引き出すことをお約束します。
高校準備クラスは、以下のとおり3月2日(金)から無料体験を開始します。

※4月以降は生徒の進学先や学力やご希望により
「ハイブリッド個別クラス」「個別指導クラス」「高専生クラス」に分かれます
※高専生クラスは高専生専用のクラスで数学だけでなく物理など専門科目も指導可能


高校準備クラス
◆無料体験期間:3月2日〜3月末
※いつからでも開始できます。ただし定員あり。先着順。参加予約も可能。
※塾内生はもちろん、てらこやが初めての方も期間中すべて無料
※塾内の中学3年生へ
高校準備クラスは予定より早めの開始となりましたが、一般入試後にも参加可能です。
ご安心ください。

◆日時・場所
場所:北園教室
毎週火曜日 20:15〜21:45
毎週金曜日 20:15〜21:45

◆対象
この春、津山高校・津山高専・津山東などに合格し勉強を頑張りたい新高1、
および津山中学から津山高校1年への内部進学生。

◆指導科目
数学・英語 (数学だけ・英語だけにすることもできます)
中学と高校の学習方法の違い、数学や英語の学習方法も教えます!

◆指導方法
ハイブリッド個別
各自、自分のペースで学べます。
したがって、途中からの参加でも大丈夫です。
自分で学ぶ方法を教えて高校数学や英語を丁寧に学べます。
なお、4月以降は学校の予習や復習を行います。
塾では必要以上に宿題は出さず学校の定期テスト対策も行います。

◆担当講師
代表の川島および高校生指導の人気講師の塚本と保田が担当します。


高校に入ったあとの勉強方法は中学までとまったく異なります。
たとえ津山中学に行っていたとしても面喰うことでしょう。
数学の進むスピード、英語の単語量、どれをとっても中学とは別世界です。

中学までうまくいっていた生徒が高校1年でつまづくことはよくあります。
また高校生は、できなくなってから塾に行くでは手遅れになります。
高校生の正しい勉強法を教え、スタートダッシュをきめるために
てらこやの高校準備クラスを是非お試しください。

3月末までは無料で体験できて4月以降も継続するか検討できます。
もちろん無理な勧誘はいたしません。

※なお、4月以降の高校生のハイブリッド個別クラスのお月謝は
週1回で9,720円(税込)週2回で14,580円(税込)になります。

津山中学から津山高校に内部進学する生徒さんはもちろん、
推薦で合格した生徒さん・高専に合格した生徒さんなど
春に気を緩めたくない方はどんどんお問い合わせください!
まだ合否は決まっていない方は参加予約をすることも可能です。


学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「ブログを見て無料体験に参加したいです」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!

IMG_5573


こんにちは!

写真はある高校生の単語の学習ノートです。
赤シートや緑シートを使って暗記していて中学時代からやっているそうです。
是非真似してみてください。


昨日、大変うれしいことがありました。
去年の夏にてらこやを辞めた中3保護者様からご連絡をいただきました。

「無事、志望校に合格できました。去年まで本当にありがとうございました。」

私はびっくりしました。
辞めた生徒さんからお電話をいただいたのは初めてだからです。
それも感謝の言葉です。

「それで…先生、またお願いしたいのですが、よろしいでしょうか?」

「え、ええ、もちろん大丈夫です。喜んで!」

なんでも高校の内容を今すぐ勉強したい、とのことです。
切り替えの速さにびっくりです。


この生徒がてらこやを辞めたのは中学3年の夏です。
速習指導で中学の学習内容は終了し、

「自分で勉強できるようになったのでいったん塾を辞めます。」

とお別れをした生徒です。

※今回の生徒は休塾なので復塾ができますが、退塾の方は復帰できません。

普通の塾なら「いやちょっと待って!高校受験まで来てください!
と全力で引き留めるとこでしょう。
なんせ合格実績の数字を稼げますからね(笑)

ところがてらこやは、

素晴らしい!あとは渡した教材を何周かすれば大丈夫!

とやるべきことを指示して送り出しました。

できるようになって塾を卒業する。
まさに私の理想を実現してくれた生徒でした。

その生徒が、また一緒に勉強したいと来てくれました。
もうわくわくして仕方ありません。

ですので、その生徒にはこの春に始まる極秘プロジェクトを教えました。
この春、てらこやの高校生指導超パワーアップします。
3月中にはお知らせできればと思います。
お楽しみに!


※推薦入試・高専などすでに合格した中3へ
無料体験を受け付けております。
詳しくは電話20-1090まで!



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、今日の本題に入ります。
春は塾選びのシーズンですので、小学生・中学生・高校生ごとに
てらこやの指導の特長をお伝えします。

今までホームページやブログでお伝えしてきましたが、年ごとに変わることも
ありますので、毎年この時期にはお伝えしようと思います。

今回は中学生について。
「ハイブリッド個別クラス」と「個別指導クラス」の2クラスあります。
費用面や指導内容など、特に他塾との違いを意識します。
チラシやホームページでは誤解されているかもなので、今回のブログでは
皆様にわかりやすくお伝えしようと思います。

中学生クラスの特長〜2018年度版〜
1.ハイブリッド個別クラス
2.個別指導クラス
3.オプション(追加指導)
4.まとめ

1.ハイブリッド個別クラス(科目:数学・英語・理科)


ハイブリッド個別クラスのミッション
「生徒を観察して、生徒の疑問や間違った学習法を見抜いてアドバイスし、正しい学習ができる生徒に育てる」

集団指導と個別指導のいいとこどりの2018年から開始の新しい指導方法です。
メイン講師とサブ講師が生徒を巡回し、生徒の質問をメイン講師が前で解説します。
解説はわからない生徒のみが聞き、わかっている生徒は自分の学習を続けられます。
さらに質問が苦手な子も講師からの声かけによりサポートを受けられます。

科目は数学・英語・理科で選択することもできます。
週2回が推奨ですが、成績優秀者は週1回にすることも可能。
数学の日、英語の日とあるわけでなく、各指導日に数学・英語・理科を学べます。

ハイブリッド個別の図


◆ハイブリッド個別クラス受講資格
※定期テスト5教科350点以上(新中1は1学期で審査)
※宿題をしない、授業態度が悪いなどクラスの雰囲気を損なう生徒はお断りします。
※津山高校・津山高専・津山東など進学校を目指す生徒
※津山中学生専用クラスもあります。

◆指導の流れ
ヽ得古未篭擬爾肪紊い燭蕕修瞭の目標をたてる
英語の音読チェックを各生徒ごとに個別で行い小テストを行う
M科の質問の受付
た学の質問の受付・小テストなど
ダ古未瓦箸暴病蠅侶萃

英語の文法、数学のはじめての内容はこちらからは教えず教材で理解していただきます。
したがって、ある程度の学力が必要で特に70点くらいはとれる国語力は必要です。
また、「なんで〜なのか」自分でわからないところを講師がヒントや解説をします。
一方、英単語の意味を調べるなど自分でできることは極力自分でしていただきます。

「はじめての内容を教材で理解するなんて無理!」と思われそうですが、
問題のレベルや順序を間違わなければ案外できるものです。
そもそも、そういう自分で学べる状態にならなければ岡山大学以上のレベルの
大学には行けません。

中学生のうちに自分で学べる状態を訓練する

これがハイブリッド個別クラスの狙いでもあります。
塾でがっつり一斉指導を受けていないのにそこそこいい点数がとれる。
この状態にしてしまいたいのです。

ちなみに高校受験前はがっつり教えます。
毎年、てらこやの生徒の模試の成績は中3の2学期以降に急上昇するのはこのためです。
自分で学べる状態 + 受験指導 = 志望校合格
このような方程式で計画しています。

◆他塾との違い
数学・英語だけでなく理科の質問ができることが大きな特徴です。
勉強でわからないところがあるのは主に数学と理科です。
生徒たちの質問や疑問を授業にしてしまう、あらすじのない双方向授業です。
また、英語はよく他塾で行う文法の授業は一切行わず、音読チェックと小テストや
長文の速読指導を行っていきます。(長期的な復習で文法解説を行うことはあります)

自分のペースで学ぶことができ、早い生徒で中3から高校の内容を学べますが、
じっくり進みたい生徒には無理に先には進めさせません。
国語や社会は後ほどご説明する短期特訓の「完全個別」で受講可能です。

◆料金(税込)

入塾費5,400円
月謝14,580円(週2回の場合)
年間教材費5,400円/科(理科は2,700円)
塾内模試:1,620円(年3回)
県模試:3,780円(希望者のみ)

夏期講習・冬期講習は希望者のみの受講で強制ではありません。
冷暖房費・教室維持費の追加は行いません。
新聞広告やホームページの料金に上乗せする塾にご注意ください。

個人のペースで学べて数学など質問ができ音読のチェックをしてこの費用。
けっこう安いと思うのですが…いかがでしょうか?


2.個別指導クラス(受講可能科目:国語・数学・英語・理科社会)


個別指導クラスのミッション
「その生徒に必要な学習を提供する」

講師1人につき生徒3人までの個別指導で、3人がそれぞれ個別の学習をします。
きめ細かな指導が受けられるのが特徴です。
5教科の受講が可能です。

◆受講資格
点数制限は特にありませんが、嫌々塾に来る生徒はお断りします。
点数によっては生活習慣を変える指示を出します。

◆指導の流れ
ヽ得古未篭擬爾肪紊い燭蕕修瞭の目標をたてる
⊇病蠅離船Д奪・英語の音読チェック・各教科の質問受付
C甘講師と一緒に学習
ダ古未瓦箸暴病蠅侶萃

ハイブリッド個別との違いは席と人数。
個別指導クラスは専用ブースで学習することができ集中しやすくなっています。
生徒も少な目なので質問しやすく、質問が苦手な生徒も講師が声掛けをします。
点数が良くなればハイブリッド個別にクラス替えも可能。
県外のハイレベルな学校を受験する場合にも個別指導となります。

2017-10-12-12-12-36


◆他塾との違い
とある個別指導塾のCMで「説明してください!」というのがありますが、
てらこやではずっとしてきました。
てらこやでは「なんで〜なの?」という問いかけをして生徒に説明させます。
他塾との大きな違いは、講師が年度内は変わらないこと。
日によって講師がころころ変わる個別指導塾はいい指導が受けられません。
なお、てらこやでも講師都合により時々講師が変わることもありますが、
講師間でしっかり引継ぎを行って普段と同じ指導が受けられます。

◆料金(税込)
入塾費10,800円
月謝21,600円(週2回の場合)
年間教材費5,400円/科(理科社会は2教科で5,400円)
塾内模試:1,620円(年3回)
県模試:3,780円(希望者のみ)

学年ごとに費用がアップしていく塾がありますが、てらこやは料金据え置き。
個別指導クラスももちろん冷暖房費や教室維持費はとりません。
他の個別指導塾から転塾してくる方は「安いですね」と驚かれます。

なぜてらこやが安いのかというと…
うちはFCでもないですし、高いロイヤリティを払う必要がないからです。

チェーン店の塾は高いロイヤリティを本部に支払うために
あの手この手で追加費用を上乗せしてきます。
教室維持費や冷暖房費、さらには夏期・冬期講習も詰め込まれて10万以上になるとか…
くわばらくわばら。
入塾費0円でもご注意ください。

3.オプション(追加指導)



春期・夏期・冬期講習では2種類の講習があります。

.魯ぅ屮螢奪標鎚未旅崕
普段の指導に加えて学年ごとに講習を行います。

完全個別
講師1人につき生徒1人の1対1個別指導を期間限定・格安で受講することができます。
国語・社会など普段受けていない科目の指導や苦手科目の特訓など、
正しい勉強の仕方を身に着ける大チャンスです。

完全個別の費用は格安。
家庭教師だと90分で7,500円のところを中学生は2,500円で受講できます。
自学時間は無料なのでいくらでも学習時間は増やすことができます。

4.まとめ



いかがでしたでしょうか。
自分で言うのもなんですが、費用は安いと思います。
冷暖房費・教室維持費・更新料などわけのわからない費用は頂きません。

てらこやは英検の準会場ですし、塾内模試で広い範囲の復習もできます。
数学・英語だけの塾が多いのですが、国語指導に強く理科社会も受講できます
唯一、弱点だった即効性ですが、完全個別の誕生で欠点がなくなってきました。

ちなみにてらこやを選ぶ保護者様には「他の塾にない指導がある」とよく言われます。

1つは「正しい学習法の指導」
ゆっくりじっくりではありますが、正しい学習法を身に着けることができて
自分の学習スタイルを身に着けることができます。

2つ目は「自立をうながす指導」
実は成績のいいご家庭からは、てらこやの自立をうながす理念が特に支持されています。
わかる人にはわかるのがてらこやの指導です。
いつか自分でできるようになったら卒業してほしい(または自習室程度の利用)
そんな願いを込めて各生徒を指導しています。
冒頭に述べた中学3年生のように塾いらずになってくれればいいですね。
(※なお、高校から復帰したのはハイレベルな大学を目指すためです)

ただし、てらこやにも合わない方はいます。

1.過保護すぎるご家庭
我が子はかわいいです。
かわいいのですが、特別扱いを求めすぎる方は苦手です。
てらこやは個性を大切にする塾なのですが、他塾と比べてのお話。
うちの子は〇〇だから××のようにして!という要求があまりに強すぎると
家庭教師をおすすめすることもあります。
全ての要求に応えようとすると私たちの体がもちません…^^;
郷に入っては郷に従え。
全ての生徒を平等に指導したいのでご協力よろしくお願いいたします。

2.テクニックを求める方
勉強の仕方は教えますが、楽に成績を上げる方法は教えていません。
いい成績をとるには努力が必要なことは言うまでもありません。
「塾なんだからテクニックを教えろ!」と詰め寄られて参ったこともあります。
なお、中学3年生の2学期からや高校3年生からの入塾は承っておりません。
※完全個別は短期特訓ですが、特訓後に努力しないとリバウンドします。

3.指示を守ってくれない方

宿題をやってくれない方やハイブリッド個別で家庭学習をしない生徒は
はっきりいって伸びません(家でできない人は自習に来ましょう)。
勉強時間がとれない生徒はどんな塾に行こうが伸びませんよね。
特に英語の音読やまちがえた問題の解きなおしをしない生徒は伸ばせません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、今年の新年以降の入塾者ペースは過去最高です。
特に小学生や新中学1年生の入塾ペースがすごいです。
ありがとうございます。

新小6(現小5)や新小5(現小4)対象の「公立中高一貫校対策クラス」はすでに
始まっていますが、今からでも入塾可能です。
習い事とかけもちできて、週2回の指導なので無理のない学習ができます。

また、新中学1年生のクラス「中学準備クラス」もすでに始まっています。
中学準備クラスはお得なお月謝で中学で必須の国数英の基礎学力を身につけられます。
国語も指導できるのがてらこやの強みですね。(3月末まで週1回4,320円 週2回6,480円

もちろんご希望の方には速習指導のようにどんどん先に進めることができます。
また、ハイブリッド個別クラスと個別指導クラスの判定も行いますので、
てらこやをご検討の方はお早めに入塾していただいた方がいいかと思います。

津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

てらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!

