2006年12月17日

NZ旅行記 -4- クライストチャーチ&オークランド編

そういえばニュージーランドに出発したのは先月の17日。
ありゃりゃもう1ヶ月も経っちゃったんですね。
そろそろこのレポも最終回にしま〜す。

大自然と向き合った旅行前半、そして後半はNZ街並みをゆっくり探索しました。


chess
クライストチャーチ大聖堂前広場にはこーんな大きなチェス盤が。
どうやら勝手に使っていいようです。でっかいコマを動かす対戦者と周りをかこむヤジ馬の方々。日本ではさしずめ公園の隅っこで将棋を指すおじさんってかんじでしょうか。チェスを覚えれば外国で友達がすぐにできる・・と、とある英語習得本に書いてあったような。なるほどね〜。
ゴシック
クライストチャーチの街並みはこんなゴシック様式の建物がいっぱい。優美で荘厳な感じです。クライストチャーチはガーデンシティと呼ばれる華やかな街。中心地を少し離れると小さな平屋のおうちに手入れの行き届いたお庭が色とりどりに並んでいます。イギリス以外で最もイギリスらしい街なんですって。行ったこともないのに「イギリスみた〜い」と連呼してました。
yagi
丸1日フリーだったので中心地からタクシーで20分くらいのウィローバンク動物公園へ遊びに行きました。せっかくNZに来たんだからキーウィバードくらい見ておかないとね。この動物園はこじんまりとしててとっても素朴。ゾウもライオンもキリンもいないけど動物や鳥にえさをあげたりふれあうことができます。チビはえさを持っていたものだから(入場口でえさを買ったのです)動物達にモテモテ。人も少なく、のんびりと楽しみました。入り口のスタッフは日本人の女性だったので帰りのタクシーを呼んでもらったり、お得なファミリーチケットを紹介してもらったり大助かりでした。
そうそう、キーウィバード。かわいかったですよ〜。夜行性なので暗い温室のような部屋でトコトコと歩いていました。撮影禁止だったので写真がなくて残念!
植物園
市街地に戻って今度は植物園(ボタニックガーデン)へ。こーんな広い芝生を抜けて歩くとバラ園やきれいな花壇が。この広場だけでもチビは大喜び。子犬のようにくるくると走り回っていました。ママはバラ園にうっとり。敷地も広くていい気分でお散歩ができます。奥の方には子供の遊び場もあってまたまたチビは大喜び。
プチ公園
近くの小学生も課外授業なのか大勢遊びに来ていました。そのうちの一人の女の子に話しかけられてちょっとびっくり。どうやらアイスを間違えて二つ買ってしまったからひとつチビにあげたいけどいい?と言っていたような。(自信ナシ)とにかくくれるらしいので「Thank You!」といただきました♪
こーんな広くてきれいで楽しい公園がうちの近くにもあったらなぁ。
しかも入場は無料!お花のお世話だけでも手間とお金がかかるだろうにふとっぱらですねぇ。いい国だ。(タダに弱い)

そうそう、クライストチャーチではコプソーンセントラルホテルに泊まりました。
そこではなんと部屋の都合がつかなかったせいかどうか、「ファミリースイート」が用意されていたのです!たぶん普通に取ったら高いんだろうなぁ。超ラッキー♪
お部屋1お部屋2






壁紙は恐竜の絵、ポップな色あいの家具でベッドはダブルベッドと2段ベッド。洗濯機も電子レンジも備え付け、壁にはかわいい黒板までありました。ブロックや大きなクッションなど遊び道具もあってまるで保育園のよう。チビはおもちゃに大喜び、私は洗濯機に大喜び!(そろそろ洗濯しなきゃ〜とちょうどあせっていた)
とってもリッチな気分で2日間過ごすことができました。お子様連れの方にはこのお部屋、楽しめますよ〜♪

そしてそして旅行はいよいよ最終日、オークランドへ。
えへへ、ここでは実は私が一番楽しみにしていたイベントがあったのです。
なんとNZのタドキストさん、でぶねもさんとお会いしてきました〜。
でぶねもさんには実は旅行前から気候やオススメ所や荷物のことなど何かとご相談して、懇切丁寧に色々教えていただいていたのです。
初めてお会いするでぶねもさんご一家は・・・と〜〜〜っても素敵なご家族でした♪
でぶねもさんは思っていたよりスリムで(きゃーごめんなさい)カッコよく、
奥様はまたまた想像以上に若くてかわいらしい方でした♪
それにそれに二人のかわいいお嬢ちゃま。チビと手をつないでくれて歩く姿は小さな恋のメロディ!?二人と一緒にいるとチビもなんだかお兄ちゃんらしく頼もしく見えましたよ。
仲良し
まずは私が今回一番行きたかったタマキドライブをドライブして(私の旧姓はTamakiなのでぜひ一度見たかったのです!)ミッションベイの海岸で遊び、みんなでお食事。最終日にしてこの旅行中で一番楽しい食事になりました。もうここがNZであることを忘れるほどリラックスして大笑い!
うーんやっぱりお友達っていいなぁ。
ブログで知り合って会ったこともなかったはずなのになんだかずっと前から知り合い
だったような気分。でぶねもさん、お世話になりました〜o(^∇^)o

