正朝通信

今年もやってきました。
独演会のお知らせです。
2017,7,15,独演会



























      第28回春風亭正朝独演会
平成29年7月15日(土)17時00分開場 17時30分開演
深川江戸資料館 江東区白河1-3-28 電話 03-3630-8625
【番組】 開口一番   春風亭 一  花
     落   語   春風亭 正太郎
     『野ざらし』   春風亭 正  朝
         仲  入  り
     マジック    伊 藤  夢  葉
     『柳田格之進』 春風亭 正  朝
【木戸】当日3000円、前売り2500円、正朝後援会会員2000円 全自由席
【アクセス】都営地下鉄大江戸線、東京メトロ半蔵門線「清澄白河」A3出口から徒歩5分


『野ざらし』は途中で切ることが多いのですが、今回はサゲまで申し上げます。普段あまりやることがありません。久しぶりの「最後まで」ですので、自分自身でも楽しみです。
『柳田格之進』は、元々は講談です。講釈ネタとも言います。人情噺の名作です。
前座の一花、二ツ目正太郎、色物はマジックの伊藤夢葉さんとバラエティーに富んでいます。
最後までごゆっくりお楽しみください。
ご予約、お問合せはこちらのコメント、または
正朝公式ホームページ【千客万来】へお願いします。

皆様のご予約をお待ちしています。

こんな落語会があります。
2017,7,9,光が丘カデンツァ





























第6回むさしの落語会
春風亭正朝独演会

7月9日(日)12時開場 12時30分開演 
【番組】正朝一席 その後会場を移動して食事
【会場】ホテルカデンツァ光が丘 宴会場
【木戸】落語のみ2500円 落語+食事 5500円
【問合せ・予約】日本料理むさしの(直通)03-5372-4501
【アクセス】以下の最寄り駅から無料送迎バス
       ・都営大江戸線「光が丘」
       ・西武池袋線「高野台」
       ・東武東上線「成増」
       ・東京メトロ「成増」

お食事がついて5500円。
落語を聴くだけ!もアリで2500円です。


日曜日の昼下がり、お出かけになりませんか。
ご予約・お問合せは、上記お電話か
こちらにコメントでも結構です。
ご予約をお待ちしています。

六日目6月29日(木)
防府市立牟礼南小学校
DSC_1350
体育館でやりました。
私からお願いして低学年と高学年を分けてもらいました。
3時間目に低学年(1年生から3年生)、
4時間目に高学年(4年生から6年生)と、二回に分けてやらせていただきました。
DSC_1353















前のゴザに、小学生に座ってもらいます。
後ろには椅子を置きました。父兄の皆さんのお席です。
かなり厳しい状況でしたが(笑)
低学年『からぬけ』
高学年『転失気』をやりました。
一生懸命勤めました。どうやら小学生の皆さんにも喜んでもらえたようです。
フーッ、一安心です。

一旦ホテルに戻って、お昼ご飯を兼ねて散歩に出かけました。
先ずは、私が小学生の頃に通ったルーテル教会を訪ねました。
DSC_1355あの頃とほぼ同じ佇まいで残っていました。
懐かしいです。
その後、小学校、生まれ育ったカネボウの社宅、港町、などをぐるーっと歩いて、気がつけば2時間歩いていました。汗びっしょりです。
夜は、ひとりご飯。こういう孤独な時間がたまらなく好きです(笑)
DSC_1360毎年必ず行くお店。
小中学校の同級生、松田の健ちゃんのお店です。
健ちゃんは、葉山の名店「日蔭茶屋」「ラ・マーレ・ド茶屋」で修行して、ふるさとに戻って来て、自分のお店を出しました。
味は抜群です。
DSC_1357