冷暖房費・教室維持費


こんにちは!
こちらの写真は日曜日に入れた新聞折込チラシの一部です。

様々な塾のチラシがありますが、あの手この手で生徒を入塾させようとしています。
うちのチラシみたいに正直に書いているものならいいのですが、消費者をだましてまで
生徒を囲い込もうとしているチラシが目立ちます。

一番ひどいのが費用の記載。
実は、多くの塾の費用には指導料や入塾費や教材費だけでなく
「冷暖房費・教室維持費」という謎の費用が追加されます。
つまり、チラシやホームページに載っていない費用が追加されることもあるわけです。

冷暖房?
そんなのあって当たり前で、なぜチラシの月謝に含めない?

教室維持費?
教室の家賃?そりゃかかって当然ですが、これもなぜチラシの月謝に含めないの?

例えばある個別指導塾。
中学生の週1回でのお月謝がチラシやホームページにはてらこやと同じくらいの
11,000円と記載されているのですが、それにあれやこれやと追加されて

11,000円 ⇒ 18,000円!

倍率ドン!
クイズダービーみたいな感じになるそうです(笑)

てらこやなら週2回で税抜20,000円なので、ほぼ同じ費用で
週2回指導を受けられることになります。


やつらの作戦はこうです。
チラシの安い指導料?を消費者に見せて、まずは電話をかけさせます。

「え!個別指導でこんなに安いの?」
「少人数指導で11,000円!?」
「入塾費も0円だし無料体験もしているみたいだから、ちょっとやってみる?」

と子どもに勧めます。

「そちらで体験を受けさせていただきたいのですが…」

そして、追加費用があるとも知らず無料体験を子どもが受けます。
少人数指導だから、体験を受ける子のほとんどが

「わかりやすかった!やりたい!」

と言うに決まっています。

ひどい塾だと体験ではエースの優秀な先生を担当させ子どもをその気にさせ、
入塾後は別のレベルの低い先生が担当することも…。

そして、いざ塾に入るとなったら「実は冷暖房費・教室維持費が…
と後出しにして結局、高額な費用を請求されます。

保護者様は「ひぇえええええ!話が違うじゃないの!」と内心思いますが、
教室長のさわやかな笑顔と

「子どもさんのために、一緒に頑張りましょう!」

という殺し文句で言いたいことは言えず、あえなく入塾してしまうことに。

保護者様は子どもが気に入っているし、まあいいか!と「win - win」な感じですが
ちょっと待った!

これ、飲食店なら

ぼったくり

以外の何物でもないです。

飲食業界では忌み嫌われるのに、塾業界でなぜこんな馬鹿げたことが許されているのか。
それはあまりにこのシステムをとっている塾が多すぎて、変えられないからでしょう。
だって、新聞折込チラシに冷暖房費・教室維持費を馬鹿正直に書いていたら
良心的な塾の方が勝つに決まっています。

そもそも評判が良くないのに教室が増えている塾は確実にぼったくりをしています。
ぼったくりしまくって儲かっているんでしょう。

塾を決める方のほとんどが他と比較せず決めてしまいます。
本当はもっと安い費用でいい指導が受けられるとも知らずブラック塾の餌食に…。

騙されないためには体験を受ける前にお電話で

「毎月の費用や年間の費用を詳しく教えてください」

これを必ず聞いてください。
体験に行ってからではなく、電話で聞いてください
良心的な塾なら電話で費用を丁寧に説明しますし、ブラック塾なら…
言葉を濁して「まずは無料体験を!」と勧めてきて子どもをその気にさせるでしょう。

費用の詳細を電話で詳しく教えてくれない塾には体験に行ってはいけません。
ぼったくり飲食店に行くようなものです。
恐ろしや恐ろしや…。

◆ちなみにてらこやは…

◎指導にかかる費用は「入塾費・月謝・年間教材費・模試費」のみで、
わけのわからない冷暖房費・教室維持費はかかりません。

◎ホームページや新聞折込チラシに載せている費用が月謝で、冷暖房費・教室維持費も
当然含まれた費用です。

◎夏期講習・冬期講習など追加講習は強制ではなく、ご希望に合わせて受講可能です

◎てらこやの費用が安いのは人件費以外のコストカットなど経営努力の結果で、
講師の質が悪いわけではありません。人件費は高いです!
社会人講師も増え人気講師が何人も所属しています。


消費者庁さん!
消費者をだますブラック塾の営業手法をなんとかしてください!
月謝に冷暖房費・教室維持費を含めるように是正させましょう!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


さて、すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、実は今年から
ホームページに中学受験の合格実績を掲載しています。

今までだと半年間はホームページに載せていなかったのですが、
他塾が載せているのにうちだけ載せていないと

「てらこやさんの実績は大したことないんじゃない?」

誤解されかれないと思ったからです。

また、私はもっと合格させたかったのですが、どうも他の方からは
「素晴らしい実績ですね!」
「津山では大手ですね」
といったご意見をいただき、じゃあ載せよう!となったわけです。
しかし、私は単なる合格者数よりも以下のことが素晴らしいと考えています。

◆習い事と掛け持ちができ長時間指導していないのに地区2位の実績

他塾の結果を調べてみると、どうも地区で同率2位だったようです。
てらこやも津山では大手になったものです。
習い事をさせないような塾もあるなか、頑張ったのではないでしょうか。
1位の塾にはかなう気がしませんが、小学生が小学生らしい生活を過ごせて
自然に学力がつくような指導をしているので2位でいいと思います。

◆不合格だった生徒もほとんどが塾を継続してくれていること

実は、中学受験に不合格だった生徒さんの8割もの生徒がてらこやを
継続してくれています。
他の塾さんだと不合格の場合はほとんどが辞めて塾を変えるそうですが、
てらこやの場合は子どもたちに再チャレンジの環境を整えています。
当然ですが、他塾で不合格だった生徒さんも多数来てくれています。


◆合格・不合格を問わず津中受検後の自ら勉強する姿勢が素晴らしい

今年は特にですが、受検後の生徒たちの姿勢が素晴らしい!
津中に合格・不合格を問わず切り替えが上手にできています。
てらこやの中学準備クラスでは、親切丁寧な一斉授業はせず
数学と英語の勉強の仕方を教えてバリバリ進ませています。

ほとんど教えていないのに、初めて習う数学や英語を正しく勉強できている。
これはとても素晴らしいことです。

なかには数学では方程式や比例反比例が終わる生徒もいますが、
これを教えられずに自分でやっていることが本当に素晴らしい。

もちろん、計算式が丁寧に作れていない生徒への声かけや音読のチェックなど、
生徒の個性を見ながら微調整していくのがてらこやの仕事です。

そして、新中1もいよいよ4月からはハイブリッド個別クラスになり、
各学年の生徒が集まって、もっともっと楽しい指導が始まります。
指導する私もワクワクしています!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いかがでしょうか。
てらこやでは特に小5・小6・中1・中2を過ごすと本当にいい勉強ができます。
自画自賛になりますが、てらこやが合うのなら一番いいのではないでしょうか。
ですので、津山地区で塾を考える場合はまずはてらこやの指導を
体験していただければと思います。

公立中高一貫校対策クラスや新中1の中学準備クラスなどまだまだ
新規入塾生を募集しております。

曜日時間によっては入れない時間も出てきましたので、入塾希望の方は
お早めにお問い合わせください。

入塾希望の方は面談をお申込みしていただくか、以下の入塾説明会に
ご予約してください。

2月25日(日)入塾説明会:沼教室

⇒入塾説明会のご予約はこちら


なお、親子で勉強する親子塾のご予約も受け付けております。

2月24日(土)親子塾:沼教室

⇒「親子塾」の詳細・ご予約はこちら


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2月からは新小6(現小5)や新小5(現小4)対象の公立中高一貫校対策クラス
も始まります。

また、新中学1年生のクラス「中学準備クラス」はすでに始まっています。
中学準備クラスはお得なお月謝で中学で必須の国数英の基礎学力を身につけられます。
国語も指導できるのがてらこやの強みですね。(週1回4,320円 週2回6,480円

もちろんご希望の方には速習指導のようにどんどん先に進めることができます。
また、ハイブリッド個別クラスと個別指導クラスの判定も行いますので、
てらこやをご検討の方はお早めに入塾していただいた方がいいかと思います。

現在、小学生・新中学1年生以外の生徒も募集中です。
募集は随時しておりますが、以下の日程で入塾説明会も予定しております。
(日程 2月26日,3月26日)

津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

てらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!



oyakojyuku



こんにちは!

写真は今年から始まった新しいサービス「親子塾」の予約ページです。

先日行った塾内生向けのセミナー「津山中学受検対策セミナー」で親子で
思考力の問題を解いてもらったところ大変楽しそうでした。

あ、これは定期的にやれば面白いかも!ということで2か月に1回程度、
親子で学習できる集まりを開催することにしました。

対象:小学校3年生から小学校6年生

科目:国語・算数の文章問題

費用:無料

予約方法:ホームページまたはお電話

塾内生はもちろん
塾外の初めての方も参加できます!

◆途中式を書かない
◆1問をじっくり考えない
◆わからないとすぐあきらめる

といった、子どもさんの悪いくせでお困りの方はぜひ親子でご参加ください!
保護者様が言っても聞いてくれないことを、私たちが丁寧に解説します。

親子でやる工作教室があるのならば、親子でやる学習会があってもいいですよね?
正しい勉強法を親子で学んでもらえば、家での学習もうまくいくと思います。
この親子塾って今までやられていない大発明だと思います。

今後、てらこやは親子塾をどんどん広めて家庭の教育力を高めていきます。
ご期待ください!

⇒「親子塾」の詳細・ご予約はこちら


さて、2018年1月現在の中学3年生からセンター試験が廃止され2020年には新たに
「大学入学共通テスト」が導入されることが既に決定しています。


そこで、てらこやが皆様に安心して選んでいただけるような学習塾であるために、
2020年から始まる「大学入学共通テスト」に向けて、どういう方針で指導して
いくのかをお伝えいたします。

前回の‐学生の指導方針
に引き続き
今回は

中学生高校生の指導方針


のお話をさせていただきます。



目次
1.中高生の基本的な指導方針
2.大学合格実績のカラクリ
3.|羈悖院腺嫁生で身につけるべきこと
4.中学3年生で身につけるべきこと
5.9盥撮院腺嫁生で身につけるべきこと
6.す盥撮廓生で身につけるべきこと
7.保護者様が中学高校生のわが子にできるサポート


中高生の基本的な指導方針



てらこやは自分で学べる力をつけて

中3・高1くらいで塾を卒業してほしい
(または高校生は自習室および学習相談程度の利用)

と考えています。


え!?
と思われる方もいるでしょう。

高2・高3も大学入試対策が必要なのではと思われるかもしれませんが、実は旧帝大や
医学部などの有名大学に行く生徒のほとんどは一斉指導の塾に行っていません。

高い偏差値の大学を狙っていなくても高3にもなれば一人ひとりが学ぶべき内容は

十人十色で「集団授業の塾に行って意味があるのだろうか…?」
と思うようになります。
できるようになればなるほど塾の一斉指導なんて非効率になってくるのです。
(※家庭教師などの個別指導は効率的なので受ける生徒もいます)

大学合格実績のカラクリ



では、予備校のすごい合格実績はどうなの?
と思うでしょうが、あれは
成績特待生の数字を入れている場合がほとんどなのです。
成績特待生制度とは、成績が優秀な生徒はタダもしくは少額で塾に通える制度で、
都市部の有名高校の生徒は学生証を見せたら顔パスのように自習室を利用できます。

成績が優秀な生徒は塾や予備校の集団授業なんてほとんど受けません。
彼らにとって学校の授業で十分で、もう一回授業を受けるなんて非効率ですから。
そういう成績特待生のほとんどは塾や予備校の自習室しか利用していないのです。

自習室をタダで通わせ、さらに無料講習を受けてもらい合格実績に入れてしまう。
その数字をチラシやホームページで使わせてもらって、普通の保護者様に

ああ、あの塾に行けば○○大に行けるんだ!

