てらこや広場

岡山県津山市の学習塾「学習塾てらこや」の塾長ブログです。

IMG_1848


こんにちは!

今日は県立高校入試の2日目で面接がありました。
みなさん、できはどうだったでしょうか?

私も津山高校にビラ配りに行きましたが、出てくる生徒たちの顔を見ると
入試が終わったこともあり、ほっとした表情が多かったです。 

1日目の筆記試験の問題が新聞に載っていましたね。
今年も数学は優しかったようで、英語は難しかったみたいです。
年々、英語は時間がきつくなっているようで、文章を速読できるかで
得点率は大きく変わってきます。

英語は日ごろから素早く音読する習慣ができていればいいのですが、
ただ目で読むだけや書くだけでは太刀打ちできない問題になってきています。
今後も英語の難化傾向は続くと予想されます。
中2以下はしっかり対策したいですね。


IMG_1849



さて、本日校門前で配布していたのは

高校準備クラス

の案内です。

開始はなんと合格発表の 翌日 当日の3月15日(金)から。
(※訂正しました。合格発表の当日の夜にスタートします。19日以降の参加でもOK。)

高校入試も終わったばかりなのに、もう勉強をはじめるの!?
と思う方もいるでしょうが、進学校の授業は大変なんです。

進学校の授業のペースは速い速い。
黒板の板書はすぐ消されるので中学生気分で授業を受けると大変なことになります。
内容も濃くなり数学の問題量・英語の単語量など、一気に難しくなります。

中学までは簡単に90点100点とれていた生徒が、突如できなくなります。


この現象を

高1ギャップ

と呼びます。

(高1クライシスと呼ばれることも。他には中1ギャップなどもあります)

毎年、てらこやは3月の入試直後から高校が始まる前に数英の予習をしています。

数学の勉強法
英語の勉強法
国語の勉強法
スマホの注意点
志望校の決め方


勉強だけでなく高校生になったら大切なこともお話しします。
時間割は以下のとおりです。

3月15日(金)20:15〜21:45
3月19日(火)20:15〜21:45
3月22日(金)20:15〜21:45
3月26日(火)20:15〜21:45
3月29日(金)20:15〜21:45

※いつから参加しても何回参加しても無料!
※上記の時間割は普通科・理数科の方が対象です
※高専合格者には別に高専準備クラスがあります
※教室は全て北園教室です

ご予約はお電話で。
お電話で「3月○日から高校準備クラスに参加したい!」とお伝えください。
お友達も一緒に参加OKです。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


さらに高校準備クラスに参加して3月4月に入塾した生徒は入塾費も無料!

それくらい来て欲しいのが高校準備クラスです。
強引な入塾勧誘はしませんので、ぜひこの機会にご参加ください。

◆2018年度大学入試 合格速報!
(3月14日追記)

大阪大学医学部保健学科

大阪市立大学文学部

関西大学

高知大学


などなど…

今年も旧帝大と公立最高峰の合格者を出すなどてらこや生は健闘しました!

IMG_1884


こちらは大阪市立大学に合格した生徒の合格体験記です。
この生徒の学習法というか生活習慣やメンタル面はすごいですよね。
目からうろこものです。

詳しくは後日お話しさせていただきます!



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎高校入試・大学入試で思うような結果が出なかった人へ

私は以前「小学生と異なり中学生や高校生は、もし受験にうまくいかなかったら
それはスマホや遊びに夢中になった人がほとんどで自業自得だ」というお話しを
しました。

それは間違いなくそうなのですが、取り返すことはできます

同じ過ちを繰り返さないこと

高校入試で失敗した!そう思うのなら、高校で頑張ればいいのです。
大学入試で失敗した!そう思うのなら、大学や予備校で頑張ればいい。
社会人になって失敗した!そう思うのなら、さらに努力すればいい。
…というように人間どこかで頑張ればいいのです。

私もそうでした。
大学在学中に大失敗をしてそれがずっと尾を引いて、まさに自業自得でした。
反省せず世の中のせいにしたり、親のせいにしたり。
いつまでも自分自身を見つめず努力もせずグダグダしていた、そんな時期がありました。

失敗したら人一倍努力すればいいのです。
グダグダ何かのせいにせずに努力しまくるんです。
本当に努力するというのは四六時中努力するんですよ。
歳をとればとるほど挽回は難しくなりますが、若いうちならまだましです。

高校受験・大学受験でうまくいかなかったからといって落ち込まない。
エリート街道をまっしぐらではない私だからこそわかります。

人生、晴ればかりでないから面白いんです。
土砂降りの雨のなか、苦しんでもがいて後悔して。
そんな中でこそわかる本当の自分があります。

今はつらいかもしれませんが、どうか諦めないでください。
今の悔しさがいつか力に変わります。
だから、努力を継続しよう!
私も頑張ります!

なお、努力の方向も大切です。
なるべくなら自分に向いていることに努力するのがいいのですが、
自分に何が向いているか。それを見つけるのも人生ですよね。

保護者としては子どもをうまく導いてあげたいところですが、思春期を過ぎると
なかなか言うことを聞いてくれない。

我が子が自分らしい道を見つけるまで、陰からこっそり見守りましょう。
そして、我が子がどんな苦難を迎えても味方であってください。
親にしかできないことです。


IMG_1838



てらこやは大人に指導する大人塾という事業も行っております。
勉強を教えることもできるのですが、勉強以外にはモチベーションアップなど
従業員のやる気を向上させ、資格試験などにどんどん挑戦していただいています。

写真は資格試験の勉強に自習に来ている塾生です。
大人塾専用のパーソナルブースで、めっちゃ集中できるそうです!

地域創生で移住者を募集して新規事業を行うというアプローチもありますが、
私は地域にいる大人たちが学び続けることも合わせて大切なのではと考えます。

大人が変われば地域が変わり、子どもたちも変わる。

そんな世界を夢見て私自身も勉強し続けます。

来週、てらこやから大発表があります。
2019年度4月から新しい指導を開始します。
てらこや以外の塾に決めるのはもう少し待った方がいいかもしれませんよ…?

では、また来週!


IMG_1784


こんにちは!
写真は沼教室の中学生のハイブリッド個別クラスの様子です。
とてもいい雰囲気で学んでいるので、来年の受験指導が今から楽しみです。

今年は暖冬で今週からは随分暖かくなるようです。
春といえば塾探しのシーズン。
津山市内にも多くの塾があり、てらこやも選択肢の一つにしていただければ幸いです。
そこで、今日は2019年度版のてらこやの指導方針についてご説明します。

◆中学生指導方針
〜確かな実績!基礎・応用・高専、どんな進路になってもてらこやなら安心〜

中学生はどういう進路になるのかわからないものです。
中2や中3になるにつれ志望校が変わったり、生徒の特性に合わせる必要があります。
てらこやでは生徒の個性や学力に合わせた指導法や教材を用いています。

普通の塾では中3指導は進学校とそれ以外の2タイプの分け方でしょうが、
てらこやの中3受験生指導は志望校によって3タイプに分けて指導しています。
…纏街盥察ε豺 津山高専 それ以外の高校
津山高専志望の生徒には早くから面接対策や数学理科の対策を行い、ここ4年間は
津山高校・津山東高・津山高専は受験者全員合格を達成しております。

なお、てらこやに通っていない方からは「てらこやは勉強ができる生徒が行く塾」
という話をよく聞きます。
外部の方から見るとレベルの高いイメージがあるのかもしれませんね…。
確かにホームページやブログには津山中学・津山高校・津山高専など進学校への合格実績
をよく載せていますが、決して他の学校の受験を疎かにしているわけではありません。

年によって多少変動しますが、全生徒の1/4が津山高校・津山東の普通科理数科
1/4が津山高専残りの1/2が津山商業・工業など他の高校を志望し合格しています。

なお、高専合格後は高専生指導をできるのもてらこやの強みです。
津山高校生も岡大レベルはもちろん高い学力の生徒まで対応できます。


〜5教科指導可能!数学・英語だけでなく国語や理社の指導も受けられる〜

国語や理社の指導は自習形式、といった塾もありますが、てらこやは希望者は
国理社の指導も受けられます。

さらに、2019年度から理社は希望者は動画指導も受けられます。
理科が嫌い・社会が嫌い、といった生徒でもわかりやすいような動画を準備しますので、
お気軽にご相談ください。

〜英語は○○指導を開始します!〜

恐らく津山初だと思いますが、今春英語指導でついに○○指導を取り入れます!
英語の学習法・指導方法が劇的に変わります。
詳細は3月にお知らせいたします!


〜季節講習・中3受験対策が安価で充実した内容〜

まず、夏期・冬期などの各季節の講習は強制ではありません
さすがに中3の夏期講習くらいからはほとんどの生徒が受講しますが、それ以外は
まったく強制ではなく費用も他の個別指導塾よりは格安です。
中3の高校受験対策も11月くらいから開始しますが、こちらも安価で受講できます。
また、指導内容も志望校に合わせたものを受けられるため安心です。

なお、2018年中3受験対策が1教科月あたり10,000円もしている塾もありましたが、
てらこやは3教科で8,000円でした。

また、最初は1ヵ月無料などで入塾しやすい塾もありますが、夏期講習・冬期講習などの
講習や受験対策の費用、冷暖房費や教室維持費などの隠れ費用も必ず確認しましょう。
結局、安いのは最初だけで受験学年では予想以上の費用がかかる塾もあります。
てらこやはもちろん冷暖房費や教室維持費はかかりません。

IMG_1790


なお、現在小学校6年生で新中学1年生はお得な中学準備クラスを受講できます。
お月謝は週1回で6,480円、週2回で8,640円で数学・英語を学ぶことができます。
月途中でも入塾できますが、3月までなのでお早めにお申し込みください!

⇒中学準備クラスの詳細はこちら



◆小学生指導方針
〜講師の質が人気の理由〜
てらこやの小学生指導はずばり人気です。
なぜ人気なのかというと、親しみやすい先生を揃えているからです。
小学生担当の先生は、元小学校教員や元保育士や子育て経験した方などが多く在籍し、
ほとんどの生徒が楽しく通塾しています。

津山中学を受検する生徒もいますし受検しない生徒もいます。
どんな生徒でも差別することなく正しい勉強方法が身につくように指導します。
ただし、嫌々塾に来るような生徒・付きっ切りでないとできない生徒については
家庭教師のような1対1指導をお勧めしています。

〜「正しい学習法・自学力」が身につく〜
特に小学生から通塾すると、目標をたてたり答え合わせや直しの癖がついたりと
正しい学習法が身につきやすいです。
「自学力をつける」というノウハウは、実はそう簡単なものではありません。
てらこやの専売特許だと考えております。

〜津山中学受検対策〜
今までの生活習慣や学力にもよりますが、習い事とかけもちでき短時間指導でも
毎年合格実績を出し、合格不合格どちらでも頑張り続ける生徒を育成しています。
したがって、中学3年生、高校1年生の勉強面でうまくいっている生徒がほとんどです。
津中受検を考えている方は、小4または小5までは思考力育成クラス
小5または小6からは公立中高一貫校対策クラスがおススメです。
なお、今年度から北園・沼・高野全ての教室で小6の受検指導ができるように
なりました。

〜英語指導〜
小学校での英語教科化がいよいよ来年の2020年度から始まります。
現在はそれに向けての移行期間ですが、実は今の小6(これから中1になる生徒)
からは中3から教科書が変わり単語数が大幅にアップする予定です。
ということは現在の小5も中2で大幅に単語数がアップして大変になります。

てらこやでは小学英語については今まで沈黙を守ってきましたが(?)、
ついに今春大きな動きを見せます。
具体的な内容については3月に発表します。
お楽しみに!

◆高校生指導方針
〜普通科・理数科・高専生、すべてに対応できる〜
てらこやの高校生担当講師は、岡山大学レベルはもちろん九州大学や大阪大学など
旧帝大レベルの受験生も担当できる講師が在籍しています。
今年の受験生では当初より偏差値10くらい上の大学を受ける生徒もいます。
教科は数学・英語を中心に国語・化学・物理も担当できます。

高専生専用クラスがあるのも大きな特徴です。
普通の塾ではできない高専専門科目の指導や物理の指導をできます。
学校の先生にオススメされるほどなので、恐らく地域で一番の生徒数をほこります。
高専生の塾はてらこや、とお考えください。

〜生徒の学力や目標に合わせた教材を使用〜
基本的に学校の教材を使用するのですが、基礎から学ぶ必要がある生徒や
特殊な大学を目指す生徒にはお勧めの参考書をアドバイスします。
教材1つで学力は大きく変わりますので、この点は重要です。

〜もちろん自習スペースは無料で使い放題〜
自習室ではなく自習スペースです。
自習室では居眠りや携帯で遊ぶなどさぼる生徒もいるものですが、
てらこやは自習スペースなので適度に大人の目があります。
毎日多くの生徒が利用しています。
なお、質問BOXも置いているので、わからない問題があれば添削指導もします。


なお、この春、高校に合格した生徒には無料の高校準備クラスをご用意しています!
津山高校・津山東に合格の生徒はもちろん、津山高専の生徒にも対応。

⇒高校準備クラスについてはこちら



いかがでしょうか?
ちょっといいことばかり書きすぎたかもしれません(笑)

もちろん色々な塾と比べていただき、納得の上で入塾していただければ幸いです。
個別指導が基本なので、同級生と一斉指導を受けたい!という方には不向きかもです。
ただし、今はハイブリッド個別クラスという同級生と一緒に学べるクラスもあるので、
友だちと頑張りたい中学生も是非入塾をご検討ください。

今年でてらこやは開塾18年目を迎えますが、まだ進化の途中。
これからも進化しつづけていきます。

シンカ・シンカ・シンカリオン! チェーーーンジ!



子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!


FullSizeRender


こんにちは!

こちらは津山中学を受検した受検クラスの生徒に送った花束とお手紙です。
私たちは生徒に教えているようで教えられることもたくさんあります。
皆さんに会えて感謝です!
ありがとうございましたm(_ _)m

津山中学の適性検査は終わりましたが、高校入試・大学入試はまだまだ続きます。
今週は私立高校入試がありました。
初めての入試の方もいたかもしれませんが、自分の力を発揮できたでしょうか。

この時期の生徒を見て思うのは、いかに真剣に自分の人生に向き合えているかです。
私は、中学受験をする小6と異なり、中学3年生や高校3年生に対しては
ほぼ大人に近い感覚で接します。

自分の人生を自分で決める大事なときなので、頑張っている生徒には
労いの言葉をかけ、逃げている生徒には叱咤激励をします。
自社にいる大人の部下に対する対応とほぼ同じです。

子どもをいつまでも子ども扱いしない。

子どもを自立させる一つの方法なのではと思うからです。
入塾当初はあまり成績のよくなかった生徒が毎日のように自習に来てどんどん
自分で学んでいる、そんな姿を見ると尊敬さえします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


先日、小4小5生の塾内生向けの津山中学受検セミナーを行いました。
30名を超える方に参加していただき改めて指導方針や今後のことを
説明いたしました。

突然ですが、皆さんの学ぶ目的は何でしょうか?
いい大学に入るため?
将来、安定した職業につくため?