メニューに「ちしゃもみ」とあったので、頼みました。
「ふるさとはちしゃもみがうまい ふるさとにいる」
山頭火の名句です。

味は・・・???
「健ちゃん!これ、もしかしてサニーレタス?」
「そう、サニーレタス」
「ちしゃじゃないの?」
「ごめん、ちしゃ、無いんじゃ」

硬くて少し苦みのある、本物のちしゃは無いらしいです。
山頭火が食べた「ちしゃもみ」とは違うかもしれませんが、雰囲気だけ味わいました。
今夜も、酔いました。

七日目6月30日(金)第6回正朝落語会
江泊(えどまり)敬老会
6回目となった江泊地域の敬老会。
お昼からお年寄りと一緒に「お祝いのお弁当」をいただいて、その後、私の落語会です。
本来は9月の「敬老の日」にやるものですが、ここ数年、前倒ししてこの時期に開催しています。
私の「ふるさとツアー」に合わせてのことです。有り難いことです。

食事会の後の落語会は、地域のお年寄りだけでなく、
日本全国の老若男女、どなたでも入場できます(笑)
写真は開演前のリラックスした状況。
DSC_1363
今年のサプライズ。
このお客様の中に、三女の希里子の大学時代のお友達がいました。
東京生まれの東京育ちのDさんです。
彼は「防府地域おこし協力隊」で、東京から妻子とともに移住して来ているのです。
富海(とのみ)地区で、藍染作家として活躍しています。
なんのご縁か、三女希里子と大学で同級生だった男性です。
もう、ビックリです。

Dさんには、藍染作家として、大活躍して欲しいと祈ります。
その彼が撮ってくれた写真がこちら。Dさん、ありがとう。
ネタは『蔵前駕籠』『悋気の火の玉』
20170630191414

八日目7月1日(土)第5回古典芸能を楽しむ会
徳地子ども人形浄瑠璃と
残念ながら写真はありませんが、こちらも早々と前売り券は完売したそうです。
5回も続いて、地域の皆様にすっかり定着したようです。
嬉しい限りです。
さて、夜は高校の同期会でした。
20170704_113548









私の対面の黄色いポロシャツはサッカー部の副キャプテン貞平の健次です。国体選抜です。私は選ばれませんでした(笑)
20170704_113609










高校時代を共に過ごした仲間は、なにものにも替え難い真の友達です。


九日目7月2日(日)第1回常栄寺落語会 
雪舟の庭を守る会
いよいよ、ツアーも最終日を迎えました。肉体は、かなり疲れています。
連日のお酒のせいです(笑)
いえ、そうではありません。
毎日の独演会を一生懸命勤めたからです、はい。

最終日の昼間は、今回初めての会です。
山口の観光コースで外せないのが、常栄寺の国宝「雪舟の庭」です。
有名な室町時代の画家、あの雪舟が設計したお庭です。
私は小学校の頃から遠足などで、何回も行きました。
最近でも、時間があれば、足を運んでいます。
3
ここに「雪舟の庭を守る会」が発足し、こちらから落語会を依頼されました。
今回初めての試みです。
写真左端が「守る会」会長の末永弁護士。中央がご住職です。
その後ろ、ごらんください。
これが「雪舟の庭」です。
入場料は大人300円、中高生200円、小学生以下無料です。
落語会の木戸は「守る会」会員さんが1000円、一般が2000円ですが、合計で180枚を超える前売りが売れているとのことです。ちょっとビックリ!です。
17







下は、翌日の新聞に掲載された記事です。
11

これを機会に、来年から毎年続くと嬉しいなと思います。
ネタは、リクエストにお応えして『宗論』と
もう一席は『青菜』。バカ受けでした。


第7回台々亭寄席 春風亭正朝独演会
江戸前手打ちそば上善庵
なんとこれで終わりではありません。
最終日は独演会を二回やるという、暴挙になりました(笑)
常栄寺から移動して、上善庵に向かいました。けっこうせわしなかったです。
こちらは毎年続いて、7回目です。
_DSE1337疲労の極致です。
しかし、手は抜きません。
『悋気の独楽』のあと、
こうなったら一番疲れる落語をやってやれと思い『愛宕山』をかけました。
_DSE1344
終演後、懇親会の後、二次会は湯田温泉の「鄙の館」で、高級和食をご馳走になりました。
そういうワケで、、、、(笑)
今年も「ふるさとツアー」無事に終了しました。
ふるさとの皆さん、ありがとうございました。