と勘違いをさせるのです・・・。

もちろん個人塾など一部は真面目に開示している塾もあるのですが、大手塾に
なればなるほど成績特待生の数字を入れて保護者様の誤解をさそうような
ところがほとんどなのです。

結局、集団指導塾では、大学別対策でもしない限り非効率となり、
高1高2高3と学年が上がるにつれ「行っても意味がない」ということに
生徒自身が気づき通塾する生徒は減っていくはずです。
※都市部の東大・京大志望者向けの集団指導なんてのは意味ある指導と言えます


では、中学生高校生にとって塾の本来の役割とは何でしょうか。
特に集団指導で大学別対策もできない地方での塾の役割とは何でしょうか。
手取り足取り親切ていねいに教えることが生徒のためになるのでしょうか。

てらこやは、生徒一人ひとりがいつか

自分の学習スタイル

を確立させて
塾いらずになることを目指す、このことを目標に掲げています。

ある程度勉強ができる方ならわかると思いますが、できる人といのは
学校や塾から与えられた宿題だけをするのではなく、自分に必要な学習を行い
日々改善して高みを目指しています。
つまり受け身ではなく
自ら行動する能動的な姿勢が身についています。

しかし、そのような理想的な姿勢はすぐには身につきません。
てらこやは、その理想的な姿勢を中学高校生に徐々につけていきます。

|羈悖院腺嫁生で身につけるべきこと


◆中学の生活に慣れる
◆各教科の基本的な学習姿勢を身につける
◆テスト前だけでなく日々復習をする
◆学期ごとの復習をする(実力テスト・模試対策)
◆中だるみに注意
◆中高一貫校は基礎基本を大切に・合格で調子に乗らない
◆記述力・国語力を鍛える・英検を取得する

この時期に自分の学習スタイルが完成している生徒は正直ほとんどいません。
ですので、てらこやは徐々に自分の学習スタイルを作れるようサポートします。

まずは、中学生になってから大切な日々の学習習慣を定着させます。
小学生までは学校の先生がマメに宿題チェックをしてくれていましたが、
中学以降は週末の課題や定期テスト前の課題程度でチェックの頻度が減ります。

なので、勉強をしなくなってしまう生徒も多いのですが、30分〜1時間程度
でもいいので毎日勉強する習慣を持ってほしいです。
英語は毎日音読する習慣をつけておくと自然に得意科目になります。

特に中学受験をして中高一貫校に合格した生徒は要注意です。
生徒も保護者も合格で安心しきって、せっかく身についた勉強習慣を簡単に
手放してしまう人が毎年多数います。

中高一貫校は難しすぎる問題も全員に宿題にされるのですが、難問はできなくても
あまり気にせず基礎基本を大切にしていってください。
高校以降の勉強ができるためには中学の基礎基本ができていれば問題ありません。
もちろん将来医学部を目指すような子は難問にもがっつり取り組んでください。

また、余裕のあるこの時期に英検をとっておきましょう。
国語・英語・数学は学校のスピードに合わせる必要はまったくありません。
先取りできる生徒はどんどんしていきましょう。

中学3年生までに身につけるべきこと


◆高校受験への切り替え
◆自分の学習スタイルの確立(=与えられた宿題以外を学習できる力)
◆教科書レベルから応用問題への取り組み
◆中高一貫校は引き続き中だるみに注意
◆引き続き英検など英語系の検定をとる

中3から高1にかけての学習はとても大切です。
この時期の順位が高2以降の順位に直結するからです。
中3と高1でぐっと順位を上げておかないと高2高3では正直逆転はしにくいです。

中3は高校受験をする場合は早めに対応するようにしましょう。
部活動が終わって夏休みが終わってから、なんてのは遅すぎます。
中2の3学期くらいからは各教科1冊の復習の教材を決めて高校入試に出るような
応用問題に徐々に挑戦していきましょう。

そこで大切になるのは、まずは基礎基本を大切に。
基礎基本を忘れた単元はまずは復習してから応用問題をしましょう。
例えば1次関数の基礎を忘れて応用問題は絶対に解けません。

また、数学や理科の考えるタイプの問題は丸暗記に頼らないようにしてください。
応用問題は丸暗記ではなく、一問一問をていねいに完璧に理解することが重要です。
解答でわからないところがあれば学校や塾の先生にどんどん質問をしましょう。

中高一貫校は引き続き中だるみに注意してください。
高校受験がないため良くも悪くもゆとりがあって勉強しなくなる生徒もいます。
高1で大変苦労することになりますので、高校受験の問題を解いたり高校の先取り
をしたりするくらいの意欲が必要です。

9盥撮院腺嫁生で身につけるべきこと


◆予習の習慣(学校の授業の準備)
◆日々の復習
◆大学受験の早期計画
◆人に聞かなくても学べる方法の習得
◆スピード・効率を意識した生活
◆必要に応じて参考書を遠慮なく買う(ただし問題集は1つ)

与えられた宿題だけをやって成績優秀でいられるのは中学生まで。
中学までの簡単な内容では宿題や教えられる塾に通うだけで成績がいい生徒もいて、
自分は頭がいいと勘違いをしてしまいます。
実はそういう生徒のほとんどは高校1年生でつまづきます。

なぜなら、高校での学習は学校の宿題や塾の指導を受けるだけでは到底
ついていけず、学校の授業を自ら予習し復習する習慣が必要だからです。

わかりやすいのが英語です。
英語は学校で決められた1冊の単語帳で単語テストを進めていきますが、
高校英語が苦手な生徒のほとんどは単語をまったく復習していません。
単語の復習は宿題にはならず、復習は生徒任せになっているためです。
学校の単語テストでは一夜漬けで点は取れるけど、範囲の広い模擬試験では
さっぱりできないという生徒が出来上がってしまいます。

私が英語が苦手な高校生に「まず単語を徹底的に復習しろ!」と言うと、
「あ、そうか、まったく復習してませんでした」といった反応をよくされます(笑)

こんな感じで与えられたものだけをしてきた生徒は、その時々で
「何を勉強すればいいのかわからない」そんな高校生になってしまいます。

あと、高校生になったら学校の教科書や教材だけに頼らず、自分で書店に足を運び
各教科ともに今の自分のレベルに合った参考書を買うことが大切です。

例えば、数学ではチャート式という教材もありますが、その解説だけではどうも
よくわからないことがあるので、解説がていねいな参考書が欲しいところです。
わからない問題は学校や塾の先生に聞けばわかりますが、高校以降の勉強では
いちいち先生に聞いていたのでは効率が悪いです。


自分でできることは自分でする

このことが高校生の学習で大切なことで、そのためには学校の教材以外の
「自分で調べる参考書」が必要かと思います。
「ある先生に聞いてわからないことが、他の先生に聞いたらわかった。」
というようなことが教材でもあります。
ある教材でわからないことが、別の教材を見たらすっとわかった
。」
したがって、調べるための参考書には是非お金をかけてください。
(※やっぱり使えないや、と無駄になることがあるかもですが気にせず買いましょう)

なお、ガリガリ問題を解く問題集はあれこれ手をつけてはいけません。
参考書はたくさんあってもいいが、手を付ける問題集は1つ。
学校の教材を中心に自分のレベルに合ったものを一冊選びましょう。

9盥撮廓生で身につけるべきこと


◆自分の志望校の2次試験対策
◆3年夏休みまでに各教科基礎基本を完成
◆センター暗記科目の社会や生物は直前の11月12月にスパート
◆他責にしない精神力


高校3年生は夏までが勝負です。
夏までに各教科の基本をマスターしておかないと間に合いません。
中学のときのように部活動が終わって5月から頑張ろう、なんて悠長なことは
言っていられません。

ちゃんとやっている生徒は部活をしながらでも勉強に時間をさいていますし、
日々の行動のスピードや集中力が抜群にあります。

さらに〜が悪いといった、すぐ他人のせいにするような愚痴ぐちタイプは
自分の改善点を見つけることができずいつまでたっても成長できません。
点数が出ないときは弱気になり、ついつい他責にしてしまいがちですが、
何かうまくいかないときは日ごろの自分の行動を見直してください。

医学部看護学科を志望しているある生徒が勉強がはかどらないときに、
「看護師になるのなら別に専門学校でもいい」と弱気になっていたので、
「ただ逃げたいだけじゃろ。国立で勉強できたら全然違うぞ!」と渇を入れました。
その結果、センター試験でもいい点数を出し国立を受けることができました。

心・技・体、すべて整うことで受験勉強は実のあるものになり、
最高の状態で大学受験できるようになります。

てらこやは自分でできる生徒には高1などで塾を卒業してもらってもいいのですが、
レベルの高い大学を受ける方や学習アドバイスが欲しい方には残ってもらっています。
てらこやの高校生指導は基本的に個別指導なので、集団授業の塾では受けられない
学習法のアドバイスや解説を、各生徒の学力や目標に合わせて行っています。

保護者様が中学高校生のわが子にできるサポート


◆学習しやすい環境を整える
◆学習スケジュールを一緒に考える
◆わが子の話を聞く
◆大人の考えを押し付けない

中学高校生になれば勉強は子ども次第と考える方は多いと思います。
ところが、案外そうでもありません。

たとえば、定期テスト前や入試前は外食を控えて勉強に専念させてあげることも
保護者様ができる大切なサポートです。
外食に行けば行き帰りの移動で30分、お店でゆっくり食べて1時間、
合計1時間半くらい時間を使ってしまいますが、家で食べれば30分で済みます。
テスト前の1時間ってとても大切な時間です。

学習計画がたてられない子どもさんを嘆く保護者様がいますが、
計画はそもそも大人でもなかなかたてられない難易度の高いことです。
中学生くらいでは自分で計画できない子がいるので手伝ってもいいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いかがでしたでしょうか。
中学生高校生での指導方針は、まとめると以下のようになります。

1.いつか成績優秀なまま塾を卒業、または自習室程度の利用になってほしい

2.自分の学習スタイルを作ってもらいたい、そのお手伝いをする

3.生徒一人ひとりに合わせて学習をカスタマイズする

中学高校以降は生徒一人ひとりに合わせてあげる必要があります。
特に高校受験や大学受験のときには、各生徒によって勉強すべきことや
やり方も変わってきます。

成績のいい人の勉強法というのは確かにあります。
ただし、土台は一緒なのですが、細かいところでは一人ひとり異なります。
一番やってはいけないのは、「絶対成績がのびる東大生の勉強法!」みたいな
頭のいい人の勉強法を鵜呑みにすることです。

大切なのは自分のレベルに合った教材を使うこと。
難関大学を目指しているからといって、最初から難しい教材を使っても力はつきません。
例えば、国語や英語で学校の授業についていけないなら、語彙力や文法力が不足していて
それらを徹底的に鍛える必要があります。
言葉が易しいついていけるレベルの教材でコツコツとやり直すしかありません。

といっても簡単すぎてもいけませんが…
その生徒に最適なレベルを見抜きアドバイスするのがてらこやの大切な仕事の1つです。

てらこやは正しい学習法の土台は入塾時に全員に教えます。
しかし、生徒たちにはいつか「自分の学習スタイル」というのを身に着けてほしいです。
毎日英語を音読する、教科書を読み込む、1時間は絶対集中するなどなど…

皆さん、わが子にこういった「自分の学習スタイル」を身に着けてほしいですよね?
そうすれば大学生・社会人になっても学び続ける人になれるはずです。
それをサポートする塾がてらこやだとお考え下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、今年の新年以降の入塾者ペースは過去最高です。
早くも曜日時間によっては指導できない学年も出てきました。
てらこやに入塾をご検討の方はお早めにお問い合わせください。

2月からは新小6(現小5)や新小5(現小4)対象の公立中高一貫校対策クラス
も始まります。

また、新中学1年生のクラス「中学準備クラス」はすでに始まっています。
中学準備クラスはお得なお月謝で中学で必須の国数英の基礎学力を身につけられます。
国語も指導できるのがてらこやの強みですね。(週1回4,320円 週2回6,480円

もちろんご希望の方には速習指導のようにどんどん先に進めることができます。
また、ハイブリッド個別クラスと個別指導クラスの判定も行いますので、
てらこやをご検討の方はお早めに入塾していただいた方がいいかと思います。

現在、小学生・新中学1年生以外の生徒も募集中です。
募集は随時しておりますが、以下の日程で入塾説明会も予定しております。
(日程 1月29日,2月26日,3月26日)

津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

てらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!

2018_0101



こんにちは!

こちらは14日の日曜日から配布しているチラシです。
お恥ずかしいのですが、私の写真を入れました。
顔をいれることで安心していただけるそうで、決して目立ちたいという
理由ではありません。

今年は「子どもの個性」を大切にする塾、ということをテーマにしました。
てらこやってどんな塾だろう?と考えたときに、教えすぎない、静かな教室、
個別に指導をする…など色々思い浮かびましたが、よく考えてみたら

一人ひとりの生徒に指導をカスタマイズしている

ということに気づきました。

私や教室長のもとには毎日のように電話やメールでご相談が来ます。
その一つひとつを丁寧に考えアドバイスし、その子にあった指導をしていく。
こういう塾ってあまりないのではないかと思います。
普通の塾なら「一斉指導なので対応できません」といった場合がほとんど。

ただし、あくまで他の塾さんと比べて融通が効くというだけで、
なんでもかんでもご要望を受け入れられるわけではありません。
特に、最初の入塾面談でお伝えしたガイドライン(指導方針)を
生徒やご家族が守らなくなると私たちでもお手上げになってしまいます…。

私が考える塾の理想は、中3や高1高2で塾を辞めていただくことです。
え!?と思われるでしょうが、生徒の自立をうながす塾なら当然のことです。

もう塾に行かなくても勉強できるので辞めます!

と言って辞めていただくのが一番嬉しいですね。
表彰状を渡したいくらいです(笑)

てらこやを卒業した生徒には○○大学に受かりました!津高でトップレベルです!
というような素晴らしい噂を生徒づてに聞くことがあります。
もちろんトップレベルでなくても、その子らしい生き方を満喫してくれてたらいいです。
部活や勉強を頑張っています!なんて年賀状をいただくこともあります。

こういう話を聞くと涙が出るくらい嬉しいので、卒業した生徒は
たまには遊びに来てくださいね☆


津山中学の合否結果



さて、今週の火曜日から津山中学の合否結果の報告が続々と届いています。
それに伴い、てらこやのホームページやブログのアクセス数が大幅に
アップしています。

みなさん、てらこやは津中に何人合格したのか?
大変気になるところでしょうが、残念ですが全員合格ではありませんでした。

てらこやでは全員合格でない限り「何人中何人合格した」なんてことは、
ブログやホームページでは半年間は発表しません。

誤解しないで欲しいのですが、他塾と比べて決して悪い実績ではないと思います。
○人合格!いえい!みたいな派手な広告はしばらくは出したくありません。
残念だった方の気持ちを考えるとつらいじゃないですか。
今はブログや広告などで簡単に公開したくありません。

ただし、入塾説明会では合格実績はお話します。
これからてらこやに入塾しようと決意して来ていただいた方々には、
いいことも悪いことも包み隠さず全てお話する義務があります。

受検対策は中高一貫校の実情や保護者様に知っておいてほしいことなど、
皆様にわかりやすく説明いたします。

⇒入塾説明会のご予約はこちら

特に津山中学を受検しようとお考えの方にはきちっとお話します。
何人中何人合格というのは気になりますからね。


努力を続けて運をつかめ



しかし、これだけは言わせてください。
てらこやの生徒は全員合格する力がありました。
それでも残念な結果になる方がいるのはなぜか。

それはもう



としか言いようがありません。

受かった人は運がよかった、残念だった人は運が悪かった。
そう考えてください。
津山中学の適性検査はそういうものです。
5点10点で合否が変わりますが、そこに大した差などありません。