色々あると思いますが、今日はてらこやの公立中高一貫校対策クラスの方針を
説明しながら「学ぶ目的」について考えたいと思います。


てらこやの受検クラスは通常の受検指導とちょっと異なります。
通常の中学受験(受検)指導は、ねじり鉢巻きを巻いて

絶対合格するぞ!おーーー!

という感じです。
都市部の受験ではこれが普通かと思います。

※適性検査は本来「受検」といいますが、私立受験も含めて以下「受験」とします。


確かに、そういうやり方で合格実績が上がることはあるかもしれませんが、
私は逆に中学受験では「絶対合格するぞ!」という考えは危険だと考えています。

なぜなら、まだ年齢の低い小学6年生で合格をゴールとしてしまうと
合格でも不合格でも生活や学習習慣が乱れる可能性が高いからです。

絶対合格するぞ!
⇒ 合格がゴール
⇒ あとはエスカレーターで楽できるぞ(大学入試もまだまだ先だ)
⇒ 合格後に生活や学習習慣が乱れる。
⇒ 素行が悪くなったり、授業態度も悪くなったりする生徒もいる。


また、不合格だったときに勉強を嫌いになるリスクも大きいです。
燃え尽き症候群というのでしょうか。
ある学校に入れなければ人生終わりだ、そんな考え方は危険です。

てらこやの指導方針はどうかと言うと

合格・不合格でも努力を続けられる生徒

中学3年生や高校1年生で自立して学べる生徒を育てる

つまり、中学受験をゴールにしていません。

本当は自分で道を切り開けるような問題解決力の高い大人に育てたいのですが、
私たちが指導できる期間はせいぜい高校3年生までです。
ならば、自立して学べる生徒を育てるしかないのではと思っています。
そしてそういう人材こそ、これからの社会に求められると感じています。

私は福岡など都市部の中学受験経験者を見たことがありますが、
中学受験に失敗しても第二志望の学校で頑張る生徒も多数います。

てらこやでも津中には縁がなかったけど市立中で頑張っている生徒はたくさんいます。
実はそういう生徒の約9割が450点前後をとり、高校受験で津山高校や津山高専に
進学したりそれ以上の学校に行く生徒もいます。

津中に合格した生徒も努力を続けています。
特にてらこやの津中生の品行方正なところは素晴らしいです。
合格に浮かれることもなく授業で騒ぐこともなく、なかには中2や中3で
高校数学や高校英語に進む生徒もいます。


今回の津山中学の入試結果は、てらこやは残念ながら半分弱の合格者数でした。
今年は準備期間の少ない生徒が多かったというのが大きな要因ですが、
そういう中でも健闘した結果なのではと感じています。

今年の生徒や保護者の方々も大変な努力をしましたし、その努力は嘘ではありません。
そして、それを無駄にしないためにも合格不合格問わず努力を継続すると信じています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


長々とご説明しましたが、
・中3や高1までに自立した学習ができる生徒を育てる
・中学受験をゴールと考えていない

以上の理由から
今後はてらこやの合格実績の出し方は以下のようにする方針です。

小6津山中学受検生
今後、津山中学生の合格実績は受検者の半数以上合格したかどうかを公表します。
中学受験合格をゴールとしないために、たとえ結果が良い年でも合格者数を出して
競争心を煽らないように心がけます。

中3高校受験生
全員第一志望合格、特に津山高校・津山高専・津山東受験生は全員合格を目指します。
高校受験は中学受験と異なり中1からの生徒各自の努力が報われる入試です。
逆に、努力をせずスマホや遊びに夢中になり入試で結果を出せないのは自業自得です。
この辺は小学生と中学生は大きく異なり、中学生には厳しく指導していきます。

高3大学受験生
こちらも全員第一志望合格を目指します。
実績は目安として有名国立私立大や旧帝大などの実績を主に紹介します。
例えば、大阪大学や九州大学の合格者を出すということは、そのレベルの生徒を
指導できる先生が所属しているということを意味します。
なので、塾のトップレベルの合格実績を出すことは重要だと思います。


まとめますと、てらこやで学ぶ目的は

いつか自立して学べる人になり、一人立ちできる人になる

てらこやに入る方には、そう考えていて欲しいと願います。


福沢諭吉の「学問ノススメ」に以下のような教えがあります。

一身独立して一国独立する

学問の目的は、まず第一に「一身の独立」にあり、独立できていない人間は
他人から軽蔑されるが、国家も同じである。
国民が甘えや依存心から脱却し、日本は自分たち自身の国であるという気持ちを
持たない限り、日本は独立した近代国家として諸外国から認められることはない。


真似したわけではありません。
てらこやの思想はいつの間にか学問ノススメと同じになっていました。
ちょっと普通の塾ではありませんが、今日も私は信念をもって仕事をしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、ここからは生徒募集のお知らせです。

小6公立中高一貫校対策クラス(津山中学受検)
次年度の津山中学受検の公立中高一貫校対策クラスは、すでにかなりの人数です。
恐らく春には定員に達するので入塾希望の方はお早めにお問い合わせください。

様々な塾があり様々な方針があります。
てらこやの方針に共感した!という方には特におすすめです。

中学準備クラス(3月末まで月謝 週1回6,480円 週2回8,640円)
津山中学に合格した生徒も不合格だった生徒もすでに学習を開始しています。
まず、津山中学に合格した生徒は、先輩のいるクラスで一緒に学ぶことができます。
てらこやの津中生は私語もなく真剣に勉強をしている生徒ばかりなので、
学習環境を重視したい方には特におすすめします。他塾からの転塾も大丈夫です。

津山中学に不合格だった生徒も、リベンジのためにすでに動いています。
こちらも他塾の生徒さんも受け付けております。
3年後の高校入試のために全力でサポートしますので、せっかく身に着けた
学習習慣を手放さないためにも今すぐてらこやに来てください。
私たちと一緒に頑張りましょう!

そして、もちろん受検をしなかった小学6年生や他学年も募集中です。
毎日たくさんの入塾のお問い合わせをいただいていますが、
順番に面談をさせていただきます。

なお、てらこやの中学生指導は津山高校・津山高専・津山東を目指す生徒は
ハイブリッド個別という指導法で数学英語の指導+理科社会のテスト
受けられます。

さらに、国語特訓という現代文指導のオプションもあります。
ただ自習をさせるのではなく、しっかり国語のコツを教え要約力をつけます。
大学入試改革にも対応しており、今後は国語力が大切な時代になります。
国語の指導ができる点が他塾との大きな違いと言えます。

津山中学適性検査対策の小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生のハイレベル指導のハイブリッド個別クラス(津中生クラスもあります)
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!


こんにちは!

高専の推薦入試・大学受験のセンター試験が行われ、入試シーズンも
真っ只中となっています。

センター試験は2020年度から(現在の高校1年生から)新テストに変わる
影響で新傾向となるのか注目されましたが、例年通りの内容だったようです。

私が指導する数学や物理は難易度もさほど変わりなかったようで、
生徒たちの出来具合が気になるところです。
学校での自己採点も終わり今日から報告に来てくれる生徒もいると思います。

高校生たちには「当日、特定の科目が難しいときもあるけど慌てるな」
というアドバイスをしておきました。
というのも、私が受けたセンター試験は英語の平均点がとても低く
200点満点の英語で平均が100点もないような年でした。

英語の試験が終わったときに受験生の悲鳴やため息が漏れ、とんでもないテスト
だったのを今でも覚えています。(試験最中でもすすり泣く声が…)
しかし、難しいということはみんなも同じで平均点は必ず低いはず。
他の科目のテストに影響させない精神力がそこでは必要でした。

事実、英語の難しさを補完するように数学が大変やさしい年で
私も200点満点をとることができました。

だから、ある科目がうわーっというできでも慌てないこと。
これは各大学で受ける二次試験でも言えることです。
参考にしてみてください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

IMG_1653


さて、先週土曜日の私のスケジュールは

・インタビューゲーム
・中3高校受験対策応用クラスの授業
・小6津山中学受検クラスへの最後の授業(別記事で内容は公開します)

とイベント盛りだくさんの日でした。

こういったイベントは、当日はもちろん前日までの準備も大変です。
昔の未熟な自分なら途中で「しんどい」と弱音を吐いていたでしょうが、
今ならさらっとやり遂げれてしまうのには不思議に感じます。
気を張っていたのか、終わった後はさすがに疲れを感じましたが(笑)

午前中はアルネ津山のまちカレで「インタビューゲーム」をさせていただきました。
私も正直ドキドキしながらやったのですが、子どもたちの適応力やパワーというのは
すごいですね。

そんな感想をみんなにお話しをすると、ある子から
「子どもを甘く見たらいけんよ!」と言われちゃいました(笑)

IMG_1714


IMG_1656

※ブログへの写真掲載の許可は得ています

ゲームのルールは簡単です。
2人1組になって時間を計って交代でインタビューをし合います。
そこで重要なのが聞くときは聞くことに徹する、ということ。
普段の会話だとついつい相手の話題をとってしまいます。

例えば、「将来つきたい職業は何ですか?」という質問で相手が
「ケーキ屋さん」と答えたとします。
すると聞き手が「ケーキ屋さんいいよね、私もケーキが大好きで…」
という感じに相手の話をとっちゃうことが多々あります。

今回のインタビューゲームでは相手の話をとらずに聞くときは聞くだけで、
話すときに自分の話をしてね、と最初に説明をしておきました。
冒頭、少し説明しただけだったのですが、小学生低学年でもルールを守って
相手の話を聞くことに集中できていたのが素晴らしかったです。

その後、インタビューした内容を聞いた相手のために自己紹介文に書くのですが、
これも皆さん上手にできていました。

時間の都合上、インタビューの時間や自己紹介文を書く時間をもうちょっと
かけてあげたかったのが反省点ですね。


IMG_1715


IMG_1716


このゲームの教育的な意味はどこにあるのでしょうか。
実はいろいろあるのですが

コミュニケーション力

を上げることが期待できます。

よくコミュ力などと言われますが、話すだけでなく聞くことも必要です。
実際の生活レベルではインタビューはしないにしても、相手の話を聞く傾聴
できるかできないかで人間関係がうまくいくかは変わっていくと思います

今回の子どもたちに「人の話を聞く」のと「自分の話をする」のではどちらが
楽しいか聞いたところ「自分の話をする」方が楽しい人が多数派を占めていました。
これは他のところでも聞いても同じ結果となるようで、

人間は自分の話をするのが大好き

ということが言えます。

でも、自分の話ばかりする人は嫌ですよね。
だからこそ相手の話を聞くことが求められるのですが、それを訓練する場がありません。

そこでてらこやではまちカレでまずは試験的にやってみて、今後自塾でも
希望者を対象にインタビューゲームを取り入れていこうと考えました。

実はこのインタビューゲーム、子どもだけでなく大人にも有効です。

例えば、人事担当で採用面接をしている方。
相手をみるための面接なのに、なぜか面接官自身がしゃべりまくっている
ことがありますよね?
「そうそう、俺なんかね…」というように。

夫婦間でも有効です。
インタビューゲームをすることで、普段聞いてもらえない話を聞いてもらうことで
夫婦関係の悪化を防ぐことも可能です。(悪化してからの改善は難しいかもですが…)

今後てらこやでは、インタビューゲームなどを取り入れた大人対象の学びの場も
作っていく予定です。

まちカレでも定期的にインタビューゲームは行っていきます。
ご期待ください!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


さて、新年になって入塾のお問い合わせも増えてきました。
教室やクラスによっては定員に近づいてきているので、入塾をご検討の方は
お早めにお問い合わせください。

新中学1年生の中学準備クラスや小5・小6の津山中学受検の公立中高一貫校対策
クラスなどは例年人気のクラスです。


入塾説明会で詳しい説明を聞いてから入塾を検討することもできますが、
個別入塾相談でも詳しいご説明をすることも可能です。

入塾説明会(北園教室)
1月27日(日)


⇒2019年入塾説明会のご予約はこちら


津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!

tsutyu


※今回の記事は2018年の記事「中学受検の真実2」をベースに
一部加筆したものを掲載しております。


こんにちは!