「あれっ?毎年行っている下関、豊北方面はどうしたの?」と思っているお客様。
ご安心ください。
上記のように毎年落語会が増え続けたために、今年は県央部の山口、防府、周南で9日間埋まってしまいました。そこで、滝部、菊川、阿川の県西部方面は、改めて10月に行くことになりました。
下関市を中心に、みっちり回らせていただきます。
題しまして「ふるさとツアー第2弾!」
少々お待ちください。10月にお会いしましょう。

9泊10日の「ふるさとツアー」も無事終了しました。
簡単にご報告します

初日6月24日(土)
「第15回仁保古典落語」@道の駅仁保の郷
前売りは早々と完売したそうです。遠く、広島県から来てくださったお客様もいます。
一席目『宗論』
_DSE1288
















二席目『宿屋の仇討』
_DSE1294















打ち上げ 
打ち上げ


















スタッフの皆さんと楽しい楽しい打ち上げ。今日から十日間、こういう飲み会が続きます(笑)

二日目6月25日(日)
「第3回石船温泉寄席春風亭正朝独演会」@石船温泉憩いの家
『ちりとてちん』『宮戸川』
残念ながら写真はありません。ゴメンナサイ
それも寂しいので、一昨年の写真を上げておきます。
CIMG7409















三日目6月26日(月)
「第2回東泉寺落語会」@秋穂(あいお)・東泉寺
落語会は夕方からなので、午前中に防府天満宮にお詣り。毎年必ず行っています。
防府天満宮













御朱印をいただきました
御朱印




























さて、お仕事です。去年に続いて二度目の開催となりました。
超満員のお客様です。
29

















演題は『代り目』『宗論』


四日目6月27日(火)
「お寺で聴く古典落語の夕べ 第4回春風亭正朝落語会」@善正寺
原2















4年目ということで、すっかり定着してきました。万雷の拍手で迎え。

プロの写真は、当たり前ですが、全然違いますね。
署名入りの写真を頂戴しました。防府高校サッカー部の後輩で、プロ写真家の原くん撮影です。
一席目『啞の釣』
原1
























トリで『へっつい幽霊』をやりました。
原3















原さん、素晴らしいクウォリティの写真をありがとございます。




五日目6月28日(水)
同期会ゴルフコンペ@泉水原ゴルフクラブ
滞在した9日間で唯一のオフです。
去年から「来年はゴルフやろうや」と相談がまとまっていました。
声をかければ大人数になるのですが、少数精鋭、2組8人
気の置けない仲間でコンペをしました。
055


















梅雨の真っ最中です。
前日の天気予報では雨のち曇りでしたが、朝からドンヨリとしているものの雨は降りませんでした。
全員同期生です。じいさんばっかり(笑)
(つづく)

明日、6月24日から、
毎年恒例の「ふるさとツアー」が始まります。
公演予定をお知らせします。

6月24日(土)第15回仁保古典落語 春風亭正朝独演会
【時間】17時30分開場 18時開演
【番組】正朝二席
【会場】道の駅・仁保の郷 山口市仁保中郷1034 TEL 083-929-0480
【木戸】当日2500円 前売り2000円
【問合せ】田中駅長 末宗

6月25日(日)第3回石船温泉寄席 春風亭正朝独演会
【時間】開場13時30分 開演14時
【番組】正朝二席
【会場】石船温泉憩いの家 周南市鹿野上1667-4
【電話】0834-68-2542
【木戸】当日2500円 前売り2000円
【問合せ】山田 syamada.99.2@docomo.ne.jp  090-1688-7764