てらこやで受検対策をすれば、全員あとは「運次第!」というところまでは
力をつけることができます。

実は、この運次第は中学受検以降もずっと続きます。
中学校でも努力を続ければ運次第で幸運をつかめる。
高校でも、大学でも、社会人になっても・・・

運をつかむには

努力を続けること

人生、結局はこのことが大切です。

トライ&エラー
挑戦⇒失敗⇒挑戦⇒・・・・・幸運! ⇒ また挑戦⇒失敗⇒・・・

こういった挑戦、失敗の繰り返しで人間は成長していきます。

だから、津山中学に合格したからといって有頂天になってはいけません。
津中に行けば国立大学は余裕で行けると勘違いされている方が多いのですが、
国立大学に行くのはそんなに簡単ではありません。
生徒だけでなく保護者様も気を抜いてはいけませんよ。

逆に今回中学受検で不合格だった方も諦めてはいけません。
努力を続けているうちに、いつか運をつかむことはできます。
高校受験や大学受験でリベンジできます。

以前書いた記事ですが、こちらも参考にしてください。

⇒津山中学に不合格だった人へ


幸運はその辺に転がっています。
しかし、努力をし続けた者だけが幸運をつかむことができます。

だれの周りにも平等に転がっています。
大切な人との出会い・チャンス・ものなど。
そういう幸運を見過ごしてしまうのは、結局努力をしていない人間です。
都合の悪いことは誰かのせいにして、見て見ぬふりをする。
私の20代もそうだったのでよくわかります。

「努力を続ける!」てらこやはそういう熱い生徒を募集しています。
すでに津中を不合格だった子の中で何人かが継続を決めてくれました。
努力を続ける、そういう生徒を無条件で迎え、最大限にサポートします。

小6受検クラスに参加するためのテスト



今年度から小6受検クラスに参加希望の方には、向き不向きを審査する

適性テスト
(国語・算数・面接を小6の4月と8月に実施)

をすることにしました。

てらこやの受検クラスに参加するためのテストで、国語と算数の基礎のチェック
(今まで学校で習った内容)と保護者様と子どもさんの面接で向き不向きを
判断させていただきます。

※国語と算数は、適性検査型の問題ではありません。
※特に受検のリスクと入学後についてを理解していただきます。
※小5の受検クラスは今まで通り面接のみで参加できます。
※小6の4月まではテスト無しで参加できます。
※4月時点で参加できない、という場合は個別指導で対応し8月に再受検できます。

今までなかったテストを導入する理由は、いくつかあります。

・授業の質を保つため
・受検勉強のみならず合格・入学後も相当の覚悟が必要なため
・子どもだけでなくご家族の意欲や適性を審査するため

私は中高一貫校について少し誤解をしていました。
向き不向き、メリットとデメリットがあるということを。
少しは理解していたつもりでしたが、思った以上に色々あります。

入学してみると高校受験がある普通の中学とは大きな違いがあります。
この違いを正しく理解していないと大変なことになります。
たまたま合格してしまった人、情熱がさほどなく塾の受検技術指導で合格した人、
入学してから相当苦労します。(そういえば高専なども同じですよね…)

今回は細かく書きませんが、塾内の津中生向けにはガイドラインを配る
必要があると感じています。

この中高一貫校と普通の中学の違いについても入塾説明会では
細かくお話したいと思います。
皆さん、知っておいて損はないはずです。

入塾説明会は1月だけでなく2月3月にもありますが、
てらこやで受検指導を受けたい方はお早めにご参加ください。

⇒入塾説明会のご予約はこちら


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2月からは新小6(現小5)や新小5(現小4)対象の公立中高一貫校対策クラス
も始まります。

また、新中学1年生のクラス「中学準備クラス」はすでに始まっています。
中学準備クラスはお得なお月謝で中学で必須の国数英の基礎学力を身につけられます。
国語も指導できるのがてらこやの強みですね。(週1回4,320円 週2回6,480円

もちろんご希望の方には速習指導のようにどんどん先に進めることができます。
また、ハイブリッド個別クラスと個別指導クラスの判定も行いますので、
てらこやをご検討の方はお早めに入塾していただいた方がいいかと思います。

現在、小学生・新中学1年生以外の生徒も募集中です。
募集は随時しておりますが、以下の日程で入塾説明会も予定しております。
(日程 1月29日,2月26日,3月26日)

津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

てらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!

tsutyu


※今回の記事は2017年の記事「中学受検の真実」をベースに
一部加筆したものを掲載しております。


こんにちは!

本日は津山中学の受検日です。
私も当塾の生徒を見送りに会場に行きました。
例年同様、大変冷え込みましたが、一人ひとり「大丈夫!」の声かけをしました。

長い子で2年、短い子で半年、一緒に勉強した期間に差はありますが、
皆さん本当によく頑張りました。

生徒だけではありません。
保護者様や兄弟姉妹などご家族全員が頑張りました。

塾への送り迎え、ご家庭での勉強などをサポートとしていただき
ありがとうございました。

毎年恒例ですが、津山中学の受検日ということもあり、将来中学受検を検討している方に
アドバイスをさせていただきたいと思います。

※注
受検と表記していますが、公立中高一貫校は適性検査という検査なので受検と呼ばれます。
一方で、岡山白陵など私立中学の入試は受験と呼ばれます。
今回は中学受検と表記してますが、私立中学入試も含めた中学受験という意味とお考えください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

中学受検指導に数年関わって見えてきたことがあります。
それは、中学受検は「うまくいく」と学力のみならず、
子ども自身の人間力や家族の絆を深めるということです。

「うまくいくと」というのは合否の結果ではありません。
紆余曲折があるかもしれませんが、子どもさんが受検に前向きになって
受検日まで全力で勉強したのなら「うまくいった」と言えるのではないでしょうか。

では、どうやったらうまくいくのでしょうか。
それは、子どもさん自身が受検にもともと前向きであることも大切ですが、

ご家族が受検に協力することが大切

だと思います。


考えてみてください。
まだ幼い小学校6年生の子どもが受検をするのです。
中学3年生や高校3年生ではありません。
もし、塾任せにして子どもだけが勉強するようなら「うまくいく」はずがありません。

受検をしない友だちはその辺で遊んでいるのに、夏休みも冬休みも年末年始も勉強勉強。
当然ストレスも溜まりますし成績も思うように上がりません。
そこで、勉強に協力的でない保護者様に模擬試験の結果を見られて
「なんて点数をとってるの!」などと言われようものなら…
子どもさんもプッツン切れるでしょうね。

勉強をやるのは子ども本人ですが、保護者様のサポートももちろん大切になります。
問題を一緒に考え、できなかったことができるようになったら「すごいね!」と感心する。
楽しさと苦しさを子どもさんと共有するだけでも十分協力的だと思いますよ。

「結局は受検は子ども次第ですよね」

なんて言葉はあまりに無意味です。
そんなの真実ではありません。

もうお気づきかと思いますが、中学受検は親次第、家族次第なんです。
合否ではありません。
家族次第で「やってよかった」と「やらなければよかった」が分かれるのです。

てらこやの生徒たちは全員うまくいきました。
受検前には全員が驚くべき学力を身につけ、勉強が面白いと口々に言っていました。
その光景は奇跡的で確かに指導している私も面白いのです。
今年も全員合格できる力を持っていますが、もう結果はこだわりません。
私は満足しています。
うまくいったからです。

恐らく…てらこやの中学受検の学習は他塾より大変です。
なぜなら、ご家庭に求める負担が大きいからです。
思考力育成のワーク、難しいですよね。
保護者様を連日連夜苦しめたかもしれません。
国語や社会の答え合わせ、大変ですよね。
合っているかどうかの判断が難しい。
面接練習にいたっては受検直前は毎日してもらっています。
本当にありがたいことです。
ただ、大変だったでしょうが子どもの学力はものすごく伸びたと思うのです。

一般的な塾はどうなんでしょうか。
受検指導はお任せください!
塾でがっつり指導をします、ご安心ください!
質問はすぐに教えます、どこよりもわかりやすく指導します!
耳障りのよい言葉が並びますがそれだけで本当にうまくいくでしょうか。

てらこやはあえて言います。

安心しすぎないでください!
塾に任せすぎないでください!
塾や子どもさんと一緒に頑張りましょう!

ああ…言っちゃた…(><)
お客さんがいなくなるのではないかと心配になります(笑)
でも、これが中学受検の真実だと思うんですよ。
別に私がラクしようとしてるわけじゃないです。
この方が「うまくいく」のです。

私は合否だけにこだわっておりません。
受検を通して子どもだけでなくご家族全員に成長して欲しいと願っています。
中学受検という難局を乗り越えたご家族は、どんな荒波にも耐えうる船になるでしょう。

今日は受検を終えた子どもたちが教室に報告に来てくれます。
結果はどうあれ、いいお顔を見れたら私は幸せです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2018年1月6日加筆

ここまで「家族みんなで中学受検に取り組む」ことの大切さをお話ししました。
中学受検の真実として、もう1点加筆します。
それは、

「中学受検の合否が全てではない」
「受検後の学習習慣こそ大事」


ということです。

津山中学に合格できなかったらもうだめだ。
そんな考えの方がいますが、それはまったくの嘘です。

なぜなら、

中学受検で合格しても苦労している人がいるからです。

理由はいろいろあるでしょう。

中学受検の勉強で燃え尽きてしまって、入学後に勉強をしなくなる。
高校受験なしでエスカレーター式に高校に行けるから安心してしまう。
合格祝いで買ってもらったスマホのゲームやSNSにはまる。
普通の学校よりも多い宿題にやる気を失せてしまう。

共通して言えることはせっかく合格したのに

やる気

を失くしてしまっていることです。

なぜやる気を失くすのか。
それは、できる集団の中で成績を比べられるからです。

私は「アリさん理論」と呼んでいるのですが、
働きアリの2割しかよく働いていなく、2割はさぼってしまうらしいです。

アリと同じ現象がどんな組織にも2:6:2の割合で、

「できる層:中間層:できない層」

ができてしまうのだとか。
※この考えは、もともとは経済学のパレートの法則からきています。

中学受検後のクラスでも例外なく「アリさん理論」が発動しています。
難関の試験をくぐり抜けてきたのにも関わらず、順位がわかってしまうため
「私って優秀じゃないのかも…」とやる気をなくしていき、
2:6:2の割合で成績分布が出来上がってしまうのです。

下位の2割がすごいです。
簡単な中2レベルの英語が50点以下になってしまうのです。
普通の公立中学に通っていたらトップレベルになったであろう子が。

逆に、中学受検に不合格でも公立中でなにくそと頑張り、
県外のトップレベルの高校に合格した生徒もいますし、
そこまでいかなくても、地元の中学でトップレベルをとる生徒は何人もいます。

したがって、中学受検の真実に1つ加えるのは

受検後の学習習慣こそ大事

ということです。

合格だろうが不合格だろうが、せっかく身についた勉強習慣を捨ててしまわずに、
中学以降で生かしている生徒がうまくいっています。

人生80年、若い世代なら100年かもしれません。
12歳の中学受検程度で人生が決まるわけがありません。

大変だった受検勉強ですから、少しくらい休んでも構いません。
ただし、休み過ぎないようにしてください。
休んだ分だけ起き上がるのが大変になります。

半年とか遅いですよ。
1・2か月で起き上がってください。

よし、もう一回頑張ろう。
という気になったら、てらこやに来てください。

当然、津中の合否は問いません。
塾内生はもちろん、新中1からてらこやで頑張ろう!という
塾外生も歓迎します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、こんな変わった塾ですが、大変と言いつつも子どもたちは楽しいそうです。
てらこやは、勉強を楽しくするのは得意なのです。
なぜなら、勉強をおもちゃのように考えているからです。
子どもたち自身に考えさせ、教えすぎないことで楽しくなるようです。

2月からは新小6(現小5)や新小5(現小4)対象の公立中高一貫校対策クラス
も始まります。

また、新中学1年生のクラス「中学準備クラス」はすでに始まっています。
中学準備クラスはお得なお月謝で中学で必須の国数英の基礎学力を身につけられます。
国語も指導できるのがてらこやの強みですね。(週1回4,320円 週2回6,480円

もちろんご希望の方には速習指導のようにどんどん先に進めることができます。
また、ハイブリッド個別クラスと個別指導クラスの判定も行いますので、
てらこやをご検討の方はお早めに入塾していただいた方がいいかと思います。

現在、小学生・新中学1年生以外の生徒も募集中です。
募集は随時しておりますが、以下の日程で入塾説明会も予定しております。
(日程 1月29日,2月26日,3月26日)

津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

てらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!

image



あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年一発目の写真が栄養ドリンクでなんとも痛々しい…
新年から中学受検指導を頑張っております!

※公立中高一貫校は適性検査を行うので、受験ではなく「受検」と呼ばれます。
※今回は中学受検と書きますが、中学受験と同じものとお考え下さい。

さて、抱負の前に毎年恒例の箱根駅伝の話題から(笑)
さすがに今年は無理だろうと思っていましたが、やはり総合優勝は青学でした。
往路優勝した東洋大を復路の6区で逆転して、最後は6分31秒差で圧勝。

選手個人の力もすごいのでしょうが、やはり原監督の力も大きいのでしょう。
トレーニング方法・学生マネージメント・選手自ら動く能動的な姿勢、
これらの仕組みを作り上げていったのは間違いなく原監督です。

優勝後のインタビューで原監督は語ります。

「強くなければ伝えられないんですよ」

いくら正しいことを言っても強くなければ相手にされないということです。
これはてらこやも同じです。
いくら理想的なことをホームページやブログに書いても、結果を出さなければ
「なんだ大したことないじゃないか」と思われて相手にされなくなります。

では、てらこやは何の結果を重視しているのか。

それは

津山中学受検の結果

です。

塾にとって高校受験・大学受験も試練ですが、なかでも一番の試練は中学受検です。
なぜなら、小5〜小6を指導するのは中高校生を指導するより何倍も難しく
「結果」を出すには大変苦労するからです。

中学生や高校生の指導ではごまかしがききます。
講師の教え方が下手でも生徒の学力でカバーできてしまいます。
ところが、小学生指導はごまかしがききません。
大人からすると簡単なことでもさらに簡単に教えないといけませんし、
難しい問題も簡単に説明しなければいけません。

小学生は精神的にも幼いので宿題の管理なども大変です。
家庭学習のコーチング、作文や記述問題の添削など中高生指導に比べて困難を極めます。

指導者に求められるのは人間力。
人生の酸いも甘いも全てを知っていないと指導できない、
それが中学受検指導だと思います。

だから中学受検で結果を出す塾に対して、私は心の底から尊敬します。
私たちてらこやも中学受検で結果を出すべく1月3日から始動しました。
今年も当たり前の努力をコツコツ続けております。

ちなみに結果というのは合格者数だけではありません。
合格率が大切です。

合格者数なんて生徒をかき集めたらなんとでもなります。
受検直前にだけ塾に駆け込む方が毎年何人もいますから、受かりそうな子だけを
入塾させて合格者数に加えればいいのです。
※もちろん、てらこやはそんな詐欺まがいのことは一切していません。
※小6と中3の募集は夏休みまでで、2学期以降は一切入塾させていません。

今年の受験生もいい感じに仕上がってきています。
てらこやは何人受けて何人合格するのか。
皆さん注目されているでしょうが、それはブログやHPでは発表しません。

津中合格者数は、1月28日の入塾説明会で発表します!
(なんだ宣伝かよ!)

