こんにちは。女将です。

タイトル通り、私の入院手術のため

3月14日(土) ~ 24日(火)の間の

11日間お休みいたします。



今年の手術は昨年のものとは全く関係のない、「下肢静脈瘤」の手術です。
※病院も昨年の病院ではなく、自宅からとても近い場所にある小さな病院です。

下肢静脈瘤手術説明きれいめ

※主治医の先生からいただいた手術説明の紙です。



「下肢静脈瘤の手術なんて、今は日帰りでレーザーが主流でしょう?」

と軽く思っていたのですが、主治医の先生が

「これはもう『中等度~重症』の領域に入っています。さらにあなたは静脈に血栓ができていますので、これは早めに手術をしないと危険ですよ。」

と言うことなので、先月決まった手術でした。


説明書のとおり、「ルンバール麻酔(=脊髄くも膜下麻酔)」という、腰に太い針で麻酔液を入れ、下半身に麻酔をかける本格的?な手術となります。


とはいえ、入院期間が長すぎでは?と思われるかもしれませんが、

じつは昨年の手術の際、麻酔の後遺症である「脳脊髄液減少症」に悩まされまして…。


「脊髄くも膜下麻酔」は、腰骨と腰骨の間に太い針を刺して麻酔をするのですが、そのとき針を刺した部分が術後もふさがらずに、髄液が漏れ出てしまうことがあるそうです。

髄液は、脳を守るために頭蓋骨との間にも脳髄液として満たされているのですが、腰から髄液が漏れ出て脳髄液が減ってしまうと、脳が揺れます。

脳が揺れると、ひどい乗り物酔いのような状態になり、めまい・頭痛・吐き気・嘔吐の症状が出ます。


昨年の手術はこれがあって、かなりきつい目に遭いました…。

この症状が出る患者は「稀」らしいのですが、私は子供のころから背骨が曲がっているので、麻酔針の跡がふさがりづらいのだろうとのことです。


説明が長くなりましたが、そのことを受けて、大事を取って入院期間を長く取ってくださいました。



新型コロナウイルスによる肺炎が広がりを見せていますが、私はいたって健康なのでご安心くださいね(*^_^*)

(とはいえ、この騒ぎで突然『手術延期』と言われないかが心配です…)


みなさまも、お身体を大事になさってくださいね(=゚ω゚)ノ

それでは。


---------------------------------------------------------


本日は、以上で締めさせていただきます。
ご清覧ありがとうございます。

今後とも、伍合(ごんごう)をよろしくお願いいたします。


---------------------------------------------------------

【追伸】

Instagram(インスタグラム)を始めました!
ブログよりも更新が多い……かも?
ブログともどもよろしくお願いいたします。

【旬彩伍合インスタグラム】
https://www.instagram.com/shunsaigongou/

---------------------------------------------------------

【店舗情報】

店名:旬彩 伍合(しゅんさいごんごう)
TEL/FAX:0267-31-0595
所在地:軽井沢町長倉3671-13
定休日:毎週火曜日
営業時間:17:30~22:00(L.O 21:00)