6月26日(月)第2回東泉寺落語会
【時間】15時開場 総代長あいさつ 住職法話 16時落語開演
【番組】正朝二席
【会場】東泉寺 山口市秋穂東1333 TEL 083-984-3251
【木戸】500円
【問合せ】田中 090-4101-8387

6月27日(火)お寺で聴く古典落語の夕べ 第4回春風亭正朝落語会
【時間】17時30分開場 18時開演
【番組】正朝二席
【会場】善正寺 山口県防府市田島南山手2584  TEL 0835-29-0406
【木戸】500円

6月29日(木)牟礼南小学校落語会
児童とご父兄のための落語会です。一般の方は鑑賞できません。

6月30日(金)第6回春風亭正朝落語会 〜江泊地区敬老会
【時間】13時開場 13時30分開演
【番組】正朝二席
【会場】江泊自治会館 山口県防府市江泊 TEL 0835-24-2363
【木戸】1000円
【問合せ】曽我隆 090-9065-8817

7月1日(土)第5回古典芸能を楽しむ会
【時間】13時30開場 14時開演
【番組】一部:徳地子ども人形浄瑠璃
          二部:マジックショー
          三部:正朝独演会 正朝二席
【会場】山村開発センター大集会室 山口市徳地堀1533
【木戸】1000円
【問合せ】山口観光コンベンション協会徳地支部 TEL 0835-52-1737

7月2日(日)第1回常栄寺落語会 雪舟の庭を守る会
【時間】12時30分開場 13時開演
【番組】正朝独演
【会場】常栄寺 山口市宮野下2001-1
【木戸】2000円 雪舟の庭を守る会会員1000円
【ご予約・お問合せ】雪舟の庭を守る会事務局 FAX083-922-0490 TEL083-922-2272
【メール】sesshuutei@gmail.com

7月2日(日)第7回台々亭寄席 春風亭正朝独演会
【時間】開場16時 開演16時30分
【番組】正朝二席
【会場】江戸前手打ち蕎麦・上善庵 山口市平井549番地
【木戸】3000円 【定員】30名
【問合せ】上善庵 083-941-6766

以上です。
今回は、9泊10日の長丁場になりました。
山口市、防府市、周南市の県中央部に集中した公演です。
例年行っている下関、豊北地区は、回り切れなくなりましたので、改めて10月12日から滝部、菊川、阿川方面を回ります。「ふるさとツアー第2弾!」です。乞う!ご期待ください。

地元の皆さん、タイミングが合いましたら、お誘い合せの上、是非ともご来場ください。
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

佐渡ヶ嶽部屋のお相撲さん、琴勇気関の結婚披露宴に出席しました。
私の席は、ここ
1






















私のテーブルには元幕の内で、今は歌手・俳優として活躍している大至さん。親しくさせていただいています。
5





















その大至さんや佐渡ヶ嶽親方(元・琴ノ若)と同期で、仲良しの元・浪乃花さん。
6




















正面には鳴門親方(元・琴欧洲)。
8























著名人もたくさんいました。デーモン閣下。その手前は芝田山親方(元横綱・大乃国)
7






















始まりました。新郎新婦の入場です。
10














幸せそうなお二人
11














おめでたい鏡開き。さすがに人気力士。この通りのの大人数です。
13














さて、お料理をご紹介しましょう
2






















まずは「神秘な奏で琴響く勇ましさと輝き溢れる和魂洋才なデリス。祝いの舞」
神秘な奏で琴響く勇ましさと輝き溢れる和魂洋才なデリス祝いの舞



















「琥珀に煌めくダブルビーフコンソメは金星な味わいを放って」
琥珀に煌めくダブルビーフコンソメは金星な味わいを放って




















「瀬戸内産真鯛と小豆島オリーブオイルの低温コンフィ。ビロードのようになめらかなポロ葱とジャガイモのヴルーテ・シトラス風味」
真鯛と小豆島オリーブオイルの葱とジャガイモのヴルテール。



















