20160531_masuzoe_2

そもそもおよそ30年ぐらい前からせこくて下品な田舎者であった禿鼠を僕は個人的にずっと嫌ってきたから彼が職を辞しても「ざまぁみろ」としか言いようがないが、一方で日本のメディアや自民党の伝統芸ともいえる「使い捨て文化」には辟易するばかりである。

つまり

利用できさえすればバカでもへちまでも構わずに持ち上げ、いったん躓いて溝に落ちた犬は徹底的に叩くという「芸」をし、それを支え続ける「大衆」がいる限り、日本の政治の劣化は決して止まることはないだろうということだ。

にもかかわらず

禿鼠なんかよりはるかにダーティな現在の内閣は腰が引けて「叩けない」メディアというのはむしろ「政治」より劣化が激しくもう病膏肓に入っていると言って過言ではない。

ところが

何の実力もコネクションもない禿鼠だからいくらでも叩けばいいはずなのだが、そこでもぎゃあぎゃあとただ騒ぐだけで腰が引けていることには変わりなく、X氏だとか女支社長だとかただの風景にまでモザイクを掛ける始末であるから情けないことこの上ない。

だから

はっきりと死人に口なしだからホテル三日月で逢ったと嘘を付いてばれないのは元記者・芹澤邦雄を想定するしかなかった、、、とか、様々な証言をしている女社長・吉川美鈴さんで「すら」禿鼠そのものの人間性は嫌いであったとか、、ハッキリ伝達すればいいだろうに、向後に憂いがあるかもいって知っているのに書かないのなら記者の資格などない!

そんな

腑抜けは禿鼠云々のまえに即辞めた方がいいと思う。


さはなりながら

どうやら今年の暑い夏の「闘い」は参院選後ただちに都知事選と続いていくわけだからまさに「何時まで続くぬかるみぞ」となってますます民衆の政治ばなれを加速させ、その「うんざり感」が一層の棄権者の増加を促し、結果的に安倍一強をさらに強固なものとすることだろう。

さすれば

禿鼠は一時的には自公乃至与党がかって支持したことの陰りを想起させたものの、長期的にみれば婉曲に大衆の政治離れを助長し、結果的に棄権者を増やすことにつながっていくだろうからむしろ与党の貢献者ともいえるはずである。

いずれにしても

依然としてそれを選んだ都民の責任は問われないままに、ふたたびポピュリズムここに極まれりといった選挙戦が延々と繰り広げらることであろう。これでもかこれでもかと大衆がなるべく政治に倦むように、、、である。

ちなみに

直ちに都知事候補として与党では小池百合子とか丸川珠代だとか桜井翔のオヤジだとかが上がっている他、野党では蓮舫を筆頭にヤワラちゃんとかの名も取りざたされており最終兵器の目玉として澤穂希すら「もう」噂され始めているようだ。

しかし

与党の本音としては「改憲勢力」として、どうしても橋下徹を大阪から引っ剥がして首都東京の顔にしたいらしくすでに水面下で蠢いている。

馬っ鹿じゃなかろか!