sk_tpp
政府はそれでもあくまで暫定的な「仮訳」としながらもしぶしぶ正月明けの7日にTPPの日本語訳を発表した。

だから

なんだと言うのか?

というのも

相変わらず大筋合意という外国との条約に近い約束「大筋合意」文書の正文には日本語は含まれていないからである。それも加盟予定国の中でアメリカに次いでGDPの高い日本を前提としたものが、TPPの本来の目的であるにも関わらずである。

なぜなら

そもそもTPP自体が、ねじれた、いかがわしいもの、であるからそうした齟齬が生まれるのであろう。

しかしながら

なにも考えないで何でもお上の言うとおりという脳細胞の機能が停止したひと、つまり日本の経済発展のために不可欠だと盲信し、かって選挙のための方便として自民党が言っていたTPP反対論など忘却の彼方にいってしまっているような方々が、、、、、一定程度存在するのは仕方がないにしても、この「協定」のねじれた思惑の錯綜に気が付かない割と知的だと自分で思い込んでいる方がいるのは問題だと思う。

つまり

「少し考えると」この「戦略協定」自体がアメリカが日本の富を収奪する方法としての「アメリカの意図」であろうと考えている人も多いのだが、「本当は」、、、TPPは日本の対米従属のために「日本自身が意図」しているものであることを忘れてはならないということである。

ということは

対米従属を一層深めることによって、多大な利益を得る「層」が国内に存在し、それが政治・外交の実態を動かしているということに他ならないということだ。

ゆえに

もっといえばありていに言えば、TPPの、特に知的財産権に関する協定の、合意内容の具体的な条文は、読む人が読めば明らかに「売国」目的にしか思えないのだから、なるべくなら日本語訳を出さずに一気に「締結」まで持ち込むつもりだったとも考えられる。

しかし

「日本語で」内容を開示しないで審議するという前代未聞のことはできるはずもなく、しかたなく「暫定的な」とか
「仮の日本語訳」とかの「いい訳」まで付けて明らかにしたのだ。

もちろん

いまさら、その翻訳内容にまでクレームをつける奴が少ないと見込んだ「奴らの」思い上がりや奢りもあるだろう。


ところが

しぶしぶその日本語訳が出たかと思う頃、「彼ら」のご主人たちがTPP自体に反対を唱え始め、せっかく為を思って作った梯子そのものが外されそうな気配になってきたのである。

これを

皮肉と言わずしてなんという。そんなことならAIIBに入ってればよかった、、、、というのは冗談だが、さしもの対米従属一辺倒の宦官たちは今頃になってひやひやしていることであろう。

だって

今の日本は一時的に「安倍独裁国家」になってはいるが、そもそもアメリカは合衆国であり、今なお「一応」民主主義の国家であるから「それでも」多様な意見が存在するのだ。

だから

オバマ個人の思惑や権限ですべてが可能というわけでもないのである。正恩や晋三の気分で何でもできてしまう極東の狂った国家では「いまのところ」ないのだ。(民主主義の欠点についてはここでは触れない)

したがって

次期大統領であろうヒラリーと、ひょっとしてのジョーカー・トランプも、いずれも事情は違え結果的にTPPに反対する「異論」が出現しているのである。

ということは

そもそもTPP自体が非常に「筋の悪い」協定であって歪んだ帝国主義の焼き直しみたいなものが21世紀に成立するはずもないということかもしれない。

それどころか

タガの外れた世界は其々が勝手な正義を掲げ、国家や民族がそれぞれ自己利益のみに目が行き、小さくまとまって閉じ籠る傾向になっている。

したがって

広域の貿易協定や広域をまとめるなんていう発想がもはや役に立たなくなってきて、ますます民族主義や国家主義が台頭し、世界は際限なく右傾化してしていくのかもしれない。

あの

EUですら破綻しそうなのに今更環太平洋をまとめようというTPPの「思想」が正誤は別にして古いと思わざるを得ない。