本日は津山中学の受検日です。
今年も当塾の生徒を見送りに会場に行きました。
例年同様、大変冷え込みましたが、一人ひとり「大丈夫!」の声かけをしました。

長い子で3年、短い子で半年、一緒に勉強した期間に差はありますが、
皆さん本当によく頑張りました。

生徒だけではありません。
保護者様や兄弟姉妹などご家族全員が頑張りました。

塾への送り迎え、ご家庭での勉強などをサポートとしていただき
ありがとうございました。

毎年恒例ですが、津山中学の受検日ということもあり、将来中学受検を検討している方に
アドバイスをさせていただきたいと思います。


※注
受検と表記していますが、公立中高一貫校は適性検査という検査なので受検と呼ばれます。
一方で、岡山白陵など私立中学の入試は受験と呼ばれます。
今回は中学受検と表記してますが、私立中学入試も含めた中学受験という意味とお考えください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

中学受検指導に数年関わって見えてきたことがあります。
それは、中学受検は「うまくいく」と学力のみならず、
子ども自身の人間力や家族の絆を深めるということです。

「うまくいくと」というのは合否の結果ではありません。
紆余曲折があるかもしれませんが、子どもさんが受検に前向きになって
受検日まで全力で勉強したのなら「うまくいった」と言えるのではないでしょうか。

では、どうやったらうまくいくのでしょうか。
それは、子どもさん自身が受検にもともと前向きであることも大切ですが、

ご家族が受検に協力することが大切

だと思います。


考えてみてください。
まだ幼い小学校6年生の子どもが受検をするのです。
中学3年生や高校3年生ではありません。
もし、塾任せにして子どもだけが勉強するようなら「うまくいく」はずがありません。

受検をしない友だちはその辺で遊んでいるのに、夏休みも冬休みも年末年始も勉強勉強。
当然ストレスも溜まりますし成績も思うように上がりません。
そこで、勉強に協力的でない保護者様に模擬試験の結果を見られて
「なんて点数をとってるの!」などと言われようものなら…
子どもさんもプッツン切れるでしょうね。

勉強をやるのは子ども本人ですが、保護者様のサポートももちろん大切になります。
問題を一緒に考え、できなかったことができるようになったら「すごいね!」と感心する。
楽しさと苦しさを子どもさんと共有するだけでも十分協力的だと思いますよ。

「結局は受検は子ども次第ですよね」

なんて言葉はあまりに無意味です。
そんなの真実ではありません。

もうお気づきかと思いますが、中学受検は親次第、家族次第なんです。
合否ではありません。
家族次第で「やってよかった」と「やらなければよかった」が分かれるのです。

てらこやの生徒たちは全員うまくいきました。
受検前には全員が驚くべき学力を身につけ、勉強が面白いと口々に言っていました。
その光景は奇跡的で確かに指導している私も面白いのです。
今年も全員合格できる力を持っていますが、もう結果はこだわりません。
私は満足しています。
うまくいったからです。

恐らく…てらこやの中学受検の学習は他塾より大変です。
なぜなら、ご家庭に求める負担が大きいからです。
思考力育成のワーク、難しいですよね。
保護者様を連日連夜苦しめたかもしれません。
国語や社会の答え合わせ、大変ですよね。
合っているかどうかの判断が難しい。
面接練習にいたっては受検直前は毎日してもらっています。
本当にありがたいことです。
ただ、大変だったでしょうが子どもの学力はものすごく伸びたと思うのです。

一般的な塾はどうなんでしょうか。
受検指導はお任せください!
塾でがっつり指導をします、ご安心ください!
質問はすぐに教えます、どこよりもわかりやすく指導します!
耳障りのよい言葉が並びますがそれだけで本当にうまくいくでしょうか。

てらこやはあえて言います。

安心しすぎないでください!
塾に任せすぎないでください!
塾や子どもさんと一緒に頑張りましょう!

ああ…言っちゃた…(><)
お客さんがいなくなるのではないかと心配になります(笑)
でも、これが中学受検の真実だと思うんですよ。
別に私がラクしようとしてるわけじゃないです。
この方が「うまくいく」のです。

私は合否だけにこだわっておりません。
受検を通して子どもだけでなくご家族全員に成長して欲しいと願っています。
中学受検という難局を乗り越えたご家族は、どんな荒波にも耐えうる船になるでしょう。

今日は受検を終えた子どもたちが教室に報告に来てくれます。
結果はどうあれ、いいお顔を見れたら私は幸せです。


2019年1月12日加筆

なお、ご家族が協力しすぎ(というより支配?)でも当然うまくいきません。
やっていくうちに楽しくなる生徒もいますが、「あれしないさい、これしなさい」
と支配するような勉強だとうまくいかないことが多くなります。
子どもと信頼関係が成り立っている人からの指示だとうまく通ることもありますが、
親子だけの勉強だと、けんかになるようなことあるようです。
その点、塾に入るメリットはありますよね。

もちろん言わないとやらない子もいるので生徒の性格にもよりますが、
勉強の指示が適切でないとうまくいきませんよね。
※例 漢字ドリルや算数の計算ばかりしても適性検査問題は解けません

なので、ご家族ができる一番の協力というのは

子どもが気持ちよく勉強できる環境

を整えてあげることなのかもしれません。
必ずしも保護者様も一緒に勉強をしなくてもいいのはないか、と最近思います。
できるなら作文のチェックや「なんで〜なのか」を聞いていただくなど
理解しているのかのチェックをしていただければ大変ありがたいです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2018年1月6日加筆

ここまで「家族みんなで中学受検に取り組む」ことの大切さをお話ししました。
中学受検の真実として、もう1点加筆します。
それは、

「中学受検の合否が全てではない」
「受検後の学習習慣こそ大事」


ということです。

津山中学に合格できなかったらもうだめだ。
そんな考えの方がいますが、それはまったくの嘘です。

なぜなら、

中学受検で合格しても苦労している人がいるからです。

理由はいろいろあるでしょう。

中学受検の勉強で燃え尽きてしまって、入学後に勉強をしなくなる。
高校受験なしでエスカレーター式に高校に行けるから安心してしまう。
合格祝いで買ってもらったスマホのゲームやSNSにはまる。
普通の学校よりも多い宿題にやる気を失せてしまう。

共通して言えることはせっかく合格したのに

やる気

を失くしてしまっていることです。

なぜやる気を失くすのか。
それは、できる集団の中で成績を比べられるからです。

私は「アリさん理論」と呼んでいるのですが、
働きアリの2割しかよく働いていなく、2割はさぼってしまうらしいです。

アリと同じ現象がどんな組織にも2:6:2の割合で、

「できる層:中間層:できない層」

ができてしまうのだとか。
※この考えは、もともとは経済学のパレートの法則からきています。

中学受検後のクラスでも例外なく「アリさん理論」が発動しています。
難関の試験をくぐり抜けてきたのにも関わらず、順位がわかってしまうため
「私って優秀じゃないのかも…」とやる気をなくしていき、
2:6:2の割合で成績分布が出来上がってしまうのです。

下位の2割がすごいです。
簡単な中2レベルの英語が50点以下になってしまうのです。
普通の公立中学に通っていたらトップレベルになったであろう子が。

逆に、中学受検に不合格でも公立中でなにくそと頑張り、
県外のトップレベルの高校に合格した生徒もいますし、
そこまでいかなくても、地元の中学でトップレベルをとる生徒は何人もいます。

したがって、中学受検の真実に1つ加えるのは

受検後の学習習慣こそ大事

ということです。

合格だろうが不合格だろうが、せっかく身についた勉強習慣を捨ててしまわずに、
中学以降で生かしている生徒がうまくいっています。

人生80年、若い世代なら100年かもしれません。
12歳の中学受検程度で人生が決まるわけがありません。

大変だった受検勉強ですから、少しくらい休んでも構いません。
ただし、休み過ぎないようにしてください。
休んだ分だけ起き上がるのが大変になります。

半年とか遅いですよ。
1・2か月で起き上がってください。

よし、もう一回頑張ろう。
という気になったら、てらこやに来てください。

当然、津中の合否は問いません。
塾内生はもちろん、新中1からてらこやで頑張ろう!という
塾外生も歓迎します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、こんな変わった塾ですが、大変と言いつつも子どもたちは楽しいそうです。
てらこやは、勉強を楽しくするのは得意なのです。
なぜなら、勉強をおもちゃのように考えているからです。
子どもたち自身に考えさせ、教えすぎないことで楽しくなるようです。

2月からは新小6(現小5)や新小5(現小4)対象の公立中高一貫校対策クラス
も始まります。

てらこやは1教室だけでなく北園教室・沼教室・高野教室すべての教室で
津山中学受検対策が可能です。
長く険しい受検勉強なので、お住まいに近い教室をお選びください。

また、新中学1年生のクラス「中学準備クラス」はすでに始まっています。
中学準備クラスはお得なお月謝で中学で必須の国数英の基礎学力を身につけられます。
国語も指導できるのがてらこやの強みですね。(週1回6,480円 週2回8,640円

もちろんご希望の方には速習指導のようにどんどん先に進めることができます。
また、ハイブリッド個別クラスと個別指導クラスの判定も行いますので、
てらこやをご検討の方はお早めに入塾していただいた方がいいかと思います。

現在、小学生・新中学1年生以外の生徒も募集中です。
募集は随時しておりますが、以下の日程で入塾説明会も予定しております。
(日程 1月27日,2月24日,3月31日)

津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

てらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!


こんにちは!

明日はいよいよ津山中学の適性検査日です。
毎年のライフワークとなってきた津山中学の受検指導。
今年も生徒たちは立派に成長しました。

小学6年生の最初ごろは適性検査問題をきちっとできなかった子たちが、
受検前にはほとんどの生徒が戦える状況になっているのが驚きです。
作文が書けなかった子が書けるようになったり、算数では答えばかり写していた
子が「なんで〜なのか」過程を自分で考えれるようになったり。
人間は生まれながらに「学びたい」という欲求があるのを改めて確認しました。

人生は紙飛行機。
私も生徒たちと一喜一憂しながら日々指導してきました。
てらこやの生徒だけでなく、他の受検生にも言えることですが、途中で
「もうやめてしましたい…」そんなことを考えた生徒もいたことでしょう。
それでもここまで学び続けてくれたのは、保護者様や共に学ぶ仲間がいたからに
違いありません。

全ての受検生の関係者に、この場を借りて感謝の言葉を述べさせていただきます。
生徒たちを応援してくれてありがとうございました。

これは毎年思うことなのですが…
私は津山中学の受検生を心の底から尊敬しています。
生徒たちが学んでいるようで、実は毎年私も学ばせていただいています。

こんな小さな子どもたちがあの難しい問題に立ち向かっているのですから、
学びの渦というのでしょうか、真剣度や場の熱量がすごいです。
だから私も必死で準備しますし、一問一問を生徒になったつもりで考えます。

塾が大きくなるごとに授業以外の雑務も増えております。
しかし、この時期だけは子どもファーストの精神で小6の受検生に
最後まで寄り添いたいと思います。

授業は昨日が最後でしたが、今日も質問したい人はいつでも来ていいよと
伝えております。

社長室を開けて待っています!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


FullSizeRender



さて、ここからはお知らせです。
てらこやでは地域の教育力を上げる取り組みを昨年から行っております。

親子で正しい学習法を学ぶ「親子塾」に続く第二弾として…
小学校で案内が配布されてご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
「インタビューゲーム」を1月19日(土)にアルネ津山で開催いたします。

このインタビューゲームでは、2人1組になってインタビューをし合い、
インタビュー後は発表するという単純なゲームです。

インタビューした内容はインタビューした者が文章にまとめて発表をします。
普通のお話しと違って公開を前提としているからインタビューなんです。

実はインタビューという形式をとると、普段のお話しとは異なり
聞き手は相手のいいところなどを引き出そうと上手に聞こうとします。
いわゆる傾聴といわれるものです。

一方で、普通の会話ではどちらかが主導権を握り
「私が正しい、きみは間違っている、私の話を聞いてよ!」
というように自己承認欲求のぶつけ合いとなります。
建設的な話ができない状況ですよね。

実はこういったことがけんかのほとんど原因で傾聴力を鍛えることが
人間関係をよくする方法の1つだと考えられています。


大学卒業後に私はとある勉強会でこのゲームを知り、人間関係がとても
円滑になりました。
今回は小学生で行いますが、老若男女を問わず楽しめるゲームなので
ずっと続けていきたいと考えています。
夫婦間でやってみても面白いですよ…(笑)


会場費もあるので500円の集金をさせていただきますが、ご都合のよい小学生は
参加してみてはいかがでしょうか?
保護者様の付き添いのもと入室でき、アルネの駐車場の無料券も発行できます。


◆インタビューゲーム詳細

[日時] 1月19日(土)
[定員] 20名
[受講料] 500円 (当日現金でお持ちください)
[場所] アルネ津山4F 地域交流センター
‐学生低学年 10:30〜11:30
⊂学生高学年 11:40〜12:40

※保護者様も入室できます。

ご予約は津山まちなかカレッジ事務局までお願いします。

電話:(0868)31−2252
平日10:00〜17:00

1月19日のインタビューゲームに参加したいです!とお伝えください。

今回はてらこや塾生も参加できますし、もちろん塾外生も参加できます。
皆様のお申込みをお待ちしております!


IMG_1605


こんにちは!

新年あけましておめでとうございます。
今年もてらこやをよろしくお願いいたします。

てらこやは1月4日より冬期講習が、1月5日より通常指導が再開しました。

とにかく今年の冬期講習は良かった!
上の写真は1月5日土曜日の北園教室の様子です。
生徒たちの学習に対する熱気が素晴らしく鳥肌ものでした。


IMG_1614


小6津山中学受検生について。
今日はてらこや名物・特別講師による面接特訓を行いました。
ここ2週間の特訓で生徒たちはまるで別人のように成長しています。

面接の受け答えなど生徒たちの成長ぶりをみて、少し涙が出てきました。
よくぞ、ここまで成長してくれたと。
特別講師も「この子たち、すごいな」と感想を残してくれました。

ただし、受験はどうしても結果が出ます。
仮に悪い結果が出たとしても、私はプロとして生徒や保護者様のせいにはしません。

結果が出なければ、それは私たち塾の責任

そういった覚悟をもって真摯に仕事に取り組んでいます。
だから必死に準備をしますし、生徒たちに情熱をもって接することができます。
最後の指導日まで生徒たちに寄り添っていきます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


さて、今年2019年の抱負をお話しさせていただきます。

去年の新年のご挨拶では抱負はなんと





ヒミツ





でした(笑)








なんと、今年は…













今年も









ヒミツ





です!(笑)



少しだけヒントをお話ししますと、春から大きなプロジェクトを起こします。
地域のため、日本のため。
おおげさですが、教育業界の一人として現代社会に問題提起します。
ある意味、教育界のイノベーションを起こすかもしれません。

おかげさまでてらこやは無借金経営です。
そんなチャレンジをしなくてもいいのでは?
そう思われる方も少なからず出てくるかもしれませんが、安定経営時にこそ

他の人がやらないようなこと

他の人から「えー、それって意味あるの?」ということ

これらが取り組むべき課題なのです。

いわゆる急ぎではないが大事なことに力を注ぐべきなのです。


実はてらこやの「教えすぎない」「生徒を自立させる」こういった考えも当初は、
「どうせうまくいきっこない」「そんな考え理解されないよ」と言われました。

数学の動画指導の「てらtube」もそうです。
作成当初、友人知人からはボロボロに言われました(笑)
ところが、動画をアップロードしてみると全国から感謝のメールが来ました。

世の中にないものを作ったからヒットした。
私はこういう体験をたくさんしてきました。

教えすぎない教育

てらtube

と進んできて、そろそろ次の段階にたどり着いたのでしょう。

でも、次のプロジェクトはちょっとパワーが必要です。
私1人ではとても成し得ないことなので、今年からはチームで取り組みます。

何をやるのか?具体的には3月にはお知らせすることができる予定なので
今しばらくお待ちくださいませ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


てらこやでは新規入塾者を募集しております。
てらこやでは、1月から4月の入塾がおススメです。
なぜなら時間割を選びやすいからです。

この時期は進路の決まった高校3年生や中学3年生が卒業するため、
時間割に空きが出やすくなり入塾者を受け入れやすくなります。

年度の途中ですと、どうしても時間割に空きが少なくなり希望の時間で
指導ができない場合があります。

また、新中学1年生は今のうちにしっかり準備しておくべきです。
小学6年生で数学や英語をすでに予習している生徒がいますが、
早い生徒で方程式や3単元のSにまで進んでいる子もいます。

そういうロケットスタートをした新中1は、間違いなく中学生生活を
順調に過ごすことができます。

※てらこやはグループ指導ではなく個別指導なので、生徒ごとに進度が異なります。
※したがって、入塾時には各生徒が適切なレベルから学ぶことができます。


ここからは注目のクラスをご紹介します。

◆中学準備クラス

この春、中学に入学する新中学1年生向けのクラスです。
小学生の国語と算数の復習をして、中学の数学英語を予習します。
なお、指導方法は基本的に巡回型の個別指導で、生徒一人ひとりの
個性に合わせて進め方を変えます。
したがって、途中で入塾してもついていけますのでご安心ください。

3月末までの月謝は週1回で6,480円週2回で8,640円となります。
(週あたりの費用ではありません。月額です!)
4月以降はハイブリッド個別クラスか個別指導クラスに分かれます。

◆公立中高一貫校対策クラス

2月から新5年生・新6年生クラスがスタートします。
津山中学受検対策は、担当講師拡充により今年から

北園教室・沼教室・高野教室

全ての教室で対応できるようになります!

