data
紛い物が流行る世の中でございます。一番の紛い物が呪われた長州の田布施集落で最後に生まれた偽人・晋三であることは言うまでもありやせんが、何から何まで紛い物なんだから世の中いやになっちまいます。

「♪何から何まで真っ暗闇よ〜筋の通らぬことばかり〜」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もちろん価値を決めるのは人間の心理であって、なんでもみんなが価値が高いというから高いのであって絶対的価値なんてものは存在しない。国家が発行する流通貨幣だってとりあえず生きている間ぐらいは信用して「価値」があるかのような共同幻想に陥っているに過ぎない。ジャガイモ一個が10円だろうと一万円だろうと欲しければ買うし欲しくなければ買わない。ようはそのインチキな仕掛けがどれぐらいの期間信用されているかどうかであろう。

そのてん幕末期各藩で出された藩札やつい70年ほどまえまで発行されていた軍票などには価値がないが、割と長い期間人類が信じてきた金(きん)の含有量の多い小判や西洋の金貨の価値は(いまのところ)下がらない。だから「価値」とはどれだけ長く信用されているかどうかであって、ほとんど根拠の薄い国債なんて代物もいつただの紙切れになるか知れたものではないのである。

だから円もドルもユーロもたいしてあてにはならないけれど、お互いの「信用」というもので比較的長続きしている。

そのなかで、

IT技術という幻想の肥大化によって、ついにビットコインなる究極の「紛い物」が現れたのである。これを世も末と言わずしてなんという。


いよいよ人類の欲が金貨から紙幣へ、紙幣から株や債券にと進展して、ついに自らを滅ぼすであろうビットコインを生んだのだ。人間の欲には限りがない。だから何にも信用できないと思っている人間に限って一番信用できないものに手を出すのであろう。これは究極の金欲が陥りやすい業というしかない。

もっともらしい理屈や理論で資本主義やただの印刷物にすぎない紙幣幻想でもなんとか辛うじて保たれてきた。


辛うじて。


だからお天道様の下を真面目に生きてきて、そういうひとが働いた報酬にはちゃんとした価値のあるモノを与えねばならない。しかし報酬として金地金、百歩譲って貨幣(小判やコイン)、千歩譲って(兌換)紙幣までは認めるが、社債公債の類になると首をひねり、ついに株にまで至ると労働の報酬としては認めたくない。

なぜならそれらはただの紛い物に過ぎないからである。だから紛い物でもいいと言うのならそうすればいいだろう。

経済のシステムに無知なアンポンタンというのなら言えばいい。IT不俱と嘲笑するがいい。でも何と言われようとも博打打にはなりたくないというだけのことである。なりたい人はなればいい。しかし堅気でない生き方の覚悟と根性もないのならはじめからデカい口を叩かない方がいいと思う。

博奕で大儲けするかもしれないから、その賭け札(チップ)100万円分の権利を仕事の報酬として貰うより、今日の現金4617円、できれば金地金1グラムでいいから貰いたい。それがまっとうな報酬と言うものだし、それが額に汗して働いたまっとうな人間の要求というものであるからだ。

古いとかダサいとかいってIT長者どもが笑うかも知れないけれど、堅気の僕には博奕で大儲けしたヤクザモノをうらやましいと思ったことはない。博奕場で派手に人生を楽しむのも、堅気で地道に生きるのも人生、それは本人の選択だろうから自由であろう。勝手にすればいいとおもう。しかしやれアフリエイトだのやれFXだのと大騒ぎするのはまだ可愛いと思っていたがビットコインまで行くとこれは堅気のする領域じゃないと思う。

堅気じゃないと腹をくくっていれば別に何が起きても騒がないはずである。

金に目がくらむ奴等が大好きな言葉「リスクを取った」結果何が起きようと堅気の衆には関係ないことである。でもしばしば人々は騙され続けている。安具楽牧場に円天数えればきりがないけれど何度も何度も騙される。

最近ではアベノミックス詐欺で政権が安定してると言うからとんだお笑い草だ。

でも詐欺して何が面白いんだろう。もちろん堅気ではないその筋にとってはマネーロンダリングという必要性があったのだろう。でも素人が詐欺までしてどうするんだろう。さらにいえばそうまでして金儲けしてどうするんだろう?いつも疑問に思う。

いくら金があっても不老長寿の薬は変えない。円でもドルでも金塊でも、、、ましてドラクエ内の店で武器は買えてもバーチャルなコインでまともなものが買えるはずもないのである。一体何を買おうと言うのだろう。

それに、

どうせ死ぬんだから「必要以上の金」は要らない筈なんだけれど。


ゆえについでに言えば、、、

ただ印刷して現実のモノやサービスが買えるお札の発行権を持っているのだから、国家は必要な人に必要なお金を渡すべき責任があるのだとおもう。

だだしビットコインには国家は「何の責任」も感じなくてもいい、、、というか責任を感じるべきではない。騙された人は博奕に負けただけのことである。公営ギャンブルだって競馬で摩ったヒトに補償金を配ってはいないし、宝くじをで外れたからと言って買った金が戻っては来ない。

訳の分からんIT用語で金儲けするぐらいならラスベガスへ行った方が手っ取り早いというものだ。

マフィアでもヤクザでもない素人が手を出せば火傷するに決まってらい!