⇒2018年入塾説明会のご予約はこちら



そうそう…本題の今年の抱負を忘れていました。

今年の抱負は









ひみつ










です!(笑)

えーって思われるかもですが、てらこやも組織として行動する必要が出てきたためです。
今までは「何かを始める、いつから始める」などの事前情報をオープンにしてきましたが、
そこはビジネスとしてよくないと思うようになりました。
もちろん社内ではあれこれ検討しております。

今年の抱負のヒントは原監督の言葉。

「強くなければ伝えられないんですよ」

とだけ申しておきます。
うまくいけば今年は飛躍の年になるはずです。

ただ、これだけで終わると面白くないので個人的な抱負を書かせていただくと

「今年一年健康であること」

ありきたりなのですがこれが一番ですよね。

また、家族・従業員・友人知人など、私に関わるすべての人に感謝したいです。
健康であること、仕事を円滑に進められること、苦しいときでも踏ん張れること、
これらはすべて私一人でできるものではなく、周りの人がいてこそです。


なにかとご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、
今年もご支援ご協力をよろしくお願いいたします。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ここからは生徒募集の宣伝です。
3学期から頑張りたい小学生・中学生・高校生をお待ちしております。
中でも中学準備クラスと公立中高一貫校対策クラスをご紹介します。

◆中学準備クラス

この春、中学に入学する新中学1年生向けのクラスです。
小学生の国語と算数の復習をして、中学の数学英語を予習します。
なお、指導方法は基本的に巡回型の個別指導で、生徒一人ひとりの
個性に合わせて進め方を変えます。
したがって、途中で入塾してもついていけますのでご安心ください。

3月末までは週1回で4,320円、週2回で6,480円となります。
4月以降はハイブリッド個別クラスか個別指導クラスに分かれます。

◆公立中高一貫校対策クラス

2月から新5年生・新6年生クラスがスタートします。
おかげさまで受検クラスは人気で津中受検生は年々増加しているので、
今年から新6年生クラスには

定員

を設けます。

ということは、今年度から

テスト

を行うということです。

開塾以来、受検クラス参加のテストは一切行わなかったのですが、
生徒数があまりに増え指導の質を保つために行うことになりました。
なお、テストに不合格であってもその時点で受検クラスに参加できないだけで
てらこやへの入塾は可能です。

てらこやはあきらめない生徒には手厚く指導します。
受検クラス参加へのテストは年に複数回チャレンジできるので、
あきらめずに頑張ってください。


ということで…
てらこやで津山中学の受験対策をしたいという方はお早めにお問い合わせください。
4月に行う塾内テストで受検クラスを継続できるか判断しますので、
早めに入塾してテスト対策を受けることをおすすめします。

その他の学年やクラスも入塾を受け付けております。
1月から4月は1年でもっともてらこやに入塾しやすい時期です。

入塾説明会に参加するか個別入塾相談をお申込みください。

⇒2018年入塾説明会のご予約はこちら



津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

現在の小6・中1・中2でてらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>
※2学期の小6中学受験生および中3の入塾はお断りしております。
※中学受験をしない小学6年生は募集しております。

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!

こんにちは!

今日から冬期講習です。
何件か冬期講習のお問い合わせをいただいたのですが、そのなかで

小6・中3・高3

の受験生の新規受講希望者はお断りさせていただきました。
せっかくお電話をいただいたのですが申し訳ございません。

この時期の冬期講習のチラシはおもしろいです。
塾のカラーがはっきり出ます。
ガツガツ稼ぐぜ!という塾なら、小6中3高3受験生でも受け入れます。

ちなみに、若干名募集、なんて言い方が一番うさんくさいです。
合格しそうな子だけ入れるのです。
儲けや合格実績のことを考えれば受験生でも受け付けるのでしょうが、
私は今までてらこやに通っていただいた方の思いを優先します。

もし、冬期講習から受け入れた新しい生徒は合格し、
今まで通ってきた生徒が不合格になったとしたら。
私はその不合格の生徒や保護者と合わす顔がありません。

小6津山中学受検クラスはもちろん中3受験生も
2学期以降は1人も入塾させておりません。

てらこやは

今いる生徒に全力で指導をする!

という方針です。
塾内生の方、どうかご安心ください。



image



写真は小6津山中学受検生の休憩中の様子です。
なんと、高校日本史の教科書を読んでいるじゃないですか!
小4くらいから歴史が好きになり様々な歴史の本を読んだそうです。
神様、こういう子を合格させてあげてください。

さて、今回は完全個別の冬期講習も始まりますが、
ハイブリッド個別の冬期講習を以下の日時で行いたいと思います。

ハイブリッド個別の冬期講習

◆対象:小学6年生(新中1)
※将来、津山高校・津山高専・津山東を志望する生徒

◆日時:12月22日(金)および1月5日(金)

◆時間:18:45〜19:45

◆場所:沼教室

◆費用:てらこやが初めての方は無料

国語の問題の演習と算数の復習を代表の川島が担当します。
2回だけですが、行ってよかった!という内容にします。
1回だけでの参加も可能です。

お友達をお誘い合わせの上、以下までお申込みください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>




通常指導の生徒も募集しております。

津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

現在の小6・中1・中2でてらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>
※2学期の小6中学受験生および中3の入塾はお断りしております。
※中学受験をしない小学6年生は募集しております。

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!


こんにちは!

先日新聞に、2020年に導入される「大学入学共通テスト」の試行テスト
(先月11月実施)の問題が掲載されていました。

2017年現在の中学3年生からセンター試験が廃止され新しい1次試験になる。
このことは皆さんもすでにご存じのことかと思います。

そこで、てらこやが皆様に安心して選んでいただけるような学習塾であるために、
2020年から始まる「大学入学共通テスト」に向けて、どういう方針で指導して
いくのかをお伝えいたします。

今回は

‐学生の指導方針

次回は

中学生高校生の指導方針

と二回シリーズになります。

まず、センター試験が廃止され新しい入試になって何が変わるのか。
そこからお話したいと思います。
※すでに確定している決定事項のみでお話します



目次
1.国語・数学・英語が大きく変わる
2.成長スピードは子どもによって異なる。特に男女で異なる。
3.小学1年生〜2年生での教育方針(保護者様へのお願い)
4.小学3年生〜4年生での指導方針
5.小学5年生〜6年生での指導方針
6.てらこやは学習塾改革を進めます
7.1対1の完全個別の冬期講習!


大学入学共通テスト

国語・数学・英語が大きく変わる



・国語と数学に記述問題が追加される(マーク+記述)

・国語の問題の題材に「評論文・随筆・小説」だけでなく、
「新聞や雑誌の記事や図表・契約書・規約・取扱説明書など」一般的な文章も使われる

・英語は従来型のマークの試験に加えて民間試験(英検・GTECなど4技能検定)
特に国立大学は両方受けなければ入学できない
※4技能=「読む・聞く・書く・話す」
※今までのセンター試験は「読む・聞く」の2技能

ずばり大きく変わるのは

国語・数学・英語

です。

国語と数学では少しとはいえ記述式が導入されます。
英語は「読む・聞く」だけでなく「書く・話す」も重視されるようになります。

えー、なんだか難しそう…
と思われるかもしれません。

私も2児の父親です。
保護者の立場として考えると、私たちがやるべき教育は明らかだと思います。

それは…

国語や算数・数学の「思考力・読解力・記述力」をつける

英検など4技能検定を積極的に受ける



ということは容易に想像できます。

実は、この方針はてらこやの方針でもあり、今回の大学入試改革を見据えて
4年ほど前から少しずつ準備をしてきました。

てらこやには小学生を対象に「思考力育成クラス」という人気クラスがあります。
小学3年生〜5年生に人気で、津山中学受検の土台固めに最適です。
「成長する思考力」という都市部で有名な教材を使い、じっくり考える力・
自分で考える力など、いわゆる思考力と記述力を育成しています。
その結果、適性検査模試や県模試で岡山県で1位になる生徒が続出しています。

また、てらこやは英検の準会場です。
小学生の早い段階から5級・4級取得を目指し、中学では3級・準2級・2級の
取得を推奨しています。

中学生の指導でも、ただ文法を解説するだけの旧来型の授業ではなく、
教科書のCDを聞かせ音読をさせる指導をしてその上で塾用教材を解かせています。

英語は言葉なので音読が大切です。
音読をしなければいくら教材を解いても成績が伸びにくい。
このことは学校や旧来型の塾ではあまり重要視されていませんでした。

単なる文法の授業ばかりになって英語が苦手な生徒がそのままになっていました。
てらこやは個別に音読をチェックするなど徹底して音読習慣をつけることで、
根本的な解決をして英語を自分で学べる生徒に変えています。

◆第三回英検のお知らせ 当塾での受検日:1月20日(土)
現在、第三回の英検の受検申し込みを受付中です。
各教室に申込用紙がありますので、担当講師までご提出ください。
当塾での受付締切は12月16日(土)までです!


成長スピードは子どもによって異なる。特に男女で異なる。



具体的な指導方針の前に少しだけ前提のお話をします。
それは、成長スピードは子どもそれぞれということです。
したがって、他の子どもと比べての焦りは禁物です。

特に小学生に対しては「男の子・女の子」の性差を意識して指導しています。
一般的に、男の子の文系科目・女の子の理系科目の成長はゆっくりです。
※もちろん例外もあります。

男の子は算数は得意だけど国語の成長がゆっくりだったり、
女の子はその逆で国語が得意で算数の成長がゆっくりだったりします。

小学生までは特にこの傾向は強く、例えば男の子に
「なんて汚い字なの!」と必要以上にプレッシャーをかけるのは禁物です。
※ていねいに書いても字が汚い子もいます。(私もそうでした…笑)
※ていねいに書くということはしつけましょう

あまりできないことをぐちぐち言いすぎると、子どもが特定科目を嫌いになり
将来できるようになるかもしれない科目の芽をつんでしまいます。
保護者様は焦らずじっくり子育てしていきましょう。


小学1年生〜2年生の教育方針(保護者様へのお願い)



・毎日の学習習慣をつける
・学校の宿題で足りなければ書店や通信講座で教材を購入
・ていねいな学習(勉強や宿題をいい加減にさせない保護者様のチェック)
・漢字・九九など基礎基本を大切にする
・読書の習慣をつける(本の読み聞かせ・好きな絵本を与える)
・外遊びや家族と過ごす時間を大切にする(自然体験・社会体験)

上記のことは塾ではできません。
したがって、ご家族との時間を大切にすればいいので通塾はまだ必要ありません。
徐々にでも構いませんので、じっくり粘り強く取り組んでください。
小学4年生くらいでようやく身についてくることもあります。
保護者様が焦りすぎて子どもを心理的に追い込むと逆効果です。

成長は子どもさんによって差があって当たり前です。
乳幼児期もそうですが小学生低学年でも、保護者様が心安らかに
子育てをすることが重要な時期です。

小学3年生〜4年生の指導方針




てらこやに入塾可能になりますが、引き続きご家庭でやるべきこともあります
・毎日の学習習慣や学習チェック(やったの?という声かけだけでは不十分)
・学校の宿題で足りなければ書店や通信講座で教材を購入
・ていねいな学習。満点を目指す。
・算数の文章題や図形問題・国語の記述問題ができるかどうか
・読書の習慣(自分で進んで読書するようになるのが理想)
・刺激の強い遊びに注意(スマホやyoutubeなどをさせすぎない)
・英検受検がまだの人はそろそろ5級受検を検討する

遊びが楽しい時期で勉強や宿題がいい加減になる時期でもあります。
算数で途中式を書かない、字をていねいに書かない、答えを丸写しするなど
とにかく勉強をいい加減にしてでも早く終わらせて遊びたい時期です。

したがって、この時期で大切なのは

勉強をいい加減にしていないかのチェック

勉強を楽しい!と実感させる


です。

途中式をていねいに書く・まちがえの直しをチェックします。
ただし、すべての宿題をチェックするのは大変で現実的でないので、
いい加減になりそうな宿題や教材だけでもチェックしてください。
例えば、作文の宿題・応用問題がある塾教材などです。
ドリルのチェックまでは必要ないかもしれません。

また、子どもは刺激の強い遊びを優先してしまいます。
ゲーム・スマホ・youtubeなどは大変刺激の強い遊びです。
刺激の強い遊びは無制限にさせるのはもってのほか、なるべく刺激の弱い
ためになるような遊びに向かわせたいものです。

理想は勉強で楽しませること。
勉強って「わかると楽しい、教えられなく自分でできたら楽しい!」
ということを粘り強くわかってもらうことが大切です。

てらこやの小学生3年生からの指導は
学習チェック ⇒ はげます ⇒ できた!楽しい!を実感してもらう」

この連続だとお考え下さい。
したがっててらこやでは、短絡的に怒らず生徒をはげます指導をします。
この粘り強く子どもと関わる習慣が保護者様にも出来るようになれば、
子どもたちは自然に勉強に向かってくれるようになります。

しかし、我が子への怒りのコントロールというのが、なかなか難しいですよね^^;
保護者様の代わりに学習補助をするために学習塾があるのかと思います。
お困りでしたらお気軽にご相談ください。

小学5年生〜6年生の指導方針



4年生または5年生は、中学受験(受検)を考えるころだと思います。
国語の文章題や算数の割合や速さなど、学習内容もぐっと難しくなります。
習い事もあれこれさせすぎると何が大切なのかを見失う時期です。