お住まいの近くで通塾できるのは小学生にとってはメリットですよね。

ただし、おかげさまで受検クラスは人気なので、今年も新6年生クラスには

定員

を設けます。

ということで…
てらこやで津山中学の受験対策をしたいという方はお早めにお問い合わせください。
定員に達した場合、ご希望の曜日日時で指導できない場合があります。


その他の学年やクラスも入塾を受け付けております。
くり返しますが、1月から4月は1年でもっともてらこやに入塾しやすい時期です。

入塾説明会で詳しい説明を聞いてから入塾を検討することもできますが、
個別入塾相談でも詳しいご説明をすることも可能です。

入塾説明会は直近では1月27日(日)に行われます。

⇒2019年入塾説明会のご予約はこちら



津山中学で高い合格率を誇る小5・小6の公立中高一貫校対策クラス
小学3〜4年生に人気の思考力育成クラス
中学生の新しいクラスのハイブリッド個別クラス
そして幅広い学力層に対応できる個別指導クラスなどなど…

現在の小6・中1・中2でてらこやが初めての方で詳しいお話を聞きたい!
という方はお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをお待ちしております!

子どもさんが塾で勉強したい!と言ったら 是非てらこやをご検討ください。 
詳しくは以下のホームページかお電話でお問い合わせください!
⇒てらこやのホームページはこちら 

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>

「ホームページを見て入塾を検討しています」とお申込みください 
みなさまからのお問い合わせお待ちしております!


IMG_1577

こんにちは!

今日は携帯からの打ち込みなので短めの内容です。
2018年は、津山アルネでの親子塾や大人対象の大人塾など、新しい取り組みを始めた年でした。

そんなこともあり、大変忙しい一年だったと感じました。歳をとると見ないと言われる夢を今年は何度も見ました。それだけ新しいことに挑戦できたということなのかもしれません。

写真のとおり冬期講習では志望校別の対策を行いました。中3の全教科をがっつり指導したのですが、とても楽しかったです。

特に社会。
私は江戸時代幕末から明治大正昭和にかけての流れが大好きです。しゃべりだしたら止まらない授業だったのですが、生徒は楽しめたでしょうか?

IMG_1575


算数や数学の指導でも新しい発見がありました。
早速、津山中学受検生にフィードバックすると、生徒たちがメキメキ力をつけていました。
人生はいつまでも学びの連続だとつくづく感じます。

さて、年始早々に津山中学を皮切りに大学受験・高校受験と入試ラッシュが続きます。
まずは体調を崩さないように細心の注意を払いながら、生徒たち全員に寄り添っていきたいと思います。

塾というのは結果を問われる職業です。
卒業する生徒たちに、てらこやで学べて良かったと言われるように私も全力を出します。

今年は体がきつい一年でした。
来年は右腕と左腕が加入して、てらこやの仕事も一気に加速します。

皆さまをあっと驚かせるような事業を始める予定なのでご期待ください!

作州地域の発展のために。
日本の発展のために。
地域の皆様に支えられてそんな仕事ができるチャンスをいただいている私は本当に幸せ者です。

来年もてらこやをどうぞよろしくお願いいたします!

FullSizeRender


こんにちは!

写真は私の誕生日に買った「ガチャっとアクションステーション」を使った
プラレールの線路です。

ガチャっとアクションステーション(通称ガチャステ)は自分で駅長さんに
なれる大変魅力的なオモチャです。

自分の誕生日に特に欲しいものがなかったので、長男が欲しがっていた
ガチャステを購入しました。

プラレールって、けっこう頭を使いますよね。 
単純にくるくる回る線路なら簡単に作れるのですが、子どもに

「おもしろいやつにして!」

とねだられて複雑な線路づくりに奮闘。
出勤前に毎朝30分かけて作っています。
子どもをだしにして自分が一番楽しんでいるのかもですね(笑)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ここ最近、てらこやの評判がいいというご意見を様々な方からお聞きします。
本当にありがとうございます。

来春からは是非てらこやに入塾したい!という方のために…
今年入塾された方の「てらこやを選んだ理由ランキング」を発表します!

3位 少人数指導だから
他塾との大きな違いはこの点ですよね。
小中学校では学力格差が顕著になっており、少人数指導の需要が
年々高まっています。

少人数指導でも一斉指導の塾がありますが、てらこやはあくまで個別指導です。
つまり、生徒一人ひとりが自分に合ったペースで進められるのが大きな特徴で、
進め方はもちろん教材まで生徒一人ひとりに最適なものを選んでいます

医療で言い換えるならば患者さんごとに最適な投薬をする、スポーツジムで
言い換えるならばお客さんごとに最適なマシンを提案するなど。

考えてみれば指導法や教材を変えるのは当たり前のようですが、実は塾業界では
生徒ごとに教材を変えるのはコスト面で割りにあわないのでなかなかできません。
それをやっちゃっているのがてらこやです。


2位 ホームページやブログを読んで気に入ったから
入塾される方のほぼ5割くらいの方がこのように答えてくれています。
本当にありがとうございます。
特にご意見が多いのは「てらこやさんの考え方に共感できるから」というもの。
他塾にはない理念がしっかりとある、そんなことを言われると感激です。

ご近所はもちろん、美咲・勝北・久米・加茂・勝央・鏡野など遠方から
通っていただいているのも、そういった理念があるからなのでしょう。
四六時中仕事のことばかり考えていますが、コツコツ努力をしてきて
良かったと思います。


1位 友人・知人の紹介
めっちゃ多いです。
生徒のお友だちはもちろん、保護者様の間でのご紹介や卒業生からの紹介など。
中には知人の知人から「いい!」と言われて来た、というパターンもあります。

実はてらこやはお友だちキャンペーンなどはほとんどしたことがありません。
なのにご紹介をしていただけるのは、中身がいいからと信じたいです。

また、まじめに勉強をしたい生徒からは絶大な支持があると感じます。
てらこやは一斉指導の塾のように居眠りし放題・私語し放題の塾ではなく、
まったく楽をできない塾なのですが、それなのに支持されるのは光栄です。


いかがでしたでしょうか?
チラシを見たから、近所だから、というのもキッカケとしてあるのでしょうが、
様々な塾の中から選んで来ていただいている場合がほとんどです。

その証拠に…
今年はなんと、無料体験を受けた方の97%はそのまま入塾をしています。
体験を受ける時点で入塾を前向きに考えて来ていただいているのでしょうが、
ここまで割合が高いと嬉しいものです。

ただ、体験を受けたからといって無理に入塾は勧めませんし電話勧誘もしません。
あくまで子どもさんが気に入ってくれたらです。
津山市内にも様々な塾がありますが、是非てらこやの体験も一度受けてみてください!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


タイトルの今年の冬期講習について。
昨日、新聞折込チラシを入れたのですが冬期講習の案内は載せていません。

なぜなら、てらこやの冬期講習は塾内生だけで満席だからです!
小6津山中学受検対策・中3高校入試対策はもちろん、1対1指導が受けられる
完全個別の冬期講習も満席。先生が足りません。
ということで、チラシには募集を載せませんでした。
(今なら完全個別なら若干名受付できますが、ほんとに若干名です)

「小6津山中学受検対策」「志望校別に対策が受けられる中3高校入試対策」
これらは塾内生だけが受けられる冬期講習です。
1対1の完全個別指導も残席わずかです。

⇒てらこやの冬期講習についてはこちら


IMG_1549


土日も受験生たちは頑張っています。

なお、新中1や他の学年の通常指導の入塾申込は受け付けておりますので、
てらこやの入塾を検討している方は無料体験をお申込みください。

入塾に必要なのは勉強を頑張りたい!という子どもさんの熱意だけ。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


※今年度の小6受験生・中3受験生・高3受験生の募集は終了しました。



IMG_1469


こんにちは!

先日てらこやにも来ていただいた中村先生の塾wagacoを再訪問するために
岐阜県多治見市に出張してきました!


⇒中村先生の塾wagacoのホームページはこちら
⇒中村先生の今回の多治見訪問の記事はこちら


再訪問?
そうなんです、今回が2回目の訪問なのです。

中村先生とは教育youtubeのキュレーションサイトのmanavieの集まりで東京で
ご一緒させていただき、経歴や趣味がほぼ同じなど(ウイニングイレブン好きなど)
意気投合して現在まで懇意にさせていただいております。

1回目の訪問(2017年11月)では塾を引っ越しするという状況だったので、
僭越ながら塾運営全般のアドバイスをさせていただきました。

1年後の先生の塾がどうなっているのか気になって再訪問。

IMG_1493


IMG_1494


教室がめっちゃきれい!
バランスボールがあるのも面白いですよね。

そしてこれまた僭越ながら出張授業をさせていただきました。


IMG_1479


教科は国語。
てらこやで取り入れている得意のモニター授業です。

生徒たちの感想は…

翌日にも授業があった生徒さんに聞くと。
国語の文章をどう読むか?解くルールは何か?明確にわかって良かった!
と目を輝かせていました。


先生のブログを引用すると、大変好評だったようです!
私も国語はずっと苦手な科目だったので皆さんの気持ちがよくわかります。
苦手から得意に変わったときのコツが少しでも伝わっていたら嬉しいです。

IMG_1478


また、今回の多治見訪問には福岡fcsの浜武先生にもお越しいただき、
21世紀私塾連盟の運営について会議を行いました。


福岡fcsについての関連記事はこちら

⇒【関連記事】福岡の有名進学塾fcsを視察しました!
⇒【関連記事】福岡fcsを再訪問しました〜その1〜
⇒【関連記事】福岡fcsを再訪問しました〜その2〜


会議の中で興味深い話がたくさんあげられたのですが、その一つに

近い将来、英語学習が今ほどいらなくなるのでは?
(※あくまで予想です。一つの可能性として受け止めてください。)

というものがありました。

「は?このグローバル社会で何言ってるの?」と思われるでしょうが、近い将来、
技術革新で瞬間的に翻訳するアプリが開発される可能性が高いのではという予想です。

ん〜だったら勉強量が減るからラッキー!
というわけではないですよ(笑)


たしかにそんな世の中になれば英語の勉強量が減るかもしれませんが、国語や数学はより一層重要になるはずです。
国語は思考力や読解力につながり、たとえ優秀な翻訳アプリが開発されたとしても
母国語ができなければコミュニケーションできません。

数学は「こんなもの社会に出て使わないのでは?」と言われそうですが、
めっちゃ使いますよ、数学は。

sin, cosなどが必要なのは技術者くらいでしょうが、数学のいいところは

論理的思考力

を自然に身に着けることができるところです。

証明、図形問題、微分積分などなど。
問題を解くうちに「まずAをやって次にBをやり最後にCをする」
こんなことを考えるのが当たり前になっていきます。

実は世の中の仕事のほとんどは、こういった論理的思考ができないと
回りません。

高校数学の場合分けも仕事に役立ちます。
数学ができる人は場合分けができる人、と私は勝手に思っていますが、
社会に出ても様々な場面で場合分けをする必要があります。
感情的で打算的な思考ではなく、冷静に論理的思考ができる人が
質の高い仕事をできるのではないでしょうか。


よく皆様に共感していただいているてらこやの

「教えすぎない・生徒を自立させることが教育の目的」

といった理念や指導方針なども、私が数学がそこそこできる人間だから
思いつけたものだと考えています。

だから、算数や数学を「こんなのやっても無駄」と思わずに「いつか役に立つかも」
という思いで学び続けて欲しいです。

今回も両先生にはたくさんの気づきをいただきました。
本当にありがとうございました!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


さて、早いもので明日から12月です。
小6・中3・高3受験生は最後の追い込みをかけているところですが、
塾としては新年度の生徒募集もそろそろ始まります。

てらこやでも来年1月から本格的に新年度生を募集していきます。
津山市内にも様々な塾がありますが、てらこやも1つの選択肢としてご検討
いただければ幸いです。

簡単に他塾との違いをご紹介いたします。


\古未慮沈に合わせた指導を行い、正しい学習法が身に着く

他塾では普通、学年で同じ教材を使い同じ進め方をしていくのが一般的ですが、
てらこやでは生徒の個性や学力に合わせて教材や進め方を決めます。
したがって、各生徒が自分のやるべきところを学習できるのが特徴です。

学校のスピードに合わせてじっくり丁寧に学習する生徒もいれば、
数検3級や英検3級をとって高校数学や英語に挑戦する中学生もいます。
塾では生徒の学習方法を常に見守り、改善していくことで自分に合った学習方法
を身に着けることができます。

最終的には自分で学ぶことができるようになり卒業する生徒もいます。
(もちろん上のレベルを目指して塾を続ける方もいます)


∈い辰燭藾蠱未任る。1対1の短期特訓も受けられる

学習指導は同じ方針ではうまくいかない場合もあります。
成績が伸び悩むときは生徒や保護者様対象にカウンセリングを行い、
生活習慣や学習方法の問題を一緒に考えさせていただきます。
例えば、国語が苦手な生徒には国語特訓をご提案したり、教室長など指導力のある
講師が1対1の短期特訓を行う「完全個別」というサービスも整っています。


C濱僂気譴浸愼灰離Ε魯Δある・講師に自信がある

津山中学受検・津山高校受験・旧帝大などの大学受験の合格実績があるため、
地域でもトップクラスで受験ノウハウを持っていると思います。
津山中学は毎年平均して10名程度は合格者を輩出しております。
教科も国語・数学・英語・理社と全教科指導することができます。
高専受験対策(小論文や面接対策)も万全で、合格後は高専生クラスもあるので、
普通科・高専などあらゆる進路に対応できるのもてらこやの強みです。
(※普通の塾は高専生指導には対応しておらず物理や専門科目を指導できません。)

子育て経験のある女性講師
医学部医学科に在籍している講師
高専生指導のエキスパート
高校生の国語・数学・英語を高い水準で指導できる講師
将来学校の先生を目指している講師などなど…
優秀でやる気の高い講師もそろっており、津山ではトップレベルの講師陣です。


どうでしょうか?
てらこやも5年10年前と比べると日々進歩してここまでたどり着きました。
ただし、絶対成績を上げられるのかと言うとそうではありません。

てらこやは怒鳴りつけて勉強させる塾ではありません。
特に苦手にしているのは

「学校の授業をまじめに受けない生徒・生活習慣が乱れている生徒」

です。

こういった方は厳しい先生がいる一斉指導の塾が合うかもしれません。
なぜなら、学校の授業を聞いていない生徒は怒られない環境では授業を聞けないので、
厳しめの一斉指導塾で授業を受けなおすのが最も効率的ではないかと思うからです。
(ただし、そういった塾の授業でも集中できないようなら当然伸びませんが…)

普段、暴飲暴食をしているのにスポーツジムに通っても痩せられないのと同じように、
学校の授業をまじめに受けていないのに塾で週2回指導受けてもなかなか伸びません。
どうかその点だけはご理解いただくようお願いいたします。

なお、一斉指導を受けてもうまくいかなかった、これからは勉強を頑張りたい!
という方のご相談は大歓迎です!