「じっくりと焼き上げた黒毛和牛“飛騨牛”の背肉ローストビーフ。旨味ポン酢グレイヴィーと初夏の風薫る彩り野菜のアンサンブル」
飛騨牛背肉ローストビーフと彩り野菜



















「鯛御飯と蛤のお吸い物」
鯛御飯と蛤のお吸い物











「結びのスイーツ。抹茶のアイスクリームとミルクジェラートのマーブル仕立て。情熱のパッションフルーツ。永遠なる愛と絆のマリアージュ」
抹茶のアイスクリームパッションフルーツ




















では、宴に戻って・・・
お色直しからの入場です
22


















余興が始まって高砂の席の前の撮影スポットがすいた瞬間を狙って
23












大至さんの甚句。いつ聞いても、見事です。
20




















あっという間にお開きの時間となりました。琴勇気関のお礼の言葉。
25













佐渡ヶ嶽親方の最後のごあいさつ
26













いやあ、素敵な披露宴でした。

新宿末廣亭夜の部の出番を終えて、銀座のジャズライブハウススウィングに行きました。
大昔、そう20年も前になるでしょうか。私はこのスウィングに一度出演したことがあります。
ジャズを歌いました。ウソです!そんなワケはありません(笑)
DSC_1251













兄弟子の小朝さんが、こちらの常連アーチストであるクラリネットの北村英治さんと仲良しです。
その北村英治さんのライブの時に、ゲストとして小朝兄哥さんが呼ばれたんです。
小朝さんから「一人で出るのもナンだから付き合って」と言われて、私も一緒に出て、演奏の合間に小噺をやらせていただいた、というワケです。大昔の話です。
久しぶりに伺いました。
DSC_1252













今日のアーチストは堤智恵子さん。
昔、豪華客船飛鳥の仕事で、つのだ☆ひろバンドのメンバーだった彼女と知り合って、それ以来、親しくさせていただいています。
めちゃくちゃファンキーなサックス奏者です。今、私の中ではナンバーワンサックス奏者です。
DSC_1258



























話は替わって、
私のサッカー仲間で高澤さんというお友達がいます。屈強なDFです(笑)
私と同い年のおじさんです。
その高澤さんが、なんとこの年になって、サックスを習い始めたというのです。
若い頃に一度も触ったこともないのに!
理由を聞いたら「単なる趣味」とのことです。
ジャンルを訊いたら、ジャズをやりたいというではありませんか。
「だったらこの人を聞きなさいよ」と、紹介したワケです。
60過ぎて趣味でサックスを始めた高澤さん(笑)
DSC_1253改
ファンキーな堤さんの演奏
DSC_1257改













今夜も、素晴らしい演奏を楽しみました。
終演後、スリーショットを撮らせていただきました。
堤さん、ありがとうございました。
DSC_1261

昨日の寶幢院さまでの宝寄せには、たくさんのお客様がご来場くださり、盛況のうちに終えることができました。
まことにありがとうございます。

さて、小さな落語会のお知らせです。
第27回生田寄席 棕櫚亭(夏の笑)
棕櫚亭は「しゅろてい」と読みます。
小田急線よみうりランド前駅の真ん前。徒歩30秒です(笑)

平日の昼間ですし、お客様はほとんどがご近所の方です。
お時間のある方はお出かけください。
私が二席、申し上げます。
前座は春風亭一花さんです。
2017,6,7,生田寄席






























春風亭正朝独演会
【日時】6月7日(水) 12時30分開場 13時開演
【番組】正朝二席  前座・一花
【木戸】予約 1800円 当日 2000円 終演後コーヒーお菓子つき
【会場】棕櫚亭(しゅろてい) 川崎市多摩区西生田3-9-9
【ご予約・お問合せ】TEL&FAX 044-952-5508
【アクセス】小田急線「読売ランド前」徒歩30秒

終演後は、コーヒーとお菓子を召し上がっていただきます。
もちろん私も一花さんもご一緒します。
楽しいひと時を過ごしませんか?