旅の終わりを素敵にしめくくれた最終日。
あ〜もっと居たかったなぁと思いつつ翌日は5時起きで空港に向かったのでした。

NZ旅行、大満足で終了です♪
長らくお付き合いいただいてありがとうございましたm(_ _)m
次回より多読ブログに戻りま〜す。

P.S
そういえば英語。。。。
現地ではまったく聞き取りができずリスニング強化を余儀なくされました。。。


shunmama2000 at 22:45│Comments(9)TrackBack(0)海外旅行 | NZ旅行

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by    2006年12月18日 05:54
paoさん、おはようございます(*´∇`*)
NZレポ、楽しませてもらいました!
ええなぁ〜。南半球はまだ行ったことがないので、憧れます。自然とどことなく伝わってくる大らかさで旅を満喫されたのではないでしょうか。
私と会うよりもでぶねもさんと先にお会いするなんて本当にワールドワイドな多読です(笑)
手をつないでいる写真なんてめっちゃ可愛い!!!
チビくんも旅を楽しんで思い出がたくさんできましたねー。ハワイのときよりもおにいちゃんになってますねー。
2. Posted by りあ   2006年12月18日 12:06
paoさんこんにちは!

やっぱりニュージーランドいいですね(うっとり)
記事を読みながら自分もすっかりいった気分になりました。
小さいときに外国にいけるなんて息子さんは幸せですよね^^
あーー私も将来家族で行ってみたいです!
(それには、私が頑張って働かないといけないですね^^;;)
3. Posted by pao   2006年12月18日 20:40
雫さん♪
相変わらず朝早いですね。えらいなぁ。
NZは大自然あり田舎街あり都会あり、と非常に居心地
よい国でしたよ〜。すっかり気に入っちゃいました。
しかーし、千葉はNZより遠い!?
えーん、ぜひ来年こそはマシンガントーク繰り広げましょうね(*^o^*)
あ、チビ成長してました?嬉しいチェックありがとうございます☆

りあさん♪
行きましょう行きましょう、家族で!
そうなんですよ、私もいつも「会社辞めた〜い」と
思っているのですが毎月25日と秋冬のボーナス時になると
「やめられまへんなぁ」とこらえてしまうのです。
来年もどっか行きたいから・・頑張って働きますか!
4. Posted by りんりん   2006年12月19日 14:54
チビちゃん、大きくなったねぇ。
パパさんもご健在で(笑)
よろしくお伝えください。
・・・?ただの私信になっちゃった(爆)
5. Posted by pao   2006年12月19日 20:58
りんりんさん♪
大きくなったでしょう。
来年はいよいよ小学生だす。
ポンちゃんにもよろしくね☆
(私信返し:笑)
6. Posted by でぶねも   2006年12月20日 11:52
おっとっと〜、コメント遅くなりました。<(_ _)>

手をつないでる姿はとても微笑ましかったですね。
良い思い出が出来て良かったですね。

雫さんのおっしゃるとおり、
『多読は世界をつなぐ』って感じですね♪
次は雫さんあなたです!なんてね。

やっぱりみんなハンドルネームから私の事をかなりのデブだと思ってるのかしら?
確かにダイエットブログもやってますが…
名前買えた方が良いかしら?(^-^;


7. Posted by pao   2006年12月20日 22:11
でぶねもさん♪
その節はお世話になりました〜!
ほんとシメが良かったので旅行全体が楽しい思い出として
よみがえります。ありがとうございました。またぜひ〜♪
あ、ハンドルネームの件大変失礼しました。
どうしてもついイメージが・・・(^_^;
でもこれからは私が保証人になりますよ
「でぶねもさんはスリムだ!」
誰かに何か言われたら私が証拠写真を持ってご説明にあがります☆
8. Posted by    2006年12月23日 05:00
次は私!?
是非そうなりたいよー。NZに行くなら温泉に
行ってみたいと思う私。あまり日本と変わら
ないこと考えてます(笑)
でもHNって何だかイメージを勝手に創りあげて
しまいますよねー。
どう思われているか・・・考えたらゾッとします(笑)
9. Posted by pao   2006年12月23日 20:28
雫さん♪
お〜温泉いいですねぇ。
今回行きそびれたので行く機会がありましたらぜひ♪
HNってやっぱりなんとなくイメージありますよね。
雫さんなんて素敵なHNだわぁ。
私はたまに「pao(包)って肉まんみたいな人と思われたらどうしよう」
とモスの前を通るたびに心配になります(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