てらこやには今まで自分で学べなかったけど、「頑張りたい!なんとかしたい!」と
火がついて努力している生徒もたくさん在籍しています。
(最近よく思うのは自習スペースの熱気が本当にすごいです)

「何をどう改善すればいいのか」ていねいなカウンセリングをまずは行い、
学習習慣や生活習慣の改善をお手伝いして、自分で学べる生徒に育成します!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


来年1月からは毎年恒例の小学6年生対象中学数学・中学英語を予習する

中学準備クラス

が始まります。

てらこやが初めての小学6年生には

12月中は無料

学力診断テスト(国算)と個別指導(算数or数学・英語)をセットで受講できます。

費用:【12月】無料 【1月から3月】週1回6,480円 週2回8,640円


なお、その他の学年のクラスも募集しております。(小6中3高3受験生を除く)
募集人数には限りがありますので、てらこやを体験してみたいな…
という方はお早めにお問い合わせください!

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


※今年度の小6・中3・高3受験生の募集は終了しました。

皆様のお問い合わせをお待ちしております!

IMG_1372


こんにちは!

写真は小6中学受検生の学びあいの様子です。
てらこやでは、ただ先生が教えるだけでなく生徒間で学びあう
アクティブラーニングを時々取り入れています。

同級生や先輩後輩で教えあうことを小6受検クラスやハイブリッド個別(津中)
など一部のクラスで取り入れ、生徒が先生になっています。

「生徒が先生?いい教え方ができるの?」
と思われる保護者様もいらっしゃるかもしれません。

別にいい教え方をする必要はありません。
この指導の目的はわかる・わからないだけでなく、自分で考えることにあります。

例えば、先生が一方的にしゃべっている一斉指導塾の授業では、「心ここにあらず」
というような自分の頭をまったく働かせていない生徒が一定数出てしまいます。
いくら素晴らしい先生の授業でも。
中にはお友達とおしゃべりしたり手紙のやり取りまでしたりする生徒もいます(笑)

一方で、このような生徒間で考えさせる学習法では、教えられる側・教える側
どちらも深く考えながら学習することになり、最近よく聞かれる言葉の「自分事」
で勉強することができます。
いわゆる能動的な学習ですね。

もちろん困ったら講師が手助けするのですが、教える生徒がなんとか教えられる問題、
つまり簡単すぎず難しすぎない問題を与えるのがいい勉強になります。

あ、そうそう、どの問題を誰が誰に教え合いをさせるかは講師が指示を出します。
自由に教え合いをさせると、授業崩壊を招いたり甘えが出たりでいい学習が
できなくなる可能性があります。

講師はオーケストラの指揮者のような役割をすることになります。
だから、アクティブラーニングの講師は案外指導スキルが必要なんですよね。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

IMG_1290


さて、今日の本題です。
津山信用金庫の広報誌「つしん日和」で紹介された大人対象の指導「大人塾」
にお申込みがあり、さっそく第一回目の授業を行いました。

てらこや大人塾で学べる内容は多岐にわたります。
中学高校の学習を学びなおすことや、ホームページやブログ作成・動画作成、
さらには従業員のモチベーションをアップするような人材教育まで
大人の学び直しを総合的にサポートする事業です。

人材教育会社の大人対象のセミナーはよくあるのですが、学習塾が大人対象の研修を
手掛けるのは全国でも珍しいのではないでしょうか。

大人塾をなぜ始めたのかは、過去の記事を参照にしてください。
⇒【お知らせ】大人対象の学習指導「大人塾」開始のお知らせ


さて、今回の案件について。
どういった方からのお申込みかは明かせませんが、簡単に内容をご紹介します。

【内容】リーダー養成講座

【目的】グループをまとめるリーダーのリーダーシップを高める

【費用・回数】4回(1回あたり1時間) 新規事業につき無料(2019年3月まで)

大人塾ではまず申込者から聞き取りを行い、どういう指導を行うのか提案します。
今回はある現場のグループリーダーを育成してほしいといったご要望で、
同様のお悩みを抱えている企業は他にも多くあるのではと感じました。

学習塾のてらこやがなぜリーダー養成などできるのでしょうか。
実は、てらこやの講師にもリーダーがいてリーダー育成は得意としています。
逆に、リーダーが育っていなければ今の規模の教室は運営できなかったことでしょう。

具体的に何をするのかというと、まずは自己分析をしてもらいます。
リーダーといっても様々なタイプがあります。

ぐいぐい引っ張っていくようなトップダウン型もあれば、部下の話をじっくり聞き
調整していくボトムアップ型のリーダーもいます。
職種によって向き不向きがあるようですが、私はリーダーとなる人の性格によって
も向き不向きがあるのだと思います。

例えば、私はトップダウンではなくボトムアップ型のリーダーです。
もちろん決断すべきときはすぱっと決断しますが、基本的に色々な人の意見を
聞きます。

その人の長所や短所を分析してその人らしいリーダーになればいいので、
まったく違うタイプのリーダーを追い求めてもうまくいかない場合があります。

だから、まずは自分の長所短所などをしっかり自己分析することが大切です。
以下のシートで自己分析を行い、右側の自分理念を少しずつ完成させていきます。
「私は〇〇だ!」と一本の芯が通ったような人がいいリーダーになり得るのです。

IMG_1421


いかがでしょうか。
てらこやのリーダー養成講座。
岡山県南や大阪まで行けばあるのでしょうが、県北ではなかなか受けられません。

是非うちの職場の従業員にもやって欲しい!
というご要望がありましたらお気軽にお問い合わせください。
新規事業につき2019年3月までは無料で行っております。
(受注件数には限りがあります。お早めにお問い合わせください。)

もちろん学生さんの入塾も募集しております。
入塾をご検討の方はお早めにお問い合わせください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


※今年度の小6・中3・高3受験生の募集は終了しました。

皆様のお問い合わせをお待ちしております!



FullSizeRender

こんにちは!

新聞広告を入れてもいないのに連日入塾のお問い合わせをいただいております。
ありがとうございます。

写真は先日アルネ津山で行われた「親子塾」の様子です。
お忙しいなかお越しいただきありがとうございました。

冒頭、勉強はダイエットと同じで生活習慣を改善しなければ
学力も伸びにくいというお話から入りました。

私は勉強をできるようになるためには3つの大切なことが
あると考えています。

1.学校の授業

当たり前なのですが、まずは学校の授業を真面目に受けることが大切です。
授業を真面目に聞いていない生徒は成績がよくありません。
勉強についていけなくなったり、他の生徒の私語に巻き込まれたり
原因は様々ですが、津山市はどうもここが問題な気がします。

2.家庭学習

宿題をやらない。
家で勉強をしない。
これも学力が下がる1つの原因です。
学校の授業を聞いただけではできるようになりませんよね。

もちろんそんな生徒は昔からいたのですが、これも近年増加傾向にあると思います。
津山市では特に中学生がひどいです。
小学生は担任の先生がこまめにチェックしてくれるので案外やってくれていますが、
中学生になったとたんに家庭学習をしなくなるのでしょうか。

以下恐ろしいデータがあります。
心臓が弱い方は見ない方がいいかもしれません!

IMG_0184


こちらは津山市のHPに掲載されている資料で全国学力調査の結果と生活習慣などの
アンケート結果です。
全国・岡山県・津山市の学力や生活習慣を比較することができます。
全数調査なのでかなり信頼できるデータです。

⇒津山市のHPはこちら

まずは、全国学力調査調査の結果を見てみましょう。

IMG_0185


岡山県や津山市の小学生は全国平均とあまり変わらず
意外にも頑張っています。

ところが…
津山市の中学生がやばい。
特に国語Bや数学Bが壊滅的です…

国語B 全国平均72.2 ⇒ 津山市63
数学B 全国平均48.1 ⇒ 津山市39


※Aは基礎問題でBは応用問題です。

なぜ、こんな結果になっているのか。
私が注目したのが…
学校の授業以外に、普段(月〜金)1日あたりどれくらい勉強時間をしていますか
という質問で、1日あたり1時間以上勉強しているという生徒の割合のデータです。


IMG_0187
「1時間以上家庭学習をしている」という生徒は、全国では小学生⇒中学生で
割合が増えてます。H29年度では、64.4%から69.6%に増えてますね。
勉強が難しくなるので当然かと思います。

ところが、岡山県と津山市の割合を見てください。

中学生になったら勉強しなくなってる。

この減少は異常ではないでしょうか。

H29年度の津山市では、小学生の67%が毎日1時間以上勉強していたのに、
中学生はなんと、

53.1%しか1時間以上勉強していないとのことです。

津山市やばいですよね…。

なんでこうなったのか。
色々原因はあると思うのですが、

スマホの使用時間が全国や岡山県の平均より長いというのがあると思います。



IMG_0189
普段(月〜金)、1日あたりどれくらいの時間、携帯電話やスマートフォンで通話やメール
インターネットをしていますか?

ゲームを除く・含むどちらでも 1日当たり2時間以上使用と答えた割合が
年によって差はありますが全国平均よりも7%くらい高い年があります。


生活習慣が全国の中学生より乱れている

この事実を津山市の中学生や保護者様は知っているのでしょうか?

親子塾の資料作りをして初めてこのデータを見たのですが、正直驚きました。
スマホは中学生には持たせないのがベストなのですが、スマホを持たせたご家庭は
取り上げるのは難しいのでしょうから、是非家族で使い方を話し合ってほしいです。

スマホを
・時間無制限で使わせている
・リビングだけでなく自分の部屋でも使わせている
・家庭学習の時間をとっていない(とっていても声掛けだけで放置している。)


このようなご家庭はいくら塾に通っても成績は伸びにくいです。
親切丁寧なコンビニ塾の餌食になるだけです。
今からでも家族会議をしてスマホの使い方を厳しくしてください。
(テストの結果次第で取り上げる・勉強中は預かるなど)
できれば、親がルールを押し付けるのではなく子ども自身が決めるのがいいですね。


3.正しい勉強法

学校の授業を真面目に受け、宿題をちゃんとやっているのに成績が振るわないのは
勉強のやり方に問題があるのかもしれません。
塾を15年以上運営してきて得たノウハウはかなり参考になったのではないでしょうか。

1つの例をあげますと、間違えたときに「なんで〜なのか」を考えて
自力で解きなおしをすること。(数学なら何も見ずに自分で解く)

中学生・高校生でも案外できていない人が多いですね。
答えを写して終わり、例題や公式を見ながら解くという勉強法では
いくら勉強しても成績は伸びません。

国語・英語・算数(数学)の学習法などもお伝えしました。
特に英語は勉強法で成績が大きく変わります。
英語が苦手な生徒は、ただ教材を解くだけの普通の塾に通っても伸びませんよ。

最後に

冒頭、勉強はダイエットと同じというお話をしました。
暴飲暴食をしていては痩せられないのと同じように、生活習慣が乱れていれば
成績は上がりませんし下降していきます。

「学校の授業に集中していない」「宿題をやっていない」「スマホ中毒になる」
これらが主に勉強面での生活習慣の乱れです。

てらこやの生徒でも成績が上がらない生徒によくあるパターンですが、
保護者様が我が子の学校や塾での様子はおろか家庭での時間の使い方を
知らない場合があります。(関心がない場合もあります…)

実は我が子が学校や塾で私語が多く、勉強に集中していないのを知らず
「〇〇塾に行ったけど成績が上がらないわ…」と塾のせいにして辞めてしまう。
で結果、塾を転々とするけどちっとも成績が上がらない。
いわゆる塾ジプシーになる、というお話は以前にもしました。

塾業界の人はご存知でしょうが、生活が乱れていそうな子が転塾してきたら
「この生徒の生活習慣は大丈夫だろうか?宿題をやるのか。私語をしないか。」
とまずは疑います。

特に塾批判ばかりする方は、ほぼ他責にしているのでこの可能性が高いです。
自分自身の問題点、何が原因で成績が上がらないのか。
様々な原因がありますからね。

ところが、今日とても嬉しいことがありました。
ある成績が下がってきている生徒の保護者様と面談をして、
最初は塾を辞められるのではとびくびくしていました。

正直に私が保護者様に「塾を辞めるつもりではないのですか?」と聞いたところ、

「塾を替えたって一緒です」

「それよりもどうすればいいのか一緒に考えていただきたいです」


と言っていただきました。

嬉しかったですね。
成績が下がった原因を塾だけのせいにせずに建設的なお話ができました。
こういう方には全力でなんとかしたい!と思ってしまいます(笑)
今うちができる最善のプランをご提案しました。
来年3月くらいに「成績よくなったな!」と生徒に声掛けをしてあげたいです。


※生活習慣が乱れた生徒への対応方針(てらこやの場合)

塾でも子どもが騒ぐなど何か問題あれば報告したいのですが、
あまり細かいこと保護者様にぐちぐち言うと生徒と信頼関係を築けません。
報告しすぎても生徒との関係がぎすぎすします。
よっぽどなら電話しますが^^;

宿題をやらない・授業で騒ぐなどは「そんなことをしても無駄だ」ということを
子どもたち自身に気づいて直して欲しいものです。


今年度も空きがかなり少なくなってきましたが、入塾者を募集しております。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


皆様のお問い合わせをお待ちしております!