二兎を追う者は一兎をも得ず。
受検をするなら何となく通っている習い事を整理することも考えましょう。
なお、他塾では受検生に習い事を一切させないところもあるそうですが、てらこやでは
ストレスが溜まらない程度に好きな習い事は続けることをOKとしています。

習い事を続けてもできる子はできますし、そもそも無理に好きな習い事を
全部辞めさせてまで受ける受検に何か意味があるのでしょうか。
「自然に楽しく学力をつけていく」がてらこやの方針なので、あまり修行僧的な
イメージもたずに安心して受検クラスに参加してください。
※上記のお話は津山中学の適性検査を受検する生徒についてです。
※県南や県外の難関私立中学受験をお考えの方は勉強一本になります。

中学受験をしないにしても、遊びと学習のバランスをしっかり保ち
ていねいな学習ができているか引き続きチェックをしましょう。

・国語が最重要科目
・余裕があれば英語もしっかり学習(英検5級4級を取得)
・国語算数の難易度が上がり1問の解答時間が長くなる ⇒ 粘り強さが必要
・ドリル的な学習だけでなく、思考力・読解力・記述力を育む学習が必要
・理科社会もおろそかにしない。まずは親子で興味をもつ。
・「なんで〜なのか?」を日ごろから問いかける
・その習い事、本当に必要ですか?
・引き続きていねいな学習ができているかチェック(反抗期注意)
・6年生からでも公立中高一貫校の受検は可能。今までの学力とやる気次第。

この2年間でどのように勉強に取り組むかで、その後の学力は大きく変わります。

まず、

国語

は最重要科目だとお考え下さい。

ここで国語を伸ばしておけば、中学・高校でとても楽をすることができます。
ほとんど勉強しなくても国語はテストで点数がとれるようになります。
また、余裕があれば英語もしっかりしておきたいです。
英検4級までとっておけば中学入学後の学習がスムーズになります。

しかし、国語をおろそかにしての英語学習ばかりするのはもってのほかです。
中学以降、最初の簡単な英語ではいい点数がとれますが、中3にもなると
結局英語も国語力が必要になって点数は下降していきます。

国語には正しい勉強法があります。
てらこやでは国語の学習法を早くから研究していて、毎年模擬試験の成績で
上位をとる生徒が続出しています。
国語ができるようになった子は他の科目の伸びもよく、中学高校以降も
成績優秀である可能性が高くなると言えます。

そして算数。
5年生から約数・倍数、通分、割合など、その後の算数数学の土台となる
重要単元を習得します。
応用問題も増え、今までならできていた子ができなくなることもあります。

何が違うのかというと

1問にかかる時間

が増えます。

したがって、ドリル学習ばかりの子や計算特化の教室に通っていた子どもさんが、
深く考えることができず問題を投げ出してしまう現象が多発します。
1問5秒で済むような計算ばかりしていたら、1問3〜5分で考える問題などが
嫌いになって当然です。

実は中学以降も1問にかかる時間はちょっとずつ増え、
最終的に大学入試の二次試験の数学は

1問20〜30分

かけて解くことになります。
ですので、1問を粘り強く考える力というのが今後は大切になります。

そして、粘り強く考えることができない子が走ってしまうのが

暗記

です。

解法をまる暗記してしまうんですよね。
しかし、それでは模試や入試ではいい点数はとれません。

なぜか。
テストでは初めて見る問題がほとんどで、数字や条件が微妙に変化します。
普段、算数の解法を暗記している子は初めての問題では思考停止してしまいます。

ではどうすればいいのか。
それは、どんな問題が出ても対応できる力をつけることです。
具体的には、

数式だけでなく言葉を混ぜた解答を書く

複雑な文章題は、線分図など図を書く


まる暗記している生徒の解答のほとんどは図や説明がなく
ただ計算と答えだけの場合がほとんどです。
ひどい場合は答えだけしか書いていません。

答えだけでなく途中の説明も大切

このことを徹底して理解させるようにしましょう。
また、小テストの点数が良くても、ただ暗記に走っていないかを注視しましょう。

てらこやは学習塾改革を進めます



いかがでしたでしょうか?
今回は小学生の指導のお話をしましたが、てらこやは小学生指導に
かなり力を入れていることをご理解いただけたかと思います。

特に大切なのは小学5〜6年生。
この時期につけた学力は一生ものです。
子どもが望めば中学受験を検討してもいいでしょう。
嫌々じゃなければ中学受験は大変いい勉強ができます。

例えば、小学5年生で今まで勉強を頑張ってこなかった生徒が突然「受験したい」
と言い出して入塾して、1年ちょっとですごい学力をつけていることもあります。
私も正直びっくりしています。
(もちろんこの子には集中力など勉強に向いている才能があったのでしょうが…)

てらこやがその子に何をしたのかというと、上であげてきたような学習のチェックや
勉強を楽しい!と思わせる仕組みなど、ほんとちょっとしたことです。

国語・算数・思考力指導などなど…
ノウハウを知った今のてらこやだからできたことなのかもしれません。

教師が一方的に教える旧来型の指導では新しい入試に対応できない

このことはまちがいありません。
大学入試改革は、私たち教育関係者の改革でもあります。
学校だけでなく塾も改革に迫られています。

てらこやはただ生徒数を集めて自己満足してしまうような塾ではなく、
本当の学力をつける塾であり続け皆様に選ばれていきたいと思います。

次回は中学生・高校生編です。
ご期待ください!

1対1の完全個別の冬期講習!



今回のてらこやの冬期講習はマンツーマン型の1対1の完全個別指導!
しかも驚くべき低価格です。

塾内生は12月9日、塾外生は12月16日まで予約受付中です。
早くも多くの方々にお申込みをいただいております。
満席になることは必須でしょう。

塾内生は優先的に受付しますのでご安心ください。
塾外の方も詳しいお話を個別面談でご説明させていただきます。
皆様からのご連絡をお待ちしております!

※「完全個別」の冬期講習は他塾に通われている方の受講も可能です。
(小6受検生・中3高3受験生をのぞく)


キャンペーンもしております!
↓↓↓ てらこやホームページの冬期講習案内はこちら ↓↓↓
キャプチャ2


通常指導の生徒も募集しております。

津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

現在の小6・中1・中2でてらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>
※2学期の小6中学受験生および中3の入塾はお断りしております。
※中学受験をしない小学6年生は募集しております。

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!


2017-11-29-09-54-40


2017-11-29-09-54-16


こんにちは!

こちらの写真は現在日曜夜21時に放映中のドラマ「陸王」の一場面です。
保護者様は、私が普段は勉強や仕事ばかりしているイメージがあるそうですが、
たまにはドラマも見ていますよ!

まだ見ていない方にはネタバレになりますので詳しくは書きません。
陸上選手に寄り添って競技用シューズのサポートをするシューフィッター村野
市川右團次)が主人公の足袋会社社長の宮沢(役所広司)にお話をする一場面です。

村野が宮沢社長に一言。

ただ足を見るだけでなく性格や癖・目標を知って、その選手と同じ夢を見ることがシューフィッターの仕事だと私はそう思っております。

いやー、名言ですね。
こんなシューフィッターに担当してもらう選手は幸せですよね。

で、私の悪い癖ですぐ仕事におきかえちゃいます。

ただ勉強を見るだけでなく性格や癖・目標を知って、その生徒と同じ夢を見ることが
塾講師の仕事だと私はそう思っております。


これは社訓にしたいくらいの力強い言葉ですね。
こんな想いをもった講師ばかりの塾になれたら素敵です。
早速、授業前の朝礼で読み上げてもらうようにします!

さて、今日は算数や数学を得意にするために必要な力のお話をします。


算数・数学を得意にするために必要な力 その1〜計算力〜



算数・数学を得意にするには2つの能力が必要です。

1つは計算力。
正確に素早く計算する力が必要なのは皆さんご理解いただけると思います。

何をすればいいのか。
それはドリル的な勉強です。
小学生なら学校のドリルや書店で売っているドリル。
中学生なら学校の教材や塾用問題集など。
高校生なら教科書傍用の問題集ですね。

ただし、ここで気を付けて欲しいのは、スピードばかり追求しすぎないこと。
計算力を鍛える教室に通っている小学生でよくあるパターンが

とにかく速く終わらせようとする
見直しをしない・満点を追求しない
途中式をはぶく・字がちゃらい


あるあるあるある!
と思われた方、いるでしょう。

ここ数年、こんな生徒ばかり見てきました。
小学4〜6年で計算特化の指導教室から転塾してくる方の5割くらいは
こういった悪い癖がついています。

そういう教室のシステムは、生徒が自立学習をしてプリントを解いて
先生に丸付けをしてもらいます。
間違えたら自分で直して再度先生のところにプリントをもっていきます。
直っていたらOK(ただ、直すといっても考えるような問題ではないのですが…)
その日のやるべきことを終えたら帰れるという仕組みのようです。
なので、早く帰りたいからいい加減に済ます子もいるようです。

このシステム、合う子には合うのですが、合わないと
「百害あって一利なし」の学習になってしまいます。

合う子とは

1問1問を丁寧にできる子

速さよりも満点にこだわる子

毎日コツコツ学習できる子


こんな子には小学校低学年くらいまではいいと思います。

合わない子は、上であげた

とにかく速く終わらせようとする
見直しをしない・満点を追求しない
途中式をはぶく・字がチャラい

こんな特徴が見られる場合はちょっと考えたほうがいいかと思います。
教室の先生方は、そういう悪い癖がついてしまう子が多発している現状は
理解しているのでしょうが、生徒数が多くて目が行き届かないのでしょうね。

ですので、ここは保護者様が子どもさんを日々チェックして、
上のような兆候が見られたら修正していくようにしましょう。
小学生の学習は保護者様が日々チェックすることが重要です。
いつの間にか変な癖がついてしまっていないか、大変ですが保護者様も
毎日5分程度でいいのでわが子の学習をチェックするようにしましょう。

まとめると…
計算力をつけるには

1問1問を丁寧にする
速さよりも満点にこだわる
毎日コツコツ学習する

小学生はさらに
保護者様が毎日5分でもいいのでチェックすることが必須。

以上を心がけてください。

ちなみにスピードは自然に身に付きます。
まずは正確な計算を心がけましょう。
小学生の計算問題なんて満点が当たり前。
そのうち集中力もつき計算スピードも速くなります。


算数・数学を得意にするために必要な力 その2〜類推力〜



1の計算はできるけど、応用力がないという人は多いのではないでしょうか。
基本的な問題はできるが、ちょっとひねった問題や文章題が苦手。
こういうお悩みをたくさん聞いてきました。

正直、私も最近までどうすれば算数や数学の応用力をつけられるか、
はっきりわかっていませんでした。

それはずばり

類推力

でした。

実はこれは以下の江口数学教室さんのホームページで詳しく説明されています。
※江口数学教室は、福岡の進学塾fcsの浜武先生に教えてもらった塾です。

⇒江口数学教室のホームページはこちら


算数や数学の応用問題が解けるようになるには、基本問題と類推する力が
大切だそうです。
江口数学教室の「数学の学習の仕方」に以下のようにあります。

参考書を学習するときに大切なことは教科書傍用の問題と類似性を見つけることです。
参考書にある問題の単純な問題が必ず教科書傍用にあります。
この問題の単純なバージョンがこれだと見つけることが
できればかなり学習が楽になり理解が深まります。
数学ができる人は無意識にできます。
関連性を探しながら学習すればよいでしょう。
数学は類似性を見つける学問だからです。

数学は類似性を見つける学問

この一言にびびっときました。
入試や模試や定期テストでは、問題を予め知ることはできません。
したがって、テストでは初めて見る問題と対峙することになります。
しかし、数学の応用力がある人は以下のように考えます。

あ、これは確かあの問題に似ている

とか

この問題はあれとあれを組み合わせた問題だ

ということを瞬時に判断できてしまいます。

それは才能だと一言で片づけてしまえば、人間はなんて希望のない動物なんだ
となってしまいますが、以下のように普段は勉強すればいいのです。

わからない問題があったら、似た問題を探す

実はこれ、私が高校時代にしていたことです。
津山高校は当時から大量の宿題が出て大変でした。

特に数学。
高校に入ったらこんなに宿題が出るのか!と面を食らったものです。
膨大な宿題の量に嫌気がさして、数学が嫌いになった人も多数いました。
しかし、私は割と負けず嫌いで、特に数学の答えを見るのが大嫌いでした。

答えを見たら負け

そんな感覚で数学の勉強をしていました。
※答えといっても答えの数字はもちろん見ます。解法を見るのが嫌でした。

しかし、わからない問題は必ず出てきます。
塾にも行かず学校の先生も忙しいのでそうそう人には聞けません。
で、私がやったのは…

他の参考書で似た問題を探す

という方法です。

学校の宿題でわからない問題が出てきたらとことん調べてみました。
で、似た問題を見つけて真似をするんです。
解説を見たら負けだけど、似た問題を探すのならOK(笑)
なので、けっこう参考書は買ってもらいました。
1回も開かなかった参考書もあるかもしれませんが、お守りみたいなものでした。

たまたま私はこの方法で数学の類推力がつき、応用問題も解けるようになったようです。
もう一度まとめると…

わからない問題は調べて真似をして解く!

そうすれば類推力・応用力が自然についていきます。
答えや解説をまる写しして終わりだったり、解説を丸暗記するのは
私はあまりお勧めしません。

苦労して解いた問題ほど頭に強く残り、楽して解いた問題ほど
早く忘れていくものです。

だから、てらこやでは教えすぎない。
もちろん教えるんですが、自分で解決できる力を高める塾でありたいです。


1対1の完全個別の冬期講習!



今回のてらこやの冬期講習はマンツーマン型の1対1の完全個別指導!
しかも驚くべき低価格です。

塾内生は12月9日、塾外生は12月16日まで予約受付中です。
早くも多くの方々にお申込みをいただいております。
満席になることは必須でしょう。

塾内生は優先的に受付しますのでご安心ください。
塾外の方も詳しいお話を個別面談でご説明させていただきます。
皆様からのご連絡をお待ちしております!

