岩下俊三のブログ

黄泉の国へは何時でもいける。生きてる限りは、やはり「反帝反スタ」のままなのだ。

写真を2016年版に変更

♪香港いいとこ〜一度はおいで〜?

ThinkstockPhotos-460094959
一国二制度の極めて不透明な香港ドルでさえ安倍内閣の際限ない金融緩和によりいずれ「必ず」破たんするであろう「円」の回避地として英語がちょっと苦手な老人の小金持ちの間で評判なのがNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(https://jp.www.nipponwealth.com/)である。

さすれば

香港はそれほど遠くないし、なんせ日本語をしゃべる日本人による日本の銀行であるとこが好まれている原因であろうと推察できないこともない。

しかし

僕はたとえ金をもらっても特定の企業の宣伝なんかしたくもないから詳細は自分で調べてほしいと思う。

もっとも

勿論僕やお金に縁なき輩にとっては無縁の話だが、確かに安倍内閣がこのまま続けばハイパーインフレすなはちタンスの中の一万円札が只の紙切れになる日は近いのは確かである。

それでも

外貨や貴金属や上手い投資話にも何となく危ないという違和感を持っている老人が「以外と」多いのはおどろくばかりで「おれおれ詐欺」が余程怖いらしいようだ。

だから

仕方なく殆ど金利ゼロの日本の市中銀行に預金してしまっているのであろう。

ということは

つまり自分たちが仕方なく選んだ安倍晋三が日本を壊していること「も」知っていて彼の手下である黒田東彦なんかが堂々とい何とかインフレに「したい」と公言しているのだから決して「円」が永久に当てになる通貨でないことも百も承知。。。。にも関わらずであるから、安全で身近な日本の銀行が外国にありしかも外貨で資産がストックできるのだから静かなブームとなっているのも頷ける。

いままで

明日までは否来年ぐらいまでは否あと五年いいや十年は大丈夫だろうから「そのとき」また考えればいいからとりあえず「ぎんこーさん」にいれとこ〜という「典型的な」ゆでガエル体質が一向に改善されていないまま小金持ちが悩んでいたようだがいよいよ庶民?ですら日本を脱出し始めたのである。

それでも

アベノミックス教団は強気で、今日も(7月29日)黒田日銀は融政策決定会合を開き、追加金融緩和を賛成多数で決めたらしいのだ。

馬鹿じゃなかろか

いわゆる

日銀の金融緩和は1月のマイナス金利政策の導入に続き、こんどは株価指数連動型の上場投資信託(ETF)の買い入れを現在の年3.3兆円から6兆円に増額する予定であるというのだ。

さらに

安倍の手下黒田東彦は「安倍将軍様」の言いつけに従い8月2日閣議決定する総合的な経済対策と「相乗効果を発揮する」と言い放ち、政府と日銀の連携(同衾心中?)でデフレ脱却(すなはちインフレ促進)へ向け、さらなる物価上昇目標の実現のために一段とギヤを上げエンジンを吹かすというのである。

したがって

これは、その寸前に安倍晋三自身が打ちだしたリニア新幹線建設計画前倒しなどという半世紀前の「高度成長」戦略に明らかに沿うものであってまともな人間の考え方から大きく逸脱しており、まさに「狂気の沙汰」言うしかない。

それゆえ

植松聖のような「狂気の沙汰」の国民が生まれるのは致し方ないが、なんで日本崩壊を明らかに狙っているアベクロコンビが「国家転覆罪」で逮捕されないのか不思議で仕方がない。

なるほど

法治国家でないから、だから香港にゼニが流れているのか?

もっとも

これは口座を作るのに最低でも当分使わないであろう50万香港ドル(約570万円ぐらいかな?)用意できればの話であるが、、、。

相模原で起きた大量虐殺について

adolf_hitler_586
優勝劣敗、強者の論理、レイシズム(ヘイトクライム)、そして「そのような」新自由主義の弊害が進行し、究極の科学優先・効率優先の行く着く先は「役にたたない?」者への大量処分(虐殺)に向かうしかない。

さらには

この「優生学?」の底にある悪魔の思想こそが支配者(独裁者)の究極の「果たせぬ夢」であるとすら思われてくる。

だから

起こった事件を単なる個人的な心神耗弱による無罪か有罪かという狭い法律論で論うのではなく、このようなジェノサイドを生んでしまう妙な「土壌」をさらに深堀りする必要があるのではないかと考えざるを得ないのである。

というのは

僕が尊敬してやまない小林一茶の俳句で、

   やれ打つな 蝿が手をする 足をする

、、、という優勝劣敗と「真反対」の究極の非科学的かつ非効率的な「思想」があるが、これこそがこれからの人類が目指すべき(目指すしかない)サステナブルな「共存の途」(共栄の必要はない)であろうと思われるからである。

しかも

これはただ生きとし生けるものの「命」の大切さ情緒的に思い付きで言っている「だけ」ではないことは当然のことではあるが、そこにある仏教的な奥深い思想を、昨日の事件を機に我々は今一度改めて噛みしめるべきではないだろうか。