こんにちは!

今日はまず大変うれしいお知らせがあります。
夏休み明けに行われた県模試でてらこやの中1生が津山地区で

1位2位を独占

しました! 

FullSizeRender


191人中1位!

FullSizeRender


191人中2位!

特に1位になった生徒は本当によくやってくれました。
困ったときは何度も軌道修正をして正しい勉強法を習得してくれました。

ちょっと前に岡山県で1位の子も出ましたが、今回もなかなかのインパクトですね。
てらこやの生徒は実力テスト・模擬試験で成績がいい生徒が多いのです。

なぜかというと、定期テストだけでなく実力テストや模試でも通用する勉強を
普段から行っているからです。
つまり、幅広い範囲の復習をしているのです。

でも、実はこれって一般受けしないんですよね。
早い話、もうからない

じゃあもうけ重視の塾はどういう戦略かというと、

定期テスト

の対策ばかりしています。

中間テストはこれが出るぞ!
期末テストの過去問だ!
中間対策の特別授業!1教科○○○○円から!

全国各地でコンビニ塾が同じような文句で集客しています。
なんでこんなのばかりなのかと言うと、保護者様が喜ぶからです。
中間・期末の点数が上がった!となって。

そりゃ上がりますよ。
今まで勉強しなかった子がちょっとテスト勉強すれば。

しかし、範囲の広い模擬試験や実力テストはそうはいきません。
そして中学生活最後にある

高校入試

これも定期テスト対策だけでは点数がとれません。
テスト範囲は中学の全範囲
特に地域のトップ校に確実に合格するのは、本当の勉強法を習得した生徒です。
塾や学校で対策を受けるだけでなく、自分自身で勉強できる生徒が受かるのです。

※「自分自身で勉強できる生徒=自分自身でテストできる生徒」これが最強です。

親切丁寧な塾で定期テスト対策ばかりしてきた塾の生徒は入試前で困ります。
今までの学習法では模試で点がとれないので、藁をもすがる気持ちで
高額の入試対策講座を受講します。

定期テスト対策で保護者を気持ちよくさせ

⇒あの塾に入ったら定期テストが上がった!口コミで生徒を集客

⇒ところが、実力テストや模擬試験で点をとれない

⇒生徒や保護者は「入試やばいぞ…」と不安になる

⇒中3の最後に高額の高校入試講座を受講させられる


う〜ん、めっちゃもうかりそう!
でもね、こういう塾、津高・東高レベルの地区の上位校でまあまあ落ちてますよ。
高額の高校入試対策を受けても間に合わないのでしょうね…。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


てらこやはもちろんそんな戦略ではありません。

定期テスト対策はほどほどに。
生徒自身の力で最大の点数をとれるようにフォロー。

⇒自然に正しい学習習慣が身に着く

⇒実力テストや模擬試験で点数のとれる子に成長

⇒自分の志望校に合格!


定期テストで一喜一憂しない。
450点も430点も大差ない。
だって、目標は高校入試で点をとることですから。


その証拠に…
てらこやはここ5年は

津山高校・津山高専・津山東は受験者全員合格です!
ばたばた不合格者がいた去年も全員合格です。
もちろん直前に受からなさそうな生徒を辞めさせたりなんかしてません。

危ないな…という生徒には最後まで完全個別で徹底フォロー。
それがてらこやクオリティーです。

ということで、今年も始めます。

中3高校入試対策講座

日程:11月3日以降の毎週土曜日

時間:13時から17時20分

教室:北園教室

教科:「数学・英語・理科・小論文面接対策」から選択(1教科90分)

※国語社会は完全個別で対応。ご相談ください。
※全教科「何を勉強すればいいか」など個別学習相談に乗ることができます。

指導方法:モニターを使用した最新のハイブリッド個別指導

月謝(税込)
1教科6,480円
2教科8,640 円
3教科10,800円
塾内生には割引あり

コース:基礎・応用・高専の3コースから選択できます。

基礎は津山工業・商業など普通科以外の高校や津山東志望で基礎から学ぶ生徒。
応用は津山高校と津山東志望の生徒対応
高専は高専対策(数学・理科・小論文面接)

と完璧な内容です!

そしてなんと、応用コースは合格請負人

川島塾長

が全教科担当します!

これは受講しないと損ですね。
今年は他塾との掛け持ちもOKとします。
他塾の援護をするようですが合格実績なんて気にしません。
まやかしの数字です。
頑張りたい!と火がついている受験生を一人でも多く合格に導きたいです。

中学3年生で最後の頑張りをしたい生徒はてらこやの高校入試対策講座を
是非ご検討ください!

塾内生を優先受講させるので、定員に達し次第募集を締め切ります。
お申し込みはお早めに!

もちろん中3以外の入塾者も随時募集しております。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


皆様のお問い合わせをお待ちしております!

〜追記〜
なんと高校入試終了後には、3月で高校準備クラス無料開講
高校入学後もスムーズに移行できるのがてらこやの特長です。
高専合格者は当然高専生専用クラスで学習できます。
中学と高校の接続はめちゃくちゃ大事です。
そんなことできる塾は津山ではてらこやしかありません!


表紙


こんにちは! 

今日は大人塾に続き、親子塾の開催をお知らせします。
親子塾とは親子で正しい学習法を学ぶセミナーで、
今まで塾内生向けに開催してきました。

ところが、今回はアルネ津山4Fにある「まちなかカレッジ(通称まちカレ)」の
一周年記念イベントの一部で塾外の方にもお話しできることになりました。

津山市内の保育園・幼稚園・小中学校にチラシが配布されたため、
すでに問い合わせのお電話があるそうです!
参加するには予約が必要で10月3日から予約受付開始となります。

開催日:10月21日(日)
※小学生の部:10:15〜11:15
※中学生の分:11:30〜12:30

参加費:無料(限定15組の親子が参加できます)
※保護者様・子どもさんのみの参加も可能です。

ご予約はてらこやではなく津山まちなかカレッジ事務局までお願いします。
0868-31-2232(10月3日予約開始)
※てらこやにお電話してもご予約できませんのでご注意ください。


親子塾


1.親子塾の内容


おかげさまで、てらこやは正しい学習法を指導する塾として知られています。
現在、塾に通って当たり前の世の中になっていますが、本当に塾に通うだけで
成績は上がるのでしょうか。

実は、「正しい学習法」を身に着け「学習環境」を整えなければ、優秀な塾講師の
わかりやすい授業を受けても成績を上げることは難しいのです。
その正しい学習法や勉強しやすい学習環境づくりのコツを教えるのが
「親子塾」です。

・国語の学習法を知っていますか?
国語にも解き方があります。
国語が苦手だった川島塾長が成績を伸ばしたコツを教えます。

・算数や数学で大切なこと
算数や数学に必要なたった2つの学習法。
この2つをバランスよく行うことが大切です。

・英語の正しい学習法
一度つまづくと苦手科目になりやすい英語。
正しい学習法を知らずに塾に通っても成績は伸びません。

・子どものやる気を上げる方法・下げる方法
やる気の高い低い、実は子どものせいだけではありません。
周りの大人がやる気を上げたり下げたりしています。
子どもが自分の人生に自信をもって生きるために親ができるたった1つのこと。

・学習環境の整え方
子どもが勉強しないのは学習環境に問題があるのかもしれません。
テレビがつけっぱなしになっていませんか?
スマホを自由に使わせていませんか?
子どもの学習を見てチェックしていますか?(特に小学生)

勉強はダイエットと同じだとお考え下さい。
ダイエットにも様々な方法があります。
その人に合ったダイエット法をコツコツと続けることで痩せることができます。

学習環境が整っていないのに塾通いをしても成績が上がらないのは、
暴飲暴食をしつつスポーツジムに通っても痩せられないのと同じです。

わかりやすい授業を受けたり優秀な先生に教えられたり塾にお金を払いさえすれば、
成績が簡単に上がるという考え方をまずは捨てましょう。
学習環境を整えずして成績向上はあり得ない、とお考えください。


2.なぜ親子塾を一般公開するのか


今まで親子塾はてらこやの塾生のみに行ってきました。
しかし、現在の岡山県北の学力状況を見て「これはなんとかしないと」と思い
今回まちカレで講座を担当させていただきました。

親子塾でお話しする内容は、てらこやの宣伝ではありません。
塾費用を無駄にしないために、子育てをしているすべての方に知って欲しいことです。
大人塾の記事にも書きましたが、教育次第でその地域の盛衰が決まります。
親子塾が岡山県北の学力向上の1つのきっかけになれば幸いです。

15組とかなり少ない規模ですが、好評な場合は引き続き開催していこうと思います。
なお、塾内の生徒・保護者様には近日中に別途機会を作りますので、
そちらで参加していたければ幸いです。

入塾者は随時募集しております。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


皆様のお問い合わせをお待ちしております!

※10月21日の親子塾のご予約は津山まちなかカレッジ事務局までお電話ください。
0868-31-2232(10月3日予約開始)

IMG_1290


こんにちは!
なんとてらこやが津山信用金庫の広報誌「つしん日和」に紹介されました!

実はてらこやは子どもだけでなく大人の塾も始めようとしています。
「塾が大人対象の学びなおしのお手伝いをする」全国的にも珍しい活動かと思います。
津山信用金庫さんにそういった活動に注目していただき掲載されることになりました。

経緯を簡単にお話しします。
今まで学習塾事業を地元津山で行い優秀な人材を育ててきました。
しかし、学生を優秀に育てれば育てるほど「地元に貢献しているのだろうか?」
と違和感を感じ始めました。

なぜなら、優秀な学生のほとんどは都市部の大学や企業に行き、
そのほとんどは岡山県北には帰ってこないからです。
最近は地方創生という言葉が流行っていますが、現実はどの地方も苦しい状況です。
もちろん、都市部に行って様々な経験を積んで30代40代でUターンするという方も
少なからずいますが、UターンやIターン希望者を地方間で奪い合うような状況です。

若い世代が残らない ⇒ 地方の活力が減る ⇒ 地方は衰退していく

この悪循環の中で学習塾は何も地元に貢献していないのではないか。
もちろん優秀な生徒を育てることで幅広い地域(国や社会)に貢献しているでしょうが、
もっと身近な地元の人たちにも役立てるようになりたいと感じるようになったのです。

都市部に行く若者が悪いわけではありません。
よく聞くのが「地方にはやりたい仕事がない」ということです。
地方の仕事の質を高めない限り、誰も地方に残らないばかりかUターンや
Iターンもしてもらえないのです。
また、地方でも魅力的な仕事さえあれば、満員電車に悩まされず子どもも自然の中で
伸び伸びと遊べる、そんな幸福度の高い暮らしが過ごせるのではないでしょうか。

そこで考えたのが、大人対象の塾です。
地方に残ってくれる若者もいます。
その若者たちにもっとスキルアップしてもらい、新たな事業を創出したり
自分の仕事に生かしたりして、企業や地方の発展に貢献してもらえばと考えました。

大人の塾といっても小中学生が嫌々行くようなイメージではありません。
学びなおしをしたい人がやりたい科目を自由に受講でき、
気軽に学習相談を受けられるような場所でありたいです。

・小中学校の算数数学・英語

・三角関数や電気やプログラミングの基礎

・若手社員のやる気アップセミナー(新規事業や社内の仕組みを考える)

・魅力的なブログ執筆のコツ

・youtubeへの投稿方法の指導

・外国人従業員に対する語学指導(そのご家族への学習指導)


などなど、てらこやの講師が教えられることは全て受講できるようにします。

教育次第でその地域の盛衰が決まる

といっても過言ではありません。

大人対象の塾「大人塾」は新規事業につき平成31年3月31日まで無料です。
※申込者多数の場合は募集を一時停止させていただく場合もございます。
※つしん日和はお近くの津山信用金庫のATM横などにあります。

学びなおしたい!

従業員に研修をしてほしい!

個人・法人は問いません。
指導内容はご相談に応じて対応することも可能です。
詳しいお話をさせていただきますので、まずはお気軽にお電話くださいませ。

もちろん学生さんの入塾も募集しております。
入塾をご検討の方はお早めにお問い合わせください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


皆様のお問い合わせをお待ちしております!




こんにちは!

実は、先日てらこやを見学されたやる気先生こと中村先生にインタビューを
されました。
その動画が本日公開されたのでお知らせします!

本当は20分程度にする予定だったのが、あれこれおしゃべりしているうちに
35分くらいになってしまいました;(私のしゃべりが遅すぎるのですが…)

この動画、塾を巡ってインタビューをしていくという中村先生の企画で、
子育てに役立つような内容になっています。

動画の内容は以下のとおりです。

・丸写しではない本質的なノート作りは、才能か?育てられるか?

・すごい教え方の上手いカリスマ講師の是非は?

・自立学習への不安は?

・読解力を伸ばすための工夫は?

・目標に積極的になる工夫は?そもそも目標は必要か?

・◎◎に育ってほしい!どんな環境作りをしている?

・スタッフさんに求めていることは?


中村先生のブログから引用しました。

ちょっと長いですが、塾の裏話的な内容もあり子育てにも役立つので
是非ご覧ください!

あ、あと、気に入っていただけたら動画に「いいね」をお願いします!
中村先生のチャンネル登録もお願いします☆

この動画の私に対する質問やコメントがあれば、このブログのコメントにお願いします!






こんにちは!