※「完全個別」の冬期講習は他塾に通われている方の受講も可能です。
(小6受検生・中3高3受験生をのぞく)


キャンペーンもしております!
↓↓↓ てらこやホームページの冬期講習案内はこちら ↓↓↓
キャプチャ2



なお、その他のクラスも入塾をお受けしております。
津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

現在の小6・中1・中2でてらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>
※2学期の小6中学受験生および中3の入塾はお断りしております。
※中学受験をしない小学6年生は募集しております。

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!


IMG_8304


こんにちは!

期末テストが近づいてきました。
今回のテストから中学生には目標点をふせんに書いてもらい
教室に掲示しています。

題して

教室対抗!
中学生定期テスト
目標点達成率コンテスト!


目標点を達成できた生徒の割合を教室ごとに競わせる企画です。
1位の教室の講師たちには塾からプレゼントがあります。

え、生徒ではなく講師に?と思われるかもですが、
この企画は狙いは何かというと…。

講師のモチベーションアップ!

なんです。
もちろん生徒に何かをあげてやる気をあげるという手もありますが、
講師のやる気アップにあまりつながりません。
(もちろん生徒の成績が上がれば講師は嬉しいのですが^^;)

それよりも講師のやる気を上げることで、生徒にもいい影響を及ぼし
やる気の好循環を生もうというのが狙いなのです。
そもそも生徒は目標を達成しただけでも嬉しいですしね。

目標をもつことでテストの成績はけっこう変わります。
塾に行かれていない人にもオススメです。

1対1の完全個別の冬期講習!


さて、今週はブログを1つ更新しており、その中で1対1の完全個別の
冬期講習のお知らせを来週するとお伝えしました。
しかし、チラシが完成したので早めに皆様にお知らせいたします。
完全個別の仕組みは以下のチラシをご覧ください。

2017_1125_omote


2017_1125_ura


今回のチラシです。
21世紀私塾連盟の方々にもアドバイスをいただいて作りました。

ここ最近はチラシのことばかり考えて追突事故しそうになったくらいです(笑)
相当気合いを入れて作成しましたがどうでしょうか?

ん、小さくてよく見えないですね…
完全個別の冬期講習については、表面の真ん中あたりにあります。
拡大した写真を張りますね。



キャプチャ1



キャプチャ



これでどうですか?

早い話、てらこやの1対1指導は

1対1完全個別指導30分 + 演習無制限

ということです。

指導30分の部分が先でも後でも構いません。
要は生徒が問題を解いている

問題演習時間は無料

なんです。
しかも席が空いている限り演習時間は無制限です。
塾に来る時間・帰る時間は自由に決めてください。

これって地味にすごいことです。
普通、1対1の家庭教師は生徒が問題を解く時間も指導時間に入ります。

1時間あたり5,000円くらいが相場で、90分だと7,500円になります。
でも、実は90分ずっと指導しているわけじゃないんですよね。
実際は、生徒が問題を解いたりしているので、先生が教えるのは

30分〜40分程度

付きっ切りなので小まめに教えられますが、演習時間もお金をとっているのです。
ぼったくりと言えばぼったくりですよね。

てらこやは、指導する30分だけお金をいただいて、生徒が問題を解く時間は
お金はいただかない。

この仕組みで一般的な家庭教師の1回90分あたりの指導料を

7,500円 ⇒ 2,500円

とすることができるのです!(小中学生:5回の場合)
これって本当に

革命的

ですよね。
この仕組みを使えば1対1指導が一気に身近になります。

この仕組みを考えたのが多治見のニュー個別指導塾の中村先生です。
実際指導しているのを見ましたが、1対1なので各生徒に寄り添った指導ができます。
さらに、演習時間でも先生の指示通り、各生徒たちはやるべきことをしていました。

この仕組みをてらこやでも季節講習限定で取り入れます。
まずは冬期講習から。

小中学生が例えば10回指導を受けても

23,000円+税

この金額で1対1指導を10回受けられます!

◆指導例
30分完全個別で「1次関数を徹底復習授業」 ⇒ 問題演習90分
30分完全個別で「英語のbe動詞と一般動詞の授業」 ⇒ 問題演習60分
中3受験対策の問題演習60分 ⇒ 30分完全個別で「間違えた問題の説明を受ける」
小6津中適性検査演習60分 ⇒ 30分完全個別で「わからない問題を教えてもらう」

指導パターンは無限にあり、各生徒さんの要望に応えることができます!
科目はもちろん

5教科指導可能(※高校生は国数英のみ)

1対1って成績上げやすいので、ほんとワクワクします!

毎日でも通える1対1指導

是非てらこやの冬期講習をお試しください!

てらこやの冬期講習は先行予約受付中です。
満席になることは必須でしょう。
塾内生は来週から案内を配布して優先的に受付しますのでご安心ください。
塾外の方も詳しいお話を個別面談でご説明させていただきます。
皆様からのご連絡をお待ちしております!

※「完全個別」の冬期講習は他塾に通われている方の受講も可能です。
(小6受検生・中3高3受験生をのぞく)


キャンペーンもしております!

キャプチャ2



なお、その他のクラスも入塾をお受けしております。
津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…


ハイブリッド個別クラスは、12月から開講予定ですが、11月中も体験を
受け付け
ております。
現在の小6・中1・中2でてらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>
※2学期の小6中学受験生および中3の入塾はお断りしております。
※中学受験をしない小学6年生は募集しております。

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!


こんにちは!
先日、てらこやを見学していただいた中村先生が運営している
ニュー個別指導塾wagacoを見学するために岐阜県多治見市に行ってきました。

ニュー?というのが気になるところですが、後程お話させていただきます。

2017-11-01-11-23-33

多治見まではJRで行きました。
岡山から新幹線で名古屋まで行き、名古屋から特急で20分ほどでした。
津山からは接続がうまくいくと3時間半くらい。
案外近いなと感じました。

21世紀私塾連盟では、連盟塾間で視察を行い客観的な視点を入れることで
相互研究できることが大きなメリットです。

参考記事
⇒【大切なこと】21世紀私塾連盟スタート!

さて、今回の視察の目的は…










2017-11-01-21-37-03


え!?



なんだこれは!?


肉が段々畑になってる!!!(意味不明)


2017-11-01-21-57-10


肉が肉が…


2017-11-01-21-37-10


2017-11-01-21-37-37



2017-11-02-14-09-07


2017-11-02-14-09-16


肉が目的なのか!?





ではなくて!



今回の目的は

・中村先生の塾にアドバイスする
・てらこやに何か取り入れられないかを考える

この2点です。

岐阜県多治見市は人口は約11万人で津山とほぼ同じ規模ですが、
駅から出た瞬間は津山より塾をしやすそうだと感じました。

というのも、人口は減っているものの名古屋市または豊田市の
ベッドタウンとして生産年齢の家族は増えているようです。
新築の一戸建ての団地などがところどころ目立っており、
これなら塾をしても今後10〜20年は安泰だと感じました。

しかし、津山と違う点が1つありました。
それは強力な全県規模の大手塾がいくつかあるということ。

これはやりにくいなと思いました。
岐阜県で1番手2番手の集団塾がしのぎを削っており、その塾に合わなかった生徒を
他の塾が取り合っているというような状況のようです。

津山は大手塾が入ってこない土壌?で、昔から個人塾が結構幅を利かせています。
津山には大きな大学がなく私立中学受験もなく大手が参入しようとしても
儲からないと踏んでるんでしょうね。
できない子向けのFC塾は津山にもありますが、岡山市にあるような
全県規模の進学塾が津山にはまったくありません。

とはいえ、多治見に全県規模の大手塾があろうとなかろうと、結局は私がてらこやを
生徒3人から立ち上げたときと似ていて、強者の真似をしてはいけないのは同じです。

大手塾の真似をしても規模の大きさにかなうこともできず生徒を獲得できないでしょう。
なので、中村先生には徹底して「弱者の戦略をとろう!」とアドバイスしました。
「弱者の戦略=差別化戦略」です。
差別化戦略をとるには、大手塾にできないことを考えなければなりません。

そこで、中村先生の塾をみたところ…
武器があるじゃないですか!

それが冒頭にお話に出た

ニュー個別指導

なんです。

何がニューなのか?

それは、

1対1指導



格安の料金で提供する

ということだそうです。

私と中村先生は、究極の指導は1対1の家庭教師指導というのは意見が一致してます。
お金持ちは塾なんか行かずに家庭教師を使っているのがほとんどですから。
私も昔は大学卒業後に1対1指導の家庭教師センターでアルバイトをしており、
内部事情をよく知っています。
とにかく家庭教師は成績を上げやすいです。

しかし、1対1は料金が高い。
1時間5,000円くらいは当たり前で、講師によっては6〜7000円とられることも。
1時間2,000円と安い場合でも20万くらいする高額な教材を最初に購入されられる
場合がほとんどです。ローンを組まされることもあるとか。

そこで中村先生は1対1の個別指導を格安で提供できる仕組みを考えました。
中村先生の指導は以下の写真のような感じでした。
まさに1対1の家庭教師って感じですね!

2017-11-01-18-40-06


うーん、しかし、これをどのようにして格安で提供できるのか。
中村先生は、youtubeの指導動画界では全国でも名の売れたスーパー講師です。
普通に家庭教師を頼んだら1時間6~7,000円はかかるような講師です。

どうやって格安にするのか。
もったいぶってすみませんが、その仕組みは次回の記事で公開します。

なぜかというと、てらこやでもこの完全個別を冬期講習に取り入れて
今月末のチラシで公開するからです!
(※もちろん小6や中3受験生には別のタイプの冬期講習もあります)


とにかく、中村先生に教えていただいた仕組みは

革命的

です。

突き詰めれば、世の中の勉強ができない子を救う手段になるかもしれませんし、
当然成績のいい生徒にとっても一つの学習手段になるでしょう。
また、今後の塾業界で一つの旋風を巻き起こすかもしれません。
来週の記事にご期待ください!




さて、多治見訪問二日目は…

2017-11-02-12-39-50


名物ひつまぶしをいただきました。


2017-11-02-12-50-38


美味しいものばかり食べてごめんなさい!
でもね、今回の出張は本当に行ってよかったと思います。
遊びに行ったようですが仕事面でも大きな収穫を得ることができました。
これは以前福岡のfcsを見学させてもらった時と似ていますね。

参考記事1
⇒【雑談】福岡の有名進学塾fcsを視察しました!

参考記事2
⇒中村先生のブログでも今回の多治見訪問を取り上げてもらいました!


21世紀私塾連盟はこんな感じでゆるく?活動していますが、
お互いのチラシを見せ合ったり情報を交換し合うなど様々な交流をしています。

塾経営というのは孤独になりがちですが、横のつながりがあるとこんなに
心強いものなのかと感心しています。

来年には他塾様の参加も募集していきますので、連盟への参加を
是非ご検討していただければ幸いです。

我が子を通わせたくなるような学習環境を整えるという意味でのwagaco。
本当にたくさんのことを教えていただきました。
多治見の中村先生、一緒に視察した福岡の浜武先生、二日間ありがとうございました!

中学生の新クラス「ハイブリッド個別クラス」(無料体験予約受付中)


てらこやの1対1完全個別の冬期講習は次回の記事で発表するとして、
前回発表した中学生対象の新クラスの







ハイブリッド個別クラス







も引き続き体験予約を受け付けております。
(早速お申込みがありました。ありがとうございました!)

一斉指導×個別指導で、それぞれのいいところを合わせたクラスです。
今ある「速習クラス」と「復習クラス」を統合したハイレベルなクラスで、

津山中学生専用のクラス

津山高校・津山東・津山高専を目指すクラス
(北陵中・中道中・鶴山中・東中・西中など津山中以外の生徒)

と2つの時間割を用意しています。

普通の一斉指導は、理解できずにおいていかれる生徒や、逆に理解しているのに
授業を聞かされることもあり、自分の学ぶべきところが学習できない場合があります。

しかし、てらこやのハイブリッド個別は集団でありながら個々に学習するので、
一人ひとりが自分の学ぶべきところを個別に学ぶことができます。

その特徴は…

◆生徒一人ひとりが目標を決めて学習
◆生徒からの質問はメイン講師がホワイトボードで解説
◆自分に必要のない解説は聞かずに自分の学習を進めてOK
◆受験指導やコーチングが受けやすい指導
◆指導教科は数・英・(科目は選択可能)
◆国社はオプションで追加可能。実力テスト対策も追加可能
◆1クラスにつき講師1〜3名 生徒数は5〜20名
◆一斉指導を行うメイン講師と巡回型個別指導を行うサブ講師
学年ごとのクラス制【中1・2】【中3】【高1・2】【高3】
◆中1と中2を混ぜたのは、中1は先が見え中2は復習できるため
◆先に進みたい生徒は飛び級もあり
津山中学生コース津高・東高・高専受験コース(津中生以外)
定期テスト350点以上が目安

なお、無料体験後のお月謝は以下の通りとなります。

月謝・指導時間
【小6の3月末まで】 週1回 4,320円 週2回 6,480円 (指導時間60分)
【中1〜中3】週2回 14,580円(指導時間90分)
※時間割は教室ごとに異なります。

どうですか?
個別学習ができるのに集団指導なみのお月謝です。

これ、実は小6公立中高一貫校対策クラスや高専生クラスのシステムなんです。
ずっとこれを中学・高校でやりたいと思っていました。
新卒正社員加入・新クラス開講…

というわけで、やります。

新クラス開講キャンペーン!


体験授業1ヵ月無料!(毎月5名まで)
ハイブリッド個別の冬期講習も無料!


上記のキャンペーンについて
◆現在、小6・中1・中2のてらこやが初めての方を対象。
※現在、中3および小6受検生の入塾は受け付けておりません。
※てらこやは受験直前の駆け込み入塾はお断りしており、合格者数水増しを行いません。

◆体験1か月無料はハイブリッド個別のみ。他のクラスの無料体験は1週間。
◆体験中に入塾するかしないかを決めることができます。
◆科目は数学・英語(1教科のみも可能)
◆冬期講習については11月末に発表します

さらに…ハイブリッド個別クラスはもちろん、個別指導クラス・思考力育成クラス
高専生クラスなど全クラスとも

入塾費無料!(3月末まで)

ハイブリッド個別クラスは、12月から開講予定ですが、11月中も体験を
受け付け
ております。
現在の小6・中1・中2でてらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>
※2学期の小6中学受験生および中3の入塾はお断りしております。
※中学受験をしない小学6年生は募集しております。

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!