とはいえ

現実の日本社会は「無駄な?無益な?福祉」を切りすて、物理的な「パワー」と「マネー」を優先させる指導者に支配されたいと望んでる大衆が圧倒的な「数」を誇っているのだから、突発的な殺人事件を「かわいそうに」と言っている一方で民族浄化を切望しているような宰相を崇め奉っている自己矛盾を「民主主義」という「曖昧で訳の分からない免罪符」で自分を許しているとしか考えられない。

そんな

表向きだけのデオドラントで慈悲深「そうな」人々が、、、マスコミに誘導された刹那的な安倍教プラスナンミョウという新興宗教信者たちが、、、、実はさらに残酷なジェノサイドを引き起こす土壌を己自身が静かに醸成していっていることに「まだ」気が付いていないのである。

だから

役立たずは死ぬしかないという社会の現実を一顧だにせず、ただテレビのワイドショーに頷きながらも自分の子供だけは「有益な?」人間にしたい願望(欲望)に満たされ、他者をいかに蹴落とすかしか考えられなくなっているのである。

翻って

ならば「他者」とはなにか?それは「弱者」であって出来ればいなくなってほしい対象かも知れないのであるが、同じ人間として否同じ生物として考えれば、もしかすると自分自身で「ある」かもまた「あった」かもそして将来「なる」かも知れないのである。

つまり

何一つ「障がい」はおろか挫折も病気をせずいくら順風満帆の人生を送ったとしても(実際にはそんな奴はいない)かならず訪れる「老い」や「死」を無視して隆盛期だけの人間でこの地球を繁栄させることなど出来っこないことは火を見るより明らかなことなどだ。

さすれば

この「惑星」を荒らしまくって疲弊させた者たち「こそが」生きとし生けるモノすべてに「愛」を注ぐしか方法は残されていないのである。

にもかかわらず

世界中で平気で殺しまくっている人間が雨後の竹の子のように出現している「遠因」が、自分の「ささやかな」欲望であるときずいている者が少ないのは残念だ。

もちろん

無抵抗の「弱者」を狙った卑劣な犯人は絶対に許せないが、その土壌を醸成して止まない「強欲資本主義」的風潮も、、、

赦すわけには参るまい!

「ポケモンGO」の真の狙いとは

418490
このリセッションの最中で公的資金(年金)でも投入しなければ株価が維持できないと言うのに、なんと任天堂だけは他にこれといった「買い」の材料がないために先週は実態と伴わないご祝儀相場となり急騰してしまった。

ところが

「ポケモンGO」の日本解禁は既に織り込み済みであることと、冷静に考えれば思ったほど収益が上がる訳がないことが分かり一転して週明けは「ストップ安」まで一気に5000円ほど急落した。

いくら

マスコミ総動員で「見せかけ」のバカ騒ぎで好景気を演出しても既に限界に達しているのである。

それでも

懲りもせず「アベノミックスは道半ば」という呪文に惑わされゾンビのように彷徨っているアホどもがいるかぎり安倍政権は盤石であり、平野某のような掌がえしで常に強いモノの味方になる卑劣野郎がそれをさらに補強している。

しかし

哀れなのは急落する株価もなんのそのゾンビのようにスマホをいじりながら街中を彷徨して止まない「その他大勢」であろう。

あらためて

いうまでもないが、「ポケモンGO」の実態は何度失敗しても止めない国民背番号制と変わらぬ政府の果たせぬ夢に他ならない。

いままで

住基ネットだとかマイナンバーだとか手を変え品を変えやってきた管理社会の徹底とくに徴兵年齢の完全把握が
ひょっとするとこのムーブメントにより民間の力で実現できるかもしれないと考えたのだろう。

つまり

「ポケモンGO」こそが独裁者の果たせぬ夢「超監視社会」の実現に他ならないのだ!

また

かのオリバーストーンも指摘しているようにそれは「史上最も成長スピードの速いビジネス」であるともいえる。つまり日々の「データマイニング」がこのゲームを使って行われ、これに参加しているすべての若者?が何を買ったか、好きなものは何かを集め、とりわけ日頃の行動についての情報を収集・分析することによって膨大なデーターベースが構築されているのである。

そして

この位置情報に基づく拡張現実ゲームの「ポケモンGO」は今現在もGoogleの閲覧履歴やEメールへのアクセスなどが要求されている。

そのことが

意味するものはなんであろうか、限定的な「任天堂」の利益拡大?そんなもんじゃないはずだ。

馬鹿じゃなかろか?


、、、というと

またまた、痴呆爺の繰り言に過ぎないとか、IT不倶者が何を言うと言われそうだが、少なくともスマホを弄って青春を棒に振るよりも異性と戯れすぎて青春を棒に振ったほうが「まだ」ましな人生だと「僕は」自己納得している。



だから、それがどうしたってか?

ならば

死ぬまで、というより「赤紙」が来るまで延々「ポケモンGO」を続けるがいいさ。俺はもう知らん!
livedoor プロフィール
最新トラックバック
昼寝の妄想 (晴耕・雨読・曇勤・雪見の玉手箱)
依怙贔屓、これは偏ったブログである。
  • ライブドアブログ