昨日・今日と数学youtuberのお二人
やる気先生こと中村先生福岡fcsの浜武先生がてらこや見学&授業してくださいました。

今回はそのレポートをさせていただきます。
お二人をご存知ない方もいるかもしれませんので、改めてご紹介します。

中村先生(やる気先生)

数学youtuberの第一人者で、はいち先生と並ぶビッグネームです。
教育動画がまだ広まっていないころ数学や英語の動画をアップし始め、
信者と呼ばれるほどの熱烈なファンを全国に持っています。
チャンネル登録者数は、なんと26,000人以上!
岐阜県多治見市在住で、学習塾のwagacoの塾長さんでもあります。
私、川島と同じような境遇で、勝手に同士と思っています(笑)

⇒中村先生のチャンネルはこちら

⇒岐阜県多治見市の塾 wagacoのHPはこちら


浜武先生

福岡チャータースクールの代表で、同校は東大・京大・九大や医学部医学科などの
名門大学合格者を数多く輩出しています。
その数学の授業は圧倒的なパワーがあり、初学者を一気に高次元に持っていきます。
休んだ生徒や予習をする生徒のために授業動画を撮影して活用する「反転授業」を行っています。
現在のてらこやは、fcsの見学からスタートしたといっても過言ではありません。
市議会議員の経験もあり多方面で活躍されています。
福岡県筑紫野市在住

⇒浜武先生のチャンネルはこちら

⇒福岡チャータースクールのHPはこちら



ちなみにてらこやも数学動画を作っています!

⇒てらtubeのチャンネルはこちら



まずは中村先生。
津山東の首席の生徒に個別指導。
三角関数のアドバイスをしていました。


IMG_1070


次は津山高校の生徒。
生徒の感想「めっちゃわかりやすかったです!」
そりゃそうです。
売れっ子数学youtuberですから!


IMG_1080


その後、浜武先生による津山中学3年生と津山高校1年生に
三角比の導入授業が始まりました。


hamatake1



圧倒的パワー

初めて習う三角比のsin,cos,tanの表を、生徒一人ひとりが自分で完成できました。
生徒たちもびっくり。
通常なら2日3日かかる内容を90分でやってしまうのですから。
その秘密は動画を予め見ていたからです。
動画でなんとなく学んでおいて授業で完璧に理解する。
こんな授業、めったと受けられません。

また、特筆すべきは初学者を意識した授業です。
三角比はsin,cos,tanの相互関係から入って公式を覚えてもらうのが普通ですが、
先生の授業では三平方の定理・相似比を利用してsin,cosなどの値を出します。
このように導入することで中学生でも理解できるような授業となります。


津山中3年生のコメント
「今日の授業わかりやすかった!また受けたい!」

ごめんなさい、めったと受けられません…。
代わりに私がなんとかします!


まあなんと贅沢な1日・神授業でしたでしょうか。
学習会に参加してくれた生徒たちの笑顔が印象的でした。
予定が合わずに来られなかった生徒、残念でしたね…。

文化祭や体育祭など忙しいなか、参加した生徒は幸運でした。
教育界のスーパースターに会えて一生の思い出になったんじゃないでしょうか。
何かをつかんだのか学習会が終わったあとも残って猛烈に勉強する
生徒もいました。

今回はこんなイベントでしたが、今後も中高生対象の特別な学習会を企画します。
てらこやは普通の塾では受けられない体験ができます。
ご期待ください!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

IMG_1089


さて、私たちは何の目的で集まっているかというと

理想の子育て・教育を追及する

ためです。

ありきたりと思われるかもしれません。
でも、私たち学習塾もご家庭とともに学び続けなければならないのです。

ありがたいことに生徒数は年々過去最高を更新し、入塾の問い合わせが絶えません。
そうであっても学び続けなければならない。
なぜなら、時代は進みてらこやも至らない点がまだまだあるからです。

21世紀私塾連盟の加盟塾は子どもファースト
生徒・保護者様に還元できるように日々努力いたします。

今後の活動にご期待ください!

最後に。
遠いところをお越しいただいた両先生、本当にありがとうございました。
今回もお二人のおかげでたくさんの学びや気づきを得ることができました。
学んで得たことは必ず実行します。
今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

hamatake



こんにちは!

台風21号が接近している中、塾からお知らせがあります。
明後日9月6日(木)に教育youtuberの

やる気先生こと中村先生



福岡fcsの浜武先生

がてらこや北園教室に来塾されます!

私も「てらtube」という動画を作っており、普通ならお会いできないような両先生と
親交を深めていました。

今回の目玉は、なんといっても福岡fcsの浜武先生のライブ授業です!
主に中3および高校生を対象に三角比・三角関数の初学者向け授業が行われます。

その特徴はなんといっても

動画で予習できるということ

いわゆる反転授業です。

中学⇒高校の接続で苦労する生徒が多い中、浜武先生の指導は初学者向けに
やりやすい順序で組まれており、高校数学を自然に学ぶことができます。
もちろん、学びなおしをしたい高校生にも最適です。

⇒予習はこちらで(再生リストを上から順番に見てください)

今回は津山中学3年生も受講するのですが、勉強したての三平方の定理から
三角比と三角関数に進みます。
このような学習順序でスムーズに高校数学に入ることができ、理解も深まっていきます。
※てらこやの津中3年生は既に中学数学を終えています

塾外生も若干名募集します。


◆はじめての三角比・三角関数(福岡fcs浜武先生)

・日時:9月6日(木)18時45分〜20時15分

・場所:てらこや北園教室 2F大教室(津山市北園町9-13)

・対象:中学数学を学び終えている方(小学生でもOK!)

・費用:無料

・持ち物:筆記用具・青チャート(赤・黄・フォーカスゴールドなどもOK)

・できれば以下の動画で可能な限り予習をしておいてください。

⇒予習はこちら(再生リストを上から順番に見てください)

定員は設けておりませんが参加者多数の場合は立ち見となります。
予めご了承ください。

なお、授業後の20時15分から21時で両先生と川島で教育座談会を行います。
生徒からの質疑応答形式ですが、質問がなければ「数学の勉強法・やる気の上げ方・
これからの世の中について」
などなど、しゃべりまくります(笑)

てらこやの塾生はもちろん、塾外生も参加できます。
こんな機会はめったとありませんよ!この機会をお見逃しなく!

参加希望者は以下までお問い合わせください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


皆様のお問い合わせをお待ちしております!

※追記
中村先生には、てらこやのインタビュー動画を作っていただきます。
日本でも有数の教育youtuberにインタビューしていただけるなんて光栄です!
動画はブログやHPでお見せできると思いますのでお楽しみに!


IMG_0982

こんにちは!

今日で夏期講習が終わります。
写真のように毎日たくさんの生徒が暑い中来てくれました。
今年から中3の津山高校・高専・東高受験生には特別な夏期講習を行い、
日曜日に行われる県模試対策は万全です。

〜中3ハイブリッド夏期講習の生徒〜
津山市内では珍しいICT教育で県模試対策を頑張りました!
昨年度も全員合格だった津山高校・津山高専・津山東対策も手を抜きません。

IMG_0974


〜小6津山中学受検生〜
てらこや名物アクティブラーニングでの学び合い!
適性検査対策にアクティブラーニングは最適です。そろそろ真似する塾も出てくるか!?
ちなみに津山中学の合格実績は昨年度は12名合格


FullSizeRender


てらこやの生徒の何がすごいのかというと、自分でどんどん勉強できるところです。
特に進学校を目指す生徒は、指示待ちの生徒の割合が大変少ないです。
授業の30分前に自主的に早く来て準備をしていたり、積極的に質問をもってきたり…
中3の上位校受験の生徒や小6津中受験の生徒は、ほとんどが自学力は高いです。
(※入塾当初はそうでもなかった子が、どんどん自分でできるようになります)

当然、そういった生徒たちが津山中学や津山高校に合格すると、塾がテスト対策を
がっつりしていなくても高得点をとる生徒になります。

ある学校の先生から

「毎年、優秀な生徒をたくさん入れていただきありがとうございます」

と言われるほどです。

塾としてはたいへん嬉しいお言葉ですね!

「この子はえらいできるぞ… 出身は…むむ、またてらこやか!」

みたいな感じですかね(笑)

たぶん学校の求める優秀な生徒と、てらこやの理想とする生徒像が同じなのでしょう。
親切丁寧な塾に通い続けなければならない生徒と、塾がいらないほど自学力がある生徒。
学校の求める生徒は当然後者で、てらこやもそういう生徒を育てたいと考えています。


夏期講習の生徒だけではありません。
てらこやの全教室は小中高生全員が無料で自習し放題です。
塾の方が集中できる!といった理由での自習の生徒もたくさん来ています。
図書館のような仕切りがある自習机で集中できます。


IMG_0731


夏期講習をテーマに今回のブログは書きました。
中3高校受験対策、小6津山中学受検対策、完全個別での苦手対策など。

勉強に完璧はありませんので、生徒の皆さんはまだまだすることはあります。
今回の夏期講習でつかんだこと、まだつかめなかったこと、それぞれ振り返りをして
2学期の勉強に生かしていきましょう。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

てらこやでは2学期から頑張りたい!という生徒さんを募集しております。

小6津山中学受検や中3高校受験生も個性別指導のてらこやならまだ間に合います!
てらこやは一人ひとりの個性に合わせた指導を行うのが特徴で、一斉指導では
受けられないきめ細かな指導を受けることができます。

各教室の空き状況は日々変動します。
入塾をご検討の方はお早めにお問い合わせください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


皆様のお問い合わせをお待ちしております!


さて、来月9月と10月はイベント盛りだくさんです。
てらこやは総合教育業を行う企業として、地元津山を盛り上げていきます。
普通の塾ではできない驚くような企画を近日中にお知らせできると思います。
お楽しみに!

IMG_2370


こんにちは!

毎日暑い日が続きますが、台風が来て少し暑さを吹き飛ばしてくれたのでしょうか。
津山では、朝は涼しさを感じるようになってきました。 

先日行われた津山のお祭り「ごんご祭り」での踊りのイベント

和っしょい津山



teamてらこや

で参加してきました。

オレンジの旗が目立っていますね。
塾の参加は初めてだそうで、私たちのパレードが始まったときに妙なざわめきが。

え?あのてらこや?

みたいな感じです(笑)

参加してくれたのは、小中学生の一部の生徒およびその保護者様、
てらこやの講師、そして私!だけかと思っていたのですが…

私の出身校の津山高校45期メンバーも飛び入りで参加!
妙な盛り上がりをみせました。

IMG_2424


子どもたちのパワーはすごいです。
みんな踊りにキレがあり掛け声も元気いいです!

わっしょい てらこや わっしょい てらこや

てらこや魂 わっしょい!わっしょい!

の独自アレンジが妙にはまって、熱気をさらに高めます。

途中、生徒が何人も見に来てくれていて、ちょっと恥ずかしかったのですが、
やけくそで声を張り上げ精一杯手拍子などしました。

すると、手が青ざめてきて…
なんと後でわかったのですが手が内出血していました(泣)

踊りが終わった瞬間、すっごい達成感がありました!
一部からは「これ、金賞じゃない?笑」との声が。
もちろん、そんなわけなかったのですが、私たちの中では金賞だったかもしれません。

生徒・保護者様、てらこや講師、津山高校45期が一体となった今回のわっしょい。
参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました。
来年も是非やりたいと思いますのでお付き合いください!

なお、参加は強制ではありません。
来年は早めに準備して金賞目指すぞ!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

なんでてらこやが「和っしょい津山」に参加?
と思われた方もいるでしょう。

様々な理由があるのですが、地域愛を育むというのが1つの理由です。

教育の目的の一つに「人生を豊かにすること」があると思います。
ところが、近年いえ戦後ずっとかもしれませんが教育の目的が
「いい大学・いい企業に就職すること」だけに注力されている傾向にあります。
中流階級を増やす必要があった高度経済成長期ではそれもよかったかもしれません。

一方で、地域を愛し、家族を愛し、友人を愛するような生き方も大切だと思うのです。
私の周りの人たちを見ると地域愛・津山愛にあふれた人は幸せに見えるんですよね。
地域愛・津山愛をもつ人は…その延長に家族大好き・友だち大好き・みんな大好き!
となって人生が豊かになるのではないでしょうか。

1.地域愛

2.家族大好き・友だち大好き・みんな大好き!

3.その上で勉強を学ぶ


ちょっと理想論かもしれませんが、こういう人間味のある子どもを育てたい。
こんな塾があってもいいですよね?

ということで…
今後も私たちてらこやは地元津山を盛り上げ、
地元津山を誇りに思えるような子どもたちを育てます!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


さて、塾からのお知らせです。
8月11日から17日まで塾はお盆休みに入ります。
通常指導および夏期講習は一切ありませんのでご注意ください。

電話の応対・メールの返信もできません。
8月18日の営業再開となります。

てらこやは、まだまだ入塾者を募集しております。
2学期から勉強を頑張りたい人、塾でありながら「和っしょい津山」に参加するなど
ちょっとアットホームな雰囲気な学び場を求める方は、てらこやの入塾をご検討ください。

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


皆様のお問い合わせをお待ちしております!

IMG_0800


こんにちは!

こちらの写真の生徒は今春、県南の私立中学に合格した中1の生徒で、
夏休みを利用して完全個別の夏期講習を1日だけ受けてくれました。
多忙な中、お越しいただきありがとうございました。

生活や学業は順調のようで順位も上位だとか。
教え子が活躍していて嬉しく思います。

この生徒のすごいところは、自分で学ぶ力がずぬけているところです。
小5から来てくれた生徒で、テクニックではなく自学力をとことんつけました。
今日は1日で2学期数学の予習を完了。
中2の図形や証明・1次関数を学習することができました。
(中2の図形:同位角・錯角 〜 図形の証明・二等辺三角形・直角三角形など)

また、質問する力も素晴らしい。
「なんで〜だろう」という納得のいかないところを質問してくれます。
自分で解決できることは解決し、できないところはきちっと聞く。
結果、ほとんど塾いらずの生徒に育ち、今回も上手に夏期講習を利用してくれました。

てらこやは、上を目指す生徒にはとことん付き合います。
今後の学習方針を説明し、冬休みの再会を約束してお別れしました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


さて、今日はお知らせがあります。

なんと、てらこやは今年

ごんご

に出ます!

和っしょい津山 

を一部の生徒・保護者様・講師と踊ります!

⇒「和っしょい津山」についてはこちら


チーム名は

team てらこや

※知らない方に補足
ごんご祭りとは津山の夏祭りで、日曜日には花火も上がります。


IMG_0803



当初、私は旗もちだけのつもりでしたが…塾長も参加します!
もうやけくそです!

保護者様の作った四字熟語入りのハチマキを差し入れされたからには
踊らずにはいられません。



FullSizeRender




FullSizeRender


めっちゃ勉強できるようになりそうですね(笑)
出場者はもれなくもらえます!