こんにちは!

先日、柳通りで行われた「柳ストリートマーケット」に家族で行ってきました。
あいにくの雨でしたが、ブログでもご紹介した「丘の上のマルシェ」さんの
パンや、ばんこく珈琲さんのコーヒーをいただきました。
来年はてらこやも子育て相談コーナーなど何か参加できればと考えています!

image


さて、中間テストも終わり本格的に秋っぽくなってきました。
中3の県模試のお見送りを土日でして、いよいよ受験が近づいてきたと
感じています。

今日は来年度から正社員が入ることと、12月開講予定の新クラス開講の
お知らせをさせていただきます。
正社員入社および新クラスは私の長年の念願で、ついにここまで来たかという思いです。
てらこやの教育プロジェクトは確実に進んでいます。


目次
1.てらこやの歩み
2.ブラックと呼ばれる塾業界への挑戦
3.正社員塾講師や学校の先生も本当は生徒に寄り添いたい
4.小6受検生に全力指導。中学生の県模試でも岡山県1位に。
5.中学生対象の新クラス発表!(無料体験予約受付中!)

てらこやの歩み


てらこやは代表の川島が生徒3名から始めた塾です。
当時、塾といえば一斉指導の塾がほとんどだった中、津山ではめずらしい
個別指導塾を開きました。

資本金もなく他の塾を引き継いだわけもなく、裸一貫ではじめた事業です。
資本ゼロ借金ゼロで始めた創業ですから、自分がいかに無謀なことにチャレンジ
していたか、ようやく最近気づいてきました(笑)

生徒50名までは本当に苦労しました。
といっても、自分自身が力を振り絞っていなかっただけです。
当時はどんな生徒でも受け入れ、答えや解説を教えまくりました。

そういう下積みの時期があったからこそ今があるのかもしれません。
「教えすぎない・生徒や保護者様と一緒に頑張る塾」というスタイルが徐々に
出来上がっていきました。

ブラックと呼ばれる塾業界への挑戦


今でこそ株式会社となり生徒数も個別指導の塾のなかでは地域で一番に
なったかもしれませんが、実はてらこやは正社員がゼロの塾なのです。
いわゆる一人社長というやつで、他の従業員はすべてパート・アルバイトです。

てらこや?
オレンジの旗の塾?
東大志向のとこでしょ?レベル高すぎてうちの子はついていけないわ。

と、恐れられている当塾。
※実際は津中の合格率が高いだけで、東大志向でもなんでもないですよ(笑)

正社員ゼロと言うと「え、嘘ですよね?」とよく言われます。
なぜ、この実績や規模で正社員がいないのか。

正社員でなくても適切な指導をすれば成績は上げられる

これが、ブラックと呼ばれる塾業界を真剣に変えようと思った私の答えです。

実は塾の正社員はもってせいぜい40歳前後まで。
もちろん中にはエリアマネージャーになって残れる方もいますが、
それはマネジメント力のあるほんの一握りの人だけです。

多くの現場社員は賃金も上がらず深夜残業を重ね体調を崩し、
最後には心と体をボロボロにしながら塾講師を辞めていく。

そんな塾業界の実態を知っている私は、どうしても正社員を多く雇う業務形態は
できませんでした。
将来のある若者たちを食い物にしてまで自分の事業を継続したくない、
正社員を雇うとしても最小限に。
雇うのなら自分の右腕となれる者のみ雇うことを意識するようになりました。

正社員が中心に指導する塾は、講師の入れ替わりも激しいです。
塾の正社員の離職率は飲食業などと並んで高いというデータがあります。
そういった疲れた社員・やる気のない社員が指導する塾でいい指導が
できるでしょうか。

しかし、一方でなぜ世の中の人は正社員が指導する塾に安心感をもつのか。
それは、世の中のお父さんお母さんは一斉指導の塾に通ってきた人がほとんどで、
すごい先生に指導を受けて成績を伸ばした成功体験が捨てきれないからでしょう。

断言します。
今後、少子化や人材不足が進む中、正社員を多く抱えている塾は
仕組みを変えない限りどんどん規模を縮小していくしかないです。
せざるを得ないでしょうね。

したがって、私は今までの塾の常識を否定することから始めました。
まず、考えたのが…

正社員が指導した方が成績が伸びる?

うーん、これって本当だろうか?
もしかして世の中の人はだまされているんじゃないだろうか?

正社員でなくても成績を上げられるシステムを考えてやる!
この考えがてらこやの長期的な事業計画の柱になりました。

正社員塾講師や学校の先生も本当は生徒に寄り添いたい


しかし、しばらくして問題は別のところにあることに気づきました。
正社員の塾講師や学校の先生も、頑張っていないわけではないのです。
本当は生徒のために寄り添いたいのですが、それができないのです。

なぜか。

組織が大きくなると硬直化して、勝手なことができなくなる

ということに気がつきました。
つまり熱心な先生が生徒のためを思って行動することが、
組織からは悪いこととみなされることもあるのです。

ある塾の先生が生徒のために無料で特別指導をしたところ、勝手なことをして!と
上司から大目玉をくらったという話を聞いたことがあります。
確かにルールも大切ですが目先の利益にとらわれていては講師の士気も下がりますし、
生徒想いの行動が長い目でみると経営にプラスになることもあります。

だから、てらこやはパートアルバイトだろうが新人だろうが、

「講師たちにどんどん提案させよう!」

と考えるようになりました。

「塾長、こういうのはどうでしょうか?」
「生徒たちのために〇〇するのはどうでしょうか?」
「こうしたら生徒の成績が上がるのではないでしょうか?」

このようにてらこやは講師に権限を与えて、いいと思ったことは
どんどん提案させて実行させています。
もちろん提案されたことがあまりに無茶な話だと却下することもありますが、
なるべくさせるようにしています。

講師一人ひとりの行動を私は細かく見ることを心がけています。
提案させ、実行させ、気づいてあげること
このように生徒のために行動できている講師は給与面でも評価しています。

その結果、講師たちの仕事満足度は上がり離職率も下がりました。
ある講師にてらこやの仕事のどこがいいか聞いたところ、
「頑張りを認めてくれること、やりがいがあること」と言われたのが印象的です。

結局、正社員・パート・アルバイト・学校の先生…立場の違いはあれ

生徒ファースト

であればいいのです。

では、経営者や学校運営者ができることは何か。
それは「働く人が情熱をもって仕事に臨める環境を作ること」です。
正社員だからプロなのではなく、仕事に情熱をもつ者がプロなのです。
てらこやが大きな組織になってもこのことは忘れずにいたいと思います。

小6受検生に全力指導。中学生の県模試でも岡山県1位に。


正社員でなくても成績を上げるシステムを考えると言いましたが、
やはり、実績は必要不可欠です。
売れる商品には安全・安心という根拠、データが必要です。
塾でいうところの成績アップ例や合格実績がないと数ある塾から選ばれません。

てらこやはまだまだ弱小塾です。
生徒数の多い集団大手塾には高校受験や大学受験の合格者数ではかないません。
そこでまず小6の津山中学受検生に全力で指導することにしました。
特に国語指導・算数の思考力指導には力を入れ、模擬試験で県北のみならず
県内トップレベルの成績を残す生徒が育つようになりました。
もちろん、私だけでなく子育ての落ち着いた女性パート講師を中心に、
塾の経営資源を全力で注ぎ込み津山中学受検生をサポートしました。

その結果、2016年は

8名受検中7名合格

という公立中高一貫校対策塾ではあり得ない合格率を出しました。

2017年は合格率は少し下がったものの12名受検中7名合格
決して恥ずかしい結果ではありません。

高校受験でも躍進しています。
津山高校や津山高専受験では当然全員合格、さらに去年は県外の超進学校の

西大和学園

に合格者を出すなど、輝かしい実績を積み上げてきました。

そして、声を大にして言いたいのはこれらの実績は代表の川島が
付きっ切りで指導したわけではありません。
パート・アルバイト講師が中心に指導しているのに凄い実績を出しているのです。
ここがてらこやのすごいところなんです。

ここまでお話をしても

「え、でも、正社員の先生がいいに決まってるでしょ。」

と思う方が多いのではないでしょうか。

しかし、実は先日ご紹介した中学生の県模試で岡山県で1番の成績を
とった生徒も…実はパート・アルバイト講師が普段は担当しているのです!
てらこやの指導ノウハウ、どんだけすごいんじゃ!って感じですよね(笑)

↓岡山県で1位になった県模試の成績表(5教科)1,340人中1位↓

image




この生徒には小6受検まで私が徹底して国語や算数の思考力指導を行いました。
私が直接指導したのは土台作りだけで、中学以降は正しい学習方法や
何を勉強したらいいか教材の指示を出していただけです。

小学生までに土台作りをしっかりする。
その子に合った教材で学習させる。

これができれば正社員だろうがパートアルバイト講師だろうが、
生徒の学力はぐんぐん伸びる、そう確信しました。

逆に小学生までに土台をしっかり作っていなければ、中学以降は伸びにくい
これはどの塾の先生もわかっていますが、あえて保護者様には伝えられていません。
商売になりませんから。
圧倒的な合格者数!塾にお任せください!中3からでも間に合う!
合宿で成績アップ!プロが徹底指導!
少しでも売上を伸ばそうと耳障りのいい言葉がチラシ上で踊ります。

※補足
ちなみに、てらこやのパート・アルバイト講師はただの学生や主婦ではありません。
学生アルバイトには、合格率50%の厳しい採用試験を課しています。
結果、現役で教職員や公務員に採用されたり一流企業に就職したりする方が大半です。

パートさんは我が子を津山中学や津山高校に合格させた経験もある方もいます。
離職率は大変低く、学生アルバイトの90%は卒業まで勤め、
パートさんは長期間勤務している方がほとんどです。

このように、皆さんがイメージされるパート・アルバイトとは異なることを
補足しておきます。

なぜ、そのような人材がてらこやに在籍しているのか。
それは、先ほどお話したように従業員が楽しく働くことができる仕組みづくりや
勤務評価システムや講師育成システムを確立しているからです。

ブラックと言われる塾業界を変える。
ホワイトな労働環境を作れば自然にいい塾になっていくのです。

しかし、ここまでのお話だと、塾の力ばかりが強調されていますが、
実際は「保護者様の頑張り」も学力を左右する大切な要素です。

特に結果を出している小学生のご家庭は、家族全体で頑張っています。
塾まかせ・学校まかせにしているご家庭は皆無です。

小学5・6年くらいになると学校の勉強も難しくなってきますが、
小学4年生くらいまでの読書・自然体験・社会体験・家庭学習習慣は
家庭の教育力次第です。

てらこやでは、生徒や保護者様を対象としたセミナーや個別面談を随時行い、
みんなで一緒に頑張る!という雰囲気を作っています。

中学生対象の新クラス名の発表!(無料体験先行予約受付中)


ここまで長々と読んでいただきありがとうございました。
では、新クラス名を発表させていただきます。


その名も







ハイブリッド個別クラス







です!

一斉指導×個別指導で、それぞれのいいところを合わせたクラスです。
今ある「速習クラス」と「復習クラス」を統合したハイレベルなクラスで、

津山中学生専用のコース

津山高校・津山東・津山高専を目指すコース

と2つの時間割を用意しています。

普通の一斉指導は、理解できずにおいていかれる生徒や、逆に理解しているのに
授業を聞かされることもあり、自分の学ぶべきところが学習できない場合があります。

しかし、てらこやのハイブリッド個別は集団でありながら個々に学習するので、
一人ひとりが自分の学ぶべきところを個別に学ぶことができます。

その特徴は…

◆生徒一人ひとりが目標を決めて学習
◆生徒からの質問はメイン講師がホワイトボードで解説
◆自分に必要のない解説は聞かずに自分の学習を進めてOK
◆受験指導やコーチングが受けやすい指導
◆指導教科は数・英・理(科目は選択可能)
◆国社はオプションで追加可能。実力テスト対策も追加可能
◆1クラスにつき講師1〜3名 生徒数は5〜20名
◆一斉指導を行うメイン講師と巡回型個別指導を行うサブ講師
学年ごとのクラス制【中1・2】【中3】【高1・2】【高3】
◆中1と中2を混ぜたのは、中1は先が見え中2は復習できるため
◆先に進みたい生徒は飛び級もあり
津山中学生コース津高・東高・高専受験コース(津中生以外)
定期テスト350点以上が目安

なお、無料体験後のお月謝は以下の通りとなります。

月謝・指導時間
【小6の3月末まで】 週1回 4,320円 週2回 6,480円 (指導時間60分)
【中1〜中3】週2回 14,580円(指導時間90分)
※時間割は教室ごとに異なります。

どうですか?
個別学習ができるのに集団指導なみのお月謝です。

これ、実は小6公立中高一貫校対策クラスや高専生クラスのシステムなんです。
ずっとこれを中学・高校でやりたいと思っていました。
なぜ、今までできなかったのかというと講師不足のためです。

そのような状況の中、来年4月に学生アルバイトからの

新卒正社員

の入社が決まりました!

最初に述べたように、てらこやが雇う正社員は私の右腕で幹部候補生です。
ということは、とてもとても優秀な人材です。



↑この動画もその方が作成↑

学生でありながら当塾教材の「数学のトリセツ」のデザインを作った方です。
プロ意識をもっている優秀な人材で、正社員となった後も
ますますプロ意識をもって仕事をしてくれるはずです。

新卒正社員加入・新クラス開講…

というわけで、やります。

新クラス開講キャンペーン!


体験授業1ヵ月無料!(毎月5名まで)
ハイブリッド個別の冬期講習も無料!


上記のキャンペーンについて
◆現在、小6・中1・中2のてらこやが初めての方を対象。
◆体験1か月無料はハイブリッド個別のみ。他のクラスの無料体験は1週間。
◆体験中に入塾するかしないかを決めることができます。
◆科目は数学・英語(1教科のみも可能)
◆冬期講習については11月末に発表します

さらに…ハイブリッド個別クラスはもちろん、個別指導クラス・思考力育成クラス
高専生クラスなど全クラスとも

入塾費無料!(3月末まで)

ハイブリッド個別クラスは、12月から開講予定ですが、11月中も体験を
受け付け
ております。
現在の小6・中1・中2でてらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>
※2学期の小6中学受験生および中3の入塾はお断りしております。
※中学受験をしない小学6年生は募集しております。

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!