BmRoDH9CMAAlGss
ようやく凡百のブログでも、さらには政府、地方自治体、御用放送御用新聞でも大騒ぎし始めた「鼻血」問題であるが、自民党の健忘症にはあきれ果てるしかない。

もっとも国民も忘れてることを見越しているのだろうけれど、、、。

安倍内閣自民を支持し放射能は無害だと主張する選挙民は以下の事実を思い出してほしい!!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
                  {以下の事実}


2012年3月14日の参院予算委員会、自民党の参議院議員の熊谷大(ゆたか)発言


「(大臣や官房長官は)大きな不安はないと言っていますが、これは(宮城県の)県南のある小学校の保健便りです。4月から7月22日までの保健室利用状況では、内科的症状で延べ人数469名に頭痛、腹痛、鼻出血が出ているんです。こういう結果が出ているのに、それでも本当に不安はないと言えるのですか?」


同熊谷大、翌週3月22日文教科学委員会発言


「(多くの子どもたちが体調を崩している)そういった状況で、(当時の枝野幸男)官房長官は『人体には影響はない』と繰り返し発表していました。この前の予算委員会でも紹介しましたが、宮城県の南部のある小学校の保健便りを見ると、4月から7月22日までの保健室利用状況では、内科的症状で延べ469名が利用し、頭痛、腹痛、鼻出血の順に多かったのです。(当時の民主党の)平野大臣、この事実をどのようにお考えになりますか?」


翌月4月25日憲法審査会、自民党参議院議員・山谷えり子発言


「(双葉町の)井戸川町長が雑誌のインタビューでこんなことを言っています。『国や東電は、止める、冷やす、閉じ込めると言い張って絶対に安全だと言ってきたが、このような結果になり我々は住むところも追われてしまった。放射能のために学校も病院も職場も全て奪われて崩壊してしまった。私は脱毛しているし毎日鼻血が出ている。この前、東京のある病院に被曝しているので血液検査をしてもらえますかとお願いしたら、調べられないと断られましたよ。我々は被曝させられたのに、その対策もない検査もしてもらえない』、これは本当に重い発言だと思います」


同年6月14日の東日本大震災復興特別委員会、自民党参議院議員・森まさこ発言


「(将来的に子どもたちが原発事故が原因で病気になった場合)被害者の方が、子どもたちの方が、この病気は原発事故によるものだということを立証しなければならない。これはほとんど無理なのです。(中略)具体的には、こんな心配の声も聞いています。子どもが鼻血を出した、これは被曝による影響じゃないかと心配で、診察してもらった、検査してもらった、そのお金はどうなるんですか?ということです」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2012年は民主党政権であったが、自民党の熱心な「被ばくのよる鼻血疑惑」追及によって倒されたのである。

そして今2014年同一人物「森まさ子」は鼻血は「風評被害」だからけしからんと言っている。



「♪なんでだろ~なんでだろ〜○○が○○するのはなんでだろ〜♪」