私の情けない姿を見たい方は、

8月5日(日)
ソシオ一番街
にお越しください。

ちなみに「teamてらこや」の演舞時刻は15時半を予定しております。
私以外の生徒や講師や保護者様はめっちゃ上手です^^;
ご迷惑をおかけしますが、がんばります!


津山魂 わっしょい!わっしょい!



IMG_0795

こんにちは!

夏期講習も折り返し地点にきました。
写真は中3ハイブリッド夏期講習の様子です。

実は、てらこやの小6津山中学受検指導や中3の津山高校・高専・津山東対策では、

ICT教育
※ICT教育:電子黒板やタブレット端末などを用いて授業を行うこと

を行っています。

たぶん津山ではうちくらいではないでしょうか。
田舎の塾のくせに何気に進んでいますよね!

仕組みは簡単。
生徒が困っている問題をスマホで素早く取り込んでモニタに写して授業します。

そんなことなら板書した方が早い、と思うかもですが…
困っている問題を見つけてモニタに写しだすのに必要な時間は、たったの30秒
仕組みは簡単ですが、その仕組みは企業秘密なのでお教えできません。
21世紀私塾連盟に加盟していただければお教えしますが…笑

IMG_0794


てらこやの受験指導は最先端です。
圧倒的な授業密度で、旧来型の授業では指導しにくかった国語や英語の長文指導や
数学の図形問題の指導が、容易にできるようになりました。

しかし、授業の質の向上が容易になったからといって、仕事では一切手を抜きません。
今日は私が日々どんな生活を送っているのかご紹介しようと思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


6:00〜7:00 起床

起床時間は体調次第で変わります(笑)
調子がいいときは6時に起きてゴルフ練習場に行きます。
朝くらいにしか行けないので…。

7:00〜8:30 朝食・子どもとじゃれる

子どもと関われるのは朝だけ。
朝のゴミ捨てお散歩は我が子のお気に入りです。
いつも晩に帰れなくてごめんね…。

8:30 出社

ときどき子どもを保育園に送ってから出社することも。
余裕のないときは当然もっと早く出社します。

9:00〜12:00 事務仕事

メールの返信・経理処理・労務処理・書類作成・来客応対・チラシ作成などなど、
法人化してから業務量が山のように増えました。
個人塾のときの午前中はもっと楽だったな…。

そして、なんと夏期講習など講習期間中は、この時間にも授業が入ります!
したがって、深夜または早朝に予習をすることになります…。

12:00〜13:00 お昼ご飯

この時間が一日で一番の楽しみ!
昼食はよく社外の人ととります。
ご近所のイタリアン料理店、いつもお世話になっております。

13:00〜16:00 事務仕事・授業準備・会議・面談

私以外は遅い出社が多いので、会議は午後にあります。
しかし、会議は短時間・最低限をもっとうに、極力しないようにしています。
従業員とのコミュニケーションは普段からとっており、共有事項は共有ソフトや
チャットツールを使用しています。

そして、講習期間中は早くから授業があります…。
ひぃぃぃ。

16:00〜20:30 授業・面談

他の講師は22時まで授業があるのですが、私は20時半までとしています。
いろいろあるので…。
早く帰れるときはここで退社。

20:30〜22:00 事務仕事

この時間帯に残るのはあまり好きではありません。
体も疲れていて効率的ではないので。
ただし、講習の準備など帰れないときはあるんですよね。
世の中のお父さんは同じような感じだと思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いかがでしたでしょうか?
塾にしては割と普通の会社員のようですよね(笑)
普通の塾講師は、午後出勤で22時や23時に退勤というのが普通です。

ちなみに最近ようやく土日を休めるようになりました。
何もなければですが…。
説明会・イベントがあれば当然土日も出勤です。
家族に申し訳ないですが、これも世のお父さんはみんな同じですよね。

最近、ある従業員から「よくそんなに働けますね」と言われました。
もちろん、こんな働き方をするのは会社経営者だからです。
その重圧は、個人経営のときや家族をもたないときとは比べものになりません。

まともな経営者なら自社の経営が心配でなりません。
従業員に飯を食わすために少々の無理はしますし、仕事の種類も大小問わず、
食わず嫌いをせずあらゆる仕事に挑戦します。

失敗も多く経験します。
でも、その失敗を他責にせずストレスから逃げない。
なぜなら成長したいからです。

そして、極めつけは「経営者は孤独」だということ。
右か左か判断するとき、決断するときどうしても悪く言われるときがあります。
ときには自分の親にまで認められないときもあります。
それでも前に進む覚悟をもつものが経営者です。
私は優しすぎるタイプなのですが、それでもタフになってきました(笑)

FullSizeRender



最後に。

塾の仕事を一言で表すと?と聞かれて私は迷わず

「子どもを見守ること」

と答えます。

間違っても「勉強を教えること」とは答えません。
子どもの良いところ・悪いところ全てを観察して、最善の指導を行う。
「ん?○○君、今日は元気ないな、何かあったのかな?」
こんな気遣いをするのも塾の仕事です。

写真は小6津山中学受検生の模擬試験です。
私はこの添削が大好きで、先ほどまでしていました。

特に国語の作文。
子どもの個性が表れていてとても面白いんですよ。

「子どもを見守ること」

てらこやがどんなに大きな塾になっても、このことだけは忘れないでいたいです。
そして、法人経営者となった今でも授業などで子どもと接することは続けます。
金勘定だけするような塾経営者にはなりたくない。
そんなこと言うと塾は大きくならないかもですが(笑)


今回は「おれ忙しいんだぜ!」みたいな記事になってしまったかもで
不快に感じられた方もいるかもしれません。

でも、私なんかより忙しい人はたくさんいると思います。
大企業の経営者・管理職・お医者さんなど、その道のプロはみんな忙しいです。

ただ思うのは、私の塾経営に対する情熱が少しでも伝われば幸いです。
そして、今私が仕事をできているのも、家族をはじめ従業員や生徒・保護者など
全ての私に関わっている方々ということを忘れてはいけません。
本当にありがとうございます。

次回は…なんとてらこやが「○○○に出ます!」
それでは、また!

IMG_0587

こんにちは!
写真は北園教室にできた休憩スペースです。

てらこやは毎学期ごと生徒にアンケートをとるのですが、その中に
「休憩スペースが欲しい!」という意見があったので取り入れました。
当の生徒もかなり気に入ってくれたようで、他生徒の評判も上々です。

ここで自習室のお話をしておきます。
最近の塾は自習室があるのが当たり前になっていて、自習室つきの塾が人気です。
ところが、スマホでさぼったり私語をしたりで勉強にならないことが多いのです。
「自習室=大人の目がない=生徒のサボり場所」となるのが塾業界の常識です。

では、なぜ塾は自習室をつくるのか。
実は、あえて生徒のサボり場所として自習室をつくる塾もあるのです。
その方が生徒受けはよく、遊び感覚で塾に通えて子どもからは人気です。

「○○塾は自習室でサボれるで!」と。
※もちろん自習室のある塾が全てサボれるわけではありません

あるフランチャイズの個別指導塾では「自習室で私語をする生徒を叱ってはいけない」
という謎ルールがあるそうです(笑)
叱ったら生徒が塾を辞めて売上が下がってしまうからなんでしょうね…。

遊びを優先したい子ども、売上を伸ばしたい塾にはいいかもしれませんが、
実はこの「自習室=たまり場」が日本の教育を崩壊させている一因かもしれません。
保護者としてはお金を払っているのに遊びに行かれてたまったものじゃないですよね。

てらこやはどうでしょうか。
もちろん、そんな売上至上主義ではなく生徒に媚びを売ることもしません。
自習室ではなく、自習スペースにしています。
安物の机ではなく仕切りのあるしっかりした机で集中できます。
自習スペースは、いわゆるリビング学習のような状態ですね。
一方で自習室は自分の部屋の状態なのでサボれてしまいます。

IMG_0730


てらこやの自習スペースはパーテーションや部屋で区切っておらず大人の目があります。
その結果、私語をする生徒もおらず大変いい雰囲気で勉強できています。
これがてらこやの「まじめに勉強したい生徒が集まる仕組み」なのです。

まじめに勉強する
⇒勉強本来の楽しさに気づく
⇒成績アップする


こういった好循環が起こるのがてらこやでうまくいく生徒の特長です。

ちなみに「まじめに勉強できない生徒」は自然に辞めていきます。
てらこやでは、おしゃべりできませんしスマホも触れませんので。
まじめに勉強したい生徒の邪魔をしてはいけない、開塾以来ずっと守っていることです。

遊ぶときは遊ぶ、学ぶときは学ぶ。
そんな当たり前のことを徹底しているのですが、時々まじめ過ぎると言われます。
私が厳しすぎるのでしょうか…。

逆に、

まじめに勉強をしたい!

という生徒には確実に合いますので、そういう方は是非入塾をご検討ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、今日は終業式ですね。
てらこやの夏期講習は一部で始まっていますが、まだ申込が可能なものもあります。

その1つ

中3ハイブリッド夏期講習です!
(津山高校・津山高専・津山東 受験生対象)

今春、全員合格だった津山高校・津山高専・津山東ですが、
万全を期してがっつり夏期講習を行います。

中3ハイブリッド夏期講習 詳細

◆期間
7月30日〜8月2日 9:00~11:50
8月3日〜8月24日 13:00~15:50
※期間中の土日および8月11日から8月17日はお休みです
※通塾できない日は減額できます
※1日あたり80分×2コマ

◆費用
1コマ80分1,080円
※最大30コマ=32,400円
※塾に来れない日は減額できます。

◆教科
国語・数学・英語・理科・社会 (教科は選べます)

◆指導方法・内容
ハイブリッド個別指導(わからないところを授業で解説)
中1から中3の1学期までの内容を総復習し、毎回小テストを行います。
最終的に県模試レベルの問題が解けることを目指します。

◆担当講師
川島塾長、塚本先生

◆場所
てらこや北園教室
※高野教室は別内容の夏期講習となります。お問い合わせください。

まじめに勉強に取り組めて津山高校・津山高専・津山東に合格したい生徒は、
是非てらこやの夏期講習をお申込みください。
来春も全員合格に導きます。

残席5名

お問い合わせはお早めに!

学習塾てらこや(本部)
(0868)20-1090 <平日13時から20時>


皆様のお問い合わせをお待ちしております!

こんにちは!


普段は主に高専生クラスを担当している塚本と申します.

今回は 75日(木)に見学させて頂きました,
福岡チャータースクールさん(以下 fcs)のレポートになります.


さて,授業の内容についてですが
驚いた点が複数あり,簡単に箇条書きでまとめますと


浜武先生の投薬・コミュニケーションのとり方
講師の細かいサポート
生徒同士での教え合い


以上の3点になります,
それでは詳しく見ていきましょう. 


”揺霎萓犬療衞堯Ε灰潺絅縫院璽轡腑鵑里箸衒


 
まず目を引くのが,生徒が塾に来た際に
「今日やることある?点数はどうだった?」
とすぐに浜武先生が確認されることです.


塾での一日の最初にやること=「目標」を明らかにしています.
 

「塾講師の仕事は薬剤師に似ています.薬剤師が患者一人一人に合った薬を投薬していく様に,我々も生徒一人一人に合った問題や目標を投薬していくのです.一から全て教えるのではなく,問題を間引いたりして効果的に学習させることが大事です」

コチラは昨夏の MANAVIEフェスで浜武先生がおっしゃっていた言葉です.
このお言葉を参考にして「投薬」という言葉を使いました.


実際の「投薬」の様子としては,
チャート式の「 38→41→45,これが出来たら次は戻って 35→49→53
といった問題番号の指示になります.


出てくる公式の知識がごちゃまぜになるような番号順の解き方をせず,
似たような解き方の流れで解いていかせています!


「これが解けたらこれが解ける」のループを範囲内でさせています.

道筋が分かりやすいので,進みやすいですよね.
僕も生徒に太い道を通せるような先生になりたいです.

 

講師の細かいサポート


浜武先生がホワイトボードを使って解説をした後や,
難易度の高い問題がある場合は巡回中の講師がすぐにサポートにいきます.


てらこやでいうハイブリッド個別に似ていますね!
優秀な先生が働いているので,生徒の先生への信頼は特大です.
質問対応の早さには特筆すべきものがありました.

 

学生講師の方からも「やる気の高い生徒が多いので純粋に教えていて楽しい」との声も聞くことが出来ました.  



生徒同士での教え合い  


fcsでは生徒が先生になり,勉強を教えています.
生徒同士での教え合いなら,てらこやの高専生クラスでもよく見られる光景です.
 

ですがfcsは一味違いました.
浜武先生が教える先生を指定するのです!
 

このときに,「すぐに解けそうな人を指定するのはダメ,少し悩んで解けるくらいの生徒を先生側に指定する」のだそうです.
この方法については早速高専生クラスにも導入してみたいと思っています!
 

文章でうまく伝わっているのか心配ですが,
非常に質の高い授業が行われています.

 


fcsの雰囲気ですが,
 
スクリーンショット 2018-07-09 14.40.45













このような素晴らしいループがfcsでは出来ていると感じました.

つまりやる気の高い生徒がどんどん集まって,質の高い教室になるということです.
逆を言うとあまりやる気の無い生徒はなかなかついていくことが出来ないのかなぁとも思いました.


僕の担当する高専生クラスやハイブリッド個別クラスでも,良いループを作っていきたいです!

 


IMG_0615



 
こちらは塚本の福岡デビューの写真になります.
fcsでは中学生が高校数学をしていたりと,とてもレベルが高いので最初は萎縮して見学のみに絞っていました.

見学しているうちに「合成関数の微分法」についての質問があり,微分積分が趣味の私にとっては「今だ!」と,教えていきました.


塾が終わってからの「分かりやすかった」というお言葉にとても感動しました.


ですが個人的にはまだまだです.
浜武先生のように素早い説明・簡潔で的確な指示を出せるようにこれからも頑張っていきたいです.




とても刺激が強く,驚きの連続があった福岡出張でした.
浜武先生をはじめとしたfcsの先生方にとても感謝しています.
この度は貴重な経験をありがとうございました!


他にもfcsでは,YouTubeの動画をTwitterに貼り付けて
「○○高校の生徒は△△」と指示を出していたりしています.

私のレポートだけでは書ききれなかった魅力がたくさんありますので
もし,興味が湧いた方はぜひ下記のホームページ等にアクセスしてみてください!

◎  
福岡チャータースクール
◎  fcs公式Twitter 
◎  fcs公式YouTube