皆様のご予約、ご来場をお待ちしています。

近くになりましたが、落語会のお知らせです
2017,6,4,宝よせ

























第31回宝寄せ
        にぎやか〜!


【日時】6月4日(日)13時30分開場 14時開演
【会場】寶憧院本堂 東京都大田区西六郷2-52-1
【番組】
   ・橘家かな文
   ・柳家わさび
     仲入り
   ・柳家ほたる
   ・春風亭正朝
【木戸】大人1500円 小中学生500円 当日券のみ
【問合せ】FAX:03-3731-1104  Eメール dieux@nifty.com
【アクセス】京急「雑色」西口徒歩12分、「六郷土手」西口徒歩13分

ネタ出しはしていません。
なにが出るか当日のお楽しみです。
皆様のご来場をお待ちしています。

大相撲夏場所は、横綱白鳳が38回目の優勝を全勝で飾り、無事に終了しました。
また、関脇高安が11勝を挙げて、場所後の大関昇進を確実にしました。

恒例の佐渡ヶ嶽部屋の千穐楽祝賀会に出席しました。今場所も500人を超す大盛況でした。
佐渡ヶ嶽親方のあいさつ
DSC_1209





























関取衆の成績がもう一つで、ご不満ぎみの親方でした。

琴奨菊関。
DSC_1210





























大関から陥落して関脇二場所目、残念ながら7勝8敗と1点の負け越しでした。
また、巻き返しをはかってもらいたいです。

琴勇輝関。
DSC_1212





























終盤、ケガをして一日休場しました。不戦敗も含めて6勝9敗。
場所後には結婚式と披露宴も決まっています。来場所に期待します。

琴恵光関
DSC_1216





























西十両十枚目で8勝7敗の勝ち越しでした。最近は十両に定着する実力は十分蓄えました。
真剣に上を目指して、新入幕を果たしてもらいたいです。

幕下以下の若いお相撲さんたち
DSC_1217













おそらく相撲協会で一番の人数ではないでしょうか。
近い将来、大関、横綱が出てくることを信じています。

乾杯 
DSC_1219













人(私)がカメラを構えている前に堂々と入って来て写真を撮る神経が信じられません(笑)
真ん中の菰かぶりの横にいるのが金馬師匠。お元気です。
写真右端は、今回初めていらした草野仁さんです。

志ん弥兄哥さんとツーショット
DSC_1203













久しぶりに志ん弥兄哥さんが来ました。
私は年に三度の東京場所の千穐楽は、ほとんど出席しています。
別の見方をすれば仕事が無くてヒマということですが・・・(笑)
志ん弥兄哥さんはなかなか忙しい人で、たまにしか来ません。

琴勇気関とカミさん
DSC_1220






















6月に結構披露宴を控えている関取にツーショットをお願いしました。
来場所こそ勝ち越して、上位を目指してください。

大至の相撲甚句
DSC_1221

























余興が始まりました。
お馴染み、元幕の内力士、今は歌手・役者で大活躍の大至さん。
千穐楽のパーティーには大至さんの「相撲甚句」が欠かせません。
佐渡ヶ嶽親方(元・琴ノ若)と大至さんは、現役時代からの仲良しです。
私は、大至関がいた押尾川部屋(元・大麒麟)に出入りしていたので、大至さんは入門した頃から知っています(エヘン)

フォーショット
DSC_1224

























私の隣はこれまた元幕の内力士の浪乃花さんです。
本名は、、、、知りません(笑)
いつも「なみちゃん」と呼んでいます。
前は、門前仲町でちゃんこ鍋「浪乃花」やっていましたが、今は閉めて、同じ門前仲町で貴闘力のお店を手伝っているそうです。

場所後、この4人でなみちゃんのいるお店で飲むことを約束しました。
ただし、毎場所後、同じような約束をしていますが、なかなか実現しません(^-^;

今回は実現させたいですね。
親方!名古屋へ行く前にぜひ、集まりましょう!

このページのトップヘ